スポンサーリンク

スポンサーリンク

フィギュアスケート 三原舞依 坂本花織 紀平梨花

投稿日:

紀平梨花逆転優勝!四大陸フィギュアスケートで魅せた日本女子の強さ

四大陸フィギュア
スケート選手権

女子フリー終わったわね。
何度も繰り返し演技を見て、

あたしね、やっぱり日本女子って
いいな~って改めて思ったのよ。
そんな大会だったわ。

紀平梨花、坂本花織、三原舞依、
あんたたち誇らしいわよ!

あたし感動しまくりよ~。




紀平梨花、SP5位からの逆転優勝!

紀平梨花

彼女の持つポテンシャルの高さと
怪我に負けず、最後まで滑り切った
芯の強さを見せてもらったわよ。

よく頑張ったわね、
優勝おめでとう。

トリプルアクセルを1本に集中したことで、
他のジャンプ、ステップ、スピンの要素にも

隅々まで行き届いた集中力はさすがだわ。

あえていうなら、
ループジャンプがちょっと
ヒヤっとしたぐらい。

四大陸を終えて、
アクシデントにどうやって
向き合って対処していくのか。

優勝以上に彼女の得たものは
大きかったんじゃないかな。

来月の世界選手権ではSPとFPを揃えて、
完全優勝期待してるわよ!

ハマコーも大喜びよ!

教え子がここまでやるとは
鼻が高いわね、ハマコー!笑

天使のような舞いに涙が止まらないわ、、、

名前がコールされるまで両手を組み、
祈るような気持ちで目を閉じていた、

三原舞依

何かを悟ったかのような優しい表情に
あたしはもう涙腺が崩壊よ~

今日はやってくれる!
昨日の不安そうなショートとは違って、
落ち着いて見えたわ。

最初のコンビネーション。
皆様も祈るようなお気持ちだったでしょ!?

あたしも祈ってたわ。
無事に着氷したらまた号泣よ。

リンク中央に来たわよ!
あんた何すんのよ~。

一旦停止して両手を前に差し出して
再始動していく、

「ここ」

が一番好きなところなのよ~
手の平から、未来を明るい光で照らすよう!

伸びやかでジャンプや
動きに全く

無駄な力がかかっていないの。

だからふわ~っと天使のように
見えるんだわ。

クライマックスのステップ、

いつものフリーの時の倍ぐらい!
(佐藤有香風に)

伸びやかに舞ってたわ!!!

3位、表彰台おめでとう!
全日本の悔しさを
晴らしたわね。

悔しさをバネに変えて、顔を上げて!

最終滑走の

坂本花織

緊張が背筋からもこちらに
伝わってくるぐらいだったもの。

いろんな重圧があったことでしょう。

アクセルが開いてしまって、
コンビネーションを付けれず、

点数がほとんど入らなくて、
大きな失点になってしまったわね。

ループジャンプにリカバリーで
セカンドを付けたけど、

ちょっと軸が曲がってしまったかしら。

彼女の滑りは本当に
助走が漕いでいる感じがなくて、

グーンと伸びて
加速していく中で

決める豪快な
ジャンプが醍醐味よね。

ショート1位からの表彰台落ちは
とても悔しかったはず。

絶対にこの悔しさを世界選手権で
ぶつけてほしいわ。

最終滑走で滑った経験は次に
必ずや繋がるはずよ!

だから顔を上げて。
前をしっかり見て頑張るのよ!

日本女子3選手にこんなにも
感動をもらって、

なんて頼もしく
素晴らしい選手たちなんだろうって
改めて思ったわ。

きっと世界選手権も、
そして来季もトップ争いをしてくれるはず!

一番感動の舞依メダル授与なのに、
メダルプレゼターの頭が邪魔よ~笑

メダル見えたわー!

彼女達の未来が輝くものでありますように、、、

番外編、場内アナウンスと極道達の会話

場内アナウンスのオバサマ!
昨日の淡谷のりこ先生とは別の方!?

なんだか機関銃のような
豪快なアナウンスだったわ!笑

グループ紹介の時も、

ブレッディイイイ~~~、
トネェーーール~~!

あんたテネルがどっかに突撃して
突っ込んでいけーの突撃の合図かと思ったぐらいよ。

そして、次の坂本花織のコール。

ケオリィ、サカモトォ~!!!

ケオリ!?

