スポンサーリンク

スポンサーリンク

フィギュアスケート 羽生結弦

更新日:

なんとアサイン発表がトレンドに!羽生結弦への挑発と煽るメディアも?

グランプリシリーズのアサイン発表を前に、Twitterでは「アサイン」がトレンド入りするほど注目が。

第4戦の開催地はまだ正式発表されておらず、また米記者ハーシュ氏によると発表は来週頭まで幅を持たせるニュアンスが。

早速日本のメディアから、マリニンの4Aは羽生結弦への挑発か?という記事が出ているけれど、、、

スポンサーリンク

なんとアサイン発表がトレンドに!羽生結弦への挑発と煽るメディアも?



「アサイン」というワードが、ツイッターでトレンド入りするほど。

発表はまだか?と首を長くしているけれど、

ISU公式カレンダーでは、ロステレコム杯の代替開催地としてフィンランドのエスポーが発表となり、

現在、中国杯に代わる第4ステージの開催地はイギリス・シェフィールドとの情報が出ているけれど、

正式には確定しておらず、場所は未定の状態に。

ハーシュ氏が本日か明日(週末を挟む場合、翌営業日を指すのであれば、現地時間で来週の月曜日かも)にアサイン発表がある

としていることから、

順番的には、まずは中国杯の代替開催地を正式発表してからになりそうね。

「ISUがフィギュア・グランプリシリーズの全日程・開催都市を発表! 英国とフィンランドが代替地に」

と日本の某メディアが今朝のニュースの見出しにしているけれど、

まだISU公式は第4戦はTBAのままよ~。これもフライング発表になるんじゃない!?笑

【羽生結弦関連新書籍のご案内】

NEW!9月1日発売

☆ファンタジー・オン・アイス2022 神々の饗宴 (ワールド・フィギュアスケート別冊)

世界のトップスケーターが出演を熱望するファンタジー・オン・アイス。3年ぶりの復活を果たしたアイスショーをまるごと特集。

発売中!

☆YUZU'LL BE BACK IV 羽生結弦写真集2021~2022

発売中!

☆フィギュア・スケーターズ26

NEW!7月29日発売

☆羽生結弦 2021-2022 写真集(報知新聞社)

楽天ブックス

羽生結弦 2021-2022

 写真集

価格:3,850円
(2022/7/14 18:47時点)
感想(0件)

8月3日発売

☆フィギュアスケートLife Extra アイスショー2022

発売日再変更!8月8日発売

☆羽生結弦写真集 ENDLESS DREAM-果てなき夢-

スポンサーリンク


羽生結弦への挑発?17歳米国スケーターが日本で4回転アクセルを堂々成功の衝撃

羽生の念願である4回転アクセル。その着氷成功動画を今春、SNSに投稿し、話題をさらったのがアメリカ人選手のマリニンだ。

その新星、実はアイスショー『ドリーム・オン・アイス』のために、7月上旬に初来日を果たしている。

そして、まるで羽生を“挑発”するかのような、驚きの動画を再びSNSに投稿していて……。

動画を見たフィギュアスケート評論家の佐野稔さんも絶賛。

「うまいですね。以前に投稿された動画よりも、跳び慣れてきた印象を受けます。完成度はもう100%でしょう。精度はさらに上がってくると思いますし、今後の試合でも披露していくでしょう。

羽生選手も、きっと見ていると思います。『やられた!!』と悔しい思いがあるはずですよ」

羽生の心中をそう慮る佐野さんは、「勉強にもなるはず」と話す。

「マリニンのほうも『羽生選手の北京五輪の4回転アクセルを見て参考にした』と言っていますが、跳べる人を見るのは大切です。感覚のいい人なら目で見て学んで体で表現できる。マリニンのジャンプを見た羽生選手が、自身の改善の余地に気がつくかもしれません」

ちなみにショー本番では、マリニンは4回転アクセルに挑戦したものの転倒。観客のいる緊張感のなかでは彼も成功は難しいようだ。

「練習と試合で跳ぶことも全く別です。世界中が“どちらが先にISU公認の試合で着氷するのか”と気をもんでいます」(佐野さん)

4回転アクセルに大きなスポットが当たること間違いなしの今シーズンだが、羽生の今後はーー。

「出場試合はまだ発表されていません。右足のケガの状態にもよりますし、どこに照準を合わせるか、まだ考えている最中かもしれせん。勝負となると総合力は羽生選手のほうがマリニン選手より上です。その点もフィギュアの面白さですね」(佐野さん)

