スポンサーリンク

スポンサーリンク

コストナー フィギュアスケート 安藤美姫 荒川静香

更新日:

オリンピック オネエのファッションチェック 華やかなトリノでの舞姫たち

競技を彩る華やかな衣装は、
フィギュアスケートの楽しみ
のひとつ!

あの時の演技を鮮明に覚えているのは
そう、あの衣装!と
記憶を辿る手掛かりになったり、

演技するスケーターの
世界観までも表現するものね。

今宵は2006年、

トリノオリンピックの衣装に

タイムスリップしていきましょ!

美しく冷酷なトゥーランドット姫

クールビューティ静香

思えば彼女の金メダルから、
フィギュアスケートをお茶の間で
見る国民的スポーツになったと思うのよ。

ブームって言葉はあたし好きじゃないから、
国民的って言葉に置き換えたわよ笑

トゥーランドットの「オペラ」の背景を
知るとさらに深く衣装を
掘り下げて見ることが
できるのよね。

荒川静香の
衣装を手掛けたのは、
ロシアのデザイナー、

ナテラ・アブドゥラエヴァ

オペラ、バレエ、演劇、
映画界などの衣装を
手掛けてきたナテラだからこそ、

笑わない冷酷な美女トゥーランドットを
クールビューティーの静香に重ねて、

この衣装を製作できたんだわ。

でもね、オペラの最後に姫は
閉じていた心を開き、
真実の愛に気付くのよ!

この最後の優雅なスピンこそが、

すべてから解き放たれて
真実の愛、

を知った瞬間に
見えたのよ!

「彼の名は愛です!」

真実の愛を知って初めて笑うのよ。

あたし思わず茶の間で一人、
スタンディングオベーション!

彼女の笑顔がなんてクールな
衣装に映えるんだと。

このアシンメトリーな衣装はもしかしたら、

冷酷な美と愛の優しさの美の
ふたつを象徴しているもの
なんじゃないかなって、

そうあたしは解釈したのよね。

あくまであたしの解釈だから、
皆様のご意見も
お聞きしたいところだわ。

勝手に妄想して、
自由な解釈って大好きなのよ!

そうよ、フィギュアは
自由なスポーツなんだもの。

でも、静香!
アシンメトリーの先駆けといえば、

ぶっとび~りえ!

を忘れちゃだめよ笑
この「夜のヒットスタジオ」の宮沢りえの
衣装が斬新すぎて、

あたしまさにぶっとんだわよ!笑

静香はさ、
ショートの曲、
トリノ直前に変更したじゃない。

でもあたしはね、全日本でみせた
この白黒のアシンメトリー衣装で滑る

ラフマニノフのパガニーニが
好きだったのよね。

でも確か曲のリズムと
ジャンプのタイミングが合わせづらい
ってことで変更になったのよね。

このスパイラルの背中が好きなのよ!
衣装映えるわよね。

最後に手を突き出してね、

ほら見なさいよ、あんたたち!
あたしに敵うオンナいるのかしら!?

ってビッチぶりなドヤ顔、大好き!笑

でもさ、お塩(塩原恒夫)が
最後にこう言い放ったのよ。

「静か(静香)に闘志はトリノの聖火台に火を灯すか!?」

灯すわけないじゃない、
聖火ランナーが灯すのよ!
おだまり、お塩!

ってあたし思わず、
チャンネル変えてしまったの、
今でもはっきり覚えてるのよ笑

イタリア国民の期待を一身に背負って

コス姐!

こと、

カロリナ・コストナー

トリノから本当に息の長い選手よね。

地元開催とあって、
彼女は全イタリア国民の
期待を背負い、

想像もつかないプレッシャーが
あったはずよね。

いつものコス姐らしからぬ
ミスを連発していたもの。

彼女の衣装を担当していたのは、

イタリアが誇る巨匠、

ロベルト・カヴァリ

雪と星が大胆に
刺繍されている衣装が

高身長な彼女に映えるのよ。

この時の曲がビバルディの「冬」。

コス姐の描く世界が
まるで終わりのない冬が続き、
雪を降らせているような、

そんな印象を衣装からも感じたのよ。

コス姐のぜひ復帰を
心から願っているわ!