一瞬あたしフリーズして
しまったわ。

坂本も一瞬笑いこらえてる感じしない!?

最終滑走の時も、

ケオリ~!だったもの、、、

オバサマの

6分間練習開始よ!
さああんた達お滑り!!!!

みたいな声色で選手たちの6分間練習が
スタートするんだけどさ、

ビヨンセ姐さんのRun the world♪が
かかるのよ。

オバサマ、ビヨンセ意識でしょう!?笑
ノリノリでかっこよかったわよ、
アナウンス!

GUINOT SKINCAREの看板前に、
アメリカ国旗のユニフォームを着た

オジサマオバサマ方が!
アメリカ開催では必ず昔から

このファッションが
継承されててホッコリよ。

坂本花織表彰台を逃して、
顔を伏せているのをよそに

両サイドの極道達は、

右「えーっ!?」

左「舞依じゃない、のぼってるやん」

右「えーすごい舞依が残った」

左「これがやっぱしあれね、あんたと、、、」

場内アナウンスでかき消される。

極道達よ、花織は放置かいな!笑

-フィギュアスケート, 三原舞依, 坂本花織, 紀平梨花


スポンサーリンク


 

愛のオネエサロン

  1. 燦太 2019年2月10日 2:05 PM

    こんにちは!
    三者三様でそれぞれ今後に向けて良い経験ができたと思います。
    梨花ちゃんのブラッシュアップされた振り付け良かったですね♪ 世界選手権を待たずに来期のプログラムが楽しみで仕方ありません(笑)
    舞依ちゃんはフリー強いですね~! 今回の表彰台は本人が一番驚いてるんじゃないでしょうか? 来期はSPもFSもプログラムを変えるそうです。でもふわふわ感は変えないで欲しい(笑)
    もっちゃんは世界選手権に向けて良い経験ができたんじゃないでしょうか?
    「勝ちを意識して…」
    世界選手権の前にプレッシャーの掛かる経験、表彰台の一番高い所を意識できた事は悪い事ではないと思います。
    個人的に驚いたのがトゥルシンバイワの2位です!!
    4回転のチャレンジも驚きましたが、今回の安定ぶりです(SPは見てないのでわかりませんが)
    前はちっちゃくて細くて「アスリートとして成り立ってないだろ!」と言う印象でしたが(今でも大して変わってないですが(笑))
    少し、ほんの少しですが、下半身が逞しくなった様な?
    オーサー→エテリとコーチを変えて進化してるんですね! この子は見た目からは判断できない向上心を持ってる様な気がします。
    それと今回、岳斗コーチを見かけませんでしたが、知子ちゃんとバーバリアンオープンに行ってるんですね! 「小雀に捧げる歌」のブラッシュアップした振り付けだったのですがSP2位なので「誰かロシアから強者が来てるのか?」と思ったら、日本の青木祐奈と言う子がSP1位でした。
    スピード感は知子ちゃんのがありましたが、ダイナミックで大きな演技ができる子です。また日本女子に有望な子が出て来ましたよ!

    • オネエ 2019年2月11日 11:33 PM

      >燦太様

      こんばんは、燦太さん!
      まず四大陸ですが、各選手が来月の世界選手権に向けて、
      そして三原舞依は今季の集大成としてフリーをクリーンに
      決め、見事な表彰台と収穫の多い大会にあんりましたよね。
      そして2位になったイシンバエワ!今回記事には上げませんでしたが、
      エテリの元でこれからどう成長していくか楽しみですね。
      青木祐奈ですね、後で動画みてみます!情報ありがとうございます!!

  2. ゆっここ 2019年2月10日 5:12 PM

    色々と驚きの女子でしたね。
    一番の驚きと喜びは、三原の8位→3位の逆襲ですかね。それとツルシンの4Sです。あの子は余りに細いのに、ジャンプの高さは知子ちゃんよりあるので、クワドも出来るのかもしれないですね。

    しかし、坂本は…どうしたのでしょう。勝利にこだわりすぎたのでしょうか?でも、彼女には世界選手権がありますから。それにしても、中野コーチ(笑)そんなこと言っていたのですね。あのコーチの演歌歌手風な感じが好きです。

    燦太さんも言われている、ババーリアンオープンですが、こんなのがあったとは初めて知りました。
    青木祐奈さんは、都築先生の教え子だったかと思います。成長期特有の体重が増えたりと、少し苦しんでいるようでしたので、良かったです!
    それにしても、エテリもツルシンについてきていないようでしたが、ババーリアンオープンにいたのかしら?