女性自身より一部引用

いつもならスルーする記事だけれど、

まるでマリニンが、ファンタジー・オン・アイスに出演したかのような嘘の情報を垂れ流す、どこぞのショープロデューサーと違い、

正しく出演したショーを伝えてくださるメディアは貴重よ~笑

「挑発」という見出しで、同列に並べようとするのはメディアのやりそうな十八番だけど、

結局は選手本人達がどう思うかなんて、当人にしかわからないわよ笑

記事の中でむしろ気になったのが、

佐野氏「跳べる人を見るのは大切です。感覚のいい人なら目で見て学んで体で表現できる」

お互いが良いところを吸収し、完成の為のヒントを掴むのなら、「挑発」という言葉も、意味合いが変わってくるでしょうね。

マリニンが実戦で4A成功する日が来た時に、

メディアは果たして、羽生結弦を一切絡ませずに、彼のジャンプだけを伝えることができるのか? まあ無理でしょうね、、、

あたしは羽生結弦が跳ぶ4Aが見たいので、その日を静かに待つだけ。ふたりのジャンプは別物だと捉えているし、

ジャンプ1つだけでなく、演技全体を通してのパフォーマンスを見たいのよ。

それでは皆様、本日もどうか良い一日をお過ごしくださいね。

☆合わせてお読み頂きたい

スポンサーリンク


最後までお読み頂き、ありがとうございます。

いつもブログランキングバナーでの応援クリック、心から感謝しております。

日々の励みになっています!

清楚な人差し指で、応援クリックお願いします!

フィギュアスケートランキング

にほんブログ村 にほんブログ村へ

にほんブログ村

-フィギュアスケート, 羽生結弦


スポンサーリンク


 

愛のオネエサロン

  1. 櫻子 2022年7月15日 9:14 AM

    オネエ様こんにちわ。何時も情報をありがとう御座います。某雑紙にも煽る記事が載っていてうんざりです。何回こんな記事を掲載するのかしら?名前出された羽生選手やマリニン選手もたまったものでは無いと思います。2人とも其れ其れの4Aに向けて頑張っているのに。周りは煽ることばかり。もっと静かに見てやれないのでしょうか?そんな記事書くよりジャパンオープンに出場する選手の事を一生懸命書いてあげたらどうですか?記事が少ないとか言われる前に。未だに北京の時の報道に拘っている人がいて驚きました。アサインの発表があれば又なにかで煽ってくるのでしょうか?時たまもうこんな闇のフィギュア界引退してアイスショーに特化してと思うときがありますが…。忖度だらけで…溜め息が出ます。

  2. ゆきっちょ 2022年7月15日 9:26 AM

    シェフィールドの予定会場が実はホッケーの試合と被ってたらしく
    他の英国都市を探してるのでしょうか?

    アサインはハーシュの言う通り週明けにズレ込むかも

  3. NANA 2022年7月15日 9:40 AM

    オネエさま おはようございます。
    週刊誌の下衆記事、羽生結弦の名前を出してのいつもの話題作りでは?
    やっぱりザアイス やプリンスアイスのチケットが、捌けないからかなーと。売り上げ悲惨…

    毎度の煽り記事、何年も同じことを続けているのよねー アクセスしないことです。
    羽生ファンはスルーしましょう。一般からもスルーされてるのを、他陣営は(日米ともに)気付いたほうがいいですね。
    それよりもショーの群舞練習くらいしなさいよ!と言いたいですわ(^_^;)

    アサインもモタモタしてますね。
    中国大会が返上したのはだいぶ前なのに…
    フィンランド大会のチケット料金が高めだそうで、羽生選手INでは?と予想されてるらしいですよ。

  4. 茉莉花 2022年7月15日 10:00 AM

    オネエさん、おはようございます(^▽^)
    また定型文煽りの記事が出ていますねマリニン4A羽生を挑発って笑
    今季はこの類いのことが繰り返し出されると思います。
    宇野や鍵山のことを書いても話題になりませんからね。
    はっきりしているのは今までのネイサンがただマリニンに変わっただけだということ。
    ISUのご贔屓が交代しただけです。
    私は羽生ファンはマリニンに対してあまり反応するべきではない、たとえマリニンが羽生さんを褒めて擦り寄るような発言をしてもなるべくスルーするべきだ、と考えます。
    待ち望んでいるのは羽生さんの4A成功です。2019年のさいたまワールドでネイサンの演技に大声援を送りスタオベをしたことはおかしなことだった。あの光景は今でも怒りしかありません。
    今季からISUが勝たせたいのはネイサンからマリニンにただ変わっただけだということを肝に銘じて、羽生さんだけを応援していきます。
    気合いが入ります!!

あなたの愛をアタシにいただけないかしら?
※管理人で不適切と判断したコメントは一切公開されることはありません

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.