また貴女の優雅で繊細な演技が
見たいのよ、あたし。
一日でも長くね。

戦場のクリスマスをどう演じるか

最後はミキティこと、

安藤美姫

この衣装を担当されたのは、

ワダエミ

海外ではこの衣装の色合いが酷評されてね。

でも、あたしは
このショートの衣装は好きなのよね。
いままでにない感じで、

戦場のメリークリスマスのイメージとしては
戦争=灰色なのかなって。

もっさり感があって、
動きづらそうな印象はあったけど、
あたしは当時、斬新だなって思ったわよ。

坂本龍一氏のこの曲、
あたし大好きなのよね。

演技冒頭、曲のメロディに
合わせて、

足をサササって後ろ向きに下がるところ
好きなのよあたし。

これ、後ずさり美姫って
当時呼んでたのよ。

はっきり言ってミキティは
この曲をものにして滑り切ったとは
言い難いんだけど。

そもそもとても滑るのが難しい曲だものね。

フリーの蝶々夫人。
あたし衣装よりもこのアイメイクが
イケてないと思ったわ。

目が余計に腫れぼったく
見えてしまってるもの。

衣装は可愛らしいと思ったんだけどね。
女性の体の変化と確かこの時、足を骨折していたのよね。

トリノ選考でのスッキリしない
モヤモヤ感なども相まって、

スケーティングが見ていて
楽しそうでなかったのよ。

もしかして、このまま沈んで
いってしまうんじゃないかって。

そんな心配は翌シーズン、
あっという間に
すっ飛ばしてくれたのよ!

このシェヘラザードは
彼女の気迫を感じたもの。

そしてオトコ大好きな
フェロモンもね笑

ここまで立て直してくるまでにどれだけ
努力を重ねたのか、、、

あたし嬉しかったわ~。

ここから、安藤美姫と浅田真央が
日本の女子フィギュア界を
牽引していくのよね。

感慨深いじゃないのよ。

-コストナー, フィギュアスケート, 安藤美姫, 荒川静香


スポンサーリンク


 

愛のオネエサロン

  1. 燦太 2019年1月16日 8:43 PM

    あの時は、普段だったら寝てた時間なんですよ!
    ところが何故か目が醒めて、何気なくテレビつけたら静香ちゃんの演技が始まったんですよね!
    それまでのトリノオリンピックの日本選手団はメダルが全然取れなくて
    「日本に帰ってくんな!!」
    的な冷たい言葉と雰囲気が漂っていて、自分もあまり期待はして無かったんです。
    ただ、荒川静香のイナバウアーはぜひぜひ見たかったんですよね!
    そして、いざイナバウアー!
    後方に大きく反って、左手下ろして右手下ろして、左手と右手の動きにタイムラグ付けたんですよね!
    するとテレビのスピーカーからも分かる歓声とため息と悲鳴が入り交じった様な…
    とにかく、会場と世界を魅了した瞬間ですよ!
    点数にならない技でね!
    そして演技が終るとスタンディングオーベーション!
    そして静香さんの上品な笑顔♪そしてそして高得点が出た時の弾ける笑顔♪
    マスコミは「天使の浅田真央、氷の女王荒川静香」的な報道をしてたくせに、手の平を返した様に「日本の救世主」「アジアンビューティー」毎日毎日ワイドショーは荒川静香特集!
    確かに、あの大会で静香さんがいなかったら日本選手団は…、ですよね!
    でもね!自分はエキシビションの演技と衣装がお気に入りです。
    あの荒川静香に惚れました♪
    美しかったです♪
    個人的にあの時からフィギュアファンになったと思います。

    • オネエ 2019年1月17日 7:26 PM

      >燦太様

      こんばんは!
      イナバウワーをしたとき、会場にいた
      カタリナビットがスタオベで荒川の金メダルを確信したという
      エピソードを聞いたことがあります。
      わたしもあの瞬間は時間が止まったような錯覚を覚えました。
      EXはYOURAISEMEUPですよね。
      EXまで全然睡眠時間がなかったそうですが、
      見事にオリンピック金メダリストとして滑り切りましたよね!

