スポンサーリンク

スポンサーリンク

フィギュアスケート 羽生結弦

投稿日:

やっと解放された!羽生結弦が日本スケート連盟特別強化選手から外れる

羽生結弦所属のANAから、選手登録取り消し願いが提出され、日本スケート連盟の特別強化選手から外れたと。

これからはもっと自由に、自分のやりたい事、プロアスリートとして極めていってほしいわよね。

スケ連が発表した、羽生結弦からのメッセージももう一度ご紹介していくわね。

スポンサーリンク

やっと解放された!羽生結弦が日本スケート連盟特別強化選手から外れる


今まで大変お世話になりました。

これまで、皆さまに大切にしていただいたおかげで、こうして競技生活をしっかりと送ることができました。僕は10歳から海外の競技会に出場してまいりましたが、様々なところに行けたおかげで、人生が豊かになりましたし、競技生活をとおして色々と勉強してこられたと思っております。

今まで競技生活を支えてくださった皆さまには、本当に、感謝してもしきれません。まだ終わりではないですが、まずは一区切りとして、これまでたくさんのご支援をいただき、ありがとうございました。

これからも、さらに進化できるよう、成長できるよう、限界に挑み続けたいと思います。

ありがとうございました。

そしてこれからもよろしくお願いいたします。

羽生結弦

加盟団体のANAから日本スケート連盟に、選手の登録取り消し願いが提出されたため、

本日、羽生結弦が特別強化選手から外れたと報道があったわね。

「羽生結弦選手」と呼ぶ事がなくなり、寂しい気持ちがあるけれど、

スケ連から離れて、もうこれからは何の制約も、束縛も受けずに、

自由に、羽生結弦が思い描く、プロアスリートの道を極めていってほしいと思うわよ!

今日という日が、彼にとっての新たな門出。

心からおめでとう!と伝えたいし、

これからのさらなる活躍を応援していきます。

出先からの更新で短くてすみません。

☆合わせてお読み頂きたい☆

スポンサーリンク


最後までお読み頂き、ありがとうございます。

いつもブログランキングバナーでの応援クリック、心から感謝しております。

日々の励みになっています!

清楚な人差し指で、応援クリックお願いします!

フィギュアスケートランキング

にほんブログ村 にほんブログ村へ

にほんブログ村

-フィギュアスケート, 羽生結弦


スポンサーリンク


 

愛のオネエサロン

  1. フクスケ 2022年7月21日 9:04 PM

    オネエ様こんばんは。
    羽生君のネクストステージ開始宣言(勝手に名付けました)で、フィギュア界は大転換を迎える時が来たのかな、と思いました。
    すなわち、でたらめで信頼性の欠落したジャッジシステムは、今後ファンが雪崩を打つように見限るようになり、競技会での観客は右肩下がりで減っていく…と推察されます。

    羽生君のファンのみならず、平昌五輪以降のジャッジは偏向と不透明感がどんどん増していて、これではいわゆる『美しい日本のスケート』が軽視されて行くばかりです。
    クソ長い助走付きのジャンプでもコケなければGOEプラス(特定選手には爆盛り)、ステップやスピン、コレオの複雑さや難度はことごとく無視されて結果ありきのスコアで、悔しい思いをしたのは羽生君だけではないでしょう。(まあ、彼が一番の被害者なんですけど。)
    こんな出来レース、お金払って観させられるほど、観客はバカではありません。
    ISUが某大国スケート連盟の傍若無人を野放しにすればするほど、本来のファンが離れて行くことも予測できないようでは、最早末期症状ですね。

    希望的観測も入れて考えると、むしろ羽生君の作りだすプロスケーターとしての舞台に、『美しいフィギュア』を目指す人は集まって来ます。
    つまりフィギュアスケートの真価を追求しているスケーター達です。
    観客もしかり。
    同じお金を払うなら、茶番よりも一期一会の演技に傾けられる情熱を観たい。それは当然のことです。
    やがて動員数は、競技会とは逆転して行くような気がしてなりません。ISUにとっては、正に『終わりの始まり』。

    こんな素晴らしい未来を、羽生君は自らの手で創り出そうとしているのだ、と。
    なんて輝かしく誇らしい門出でしょうか。
    彼が引退という言葉を極力避けた意味も、これでやっと府に落ちるのです。

    なんだか、ちょっぴり妄想めいていますかね。他のFANYUの方々も、少しはこんな予測もなさったのでは。

    彼の脳内にあるという構想を、楽しみに待ちたいです。

  2. カムチャッカひでを 2022年7月22日 2:16 AM

    オネエさまこんばんは。
    スケ連、なんかもうゆづに関わらないでいただきたいわ。
    最後の最後まで引退とか情報を流しゆづとファンの心をズタズタにしもうはらわた煮えくり返る今日この頃。ゆづが引退という言葉を使わなかったことの一つの理由にやはりファンに寂しい思いをさせない、悲しませない様にとの心遣いがあったと思うの。彼の前向き発言で終わりじゃなく新たなステージに上がったんだと悲しいことじゃないんだと思えたもの。彼の素晴らしさってそういうところ。力士の引退表明とかって【体力、気力の限界、、、】なんて感じが多く能力の限界から現役を去るっていうイメージ。もうあの活躍していた姿を見ることが出来ないのねと大してファンじゃなくても寂しさから泣きそうになるもの。そういう引退会見のイメージを変えた彼はやはり素晴らしいわ。これからはバカバカしい不正ジャッジなんかで心乱されることなく彼の美しい演技を楽しめるなんて最高よ!
    ふんっ、競技会もショーもガラガラで立ち行かなくなればいいのよ、このバカタレが!もう、試合は見ないからあたし。
    ふふふ、オネエ様のお言葉いただいちやったわ!とにかく悪からの開放、サロンのみなさんと祝杯をあげたい気分よ。

