スポンサーリンク

スポンサーリンク

フィギュアスケート

投稿日:

なんとオーサーがフランスに!グランプリ中国杯が中止になった理由とは?

グランプリ中国杯が中止になった理由は、「北京オリンピックを成功させたいという意志の現れ」と話すANN中国総局長や、

スケーター安藤美姫の見解が興味深いので、ここで紹介させて頂くわね。そしてジュニアグランプリ第1戦フランス大会で、

カナダのコーリー選手にブライアン・オーサーコーチが帯同し、元気な姿を見せているわよ。

スポンサーリンク

なんとオーサーがフランスに!グランプリ中国杯が中止になった理由とは?


北京オリンピックを成功させたいという意志の現れ?

グランプリシリーズ中国大会の中止決定。ANN中国総局長の千々岩森生氏(北京)は「去年7月に中国政府が決めた、国内では国際大会はもうやらない、という方針の延長だ」との見方を示す。

「例えば大坂なおみ選手などの有名選手も参加し、毎年10月に開催されていた北京オープンというテニスの大会も2年連続で中止だ。フィギュアスケートの大会についても去年は開催されたものの、参加したのは中国の選手だけだ。もちろん、2月の北京大会まで時間がないので、やはりテストのような意味も含め、大きな国際大会をやりたいはずだ。それでも、やはり感染対策のためにやらない、という方針でいくということだろう。ここで下手に国際大会を開催し感染が広がった場合、北京大会を最悪の事態で迎えることになるからだ」。

また、北京大会の開催にあたっては、厳しい隔離、もしくはバブル方式が導入される可能性が高いという。

「上海や重慶では14日間だが、中国というのはとにかく首都を守るのが当たり前という感覚。おそらく観客やメディア、例えば松岡修造さんのようなキャスターの方が来ても、21日間の隔離をするか、バブルに入れるかのどちらかになるだろう。隔離をすればスタジアムはもちろん、街中にも万里の長城にも好きにどうぞ出ていいということになるが、そうでなければ決められたところからは絶対に出られない。そのどちらにするか、中国政府は頭を悩ませていると思う。私自身も21日間の隔離を経験したが、ずっと部屋から出られないので、少し心が折れる。食事は3食、ホテルの部屋の扉を開けると弁当が置いてあるので、それを取ってまた閉めるというのが続く。また、中国政府としては今回の東京大会をかなり評価しているし、参考にもしていて、アスリートについては21日間の隔離ということはせず、“バブル方式”が取られることになると思う」。

日中の企業課題を解決しているクリエイターの陳暁夏代氏も「去年の秋くらいからは今のような感じだし、私の知る限り、音楽ライブやアイドルの握手会なども行われているので、要するに変異株のことも踏まえ、オリンピックまでの間は海外の人に来てほしくないということだと思う」と話す。

フィギュアスケート元世界女王の安藤美姫さんは「無理してグランプリシリーズを行うよりも、北京オリンピックを世界中からアスリートが安心して来れるようにしたいということだと思う。ただ、21日間の隔離は少し厳しいし、冬の競技は雪や氷がないと何もできないという競技も多い。中国の選手も含め、全員が同じ条件で競技に向かえれば不公平さはないと思うので、もし本当に選手や関係者が隔離されることになった場合、できれば国や連盟の間で交渉して、少しスケジュールを前倒しし、チームで練習させてもらえるといいと思う」と指摘。

また、「IOCはもちろん、関係者の皆さんはアスリートがベストなパフォーマンスができることを望んでいると思うので、無理はさせないと思うし、そういう決定が下されれば、アスリートはその条件下でベストパフォーマンスをするという精神でいる。特に日本を代表して、国旗を背負って出場させてもらうアスリートはそういう鍛錬をすごくされているし、私たちが思う以上に本当に大変な思いをしながら毎日を過ごして、4年に1度という舞台で輝く。できるだけ早めに決定してもらえたら」と話していた。

AMEBATIMESより一部引用

グランプリシリーズ中国杯の中止について、ANN中国総局長の話は興味深いわね。

今下手に開催して万が一問題が起きた場合、北京五輪開催まで疑問視される風評は避けたいでしょうし。

東京五輪が評価されているという点は、実際に東京に住んでいる側としてはどうなの?と思う点もあるけれど、

反省点は生かされてくるんじゃないかしら?

そして安藤美姫の言う、

「冬の競技は雪や氷がないと何もできないという競技も多い。中国の選手も含め、全員が同じ条件で競技に向かえれば不公平さはない」

こちらリンクの確保や練習時間が平等に与えられるかというのもまた大きな問題となってきそうね。




ジュニアグランプリシリーズ初戦フランス大会、ショート2位発進となったカナダのコーリー・サーセリに、

ブライアン・オーサーコーチが帯同しているわよ。元気そうでよかったわ!

コーリーは身長もあるし、演技も迫力あるわね。

リフトをイメージしたキスクラで足を上げて伸ばしてるお茶目なオーサー笑

そうそう、コーリーと言えば、

以前、クリケで羽生結弦らのショットを撮影していたのよね。

なんだか懐かしい4ショットね。

☆合わせてお読み頂きたい

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

いつもブログランキングバナーでの応援クリック、心から感謝しております。

日々の励みになっています!

スポンサーリンク

清楚な人差し指で、応援クリックお願いします!

フィギュアスケートランキング

にほんブログ村 にほんブログ村へ

にほんブログ村

-フィギュアスケート


スポンサーリンク


 

愛のオネエサロン

あなたの愛をアタシにいただけないかしら?
※管理人で不適切と判断したコメントは一切公開されることはありません

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.