スポンサーリンク

スポンサーリンク

フィギュアスケート 羽生結弦

投稿日:

おだまりデイリー新潮!羽生結弦を貶める悪意ある捏造記事許さないわよ!

デイリー新潮は一体何がしたいの?

真実を伝えない目を疑うような記事に、
朝から怒り心頭だわ!

週刊文春に次ぐ、発行部数が業界第2位の
出版社が何をやってるのよ!

羽生結弦を貶める記事はあたしが断じて
許さないわ!




「羽生結弦」心酔オカルト整体師が追放へ “ユヅ流瞑想法”の出版めぐり?

五輪連覇を成し遂げた平昌から、わずか1年。今年3月の世界選手権で、羽生結弦(24)は絶対王者から転落した。その原因について、日本スケート連盟の関係者は「いつも羽生に寄り添っていたあの人が、ぱったり姿を見せなくなっているのです」と、心当たりを打ち明ける。

あの人」とは、15年にわたって羽生を見守ってきた整体師・菊地晃氏(63)を指す。宮城県・仙台市内で「寺岡接骨院きくち」を営む一方、「チーム羽生」のメンバーとしてリンクサイドにも立ってきた人物だ。

「オカルト方面にも詳しい。独自に開発した『奥義』のようなものがあり、身体の一部を軽く押して瞑想することで、そのバランスを整えていく。スケート連盟のメンバーだけでなく、羽生ファンの間でも有名で、“チャクラの仙人”などと呼ばれていました」

羽生が首にさげるペンダントも、菊地氏からの贈り物だ。〈タイの寺院で思い浮かんだデザイン〉と、菊地氏自身が『女性自身』2019年3月26日号でスピリチュアルな体験を語っている。

それほどまでに羽生と深い関係を築いてきた菊地氏が、なぜ姿を消したのか。

「菊地さんは、光文社から『羽生結弦 心と体の整え方~強く美しく鍛える20のヒント』というタイトルで、“菊地流体幹ストレッチ”や“ユヅ流瞑想法”を紹介する本を出版する予定でした。その出版のことで羽生ママと揉めてしまったようなんです」(スポーツ紙記者)

もっとも、光文社ノンフィクション編集部の担当者はトラブルを否定。昨年12月中旬に予定されていた出版がストップとなった事情を「編集作業上の理由」と説明するが……。

では、菊地氏本人はどう答えるか。出版中止の理由について質すと、

「うーん、わかんない。そっち系は、まったく僕、興味ないんですよ」

チーム羽生については、“平昌(五輪)終わった後の4月くらい”に辞めたと語る。

「トレーナーは、結弦をチャンピオンにするために、1分1秒を正確にコントロールしなければいけない。その時間のズレを、僕がコントロールできなくなった。年齢的な衰えですよ」

一方、菊地氏の話には“チームを離れるにあたって、羽生と一度も言葉を交わさなかった”といった不可解な点も。4月24日発売の週刊新潮で菊地氏追放の舞台裏を詳しく報じる。

この記事からは悪意しか感じられないわ!

まず見出しの「オカルト整体師」って、
呼び方、

これ名誉棄損で訴えられるわよ!?

そして「心酔」「瞑想」という言葉を使い、
宗教的な「オカルト」という

言葉と結び付けているところに、

羽生結弦がいかにもオカルトに洗脳されてますという
イメージを植え付けようとしているのよね。

まさに悪意しか感じられない!

先日の記事で人を信じることの大切さを
あたしは話したばかり。

羽生結弦と菊地トレーナーの間には信頼関係があって、
ユヅをサポートしてきたわけでしょ。

菊池氏がトレーナーから外れたのは年齢、体力的な問題
と本人が話しているじゃない。

それを羽生ママと揉めてしまったよう
トラベルを原因とする捏をして話題を作りたいだけでしょ。

あたしがすごく引っかかるのは、なんとかのよう。

ようようって、あんたラップでも
ほざいてなさいよ。

断定できないのなら、憶測でモノを言うんじゃないわよ!

おだまり、デイリー新潮!

出版社としての社会の役割をもう一度考えなさい。
真実を伝えなさい!

憶測で人を傷つけるようなことがあっては絶対ダメでしょうが。

そして人の痛みがわからない輩の書く記事を世に出すんじゃないわよ!

あたしはユヅがいまも尚しているペンダントが
すべてを物語っていると思っているわ。

絶対王者から転落ですって!?