  3. 芽衣 2022年7月22日 5:11 AM

    オネェサマ
    おはようございます
    まだまだ羽生君への日刊スポーツの余波がありますね
    もう木下は相撲で言えば土俵から押しだししてあげたいです
    日刊スポーツは羽生君の記事は書かないで頂きたい
    オメェの所の記事は読まないつ~の!
    スケ連の大好きな宇野君や鍵山君でも書いていればいいのよ
    どうせ売れない 見ないでザマァミロですぅ
    携帯からも日刊スポーツの記事が入ってきますがおっとと思わず開けてしまいそうですyo~
    誰が読むかフン!
    皆様のように理路整然と書けない自分の心のままを素直に書くとこうなってしまいます
    オネェサマ
    スミマセンですぅm(__)m

  4. 咲希 2022年7月22日 7:49 AM

    おネエ様おはようございます
    スケ連はこれから採算や財政がものすごく悪化していくでしょうから、ざまあとしか思いません。
    今年の競技会どれも大箱開催ですが、チケット売れるのかしら?かなだいが出れば多少は売れるのかしら?ガラガラは免れられるかしら?
    そういえば、グランプリシリーズのイギリス杯は1500人収容の小さなリンクで開催で、メインスポンサーはブレード会社だそうです。以前ユーロが行われた会場をホッケー試合で使えないというのもあるけど、採算が取れないから小さな会場なのかしらとも思ったり。
    日本も集客力の小さな選手しか残らないのだからきちんと現状を理解して大箱開催でガラガラの醜態を晒す前に気づけばいいと思います。選手は一杯の会場ばかり見てきたからいなくなって始めて自分たちとの集客力の差を実感する事になり、サポートも減って行くのかなと思ったり。
    何にせよ、競技会は気になる選手だけTVやネットでチェックして、会場や有料配信やライブビューイングは羽生君が出るもののみにします。どうにも宇野、鍵山への拒否感が消えず、ルール改正も相まって、競技会への興味が減退中です。
    何にせよ、スケ連の軛から解放された羽生君が何をしてくれるのかワクワクしてます。個人的にはcontinueを再びやって欲しいです。
    支離滅裂でごめんなさいm(__)m

  5. パフェ食べたい 2022年7月22日 9:01 AM

    オネエさま、

    ISUが24時間ほど遅れて羽生さん送り出しのメッセージ出したましたが、そこについたコメントに傑作がありました。

    「彼に近寄るな、破産を楽しめ」

    とのこと。

    あらゆる制約から解放されて、彼が信頼する人にだけ囲まれて、これからは自由に輝いてほしいとおもいます。

  6. konami 2022年7月22日 10:42 AM

    オネエ様、おはようございます。
    もうHDD容量がアップアップで整理する気力が失せてきております(^^;)明日のバースデーとテレ朝特番もある~汗 goingもありますね。
    羽生くんの会見やメッセージ、その他たくさんの方々からの労いの言葉・愛…感想がたくさんあるのですがとてもじゃないけど追いきれない…あ~情報過多。。。
    オネエ様もそんな中、記事アップありがとうございます!
    という訳で、私の「現役続行」予想は見事に外れた訳ですが、それもそのはず、羽生くんの言葉の端々が前向きだったので…、そこがもう斜め上でした。端から「引退」の捉え方が違ったの(笑)そういうところよ、流石です、やられましたm(__)m
    ですが確かにもう最後かな?と思わせる言動も多々ありましたよね。北京五輪は特に。少なくとも五輪はもう最後なんだな、とは思いました。FaOI千秋楽後のインタでも「本当に頑張ってきて良かったなって…思いました」と涙を堪え言っていましたね。そもそも普通に考えて4A成功したら辞めるだろうなと思っていたし。ただ皆さん、配慮してあまり口には出さなかっただけですよね。
    平昌以降は本当にボーナスステージ。本当に感謝しかないです。ありがとうを何回言っても足りない。輝かしい記録と記憶に残る演技、その人柄。
    「自分の心を大切に」「心が壊れる前に」この言葉は今が辛い人々に伝わればいいなと思います。「自分の心を守る」という事。心が壊れる前に決断する事、凄く重みのあるメッセージです。

    20日、JOCへの挨拶後、車から手を振る羽生くんの笑顔がとても清々しかった。あんな風に開放されたような表情を見たら「ああ、羽生くん良かったね」と。何よりもあなたの心が健康である事の喜び、幸あれ✨と思いました。

芽衣 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.