ポチッとしていただくと順位が上がるわよ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

フィギュアスケート 宇野昌磨

投稿日:

衝撃の展開!エテリ自身から宇野昌磨の合宿参加発表よ!

皆様、あたくしエヴァ祭りで騒いでいる間に、

エテリ自身のインスタグラムで、

宇野昌磨があたくしたちのサマーキャンプに参加しますわよ!

と発表が!

エテ公は自身のインスタで北京の金メダル候補を紹介したり、

何かとインスタ発信が気になるオンナだわ!笑




サマーキャンプはお試し的な位置づけなのかしら?

 

この投稿をInstagramで見る

 

Shoma Uno will join us for summer camp. 🇯🇵 #шомауно #летнийлагерь #новогорск

Eteri Tutberidzeさん(@tutberidze.eteri)がシェアした投稿 -

エテ公自身のインスタで、昌磨がサマーキャンプに参加すると表明!

今後師事をしていくのかはこのサマーキャンプに参加して、

実際にコーチとの相性が合うか、練習環境が自分に適しているか、

そして何より異国の地での生活がしっくりくるかなどの

テスト的な意味合いを兼ねていそうね。

エテリからどのような指導を受けるのか楽しみだわ!

ロシア記事は昌磨のエテリ移籍を話題に!

ロシア記事では早くも宇野昌磨がエテリ移籍!と報道してるじゃない笑

ロシア語の記事だから何書いてあるかチンプンカンプンで、

グーグル翻訳したら、ちょっと突っ込みたくなる記事に!

昌磨がエテリに何を期待しているのか!?

1)野心を満たす

UnoはPkhenchkhane 2018で金のあらゆるチャンスを得ました。Tatyana Tarasovaが彼女を愛情をこめて呼んだように、彼はすぐにエリートに突入しました。彼女は2016年ワールドカップで7位になり、その後2年連続でシルバーを獲得しました。

歴史の中で4回のフリップの最初のパフォーマーとしてISUによって認められたのは、Shomaでした。合計で、日本の兵器庫には4種類のクワッドがあります。フリップ、リットバーガー、サルコウ、シープスキンコートです。後者はトリプルアクセルカスケードで教えています。

2)テクニックを修正する

ショマは根ざしが悪いという深刻な問題を抱えています。シーズン中に1つのきれいなクワッド・サルコウではなく、明らかなフリップの問題とエッジ上のあいまいなエッジです。

Sergey Dudakovは、ShomeをQuadで手助けする準備ができています。それはTutberidzeチームが年上のクワッドで働いた経験があるという事実によっても助けられるでしょう - Unoは4-Lutzをほとんどマスターしないでしょう、しかしそれは安定性を弾力に戻すことは非常に現実的です。

3)ファンから隠す

フィギュアスケートは特別な物語です。彼らの主なお気に入りはハニア(10万人がオリンピックの後に彼のパレードに来た)ですが、ウノはまた愛の強力な部分を受け取り、そしてそれと共にそれは細心の注意を払います。

突っ込みどころ満載な翻訳ね!笑

かいつまんであたしなりに訳すと、

・昌磨に芽生えた「勝利への野心」をエテリがさらにかつ冷静に引き出してくれる

・ジャンプの修正、4回転サルコウ、フリップ、そして3回転ルッツ

・マスコミに追われずに練習に集中できる環境がエテリの元にはある

ただ問題点を2つあげていて、

その計画はクールに見えますが、Unoが理解できないことが2つあります。1つは言語の壁です。Shomaは英語があまり話せず、ロシア語もまったく話せません。Eteriチームでは、日本語を話す人はいません。もちろん、問題は翻訳者を雇うことによって解決することができます、しかしそれは別の人に絶えず依存して氷の上でそして日常生活の中で彼自身にとって快適でしょうか?

第2の問題は宇野はコーチを変えたことがなく、長い間家を出て行かなかったし、チーフの注意が他の十数人の運動選手と共有されるべきである状況に入らなかった。Tutberidzeは、彼女のグループでは、表彰台の数や能力のレベルにかかわらず、誰もが平等であることを繰り返し強調しました。Shometは独立を学び、コーチの興味がもはやそれだけでは終わらないことに慣れる必要があります。

問題点のひとつめは「言葉の壁」。

これは難しいけれども、フィギュアスケートに情熱のあるもの同士!

絶対に意思疎通できる術はあると思うわよ!

そしてふたつめは昌磨がコーチを変えたことがなく、またチームの中に入る練習に慣れていない。

年齢的にどうなのか?という声もあるけれどね、

あたしは彼が本気で北京五輪を見据えて、

今の自分を変えようとしている姿勢に惹かれるわ。

周りやマスコミがなにを言おうが、そんなのは関係ないもの。

それぞれの専門分野のコーチとの出逢いもきっとあるだろうから、

ぜひサマーキャンプで、手ごたえを掴んで新たな道が開けるといいわよね!

それにしてもエテリの元に行くとは思わなかったわ~

エテリと昌磨のキスクラ。

美穂子はエテリのファッションに憧れていたというし、、、

エテ公の下でクリムキンイーグルをする宇宙人とのコラボもあるのかしら?笑

このトルソワ、エヴァ風にいうなら「使徒」みたい、やだ!

なんだかいろいろと楽しみになってきたわ!




あたしに「瞬間心を重ねて」を感じた方はぜひブログランキングバナーを
↓↓↓

人気ブログランキング

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
↑↑↑
ポチっと押してくださいね!励みになります!

-フィギュアスケート, 宇野昌磨

Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.