スポンサーリンク

スポンサーリンク

カミラ・ワリエワ フィギュアスケート 羽生結弦

投稿日:

急な態度の豹変ぶりに苦言が!反抗的でファンの批判も聞かないと不満の声が

ワリエワのドーピング問題。今季のプログラムが、あえてスキャンダルを逆手に取って仕向けられたもので、

本人もテストスケートの時には辛いと涙を見せ、ファンの怒りの矛先はコーチ陣に向いたが、国内第1戦を終えた彼女は、

ファンの意見など聞かない、コーチの言う事がすべてという反抗的な態度に国内メディアからも苦言が。

スポンサーリンク

急な態度の豹変ぶりに苦言が!反抗的でファンの批判も聞かないと不満の声が



北京五輪後、ワリエワはどう変わったか?反抗的で、批判には目もくれないが、彼女にはその権利があるのだろうか?

オリンピックを経験したアスリートたちが口を揃えて言うのは、「オリンピックで活躍すると、人は大きく変わる」ということだ。そんな例をよく目にする。カミラ・ワリエワが経験したのは、ドーピング疑惑で、私たちが望むほどではないにせよ、全世界が実際にこのスケーターについて知ることになったのだ。団体戦での成績はほとんど忘れ去られ、個人戦の決定まで何日も待たされた。

結局、ワリエワはフリーで演技して失敗し、表彰台に取り残された。彼女はロシアで、理屈抜きで温かく迎えられた。おそらくロシアのすべての人が、2022年3月にはすでに彼女の名前を知っていただろう。このような注目を浴び、決して楽しいとは言えない経験をしたカミラが、変わらなければならなかったのは当然である。そして、今シーズン当初、私たちはこのような変化を目にするようになった。

トラウマとなるような出来事に対する論理的な反応は、それを忘れて生活し、できる限りトーナメントでパフォーマンスを発揮することだった。しかし、コーチングスタッフとワリエワは、ドーピングの話題を推測させ続け、それを競技のルーティンに織り込んでいくことにしたのである。その結果、北京五輪に基づいた新しいフリープログラムが出来上がったのです。この動きを誰もが受け入れたわけではないのは当然である。皆が追いかけている可哀そうな女の子というイメージは、世間からの事件の閉鎖性と、インタビューでこの話題を出したがらないアスリートの姿勢と結びつかない。彼女からは詳しい話を聞いていない。今あるのは、RUSADAの公式声明だけだ。

ワリエワは、今季最初のテストスケート演技の後で「観客の前で追体験するのはつらい」と涙を流した。これに対して観客は、「アスリートが苦しむのは嫌だ」と、ごく当たり前の反応を示した。ところが、この憤りは、主にワリエワのコーチングスタッフに向けられた。まず、この状況を許し、さらに、彼女が傷つくと推測し続けたという図式である。

しかし、ワリエワが演技したモスクワでのロシアグランプリ第1戦では、このスケーターが時間とともにどのように変化したかを見ることができた。彼女のジュニア時代から、私たちは控えめでいい子だけど、すごく強い!というイメージが一変した。

ワリエワはかなり大胆かつ、率直に質問に答え、今後のフィギュアスケートに望むことを率直に語ってくれた。ここには、観客の目に映るワリエワの認識を少し変える、特筆すべきポイントがある。

ーでは、このプログラムをシーズン中ずっと滑る覚悟はできているのですか?

もちろんです。変な質問ですね。

ーファンの意見は、プログラムに何らかの影響を与えますか?

