ポチッとしていただくと順位が上がるわよ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

フィギュアスケート 羽生結弦

投稿日:

ISUの本当の狙いとは!?競技方式改正について

皆様、こんばんは。

本当はもう少し早くお話したかった、

北京五輪後の「競技方式改正」について。

「技術」と「芸術」でそれぞれ別々の種目になるのではないかという。

今宵は少しこのお話をさせて頂きたいと思うのよ。




「技術」と「芸術」で種目を分ける改正は大反対だわ!

ISUは北京五輪後の2022~23年シーズンからの改正を見据え、

来年の総会に提案することを目指している。

技術重視の「テクニカル」、芸術と表現を重視する「フリー」の2種目に分ける競技方式に改正すれば、

02年ソルトレークシティー五輪でのペア不正採点を契機とした新採点方式導入以来となる大がかりな変化になる。

最新の素案では、男女とペアでいずれも種目を「テクニカル」「フリー」の2つに分けてそれぞれ優勝者を決め、

2種目合計の得点で「トータル」の勝者も決める方式。

1つの大会で男子、女子、ペアとも3人(組)の金メダリストが生まれる。

採点については「テクニカル(ショート)」が技術、「フリー」は芸術と表現を重視した傾斜配分にする構想があるという。

※時事通信より抜粋

これは大きな改革案よね!

この構想によると

技術点と演技構成点の比重を、

ショートが2:1

フリーが1:2

になるそうよ。

皆様どう思われる?

あたしは大反対だわ!笑

あらら、トルソワ!

あんたジャッジにパンチしちゃだめよ!笑

まず、ショートとフリーで比重を変えるぐらいなら、ショートに演技構成点はいらないんじゃないの?

技術点だけで判断した方が誰が見ても明確よね。

フリーはジャンプの点数の構成比が落ちるわけだから、

いっそのことジャンプなしで演技構成点のみにするとかさ。

演技構成点を両種目に残しておくのは、

「採点の抜け穴」=「負の遺産」が残ったままになるのよね~。

だって、技術重視のショートで演技構成点を下げられてしまったら、技術点も元も子もないもの笑

演技構成点の5つの項目も

1.スケート技術(Skating Skills)

2.要素のつなぎ(Transitions / Linking Footwork / Movements)

3.動作/身のこなし(Performance / Execution)

4. 振り付け/構成(Choreography / Composition)

5. 曲の解釈(Interpretation of the music)

新種目を導入した場合、「芸術」重視の項目(特に3~5)はフリーで重視される項目だものね。

でもね、そもそもフィギュアスケートって、

技術と芸術の融合性=トータルバランスの美しさこそがフィギュアスケートである

とわたしは強く思うのよね。

これがそれぞれの種目で分けられてしまうのは、ひとつの「作品」としての

演じるスケーターの「ストーリー性」であったり、「奥ゆかしさ」を

感じられなくなってしまうんじゃないかって

あたしは危惧しているところよ。

だって技術があるからこそ、芸術が光るわけだし、

芸術を持っているからこそ、技術に生かせるわけじゃない!

この2つを切り離して、そもそも種目を分けることが

本当の意味でのフィギュアスケートの未来を変えるものではないってあたしは思うわ。

種目を増やすことでの、ISUの本当の狙いは?

寿司ざんまいポーズ!

・・・話戻すわね。

採点方式を明確化する為の改正であるならば、

あたしは時代の流れと共に変わっていくのは必然であるし、

いつまでも過去に捉われるのはよくないって思うのよ。

でも時事通信の記者の見解では、

ISUの狙いはむしろ別のところにあるようだ。

「2つの異なるプログラムで争う競技にしたい」と言う。

その裏には五輪でのフィギュアスケートのメダル数を増やしたいという思惑がある。

現行の方式でショートとフリーはジャンプの数や必須要素の規定、演技時間などが違うが、基本的な枠組みは似ている。

メダル数を増やすためには種目を増やさなくてはならない。

一方は技術、他方では芸術と表現を重視する二つのプログラムで争う競技方式に改正するのは、その手段ともいえる。

五輪のメダル数を増やすことによって、ISUはフィギュアスケートが競技としてより魅力的になると考えている。

日本では浅田真央さんが表舞台に出てきた頃から空前の人気を博し、羽生が引っ張る現在に至るまで盛り上がりは衰えていない。

競技大会のみならずアイスショーも満員の観客で埋まる。しかし、かつて高い人気を誇った欧米では関心が下がっており、事情がやや異なる。

※時事通信より抜粋

ISUの競技方式改正の本当の狙いは、メダル獲得数を増やして、

欧米やフィギュアスケートの人気低下の国を盛り返していきたいという思惑があるからというのよ。

あたしもそう思うわ!笑

日本ではフィギュアスケートは空前のブームよね。

一昔前はチケット観戦に抽選なんて考えもつかなかったし。

でも今でもグランプリシリーズのNHK杯、日本での国際大会などは

いつでも満席、TVを放映すれば高視聴率。

でも海外での試合で観客席に目を移すと、日本とはだいぶ事情が違うわよね。

でもさ、人気を取り戻したいがための競技方式改正で、

「技術」に偏った、

「芸術」に偏った、

ちょっと語弊があるわね、芸術に偏った選手って笑

それぞれの分野に特化した選手が出てくるのは目に見えていて、

なんだかつまらない競技になってしまうような気がしてならないのよね。

フィギュアスケートってさ、流れるストーリーの中でスケーターがその世界観を

音楽と共に表現していき、その盛り上がりの中でジャンプをシュッ!って跳ぶ、

「劇場型」でドラマティックな展開こそが醍醐味だとあたしは思うのよ。

ひとつの物語の中にそのスケーターの人生模様までもが見えてこそ、感動があるのよね。

NHKでトリノのフリーで荒川静香の演技を刈谷アナが

「さあ、ここからの2分15秒が荒川静香、長野から8年の想い!」

このフレーズが今でもあたし頭を駆け巡るときがあるのよ。

フィギュアスケートに短編作品はいらないわ!

人気が下がってしまったそもそもの原因に

ISUの採点方式の度重なる不明確さがあったからなんじゃないの?

自分たちで自分たちの首をしめてきたようなものなのに、それによって振り回されるスケーターは

たまったもんじゃないわよね。

競技方式改正、

皆様は賛成?反対?

いろいろなご意見があると思うから、また聞かせて頂けたら嬉しいわ!

北京後っていうのがまた厄介よね。それまでどうすんのよ!?

それについてはまた今度お話させて頂きたいわ。




共感頂けることがあれば、ぜひブログランキングバナーを
↓↓↓

人気ブログランキング

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
↑↑↑
ポチっと押してくださいね!励みになります!

-フィギュアスケート, 羽生結弦

Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.