スポンサーリンク

スポンサーリンク

フィギュアスケート

投稿日:

ダメ組織っぷりが露呈に!ISU副会長が安全面やルール改正について語る

ISU副会長ラケニクル氏が、ロシアTELESPORTのロングインタビューで昨季の国際大会振り返り、

来シーズンのコロナ禍で競技展望、そして年齢制限引き上げ、ジャンプの基礎点などのルール変更についても話しているわよ。

相変わらずISUという組織の自画自賛っぷりが露呈に。そして都合の悪い事は全部後回しなのよね汗

スポンサーリンク

ダメ組織っぷりが露呈に!ISU副会長が安全面やルール改正について語る

「大成功!ISUは素晴らしい組織です!」


ー3月に開催されたストックホルムでの世界選手権についてはどう思われますか?

大成功を収めました。決して簡単なシーズンではありませんが、選手たちのハイレベルでエキサイティングなパフォーマンスを見ることができました。正直なところ、観客数は十分ではありませんでした。その一方で、世界中の何百万人ものファンにスペクタクルを提供することができ、これはすでに大きな成功と言えるでしょう。一般的に、今回の世界選手権は、今日の環境下では、実際には世界的なイベントだったと言えるでしょう。そして、私たちのスポーツの普及にも貢献しました。

ー世界的なフィギュアスケートの発展の中で、ロシアのスケーターが獲得した3つの金メダルは、むしろマイナスではないでしょうか?フィギュアスケートが「ロシア」のスポーツになってしまって、他の国のモチベーションが下がるという懸念はありませんか?

私はそうは思いません。世界選手権はパンデミックの中で行われた1つの大会の結果に過ぎない。今後の展開を見守りましょう。しかし、1999年にはロシアが4つの金メダルを獲得しましたが、世界のフィギュアスケートは発展を続けていました。

ー組織の面では、開催地スウェーデンとの連携はどうでしたか?

ISU、スウェーデン・フィギュアスケート協会、組織委員会、スウェーデン当局など、大きなチームが大会に取り組みました。最終的な結果と、主催者との協力関係の進め方に非常に満足しています。

今回の経験は、このような交流の重要性を改めて示しており、この点においてISUは、メンバー、組織委員会、医療スタッフ、ボランティアなど、今シーズンを可能にしてくれたすべての人々に心から感謝したいと思います。そして、すべてのスケーター、コーチ、オフィシャル、チームリーダーに感謝しています。

「密です!そこ密です!by小池百合子」

―バブルシステムは、全体的にどのような評価を受けていますか?

まあ、パンデミックの時は仕方がないですね。昨シーズンは、すべての面で、フィギュアスケートの主要大会の開催に適していました。そして、この形式のイベントは、もちろん世界選手権と世界国別対抗戦のことですが、どちらも大成功を収めました。ちなみに後者では、コロナ感染は1件も記録されていない。

ー世界選手権では、コロナ感染が3件ありました。安全面では本当に成功しているのでしょうか?

そうですね。ISU衛生規則のすべてのプロトコルとスウェーデン当局の規則は厳密に遵守され、タイムリーに行われました。例えば、感染者の身近な接触者はすべて、非常に迅速に特定され、確認され、検査されました。今後、バブルのコンセプトが継続され、特定の大会で実施することが可能であれば、我々の側や地方自治体の側からも同様のルールが適用されるでしょう。

ー来シーズンもバブルの使用を検討していますか?

必要であれば、はい、バブルシステムを使います。その要素のいくつかは、来シーズンも確実に使われるでしょう。しかし、コロナウイルスの状況が改善され、観客がアリーナに戻れるようになることを願うべきです。

ー世界選手権の警備体制には少し無理があったのではないかという思いもありましたか?

参加者の健康を害することなく大会を開催するために、可能な限りの努力をしました。ISUの方針に沿った優先事項でした。

ー財政的な面で言えば、このような形でもISUが世界選手権を開催することは採算が合うのでしょうか?

正確な数字は言えませんが、要点だけを言えば、先ほど申し上げたように、世界選手権の参加者の健康と安全は、私たちや組織委員会にとって最優先事項でした。ISUにとっては、「スケーターは大きな国際大会に出場したい」、「ファンはそれを見たい」という2つのポイントがありました。それを目指してきたのです。

ISUは、世界選手権を安全な形で開催するために、ご存じのように意思決定の際に重要となる資金面でのサポートを含め、可能な限りの支援を行いました。多額の資金が投入された。一方、ISUの目的は、スポーツを普及させ、トーナメントを開催することです。

「常夏プーケットでバカンス楽しみながらリアル会議したいよ!」

ー今年の夏に開催されるオンライン会議では、世界的な変化が期待できるのでしょうか?

議会の議題は近い将来に現れるでしょう、具体的な何かはその後になって初めて言うことができます。ただ言えるのは、オンラインで本格的な議論をするのはなかなか難しいということです。

ーISUのウェブサイトに掲載されている変更の可能性に関する文書を読みましたが、ショートとフリーをテクニカルとアーティスティックに置き換えるという以前からの関連トピックについての言及はありませんでした。そのアイデアはまだ検討中ですか?