言葉の使い方に細心の注意を払いなさい!
彼の今季の苦しみを乗り越えてきた経緯を

きちんと見てきた人間は「転落」なんて言葉、
間違っても使えないわよ。

最後に書いてある、
「菊地氏追放の裏にある舞台裏を詳しく報じる」って、

「追放」という言葉。

正しい言葉の使い方なさってます!?

大問題よ!

そしてデイリー新潮よ、選手とトレーナーの
舞台裏などの報道など誰も望んじゃいないっていう

事実に早く気づきなさい。

再度言わせて頂くわ!

襟を正しなさい、真実を報道しなさい!
人を傷つけるようなことがあっては絶対にいけないわ!

それが出来ないのであれば、

世に出版なんてするんじゃないわよ!

これに対して、スケート連盟はきちんと動くのかしら?
先日選手たちを守ると表向きは宣言していたけれども、

このような選手を貶める記事を黙認するなんて
ことはないでしょうね!?

最後までお読み頂きありがとうございます。
少しでも共感して頂けたら、

ブログランキングバナーを
ポチッとお願いします!

-フィギュアスケート, 羽生結弦


スポンサーリンク


 

愛のオネエサロン

  1. とよぞう 2019年4月24日 8:36 AM

    いつも楽しみに読ませていただいております!言いたいこと言ってくれてありがとうごさいます。ええ加減にせいや、あほんだらあー!全く同感です。

  2. でこちゃん 2019年4月24日 11:52 AM

     おねえさま、これはもう放置できない状態になってきましたね。今まで本人にたいする攻撃をくりかえして、珍バイトも含め、ことごとく失敗したものだから今度は、彼の大切な人たちに牙を剥いてきましたね。お母さまと菊池氏にたいして。別の週刊紙には、コーチとの亀裂をねらうような見出しの記事もあります。まわりから崩すつもりでしょうか。心優しい羽生への最大の攻撃、彼のダメージは、いかほどでしょうか。菊池氏は、五輪後に引退を明かしていました。ばったりてなんでしょうか。そんなことも知らない関係者って、どこに所属している方かしら。ファンのわたくしも、なぜこれほどまでに、と悔しくて悔しくて。たぶん、珍バイト募集主関連とおもいますが、マスコミまでに圧力を及ぼす力って、いったい何者。マスコミには、もう良心のかけらもないということですね。本当に、正々堂々と戦っている選手に、こんな卑怯なやりかたができるなんて。こんなこと言いたくはないのですが、宇野さんは、2いから4いに、だい転落ですが、関係者はなんといっていましたっけ。羽生ファンは、傷ついています。かなりの精神的苦痛をうけました。みんなで訴えて、だれがこんな中傷発言をしたのか、明らかにする方法はないでしょうか。 

  3. 來來 2019年4月24日 12:23 PM

    オネエ様
    はじめまして。ここ最近からオネエ様のブログを拝見するようになりました。
    オネエ様の厳しくも深い愛に溢れたコメント、理不尽や不誠実さに対する厳しい怒りのコメントに同意したり、なるほどこのような意見もあるのだなと感じたりと、楽しませてもらったり、学ばせていただいております。
    今回の新潮の記事、怒りと悲しみでいっぱいになりました。ファンの方々はもちろん、羽生選手やご家族、菊地先生がさぞ心を痛めているかと思うとやりきれない思いです。
    本当に、これは名誉毀損レベルではないでしょうか?日本スケート連盟の対応は期待できませんが、何らかの声は挙げるべきでしょう。
    羽生選手が心安らげるよう、願うばかりです。

  4. おばちゃん 2019年4月24日 12:40 PM

    ほんと自国のヒーローを貶めるような日本村にウンザリです。
    子供達が夢を持って未来に繋がる道を示すようなアスリート、大事に出来ない残念さ。極端な言い方で申し訳ないけど、こんな下品な記事書いてギャラもらって人生楽しいの?って思いましたよ。
    競技は違いますが、野茂やイチローもいっとき散々な言われようでした。でも彼らが切り開いた道があるからこそ羽生くんと同い年の大谷が今、あれ程活躍してます。

    今週のニューズウィーク日本版は正反対の記事が掲載されて、羽生は飛び抜けたアスリートで芸術家と…人間を大事に出来ない文化は衰退するだけですよ(悲)

