ポチッとしていただくと順位が上がるわよ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

フィギュアスケート 紀平梨花

投稿日:

4回転て本当に必要なの?紀平梨花が発表した超高難度プログラム

新横浜で始まったドリームオンアイス。

出演中の紀平梨花が来季のプログラム曲を、

来季のフリーで「インターナショナル・エンゼル・オブ・ピース」

というオリジナル楽曲を使用することと、

4回転サルコウ、トリプルアクセル2回を入れた超高難度のジャンプ構成を明らかに。

彼女にとって4回転ジャンプは今後必要となってくるジャンプなのかしら?




3Aと4回転ジャンプはどちらが難しいのか?

エテリガールズは4回転の種類をどんどん増やして、

日本だけでなく、世界の脅威となっているわよね。

でもどうして、ショートで取り入れることができるトリプルアクセルを

入れてこないのかしら?

女子ではショートで4回転は跳ぶことがルールでは認められていないから、

得点差を大きく付けることのできるショートにエテリ陣営は着眼しないのは何故?

3Aと4回転ってどちらがジャンプが難しいのかしらね?

4回転5種類を跳べるほどのネイサンチェンも3Aを苦手にしているわよね。

その中で紀平梨花がショート、フリーで計3回のトリプルアクセルを入れるプログラム構成を組めるのは、

決まれば強いわよね。

けれども昨シーズン、なかなかショート、フリーを通して、

3Aを揃えた完璧な演技で終えることはなかなか出来なかったのよね。

彼女はトータルバランスに秀でているから、隙がない。

3Aさえ入ってくれば、爆発的な点数も出てくるのよ。

4回転サルコウに挑戦することよりも、

来シーズンは昨シーズンからステップアップして、

3A込みでのトータルバランスの精度を上げることに注力をした方がいいんじゃないかしら?

彼女の演技は気品があって、見ているだけで美しいと思える素晴らしいものだけど、

まだ心に直接響いてくるような感情表現であったり、様々な曲を演じることで身に付いてくる演技の本質を

伝える表現力はまだまだこれからだと思うのよ。

4回転ひとつ入れるだけでも冒頭のジャンプから、そこにエネルギーを費やして、

次には3Aからのコンビネーションが控えているわけでしょ。大変なことよ。

アスリートとしての天才的センスが彼女の最大の魅力

それでも彼女が4回転サルコウを入れたいというのは、

エテリガールズをもちろん意識してのことよね。

北京五輪で本気で金メダルを取りたいという気持ちの現れもそうだけど、

彼女のアスリートとしての血が本能で騒いでいるんじゃないかしら?笑

紀平の演技を見ていると、

天才的な運動神経のカンとセンスが垣間見れるところがあるのよね。

多少、空中での3Aの軸が曲がって

ああ、これでは転倒してしまうというところも

見事に空中で、瞬時に修正して着地をしてしまう。

これは持って生まれたものだと思うのよね。

また彼女のルッツで両手を上げるタノジャンプ。

着氷の寸前に手を下に戻す絶妙なタイミング。

ここは彼女のカンが本能で働いているんだなっていう絶妙の良さをいつも感じるのよね。

彼女のタノがあたし、一番好きなのよね。

アスリートに限界を作ってしまうことは良くないこと。

その限界を決めるのは他の誰でもない自分自身なのだから。

最終的には紀平梨花のやりたいように進めことが一番なのよ。

4回転ジャンプのリスクとは?

来季シニアに上がってくる、トルソワ、シェルバコワ、

そして一足先にシニア大会で4回転を決めたトゥルシンバエワ。

彼女達が仮に北京五輪へ出たとして、その時まで4回転ジャンプを跳び続けられるかどうか。

その可能性はかなり低いと思う。

跳ぶチャレンジはそりゃいつでも誰だってできるわよ。

そこできちんと降りれるかという話は別問題よ。

女性なら誰しもが通る成長期における身長、体形の変化からジャンプのタイミングがズレてきてしまう。

ひとつのちょっとしたズレから、スランプに陥って演技全体のバランスまで崩れてしまう可能性も秘めてるのよね。

そしてもうひとつ、それだけ高難度のジャンプにチャレンジし続けるということは、

いつも怪我のリスクと隣り合わせということ。

今はトルソワはポンポン、それこそ宇宙人のようになんでも跳べてしまえているけれども、

果たしてこれが数年後も同じ状態でいられる?

伊藤みどりと浅田真央が3Aを跳び続けてきたことって実はとてつもないことなのよね!

なんでもっとジャッジはこの難しいことをやってのけたレジェンド達を、

その時代に正当な評価をしてこなかったのかしら?

目先のジャンプの評価という言い方は語弊があるけれど、

それをずっと継続して跳び続けることの方がいかに難しいのか?

紀平梨花にはぜひ北京五輪でコストルナヤと

4回転ジャンプは抜きで、金メダル争いをしてほしいのよ。

その為にはジャンプ技術だけでない、表現力。

曲の世界観をひとりの女性としてどう伝えていくのか?

その部分をどんどんブラッシュアップしていけば、とてもおもしろい勝負になりそうな気がするのよね!

あたしは4回転時代なんて女子には来なくていいと思っている。

女子の美しさはジャンプで決まるものじゃない。

どれだけの経験を女性として、

恋愛も苦悩もまた喜びも悲しみも積んできたものをリンクの中で体現し、見る人達にオリジナリティを持って伝えていけるか。

そこがフィギュアの面白さであり、美しさにつながるところと思っているのよね。

皆様のご意見もお伺いしたいわ。




お読みいただきありがとうございます!
共感して頂けることがあれば、ぜひブログランキングバナーを
↓↓↓

人気ブログランキング

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
↑↑↑
ポチっと押してくださいね!励みになります!

-フィギュアスケート, 紀平梨花

Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.