  2. きんせんか 2019年1月16日 10:25 PM

    衣装特集待ってました❤すごく記憶力が良いのですね!そしてデザイナーさんまで!覚えられない名前…
    色白荒川さんは青がよく似合いますね。センスがいい♪青の衣装は金メダルに縁起がよいとか。
    塩ポエム!ダジャレとか好きですよね^^;
    今はセンスの良い衣装多いけど、昔の画像見ると変衣装がたくさん(笑)。

    • オネエ 2019年1月17日 7:30 PM

      >きんせいか様

      きんせいかさん、こんばんは!
      トリノの衣装は何故かすごく覚えていて、
      どのデザイナーだったかも当時調べておりました。
      青の衣装は金メダルに縁起がいいですよね。
      確かバンクーバーもヨナがブルーでしたねw
      塩ポエム、当時はすごく嫌悪感があったんですが、
      いまとなっては懐かしい思い出になりました笑
      真央や明子の時が特にひどいダジャレ連発してましたものね。

  3. てんこ盛りパフェ 2019年1月16日 11:14 PM

    もともとフィギュアはみどりちゃん以外は男子中心で見ていたし、みどりちゃん引退後は個人的に五輪しか見なかった空白時期です。(あ、ソルトレイクでヤグディンに嵌って過去映像巡りしましたけど)
    そんな訳で、トリノ「虎の子の金」の荒川さんは、私にとっていきなり現れた鮮烈な青い女神でした。真央ちゃんで日本人のスタイルもようやく欧米に負けないレベルになったなと喜んでたところへ、さらに長身で大人の女性のクールビューティ。注目したとたん引退。(24才迄よく頑張ってくれたんだけど、五輪しか見てないとこういう勿体ないことになりますね)

    アンミキのこの衣装、当時の2ちゃんねるでは「魔法使いのばーさん」と「チマチョゴリ」って悪評でした。でもアンミキ自身が、フィギュアは知らないというワタ・ミエに直前に懇願して作ってもらったという経緯ですから、見た目だけでなく伸縮率が悪くて演技に影響したのも仕方ないんでしょうね。演ずる衣装ではなく舞台で見せる衣装、ってことでしょう。
    でも、それ以外のアンミキの衣装は大胆で個性がハッキリしていて好きです。

    いつか衣装のニックネームの特集もして下さい。みんな新しい衣装にあっという間に、おいおいってニックネームつけるのが面白い。できれば男子女子分けて頂けると泣いて喜びます。

    • オネエ 2019年1月17日 7:36 PM

      >てんこ盛りパフェ様

      荒川は2004年の世界選手権で優勝してから、
      もしかしたらそのまま引退してしまうのではないかと思っていました。
      トリノシーズンは真央とGPはすべて重なり、
      悔しい思いもしたと思います。そこでモロゾフに急遽コーチを変えたのは
      結果的に良い決断だったのではないかと。
      男女分けての衣装のニックネーム特集ですね。
      かしこまりました!笑
      スケーターに愛を持ってニックネームつけさせていただきますね。

      • てんこ盛りパフェ 2019年1月17日 9:46 PM

        オネェ様
        ありがとうございます。いい子にして楽しみにしています。
        ちなみに羽生君のoriginは「敗れた海苔」らしいですねw
        2014中国杯優勝のコフトゥンは「アオウミガメ」
        テケシのアランフェスなんて「ボロ雑巾」
        一見悪口っぽいけど、特徴をよく捉えてますよね。

        • オネエ 2019年1月18日 3:39 PM

          >てんこ盛りパフェ様

          ボロ雑巾って笑
          すごいネーミング汗
          ちょっと悪いイメージに聴こえてしまうけど、
          衣装から連想できちゃうところもありますね。
          荒川のトリノの衣装はわたしの中ではアナ雪なんですよね。
          凍り付いたクールビューティが最後に
          笑みでみんなの心さえも幸せにするようなイメージですね。

  4. ジゼル 2019年1月17日 4:41 AM

    荒川静香は日本を飛び出してから、どんどん衣装もセンスもあか抜けていきましたね。大人っぽい、センスのいい衣装(ハイネックが似合う~)に母親と一緒にお茶の間ピーコのファッションチェック(笑)、で勝手に「ハナマル」出してました!己を知ってるというか、今もTPOに合わせてファッショナブルでセレブ感満載でいらっしゃいますね、はあ~
    後、男子は特に自分の個性を生かした衣装が多かったですね。ジュベールやプレジナ、アボット、当時の高橋や羽生、等。、ジュベールのアスリートらしい質感や素材や現代的なものは、本人に似合ってプログラム映えも…
    本当衣装大事ですね!

