スポンサーリンク

スポンサーリンク

フィギュアスケート 羽生結弦

投稿日:

コーチと衝突もあった!羽生結弦プロ転向へコーチの言葉と24時間テレビ

ユヅル・ハニュウはひとつのブランドのようなもの。僕自身もかつてない重圧を感じていたと、羽生結弦のコーチとして

指導にあたってきたブライアン・オーサー氏のインタビュー。プロ転向に力強くも優しい言葉に涙が止まらないわ。

いよいよ明日放送の24時間テレビを前に、広島ローカルでは今までに見た事のない髪型でコメントも。

スポンサーリンク

コーチと衝突もあった!羽生結弦プロ転向へコーチの言葉と24時間テレビ



8月10日に仙台で公開練習を行った羽生結弦(27)は、恩師ブライアン・オーサー(60)をはじめとするカナダのスタッフへの思いを報道陣に聞かれ、そう話した。

現場で羽生を取材していたスポーツライターの野口美惠さんは、この言葉を受けて、さっそくオーサー氏本人にメールをしたという。

「羽生くんの言葉を翻訳してブライアンに送りました。ブライアンからは『すごくうれしい言葉だし、10年間のいろんな思いが入っている言葉だね』と返信がありました」(以下、「 」は野口さん)

長年、羽生を取材する野口さんは、彼を指導するオーサー氏へのインタビューも折に触れて行ってきた。7月19日に羽生がプロ転向を宣言する会見を行った1週間後の26日にも、オーサー氏にリモート取材。その心境に迫っている。

「羽生くんからブライアンに連絡があったのは、プロ転向会見の2~3日前。メールだったそうです。『競技をやめることにした。今シーズンから試合に出ない。プロとしてやっていく』という内容。そして『ありがとう』という言葉があったといいます。『会見は日本でやるからそれまで誰にも言わないでください』とも。それに応えて、ブライアンは『プロの世界で頑張ってね』『いつでも帰っておいで』と返したそうです」

7月まで進退が明らかにされていなかった状況に、オーサー氏も“もうワンシーズンやるのだろう”と思い始めていたころだったようだ。

「試合に出たら表彰台には上がれる状況ですから、『ユヅルならまだ続けるかもしれないと思っていた』とブライアンは話していました。プロ転向の決断を聞いての心境は『すごくうれしい』と。自分が育てた選手がちゃんと結果を残して満足して次のステージに行くのを、喜ばしく感じているようです。

一方で、4回転アクセルへの挑戦を続けるということには驚いてましたね。いかに難しいかも、いかにあらゆるアプローチをしてきたかも知っていますから。ただ、『まだ試していないアイデアもあるから、ユヅルが必要としてくれたら手助けもするし、楽しみだ』とも言っていました」

羽生にとってカナダでの日々はスケート一色。

「ブライアンが食事や遊びに誘っても、絶対に羽生くんは来なかったそうです(笑)。もちろんほかの誰が誘っても行かない。ほかの生徒は毎年夏、ブライアンの別荘に行って一緒に湖で泳いだりするんですが、羽生くんはそれにも来ない。練習以外は外出せず、すべてをスケートに懸けている。すごくストイックです。ブライアンも寂しがったりせず、“それがユヅルだから”と理解していたと思います」

時には意見が衝突したことも。

「ブライアンは『最初は僕のほうが子離れできずにいた』と言っていましたね。コーチとして『こうしたほうが勝てるよ』と助言すると、『でも僕はこうやりたい』と羽生くんが言う。そんなふうに相いれない時期もありながら、お互い歩み寄るという時期もあって、それを繰り返してきたんです。まるで、ぶつかり合いながらも成長していく親子関係のようですよね」

オーサー氏は羽生のコーチとして、重圧も感じていたそうだ。

「彼は『ユヅル・ハニュウはひとつのブランドのようなもの。僕自身もかつてない重圧を感じていた。僕まで監視されているような気がした』とも話していました。羽生くんを指導するということは楽しいことである一方で、ものすごい責任とプレッシャーを感じていたようです。やはり五輪となれば、コーチの一言で運命が変わってしまうこともありますから」

コロナ禍に入った’20年以降、羽生は仙台で練習をすることに。カナダのオーサー氏とはリモートでやりとりを続けるなかで、’22年2月の北京五輪を迎える。この五輪でオーサー氏は羽生の演技するリンクサイドに立たなかった。

「北京五輪の直前になって、羽生くんから『一人でやります』と伝えられたそうです。ブライアンにしたら本音はサポートしたかったかもしれません。でも、『27歳で迎える五輪で、しかも3回目。口出しするものじゃないとわかっていた。たぶん最後の五輪だから、ユヅル本人がかじ取りをしたいと思うなら尊重することにした』と言っていました。

野口さんはブライアンから羽生へのメッセージも託されたという。

「『自分らしく、ユヅルらしく。これまでと違って順位とかわかりやすい評価がないだけに、自分がやっていることが正しいか迷うこともあるかもしれない。そんなときは、自分らしくある限り、成功なんだ』と。そう伝えてほしいと言っていました。『ユヅルがコーチになるかは別にして、一緒に子供たちを教える機会があったら、それ以上の幸せはない』という夢も語っています」

女性自身より一部引用

羽生結弦のクリケでの、フィギュアに対するどこまでもストイックな姿勢、

そしてオーサー氏のコーチとしての重圧とプレッシャー、3回目の五輪を迎えるにあたっての思いなど、

コーチ自身の言葉でのインタビューは、貴重なのでマス媒体には?でもご紹介させて頂いたわ。

オーサー氏「自分らしく、ユヅルらしく。これまでと違って順位とかわかりやすい評価がないだけに、自分がやっていることが正しいか迷うこともあるかもしれない。そんなときは、自分らしくある限り、成功なんだ」

「自分らしくある限り、成功なんだ」

コーチとしてのなんとも力強く、そして優しく背中を押してくれるような言葉に感動したわ。

一点だけ。

むしろこれまでのISUジャッジの評価よりも、わかりやすくなるのでは、、、?

