ポチッとしていただくと順位が上がるわよ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

フィギュアスケート 浅田真央 羽生結弦

投稿日:

浅田真央伝説のフリー直前のあの声は意外な人物だった!?

浅田真央、伝説のソチフリー。

あのフリーの4分は何か神ががったような
今までの浅田真央のフィギュア人生、

すべてが凝縮されたような時間で、
今でもあの演技を見るたびに胸が熱くなるのよね。

演技についてはまた改めてじっくり、
お話させて頂きたいと思っているのよ。

あのフリーが始まる演技直前、

「真央ちゃん、頑張れ~!」

の声、皆様も聴こえてたかしら?




「一人じゃない」ことに気づき、これまでにない感情が芽生えた

演技が始まる直前のあの声援。

あたし演技直前は観客は静かにして、
選手が演技に集中できるよう配慮するべきだと思うのよね。

基本はね笑

こないだの世界フィギュアでも
メドベージェワの演技直前、ロシア人が

日本語で「アイシテマス」と言って、
一瞬会場に笑いが起こっていたのよね。

ソチの時の、

「真央ちゃん、頑張れ~!」

その声の主はスポンサー企業の広報の方だそうよ。

思いがけない声がその選手の演技すべてを
変えてしまうこともあるんだわね。

「リンクに立つ瞬間ってすごい緊張するんです。私だけじゃなくて応援してくださってる方みんな緊張してると思うんですけど、あの場面であの大きな声で。相当な勇気がいったと思うんですね。でも、私もあの声を聞いた時に『あっ、自分一人が戦っているんじゃないんだ。みんなで戦ってるんだ』って思いました」

あの時の声があって、
真央は今まで抱いたことのない感情に
包まれたのよね。

ひとつひとつのジャンプをこの人のために跳ぼうって、なんか急に思っちゃって。このジャンプは姉のために、このジャンプは母のために…って思っていったら、気がついたらもう最後のステップになっていたっていう感じ。初めてですね、そう思ったのは。だからこそ今はもう何があっても全然怖いものはないなという感じになりました」

ショートの失敗から金メダルの道は
遠くなってしまったけれど、

これまで携わってきた人を
思い浮かべて滑ろうって、

そう思ったのよね。

自分のためじゃない、誰かのために!

その強い想いがあの奇跡の4分間の
源だったのね!

フィギュアに限らず、
誰かのためにっていう気持ちって、

時には自分や周りの想像を遥かに
超えるような力を生み出すことがあるわよね。

天国から見守っていたお母さん、

直前に喝を入れてくれたお姉さん、

今まで関わった山田満知子、タラソワ、信夫コーチ、

きっとひとりひとりの顔を思い浮かべながら、
渾身の演技を見せてくれたのね。

記録よりもまさに記憶に残る、
これこそが女子フィギュアで心揺さぶられた、

伝説のソチフリーだったのよ!

最後にあの「真央ちゃん、頑張れ~!」のお声、

あたしてっきり羽生結弦だと今日まで勘違いしてきたのよね。

実は違ったのね笑

-フィギュアスケート, 浅田真央, 羽生結弦

Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.