いいえ、まったくありません。私にとって権威あるコーチや周りの人たちを気にかけています。

このプログラムが物議をかもし、騒がれたことを彼女も理解しなければならない。この話題は皆の関心事であり、ジャーナリストとファンの両方から質問があるのだ。未成年のワリエワからすれば、奇妙な質問かもしれないが、ファンにとっては、そのような決断をするときのアスリートの状態を理解することが重要なのである。

それよりも、ファンにとって不愉快だったのは、「自分の意見、特に批判は考慮されない」という答えである。大きな賞金も大きな大会も、すべてこのスポーツの人気のおかげであることは認めるべきだろう。人々はそれに熱中し、スタンドの高いチケットを買い、好きな選手の顔のついた販促品を買い、SNSでの露出を増やす。

メダルは選手だけの功績で、知名度や登録者数、プレゼントはファンからのもの。だから、彼らの前で賛否両論のプログラムを披露しておいて、「どう思われてもいい」というのは、少なくともおかしな話である。また、ワリエワには、ステージで対立させることなく、他のトップと同じように、稼ぐチャンスが与えられている。

このような彼女の変化は、もともとまったく違うイメージを描かれていただけに、予想外のことだった。そのために、あることを言われたスケーターが、実はまったく別人だったという誤解を何度受けたことだろう。残念ながら、こうした変化は大衆の間ではポジティブに受け止められない。

ワリエワが今、笑顔で充実した生活を送っていることは(フリースケート以外では)誰もが喜ぶことだが、彼女のドーピングの歴史はまだ封印されていないことを、誰もが理解すべきなのである。彼女の大人っぽさ、大胆さをわざとみんなに見せるのは、まだ早いのでは?

※参照・出典:SPORT24

よくトゥクタミシェワが、シーズン冒頭で新衣装を披露し、ファンからの評判が良くなければ変えるというエピソードがあるけれど、

ロシアではプログラムにおいても、ファンの声も決して無視できないということでしょうね。

ましてや、ドーピング問題をネタにした新プロを今季初めのテストスケートで披露し、辛いと涙まで見せた時に、

なぜエテリらコーチ陣は、スケーターにあえて課すのか?と怒りの矛先が向いたはず。

それなのに、ロシアグランプリ第1戦では、ファンの意見など気にしない、身近なコーチや関係者の意見だけを聞き入れます!と発言するのは、なんなんだ!?

ってなるわよ。

まるでテストスケートの時に見せた涙も、演技だったのではないのかしら?

周りの大人達に操られ、利用された未成年の彼女に対して、同情する気持ちもある。

でも、今シーズン始まっても、コーチの言う事がすべて!と言っている時点で、結局彼女を取り巻く環境は何ひとる変わってないんじゃないかと。

とっとと、世界反ドーピング機関(WADA)が規定する、16歳未満の「要保護者」という規定を変えない限り、

ロシアはまたいつまでも延々と同じこと繰り返していくわよ。

やはり処分の有無をきちんと公開した方が、今後の彼女のスケート人生を含めて良いとあたしは思うのよね。

【羽生結弦関連新書籍のご案内】

NEW!12月7日発売

【付録つき】YUZURU III 羽生結弦写真集

羽生結弦28歳の誕生日に、カメラマン能登直氏による写真集が!

2014年ソチ五輪後の『YUZURU』、2018年平昌五輪後の『YUZURU II』に続くシリーズ第3弾。
付録としてA2サイズ(420mm×594mm)のポスターがつきます。

平昌五輪後の2018-2019シーズンから2022年北京五輪、「決意表明会見」「SharePractice」まで、4年間の軌跡を収録。競技写真のほかエキシビション、アイスショー、練習中の姿を網羅しています。
北京五輪で4回転アクセルに挑戦した姿をはじめ、数々の試合での感動、羽生結弦の不屈の精神がよみがえる1冊。
練習中の真剣な眼差しや競技中の自信に満ちた表情、競技後のほっとした笑顔など、さまざまな姿を収録しています。
写真は、これまでの『YUZURU』シリーズを手がけた能登直氏の写真で構成。羽生結弦と同じ仙台出身で、羽生を少年時代から追い続けるフォトグラファ―。
能登氏だけに見せる、リラックスした素顔も数々掲載。

Amazon

楽天

【付録つき】YUZURU

/III 羽生結弦写真集 [

能登 直 ]

