ポチッとしていただくと順位が上がるわよ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

羽生結弦

投稿日:

羽生結弦と男子フィギュア界の4回転の進歩とリスクについて考える

羽生結弦が、

スケート連盟を通して、

「右足関節外側靱帯(じんたい)損傷」
「三角靱帯損傷」
「右腓骨筋腱部損傷」

との診断結果を発表した。

患部に痛みと炎症があり、2~3カ月の加療が必要の見込み。




まずは疲れた羽を休めて英気を養ってほしい

世界フィギュア

気迫溢れる演技で、

まだまだ彼の底力を見せ付けられた
そんなフリーに圧倒されたわ。

日本スケート連盟を通して、
2~3カ月の加療が必要との
発表があったばかり。

まずは怪我を治すことを
最優先とし、

しっかり疲れた「体」と「心」を癒してほしいわ。

TVの前でのインタビューで、
全種類のクワドを跳びたいと、

前を向き続けていた彼に、

勝つことももちろん大事なことだけど、

どうか自分の為に
フィギュアスケートを

滑ってほしいと心から思ったのよ。

自分に厳しく、
ファンには優しいから。

そして周りのサポートする方達には
しっかりと彼を守ってほしいと
心から願うわ。

4回転時代の男子フィギュア界の進歩と怪我のリスク

プルシェンコが4回転時代の到来を
喜んでいたように、

男子フィギュア界は毎年、
あたしの想像の遥か上を行く進歩を

遂げてきているのよ。

一昔前は、
4回転トーループをひとつ、

試合で取り入れ、成功することで
金メダルが取れていた時代。

今ではトーループだけでは、
表彰台に立つことですら
ままならない状態よね。

ただあたしが心配しているのは、

これだけの変化に人間の身体が果たして、
追い付いていってるのだろうか?

技術の進歩に耐えうるだけの身体が
もういまの男子フィギュア界では

限界に近付いているような気がするのよね。

人類未達の域に入るには
それなりの怪我やリスクが伴うわよね。

ISUは選手の身体面のことや、
選手生命を考えた上でのルール作りが、

毎年必要になってくるんじゃないのかしら?

演技時間を4分半から4分に短くなったとき、

競技時間の短縮だけを考えて、
選手の体力面などをきちんと踏まえた上での
ルール改正だったのか?

あたしは疑問なのよ。

時間を短くすれば、それだけ
限られた時間でこなさなければいけない要素は増えるはず。

どの選手も、演技中、
体力を回復させるポイントが減っているのは
見ていてもわかるもの。

ルール改正ひとつ取ってみても、

本当に今の時代に
適しているか、

きちんと考え
、改革をしていくことが

ISUには急務でやって頂きたいことだわ。

-羽生結弦

Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.