    • オネエ 2019年4月25日 8:28 PM

      >おばちゃん様

      わたくし、今回ばかりは黙って見過ごすわけに
      いかず、怒り狂ってしまいました。
      どうして日本の宝を大事にできないんでしょうか!?
      称賛する記事だけを書けと言っているわけではないんです。
      ただ憶測や嘘で選手を傷つける記事だけは書くな!と言っているのです。
      わたしもNEWSWEEK読みました!
      日本の週刊誌は選手の一体何を見ているのか?
      襟を正しなさい!と強く言いたいです。

  5. マルタ 2019年4月24日 2:18 PM

    Tomoさん、怒りを通り越して、自国の宝を大切に出来ない輩に心底失望しています。

    羽生くんがあの人柄なので、今までもご家族はもちろん、回りの方々も何を言われても沈黙されてますよね。
    それなのに反論も攻撃もしない相手に牙をむくのはどういう神経でしょう。

    菊池さんがうさん臭い人なら、とっくに羽生くんの近くにはいられないはずです。彼の回りには良識ある人達がいるでしょうから。そして、羽生くん自身が離れるでしょう。

    菊池さんが海外の試合に帯同するのが年々キツくなってきていて、平昌が良い節目だったと仰っていたインタビューを見ました。
    羽生くんでも、菊池さんでも、本人発信の言葉しか信用しないと改めて思いました。

    • オネエ 2019年4月25日 8:30 PM

      >マルタ様

      マルタさん、こんばんは。
      わたしも菊地トレーナーが年齢的にきつい、平昌が
      ひとつの区切りと聞いていました。
      それをオカルトだの心酔だの宗教的な発想に持っていき、
      あたかも洗脳されているかのようなでたらめ記事に怒りしかありません。
      本人の言葉以外、信じなくていいと思います、ホントにそう思います!

  6. ゆず命の 2019年4月24日 5:48 PM

    たしか菊池さんはゆずるくん遠征は、オリンピックまでと決められていたと聞いたことがあります。お歳だから長距離の飛行は年々こたえてくるとおっしゃってました。

    転落の羽生とか、オカルトだとか、お母さまがどうとか、
    完全に今まで道理の貶め記事ですね。スケ連さんどうにかしてください。
     今回のことはスケ連もしょうちしてることだからやみが深いという声も真実かもしれないという気がしてきます。

    • オネエ 2019年4月25日 8:34 PM

      >ゆず命の様

      ゆず命のさん、こんばんは!
      わたしもオリンピックまでと聞いておりましたし、
      転落、オカルト、ご家族まで言及していて、
      全くおかとちがいのアンポンタンな記事だと怒り心頭です!
      スケ連は見てみない振りをまたするのでしょうか?
      ぜひ早急な対応と誠意を見せてほしい、わたしたちにではなく、選手のために!

  7. ななこ☆ 2019年4月24日 6:29 PM

    おねえ様  初めまして 山口県の ななこ☆ ともうします。
    おねえ様の歯に着せぬストレートな表現  好きです。 愛を感じます。
    世界選手権  カバンに 白いハンカチを付けていったのですが …。
    今回の件   事を 大きくすることの方が 相手の 思うツボだと思います。
    本当に 羽生結弦  ☆☆☆  羽生君の事が 大事な存在なら …。何があっても、どうじず 普通にしていることが 何より 今  いま の 彼にとって 一番 大切なことのように 思います。

     

    • オネエ 2019年4月25日 8:37 PM

      >ななこ☆様

      ななこ☆さん、はじめまして!
      オネエサロンへようこそ。そしてコメントありがとうございます!
      世界フィギュア、白いハンケチを付けてくださっていたのですね、
      本当に嬉しいです。わたしも当日付けていたのですが、
      皆様と巡り逢うことができずに非常に残念でした!
      今度はきちんと皆様にお会いしてご挨拶ができるように致しますね。
      でも同じ空間にななこ☆さんといることができたことを思うと
      嬉しく思います!
      そうですね、わたしも冷静になり、ユヅが何も声明を出していない今、
      いままで通りに応援していくことが大事なんだとななこ☆さんより
      教えられた気がします。ありがとうございます!

  8. TonTon 2019年4月24日 8:11 PM

    まったく酷い記事ですね!
    フィギュアについてまともな記事が出てきたら驚くようになってしまった昨今ですが、
    なぁにが「転落」ですか!
    ろくに技について知らないくせに。
    試合は一回一回が勝負。だからこその真剣勝負なのに。

    菊池氏についても失礼千万!
    どうにかならないのですかね、こういう、人気も実績もあり、
    日本のスポーツ界を盛り上げてくれる存在を傷つける記事。
    真央ちゃんの時からそうですが、腹が立って、これを書いた記者の前で、
    びりびりと記事を破りたいくらい!