ISUはフィギュアスケートの競技フォーマットを変更する可能性を検討していますが、そのプロセスには時間がかかります。特に、あなたがおっしゃった提案(技術・芸術プログラムに関するもの)に関連しています。一般的に、議会は2022年にフォーマットに関するいくつかの提案を検討することになっています。例えば、世界選手権の延長はISU理事会の提案です。

ージャンプの基礎点を変えるという話題はどうでしょうか?昨年、ISUは非常に迅速にいくつかの変更を行い、彼らを復活させました。今後、それ以上になることはないのでしょうか?

近い将来ではありません。来シーズンは、シングルスおよびペアスケートのエレメントの基礎点は、2020/21シーズンおよび2019/20シーズンと同じです。これは早急に必要ではなく、今すぐにジャンプの基礎点を変える必要はありません。

「不利になるようなルール変更は全部後回しだよ」

ーISUのウェブサイトで公開されている提案の中で、私が最も興味を持ったのは、前述の世界選手権を拡大するという評議会のアイデアと、ジュニアの欧州選手権と4大陸選手権を設置するというハンガリーの提案でした。可能性があると思いますか?ISUにそのための資金はありますか?

ISUは、世界選手権の参加者総数を増やしたいと考えています。現在、調整中で、2022年の大会に持ち越される予定です。ハンガリー側のアイデアについては、詳細に評価する必要があります。

ー年齢制限の問題は延期されました。最近、世界の態度がポジティブからニュートラルに変わってきた印象があります。そうなんですか?

 年齢制限を引き上げる提案は、2022年に議会で検討されます。しかし、議論の結果を予測することはできません。

ー来シーズンは、ジュニアイベントを含めて完全なものになるという保証はありますか?

ISUは、予定されているすべてのトーナメントを開催できることを望んでいます。そのための準備は万全で、その方向性に変更はありません。しかし、当然ながら保証はありません。世界の情勢はまだまだ不安定です。

ーグランプリシリーズの見通しについて、7月初旬には各ステージに選手が配置されると聞いています。これは本当ですか?

グランプリシリーズのグループ会議が6月末に開催されます。そのあとすぐに、グランプリに出場するスケーターのリストを発表します。

※出典:@alexanderlakernik、参照:TELESPORT





相変わらずの自画自賛なラケ爺のインタビューね(呆)

昨シーズンの競技会について、大成功って連呼してるけど、

世界フィギュアでバブルシステムにもかからわず、3件のコロナ感染症が出てしまったことについて、なぜそのような症例が出たのか、来季どう改善するかの方が先決だと思うけれど。

スケーターの宿泊先でのビュッフェ形式など、皆様覚えてらっしゃるでしょ!?

ネイサン「私は距離を保ち、自分自身を清潔に保つように努めてきました。人々はもっと注意深く感じるべきだと思います。マスクの一部が着用されていないことなどが時々見られます

選手からも安全面を危惧する声が控えめに出ていたけれど、ISUに直接文句は言えないものね。

国別が0件であることを誇示しているけれど、日本開催だったということに過ぎないからね。ISUの組織力なんぞでは決してないわよ。

どこが万全の対策と言えるのか!?

ジャンプの基礎点にずっと疑問を感じて来たなら、なぜ今すぐに変更しないのよ?

オンライン会議で本格的な議論をするのは難しいというけれど、議論をするまでもない早急なルール変更があるのでは!?

昨季、クワドの基礎点変えます!と豪語してからのやっぱりやめます!ってなんだったの!?「やーめた」も本格的な議論があったの??

ごく一部の国のスケ連からの圧力と猛反発があっただけでしょ。

年齢制限の引き上げにしてもそう、ぜ~んぶコロナ禍のせいにして都合の悪いことは後回しの組織だものね。

アリ氏のくだらないISUアワードなんぞに費用かけるぐらいなら、来季のバブルシステムに充てて頂戴よ!

AI導入なんて、夢のまた夢の話よね。

ラケ爺様、ロシアでテストスケート、グランプリシリーズ、ロシアカップ、ジャンプ大会などの主要大会を開催する会場メガスポルトが、コロナセキュリティ対策違反により、90日間閉鎖される場合があると報道されているわよ~!

※参照:sports.ru

☆合わせてお読み頂きたい

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

いつもブログランキングバナーでの応援クリック、心から感謝しております。

日々の励みになっています!

スポンサーリンク

清楚な人差し指で、応援クリックお願いします!

フィギュアスケートランキング

にほんブログ村 にほんブログ村へ

にほんブログ村

-フィギュアスケート


スポンサーリンク


 

愛のオネエサロン

  1. みゃほ 2021年6月15日 1:09 PM

    オネエさま、こんにちは!

    爺の写真と爺コメント(仮)がフォトブックみたいで面白くて笑っちゃいました!この人の顔を覚えてしまいました笑

    はて、純粋に意味がわからないのが、対面の接客業ではないのに、オンラインで議論をするのが難しいってなぜ………???

    ……あっ接待か!!
    接待が難しくなるのか!!!

    • オネエ 2021年6月17日 7:31 AM

      >みゃほ様

      オンラインでの議論が難しい意味がわかりませんよね!
      そうです、接待がなくなるからです笑
      こんな組織に大事なことなんて決めれないと思います。

あなたの愛をアタシにいただけないかしら?
※管理人で不適切と判断したコメントは一切公開されることはありません

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.