    • オネエ 2019年1月17日 9:02 PM

      >ジゼル様

      ジゼルさん、こんばんは!
      海外に出て自身で見て感じ、感性を磨いてきたのでしょうね。
      ハイネックとても似合いますよね~。
      ジゼルさんのコメントでジュベ様が!!!!!
      わたしジュベ様の肉体美に惚れこんでしまい、もちろん演技もです!笑
      大好きなんです。衣装ってホント大事ですよね。
      ジャネットリンの時代はシンプルでいて、だからこそ
      技術など目の行くところの焦点が絞られていたかなと私は思います。
      いずれフィギュアの歴史と共に、
      衣装の遍歴なども辿る記事も今度書いてみますね!

  5. くりかのこ 2019年1月17日 5:48 AM

    荒川さんのトリノの衣装、大好きなんですよねー!衣装をデザインしたのは外国の方ではと思ってましたがやはりそうだったんだ!ハイネックといい、裾がイレギュラーなところといい、ツボを突きまくりです。あの頃、荒川さんの、ファンでもありました。何が好きといって、イナバウアーもさることながら実は一番好きなのは、Y字スパイラルできっちり3秒手を離してくるところです。練習したからといって誰でもできることではない、彼女の超柔軟性の賜物です。
    美姫ちゃん……トリノの衣装は重かったと後で聞きました。なかなか色とデザインは良かったのではと思いますが、やはりフィギュアコスチューム専門に作る人に任せて方がよかったのかな?紀平選手がフリンジ一本でも多い少ないで左右の重さが変わってくる、みたいなことを取材の映像で話していました。
    みどりちゃんの時代だと、日本人はコスチュームからダサい……と感じることが多かったですが、本当に今は変わりましたよねー。こないだの伊藤聡美さんもそうですが、日本人フィギュアコスチュームデザイナーも今は世界に誇れる水準だと思います!
    ニック・ヴェレオスさんというデザイナーがフィギュアファンで、たまにコスチュームのレビューを訳したものを上げてくれる人があるらしくそれが読めるのですが、デザイナーならではの指摘が面白いです。ユヅの、今年のコスチュームはかなり褒められるんじゃないかと思います!昨年のはそれまでの同じプログラムの衣装のマイナーチェンジだったので、もっといろんなのを着て欲しい、ハニューのおニューが見たいのよ!ていう訳にツボりました。
    オネエサマ、男子編もやって〜

    • きんせんか 2019年1月17日 5:09 PM

      〉くりかのこさま
      横から失礼します!ニックさんってネイサンの衣装を嘆いていた方ですよね?デザイナーだったのですね。
      ネイサン衣装問題は面白かったです。
      勉強にも忙しい漢ネイサンはどこまで無頓着なのか…心配なほど。
      ニックさん翻訳記事探してみます♪

      • くりかのこ 2019年1月17日 6:22 PM

        そうそう、その記事の方です!
        和訳の方は面白いと思った方が好意で?訳して載っけてるようでした。毎回定期的にどこかで上がればいいんですけど……真央ちゃんの衣装のことなども楽しかったです。
        ネイサン……^_^ 男前なのにもったいない。ヘアスタイルも意図的に伸ばしてんだかどうだかよくわからないんですよね。そんな無頓着っぽいとこも好きですけど笑 飾らないとこが好き。

    • オネエ 2019年1月17日 9:05 PM

      >くりかのこ様

      くりかのこさん、こんばんは。
      Y字スパイラルの3秒手離技!素晴らしいですよね。
      当時、スルツカヤはビールマン、コーエンはあの柔軟性を活かした
      スパイラルで魅了していました。
      佐藤有香曰く、Y字の時に「ここが見どころです!」
      と解説でおっしゃっていたのがすごく印象的でした。
      ニックさんのお話は初めて知りました!
      情報ありがとうございます、後で早速チェックしてみますね。
      男子編もちろんやりますので、ご期待くださいね!

