スポンサーリンク

スポンサーリンク

フィギュアスケート 羽生結弦

投稿日:

なぜフジは捏造するのよ?羽生結弦の言葉を正しく伝えるのが本来の役目!

ロシアメディアでも羽生結弦の4Aが大きく取り上げられ、北京五輪でどう戦うのかといった戦略が最大の関心事に。

フジテレビがいくつかの番組で、全日本フィギュア公式練習の中で、ユヅが自分に言い聞かせている言葉の部分を勝手に捏造。

選手の発した言葉を正しくそのまま伝えるのが、メディア報道の本来の役目であるはずなのに。

スポンサーリンク

なぜフジは捏造するのよ?羽生結弦の言葉を正しく伝えるのが本来の役目!


羽生結弦選手、4回転アクセルを着氷させる。世界は変わり続ける

フィギュアスケートの全日本選手権が終了し、最後のポイントは、日本の冠たる人気種目である男子シングルの演技となりました。羽生結弦選手は6度目の優勝を果たしましたが、その最大の功績は、フリーで4回転アクセルに挑戦し、着氷したことです。ミスがあったとはいえ "MK-Sport "が語る、歴史的快挙。

羽生結弦は足首の故障で8カ月間出場せず、グランプリシリーズを欠場したため、全日本選手権でどのような状態であるのかは誰にもわからなかった。

日本は、27歳の五輪2連覇王者が3回目の五輪に参加したいと思うのかどうか、足踏み状態であった。しかし、日本選手権が始まる直前、羽生は、北京への出場意志を言葉にした。

ショートで、4S、4T-3T、3Aを決め、111.31点を獲得し、追い手の宇野昌磨を10点差で上回った。

フリーで4Aという、今まで大会で誰も跳んだことのないジャンプ構成を入れることが判明した時、大きな話題となりメディアが騒がしくなりました。大会の2日前、公式練習で4Aに挑戦しました。

公式練習では成功しなかったが、フリーではリスクがありながらも滑った。そして、彼はやり遂げたのです しかし、なかなかうまくいかず、ジャンプを失敗して両足着地してしまった。その結果、ジャッジはクリーンと認めなかったが、それでも彼は211.05でフリースケートの優勝を果たした。

合計で322.36点を獲得し(ロシア選手権の男子シングルの覇者、マーク・コンドラチュクは284.37点)、6度目の全日本選手権制覇を果たし、自身3度目の五輪へ準備をします。

羽生選手が北京の氷上でリスクを冒して4を決めるのか、それとももっと慣れている要素でオリンピックを勝ち取るのか、最大の興味はそこに残っている。

※出典・参照:sportmk.ru

ロシアでも羽生結弦の北京五輪での戦略について、どうなるかが最大の関心となっているわ。

羽生結弦自身もインタビューで、ここには触れているし、本人がどうするべきか一番わかっているのよね。

「もちろん、1位を目指して頑張っていきたい。自分の中では、このままでは勝てないのは分かっている。もちろん4回転半というものへのこだわりを捨てて、勝ちにこだわりにいくのであれば、他の選択肢もいろいろあるとは思う。ただ、自分がこの北京五輪を目指すという、その覚悟を決めた背景には、やはり4回転半を決めたいという思いが、一番強くあるので。4回転半をしっかりと成功させつつ、その上で、優勝を目指して頑張っていきたい」

「五輪って、やっぱり発表会じゃないんですよ。勝たなきゃいけない場所なんですよ。僕にとっては。4回転半をしっかりGOEプラスでつけられる構成にしたい。こっから1カ月ちょっとしかない状況の中で、やれることはたぶん、アクセルぐらいだと思ってるので」

「羽生選手が北京の氷上でリスクを冒して4を決めるのか、それとももっと慣れている要素でオリンピックを勝ち取るのか」

と言っているけれど、そのどちらもやってのけてしまうような気がしてならないのよ。

そして彼のジャンプに対する強いこだわりや姿勢、考え方をジャッジがどこまで汲み取り、理解した上でGOE採点できるのか?