    • オネエ 2019年4月25日 8:41 PM

      >TonTon様

      ほんとですよね、わたしこの記事を書いた記者に
      往復ビンタしたいとデイリー新潮にメールしました。
      本気です!
      週刊誌が売れる為だけにありもしない嘘を並べて、
      それをあたかも真実のように平然と世に送り出すデイリー新潮こそ
      闇に葬るべき存在ですね!

  9. 咲来蘭子 2019年4月24日 9:25 PM

    羽生結弦選手を故意に貶める意図は明々白々です!
    余りにも屑記事過ぎて頭の上で薬缶が火を噴いています!
    ゆづ様の言動の清廉潔白さと心の清さは心ある人々には浸み渡っています、
    それは洋の東西を問いませんよ本当に。
    そのゆづ様を育てた親御さんであるお母上様も
    さぞかし心の清いお方でありましょう。
    菊池さんが年齢的なことできっぱりと引き際を決め、
    帯同やコーチ役を引退したことを逆手にとって
    屑記事捏造記事を載せた恥知らずの輩たち!
    抗議の署名を集めることも、もしかしたら必要かも知れませんね。
    日本人は正義、義憤を行動に示すことに
    腰が重いですね残念ながら。

    • オネエ 2019年4月25日 8:47 PM

      >咲来蘭子様

      蘭子さん、こんばんは!
      いつもの軽快な蘭子節は身を潜め、蘭子さんのお怒り
      痛いほどわかります。
      親御さんの子育て方があのような立派な青年を生むんですよね。
      それなのにお母様がまるで悪者のようなあの記事には許せません。
      これは名誉棄損問題だと思います。
      オカルト整体師って失礼極まりない!
      わたしも断固として許しがたいこの記事に抗議します!

  10. てんこ盛りパフェ 2019年4月24日 9:45 PM

    野村克也氏の育成方法論に「一流は叩かれ、二流は褒められ、三流は無視される」とあるそうです。
    フィギュア界で、今誰が叩かれ、誰が褒められているかを当て嵌めると納得。叩かれ傷つけられ、それでも倒れず道を切り開いていく人だけがレジェンド。(自分から言っちゃうのはNGね)

    報道と一口に言っても戦場カメラマンからパパラッチまで居ますからね。
    新潮はそういう記事を平気で載せる三流ってことですね。
    昔、低俗な記事だけを扱う底辺の芸能雑誌記者が、「芸能人にはプライベートは無い。家庭も家族も、たとえ未成年の子供ですら芸能人の子に生まれたからには何を書かれても仕方ない。デビューした以上その覚悟はあるはず」なんて言い放ってたけど、新潮も大差なくなってるのでは?
    入社した時は報道に携われる事に夢や希望を抱いていた人間が、長いものには巻かれろ、臭いものには蓋、寄らば大樹になり果て、紙媒体の凋落に部数のノルマしか考えられない社畜に化してしまったのでしょうね。
    北川景子主演のNHKドラマ「フェイクニュース」に報道の実態がある程度描かれていますね。なかなか興味深く面白かったです。

    • オネエ 2019年4月25日 8:50 PM

      >てんこ盛りパフェ様

      一流は叩かれる。まさにその通りですね、
      その中でもベストを尽くし、結果を残すもののみがレジェンドですね。
      すごく納得です。
      どんな屈強やマスコミの非難などにも負けず、
      自分の道を突き進んでいく真のアスリートを心から応援したい、今改めて
      そんな思いが強くなりました。
      「フェイクニュース」わたしも後でみてみようと思います。
      報道の真実は一体どこにあるのでしょうね!?

  11. 通りすがり 2019年4月24日 10:53 PM

    お名前ですが、菊池→菊地トレーナーかと思います。気になったもので、コメントにて失礼致しますm(__)m

    • オネエ 2019年4月25日 8:53 PM

      >通りすがり様

      通りすがりさん、ご親切にご指摘ありがとうございます。
      すぐに訂正させて頂きました!
      間違えに気付かずお恥ずかし限りです。

あなたの愛をアタシにいただけないかしら?
※管理人で不適切と判断したコメントは一切公開されることはありません

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.