羽生結弦「会見は日本でやるからそれまで誰にも言わないでください」

決意表明記者会見の2、3日前に、信頼しているオーサー氏へと明かした今後の進退。

それなのに、メディアに情報をリークした輩(スケ連内部では?)と、フライング誤報道した日刊の木下は、

羽生結弦とコーチの大切な関係性さえも踏みにじった外道だわね(怒)

羽生クラスの進退を『1紙抜き』し、今後20年、社内で自慢できる栄冠!?

何をアホンダラなことほざいてるのか。アスリートを取材するものとしてリスペクトがない輩が、記者なんかするんじゃないわよ。

未だに謝罪ひとつないところに、悪びれた様子もゼロだわね。

【羽生結弦関連新書籍のご案内】

NEW!9月1日発売

☆ファンタジー・オン・アイス2022 神々の饗宴 (ワールド・フィギュアスケート別冊)

3年ぶりに開催されたFaOIを総特集した特別号を刊行します。表紙は羽生結弦さんです!出演者のインタビューを満載し、さらに進化した氷上のエンターテインメントの感動と興奮をお届けします。

発売中!

☆デジタルTVガイド全国版 2022年10月号

羽生結弦 最新撮り下ろし&インタビュー





広島の皆さん、こんにちは羽生結弦です。

過去と共に、前に進んでいく力強さを表現していきたいなというふうに思います。

24時間テレビ、ぜひご覧下さい。

こちら広島ローカルで、24時間テレビへのコメントをアップしてくださっています。

髪型の分け目が、これまでとは違うわよね。なんかとても新鮮だわ。

こちら全日本のロンカプは、真ん中分けだったけれど、

右半分の前髪は垂らしている状態だったのよね。今回のローカルコメントではおでこ出しているので、

演技に意味があるものなのか、考えるだけでもワクワクしてくるわ!

いよいよ放送は明日。

8月27日20:00頃~「羽生結弦に会いたい!プロ転向後テレビ初演技 被災地へ・・・17歳少女へ・・・想いを込めたSPアイスショー」

でロンカプを披露へ!

ポスターが掲出されると、いよいよ!って感じがするものね。

もう一度東京にも戻って来て!涙。

それでは皆様、どうか素敵な一日をお過ごしくださいね。

☆合わせてお読み頂きたい

スポンサーリンク


最後までお読み頂き、ありがとうございます。

いつもブログランキングバナーでの応援クリック、心から感謝しております。

日々の励みになっています!

清楚な人差し指で、応援クリックお願いします!

フィギュアスケートランキング

にほんブログ村 にほんブログ村へ

にほんブログ村

-フィギュアスケート, 羽生結弦


スポンサーリンク


 

愛のオネエサロン

  1. リン 2022年8月26日 7:22 PM

     なんだかなあ???そばにいるだけでもできなかったのかなあ? 北京のキスクラに一人だったのは、見ていて胸が締め付けられました。彼らはどう思っていたのかしら?
    でも、羽生さんのブライアンへの思いやりですよね…。だから、彼は一人ですべてを背負ったのね。なんだか私には よくわかりません。 コーチって一緒に背負うものではないかしら? 外国と日本の感覚の違いよね。私 浪花節感覚がすぎるのかな?
     しかし、熱狂的でモンペチックなファンに、粘着質なアンチ、加えてどこかからの嫌な依頼や圧力 理不尽な採点…。さすがの名伯楽も大変でしたよね。 そして御病気になったこともありましたよね。 脱競技の報告が 嬉しかったのは、私達も同じでした…。
     どこかで、夏休暇に自宅のプールに来なかったとの、話もあったそうですが ブライアン きっと羽生さんが、泳げないことを知らないのね。
     おねえさま ロンカプとちがう髪型って、??まさかね。
     それにしても。眉が薄いわ! 私 前髪下ろし派なので。

  2. konami 2022年8月26日 9:43 PM

    オネエ様 こんばんは。
    見た事のない髪型w 確かに。右側の髪ぴっしり撫でつけましたな(^^;) 誰か羽生氏に美容師?スタイリストをw…でも お顔はとっても綺麗。目、鼻、口、お肌…凄く綺麗…。

    以前「残酷な程自分に厳しい」とToshlさんが言ってましたね。私その言葉凄く共感したんです。コーチを呼ばない事も、スケート以外楽しい事を「捨てた」と言う事も。普通「犠牲にしてきました」と言うと思うんです。でも羽生くんは「捨てた」と言った。それって「自分の意志で」した、だから同情しなくていい、同情もさせない言い方だなって。コーチを呼ばない事も「自分の意志」だからブライアンは悪くないんだよ、そしてブライアンにも罪悪感を持たせず、「羽生の意志を尊重した」と言える。と…。自分がそうしたいんだから、同情などしなくていい。と…。
    もちろん羽生くんの真意はわからないけれど、彼、同情すらさせないような言動をするんですよね。あまりに気丈過ぎて。辛いでしょう、どう考えたって。自分に厳し過ぎるよ涙。周りに優し過ぎるよ涙。私にはそう思える。。。

    明日はいよいよ24時間テレビですね!ロンカプ様~♪楽しみです。

あなたの愛をアタシにいただけないかしら?
※管理人で不適切と判断したコメントは一切公開されることはありません

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.