「才能と継承されてきた知識がすべて重なり合って、出来た歴史の集大成が羽生結弦先生なんですよ」

ヤマカイ氏の解説、プロバレエダンサーならではの視点で、「音ハメ」の素晴らしさについても次元が違うと語っているわよね。

バレエ的にはかなりリスキーで、音楽でリズムが狂い、転倒をする可能性大だと。

表現力にはプロのバレエダンサー、音の解釈にはプロの音楽家と言ったように、

ジャッジに、各分野に長けているプロの専門家を配置し、演技構成点を採点してほしいなあと改めて思ったわ。

☆合わせてお読み頂きたい




全日本フィギュア26日朝の公式練習。

フジテレビがいくつかの番組で、羽生結弦の自分に言い聞かせている言葉の部分を字幕で

「マジで驚かせてやりたいんだよ」としているけれど、実際の言葉をよく耳を澄ませて聞いてみると、

「アクセルは軸さえ作りゃあいいんだよ」と言っているわよね。

驚かせてやりたいだなんて、そんなこと彼は言わないと思っていたから、ものすごく違和感しかない。

そんな誰かを驚かせる為に、4Aを跳ぼうとしているのではないからね。

フジの制作編集者は、彼の言葉を故意に編集しているのはなぜ!?聞き間違えるはずがないもの。

言葉ひとつで、印象ってガラっと変わるものよ。多くのファンは「驚かせてやりたい」なんて考えてないってすぐに気付くけれど、

何気なく番組を見た方は、そんな考え方で4Aを跳ぼうとしているんだって誤解を招く可能性もある。

「キス&クライの真実

というタイトルをつけておきながら、真実を報道できないフジは恥ずかしくないのかしら?

選手の発した言葉を正しくそのまま伝えるのが、メディア報道の役目であるはず。ここは訂正するべきだわ。

それでは、皆様本日もどうか良い一日をお過ごしくださいね。

スポンサーリンク


最後までお読み頂き、ありがとうございます。

いつもブログランキングバナーでの応援クリック、心から感謝しております。

日々の励みになっています!

清楚な人差し指で、応援クリックお願いします!

フィギュアスケートランキング

にほんブログ村 にほんブログ村へ

にほんブログ村

-フィギュアスケート, 羽生結弦


スポンサーリンク


 

愛のオネエサロン

  1. wing 2021年12月30日 8:20 AM

    久しぶりにコメントします。
    オネエさま、よくぞ取り上げてくださいました!
    羽生くんが、こんな発言するはずがないのに、どういう印象操作なんでしょうね?
    余りにもひどいので、フジにメールしてきましたけど。
    メディアの捏造報道って、どうにかならないのでしょうか。

  2. まどか 2021年12月30日 9:00 AM

    そうだったんですか!!納得いきました。「マジで驚かせて〜」発言、なんか違和感あったんですよね。スッキリした〜。
    「オリンピックは発表会ではない」←突き刺さる言葉です。以前「試合は生きるか死ぬか、くらいの気持ちで臨んでいる」と言ってました。これぞ羽生結弦、なんですよね。そういう気持ちで挑む北京オリンピックを観ることが、本当に楽しみです。

  3. リン 2021年12月30日 12:15 PM

     あの言葉って “羽生さんの凄さを見せつけて マジで奴らをおどろかしてやりたい!”という私のヨコシマな願望とシンクロしていたので、違和感はあったのですが、羽生ぶちかましてやれ? なんて野蛮なエールを送ってしまいました。こういう感情は 人に対して攻撃的なので 演技に集中できない原因となりますまよね。つくづく 私 修行が足りませんね。  反省です。

  4. こけもも 2021年12月30日 12:32 PM

    オネエさま こんにちは☆いつもありがとうございます!
    この番組見てましたが、あのテロップのようには全く聞こえなかったし違和感大でした。実際全然違ったのですね。ほんとテレビって。バラエティ番組とかでも素人さんの発言に勝手なテロップつけて笑い者にさせていることもあるし。
    フジは誰のおかげで視聴率を稼いでスポンサーつけられると思っているのか。羽生さんに出演料払え~~(。-`へ´-。)!

