清楚な人差し指で応援して頂戴ね

スポンサーリンク

スポンサーリンク

フィギュアスケート 安藤美姫

投稿日:

いまさら聞けない!フィギュアスケートのルールについてpt.1

フィギュアスケートの「ルール問題」。

ジャンプの高難度化、演技構成点の曖昧さ、GOE(加点)の判断基準など、

あたしたちが「?」と思うことって多々あると思うのよね。

でも疑問に思う前にまずは現行のルールを知っておくということも、

文句垂れる上で笑、重要なことだと思うのよね。

今日はいまさら聞けないちょっとした「ルール」について見ていきましょ!




フィギュアスケートには点数の無効化が存在する

シングルのフリースケーティングにおいて、3回転以上の同じ踏切、同じ回転数のジャンプは2種類を2度ずつまでしか挑戦できない(2回転も同様)。

なんだかわかりやすいようでわかりにくいルールよね笑

こういう時は彼女を呼びましょうよ!

クレオパトラ!

安藤美姫といえば、トリプルルッツをエッジを明確に、

そしてフリーで2回、ルッツジャンプを入れることができる数少ないスケーターだったのよ。

☆ジャンプについてのルールはこちらよ
オネエでも分かるフィギュアスケートのルール!

女子ではルッツを制するものはフィギュアを制する

なんて言われていたくらいだからね。

なら、得意のルッツ(Lz)をフリーで

3Lz・3Lz・3Lz

3回組み込みましょ!

3Lz・3Lz・3Lz

これ3度目のルッツジャンプは

同じ種類を2度づつまで

のルールに基づいて、

「無効要素」として0点になってしまうのよね。

ここまではあたしにもわかるわ!笑

3回ダメなら、得意のトーループ(T)とフリップ(F)を加えて、

後半に2回目の得意のルッツを入れるわ~!

3Lz ・3T・ 3F・ 3T ・3F・ 3Lz

の構成はどうかしら?

どうよ!笑

3Lz ・3T・ 3F・ 3T ・3F・ 3Lz

6本のうち最後に跳んだジャンプは

2種類を2度づつまで

のルールに基づいて、

「無効要素」としてこれも得点は0点なのよ。

ジャンプの種類の偏りがないようにというルールなんだけど、

そもそもジャッジの採点が偏ってるんだから元も子もないわね笑

連続ジャンプはフリーでは3度まで!

モロゾフ感極まってるわよ~。

シングルのフリースケーティングにおいて、コンビネーションジャンプとシークエンスジャンプはあわせて3度までしか挑戦できない。

連続ジャンプはわかりやすいわよね。

当然、4度目以降の挑戦は無効要素として0点となる。

こないだの世界フィギュアのプロトコルを見てみましょ!

ザギ子も梨花も今話してきたルールに基づいた構成になっているわよね!

そりゃ当然よね、無効化で無得点になっちゃうんだもの。

でもとっさにジャンプ構成を変えざるを得ない状況になった場合、選手は滑走中も、

頭を使いながら、考えて跳ばないといけないのよね。

以前、殿(織田信成)は何度かこの無効化で「0点」扱いになってしまったことがあったわよね。

それにしてもキスクラが「エロス」にしか見えないわよ笑

また一緒にルールについてお勉強していきましょうね!

敵を知るにはまず見方からって言うでしょ笑




お読みいただきありがとうございます!共感して頂けることがあれば、ぜひブログランキングバナーを
↓↓↓

人気ブログランキング

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
↑↑↑
ポチっと押してくださいね!励みになります!

-フィギュアスケート, 安藤美姫

Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.