ポチッとしていただくと順位が上がるわよ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

羽生結弦

投稿日:

マスコミは4回転半大好物!ジャンプ報道がフィギュアをダメにする

オーサーの羽生結弦へのインタビューが、

どんどんニュースになっているけど、

マスコミってアクセル大好物なのね笑

どのメディアもこぞって4回転アクセルを絡めてくるわよね。

オータムではあたしは跳ばないと思うけどね。




ジャンプ報道ばかりだから世間は「ジャンプがフィギュア」だと錯覚するのよ

ここまで見事に4回転半ジャンプを盛り込んできて、

何がなんでもオータムでチャレンジさせたいというマスコミの強い意志を感じるわ笑

あたしが羽生結弦に一番惚れこんでいるところは、

演技全体の芸術性の中に表現のひとつとしてジャンプがある。

というところなのよね。

もちろんアクセルは世界で一番、美しい高さ、幅、流れのあるジャンプを難しい入り方から跳んでいるわよ。

でもジャンプだけどジャンプでない、

まるで彼が演じる物語の中のひとつの想いを体現する手段でしかないのよね。

だからマスコミがジャンプばかりを取り上げているのって、

あたしにとってはすごくナンセンスなことなのよね。

世間も4回転半跳ぶんだ!とジャンプばかり興味がいってしまい、

マスコミも煽るようにそう書く。

そしてテレビもそうでしょ、4回転半なるか?ってテロップが今季うんざりするほど出てくると思うわよ。

確かに決めたら、歴史的快挙だし凄いことだけど、

羽生結弦の中でも4回転半ジャンプは彼の表現の一部でしかないんじゃないかしら?

心技体がマッチした時に必ず跳べるジャンプだと思っているから、

どうか騒ぎ立てずに、静かにその時を待つ心意気を持つメディアはないのかしら、、、ないわね笑

ジャッジはぜひジャンプだけでない、彼の世界観と表現を見てほしい

フィギュアスケートを芸術性と技術力の融合として体現している、

羽生結弦と同じレベルに達している選手は現段階ではいないと思うわ。

だって、彼の演技ってスタートポジションに立って、

演技が始まる表情の変化だけで心にズサッて入ってこない?笑 感性に直接訴えてくるのよね。

ジャッジはジャンプばかりを見て、ジャンプがノーミスだから演技構成点もそれに比例して、

バンバン出しちゃおうとか、実績にとらわれ過ぎないジャッジングをすべての試合でしてもらいたいのよね。

もっと選手が創り出す世界観、その表現力、技と技との繋ぎなど、着眼してほしいところっていっぱいあるのよ!

最終グループじゃないと点が出ませんて、それこそナンセンスだわ~。

マスコミがジャンプの羽生結弦、4Aの羽生結弦と型にハメようとしているのが、すごく嫌よ!

彼はそんな単純なスケーターじゃないわ。

繊細でかつ大胆で美しく、見るものを独自の世界観に引き込む氷上の唯一無二のアーティストです!

最後までお読み頂きありがとうございます。

共感して頂けることがございましたら、ぜひ下のブログバナー2つを宜しくよ!




【アナタの清楚な人差し指で】

羽生結弦と浅田真央のブログランキングバナー、

ぜひ清楚な人差し指で押していってくださいまし!


フィギュアスケートランキング

蝶々夫人バナーはこちらよ!

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

-羽生結弦

Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.