  5. TonTon 2021年12月30日 1:00 PM

    これは単純に忙しかったからだと思いますよ。
    現場は睡眠時間を削って仕事している場合も多いらしく(人員削減で)、
    悪気はなかったと思います。
    闘志を燃やす羽生結弦、という点を本人の言葉や表情に沿って以前から演出しているので、思わず脳内変換してしまったのでしょう。
    そこにはなんでもバラエティ化し、「番組的なオイシさ」至上主義となっている社風もあるかとは思いますが。
    フジから訂正・謝罪は求めたいですが、悪意ある捏造には思えませんでした。

    しかしあらためて思うのが、羽生君には常に優秀で熱いハートのセコンドがついているんだなぁ、ということ。
    競技者本人、トレーナー、セコンド、が常に彼の脳内にいるんだというのがよくわかる映像でした。

    悪意ある印象操作をするのはむしろ匿名のファンたちかな。
    自分が嫌う選手について、証拠もないのに「選考結果に文句をいっている”そうだ”」などと、あたかも真実っぽい調子でこういった公の場で書くアレな人が後を絶ちませんからね。

  6. みゃほ 2021年12月30日 1:39 PM

    オネエさま、こんにちは!
    驚かせるっていまさら誰を…?って不思議に思っていたので、まさかの空耳ということを知って謎が解けました! これはやったらダメな間違い。。

    わざとかもしれませんが、ミスの可能性もあるなーと思います。
    番組制作の現場って徹夜当たり前で、大体は過労のスタッフさんなのですが、生中継があるとそんな中で全部を急いで済ませなくちゃいけないので、、
    もしかしたら担当者が素で間違っちゃって、それが見過ごされたかもしれませんね…。

    もし素の間違いだったら翌日出勤したくないレベルだろうなと想像してしまいました、、笑
    訂正出してほしいですね!

  7. konami 2021年12月30日 2:58 PM

    オネエ様~やっとコメントさせて頂きます!
    こんにちは。
    羽生くんがまた幸せをくれたので、すっきり爽やかに年末年始を迎えられそうです。
    予想通り情報の洪水にのまれ全然追い付けず、いっばい感想があるのにコメントする時間がない(笑)やはりダブ録で全てを捕獲しようとする事は困難で大分コツは分かったつもりですが先走って勢い余って消してしまったり泣…はぁ~嬉しい悲鳴です。
    現地様本当に良かったですね(^^)レミエン様の新しい衣装素敵✨それにしても羽生くん随分取材対応しましたね。やはり五輪前だからでしょうか。各局?各番組?単独インタビューとは。それぞれ感想たくさんありすぎて…少し切なくなる言葉や、彼らしい男前な言葉、可愛らしい笑顔もありました。Nスタの単独インタが特に良かったです。短いけど…きっと分刻みのスケジュールなんじゃないかな。

    昔、テレ朝の「キリトル」だったかな?思い出しました。読唇術?ってやつですか。口の動きで言葉を読み取る番組。確かダルビッシュさんの言葉が全然違うように放送されてしまって本人がSNSで苦言を呈したのが発端なのか、なくなりましたね。羽生くんのも「ちょっと違うんじゃない」ってのありましたよ(^_^;)
    悪気はないとは思いますが、曖昧なものは本人確認してからの方が良いと思います。とは言えその「言葉」の重要度・内容によるとは思いますが…スパークで本人解説があったのでその時にでも聞けば良かったのに、と思いました。「驚かせて…」と言う言葉に関しては私は並々ならぬ気迫で鼓舞してるんだなと思っていました。ただもし「アクセルは…」が本当ならあまりにも違うのでさらっと訂正はして欲しいですね。
    それにしても羽生くん。本当に驚かされます。いつも予想を越えて…。私がこうなったらいいな♪と思う最高の結果を実現してくれました(涙)もちろん4Aを成功して欲しいけど、でも今回はまだ…って気持ちがあって…非公認だし…今満足してしまったらって思うと…。
    改めてショートを見返すとオネエ様の仰る通り4Sはこれ以上何をすれば満点になるの?と思う出来でした。前年のような謎のスピンノーカン的なものはなかったものの、この4Sに関しては疑問が残ります。出し渋りのような。
    そして天地様も、やっぱり2回目3回目と見ていくとその良さに気付く事があって…
    ああ、尊い。。。

    オネエ様、皆様、1日早いですが 良いお年をお迎え下さい✨

あなたの愛をアタシにいただけないかしら?
※管理人で不適切と判断したコメントは一切公開されることはありません

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.