価格:3,300円
(2022/10/25 08:35時点)
感想(0件)

NEW!11月1日発売

☆羽生結弦 アマチュア時代 全記録

528点の写真とともに振り返る、
ひたむきにスケートと向き合い続けた努力と成長の軌跡

本書は羽生結弦選手のこれまでのスケート人生を大ボリューム528点の報道写真と当時のニュース原稿をもとに振り返る完全保存版!
ファン必携の資料的価値の高い1冊。

Amazon

楽天

羽生結弦 アマチュア

時代 全記録 [ CCCメデ

ィアハウス ]

価格:2,640円
(2022/10/13 18:25時点)
感想(2件)




羽生結弦選手のオリジナルカード付き「雪肌精 クリアウェルネス ピュア コンク SS セット」の取り扱い店舗が公開になっているわよ!

月曜の朝から働かなくていいんだ!と気づいたとき。

こちらオリンピックインド公式から、昨日のツイートだけど、

ソチ五輪ショートのパリ散で当時世界歴代最高得点を樹立した喜びと掛けたのかしら?笑

いよいよ明日はプロローグ横浜公演、一般販売の抽選結果発表日よね。ドキドキしながらも、すでに次はトレードを

視野に入れているわ汗

☆合わせてお読み頂きたい

スポンサーリンク


最後までお読み頂き、ありがとうございます。

いつもブログランキングバナーでの応援クリック、心から感謝しております。

日々の励みになっています!

清楚な人差し指で、応援クリックお願いします!

フィギュアスケートランキング

にほんブログ村 にほんブログ村へ

にほんブログ村

-カミラ・ワリエワ, フィギュアスケート, 羽生結弦


スポンサーリンク


 

愛のオネエサロン

  1. ちぴ 2022年10月25日 7:55 PM

    オネエさま

    ワリエワに関しては色んな見方があると思いますが、私は彼女の演技を見たいとはもう思えなくなってきました…。なんだか色々な意味で残念です。

    それにしてもオリンピックインド公式の「When you realise you don't have to work on a Monday morning! 」は大喜利でしょうか? なぜに大喜利?w
    そもそもインドに大喜利という概念があるのかどうかは不明ですが…w

    いよいよ明日はプロローグ一般抽選の結果発表ですね!
    オネエさまをはじめ、本当に行きたい人達にチケッが当たりますように…(転売ヤー全滅希望)
    私は頑張れば自宅に帰れる距離ですが、久々の横浜なので張り切ってみなとみらいのホテルをとりました。せっかくなので中華街のお気に入り点心とニューグランドの発祥メニューもかたっぱしから食べてこようと思います。

  2. チーズちくわ 2022年10月26日 3:51 AM

    ワリちゃん、あたしはこれからも見守りたいです。何だかんだ言ってもやはり美しいから。リプちゃんの時代から、ロシア選手に惹かれてます。坂本さんが優勝しても演技を見たいとは思いません。
    フィギュアってそういうもんです。ま、あたしの感性の問題だけど。
    生のバコ美ちゃんはほんと生きたお人形さんだったわ。また、彼女たちを見たいわ。

  3. NANA 2022年10月26日 6:40 AM

    オネエさまおはようございます。
    ロシアの民族性って厄介ね…

    ワリエワはドーピングしなくても普通に勝ってたと思うけど。周りの大人がねー
    売り出し方もおかしいわ。この子は気の毒な面もある。

    プーチンとロシア兵見ても、嘘や裏工作は当たり前ですからね。
    おかしな連中が多数を占めている? (本人が舌禍のスキッド男子もいるけどね)
    どちらにしろ、ロシアは国際大会には当面出られないでしょう。
    国籍を変更するしかないだろうけど、それも容易じゃないわね。

あなたの愛をアタシにいただけないかしら?
※管理人で不適切と判断したコメントは一切公開されることはありません

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.