  3. くりかのこ 2019年2月11日 7:25 AM

    三人揃って台乗りとはなりませんでしたが、今回の結果は素晴らしい!
    怪我の痛みをプラスに変えたかのように、さらに美しく舞った梨花ちゃん、3アクセルも凄かったですがそれだけではなくて、演技全体がレベルが高かったです。世界選手権でももしかしたら一番高いところに……と思わせてくれました。
    舞依ちゃん、良かったね……!舞依ちゃんの良いところが全部出せていた気がします。
    最後のポーズが絶妙に美しい。
    2位になったツルシンバエワ、今まであまり印象に残ったことなかったです。今シーズンになってから気になるようになりました。細すぎな選手……というイメージでしたが、今回の4回転チャレンジで彼女の闘志が伝わってきました。オーサーからエテリのところにコーチを変更したんですね。彼女にとっては吉と出ました。四回転跳ぶなら、こういう体型の選手が向いているのかも……今まで結果があまり出せなくて、笑っている顔を見たことがなかったですが、今回は笑顔でいるところを見られました。赤い衣装といい笑顔といい、今までと違ったステージに辿り着いたことで更なる飛躍があるかも……と少し彼女にも興味が湧きました。

    • オネエ 2019年2月11日 11:47 PM

      >くりかのこ様

      くりかのこさん、こんばんは!
      紀平梨花は指の痛みに耐えてよく頑張りましたよね。
      あの状況でも前回の全日本よりも全体がブラッシュ
      アップされていましたね。アクセルに目が行きがちになりそうな
      報道ですが笑、演技に溶け込んでいてフリーはすごく自然でした。
      ショートはミスが気にならないぐらい全体が素晴らしかったです。
      イシンバエワ、燦太さんも仰っていましたが、今後気にしてみてみるように
      したいと思いました。今回の表彰台で何か変わるきっかけになったのでは!?

  4. ジゼル 2019年2月11日 10:03 AM

    日本の女子3選手それぞれが自分の状況と向き合い、集中して底力を見せてくれる大会でしたね。(米のブレイディとマライア、1つのミスから「こんな筈ではない」と思いながらどんどん傷口が広がってしまう感じと対照的泣これは経験の差かな)
    さかもっちゃん、ミスの場所があそこでなければ・・・と。後半3連続はとにかく落とせない、もしあそこを落としたら他がパーフェクトでも表彰台はないという事が解りました。まあ兎に角さかもっちゃんの戦いぷりとスピリットには拍手しかない、リカバリー立派。そしてキスクラで顔を覆うもっちゃんと極妻との対比(こらこら、極妻達よ)もっちゃん、悔しいけどこれも経験です!
    梨花は指のケガを抱えながら、冷静に何をすればいいのか判断し、集中して遂行。この遂行が中々出来ないこと。彼女は思い切りがいいというかアッサリしてやってしまうというかやっぱりニュータイプの気がします。マスコミが煽ろうがロシア女子が多種類四回転跳ぼうがそれはそれ、冷静に努力し最善を尽くす、みたいな。今回指先の表現もよかった!
    マイマイはショートからの挽回、集中し感謝を捧げるような1つ1つの表現・・まるでギフトの様。私もいったん止まって手のひらを差し出す、あそこが好きなんです。灯火が中からポっとともされるようで。

    • オネエ 2019年2月11日 11:55 PM

      >ジゼル様

      ジゼルさん、こんばんは!
      日本女子が三者三様で四大陸で得たものって
      すごく今後に繋がっていくと思います。
      坂本は最後の3連続は今まで通り自信を持って
      跳んでもらいたいし、三原は今回の結果で
      来季こそは3枠に入ってきてほしい。そして紀平は
      4回転サルコウ、これ言わされていないか心配だけど、
      ロシア勢気になるとは思うけど、梨花らしさを失わず、
      がんばってほしいですね。
      灯火からボッとともされるって素敵な表現ですね。。
      そしてみんなにも火が移って拡がっていくイメージでしょうか。
      来季はどんな滑りを魅せるんでしょうか?

あなたの愛をアタシにいただけないかしら?
※管理人で不適切と判断したコメントは一切公開されることはありません

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.