      • くりかのこ 2019年1月19日 10:09 AM

        オネエ様もぜひ読んでみてください。
        ニックさんの姓はヴェレオス、ヴェルレオス、読みがふた通りあるみたいです。

        • オネエ 2019年1月19日 4:14 PM

          >くりかのこ様

          ニックさんの姓には読み方が二通りあるんですね!
          情報ありがとうございます。今夜にでもゆっくり
          読んでみたいと思います。

  6. peony 2019年1月17日 9:30 AM

    トリノオリンピック、懐かしいですね~。
    私、スキー場の宿で見てました。夜中にテレビつけっぱなしで寝ぼけながら見ていたら、荒川さんの金メダル!一瞬で目が覚めました。
    日本人でもフィギュアで金メダルが取れるんだな~って、感動したんです。
    そして、あの時の荒川さんの衣装、素敵でしたよね。ピアスも衣装に合わせているようでピッタリでしたもの。
    そして、あの時の安藤さんは、衣装も成績も・・・・って感じと思いましたわ。
    あの頃って、安藤さん一番太ってたんじゃないでしょうか?そこにショートもフリーも色は微妙な上にぼってとしたデザインと生地で、なんでこうなった???って思ってました。
    その後は個性的で素敵な衣装も多かったから良かったです。
    トリノではありませんが、私はソチでの浅田真央さんのフリーの衣装が好きです。
    ドラマティックな展開も相まって、忘れられない衣装の一つです。

    • オネエ 2019年1月17日 9:09 PM

      >peony様

      peonyさん、こんばんは。
      スキー場の宿でご覧になったのですね、素敵。
      なんかとてもロマンチックなエピソードですね!
      ピアスも衣装に合わせていましたよね。
      安藤は体型変化によってトリノの時期がもっとも
      苦しんだと後で話しているのを聞きました。
      ショートは好きなのですが、フリーが膨張色であったのかなと。
      ソチフリーの真央ですね!
      いずれ記事にしたいと思っているのですが、
      自分の中で温めているところがありまして。
      あの演技は本当に神がかっていたと思いました!

  7. ここ 2019年1月18日 10:49 AM

    荒川さんはキレイになりましたよね~。高校生の頃はジャンプは上手だけど
    動きが重たいように感じることがあったのですが、表現力がついてきて、
    スケーティング、衣裳などすべてが洗練されていった集大成がトリノでしたね。

    コストナーの衣裳もステキ!モノトーンに雪の結晶が散りばめられてて
    冬のピンと張りつめた寒空を思い起こさせるわ。
    さすがファッション大国、イタリアのデザイン!!

    ミキティ、一度見たら忘れられないこの衣裳…。
    大変、オネエさま!お名前間違っててよ!
    中尾ミエ、じゃなくて、ワダエミさんよ~!!
    アイメイク、いただけないわ。衣裳の中間色と相まって
    よりボンヤリしてしまっているというか。
    いっそのことガングロギャルメイクくらいでもいいかも??

    • オネエ 2019年1月18日 3:46 PM

      >ここ様

      ここさん!!!
      ご指摘どうもありがとうございました。
      わたし間違っておりましたね、お恥ずかしい限りです。
      中尾ミエって笑
      そうジョークを交えつつも間違いを教えて頂ける
      ここさんの優しさが嬉しくて、、、
      ありがとうございます!

      動きが重い。わたしも長野五輪の彼女の演技をみて
      思いました。
      天才であるのは間違いないけど、波があって
      もしその波に乗ればトリノでメダルも!なんて
      思っていましたから。
      サロンでもトリノのコメントを頂いたので、
      改めて彼女のフリーを記事にしますね!

あなたの愛をアタシにいただけないかしら?
※管理人で不適切と判断したコメントは一切公開されることはありません

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.