清楚な人差し指で応援して頂戴ね

スポンサーリンク

スポンサーリンク

フィギュアスケート 浅田真央

投稿日:

激怒!浅田真央24時間TVの下げ記事を憶測で書くおブス記者!

浅田真央が24時間TVでチャリティーパーソナリティを務めることは

ブログでも以前紹介させて頂いたわよね。

あたしも真央が出るなら久々に見てみようと思ったぐらいよ。

また?デイリー新潮が

浅田真央が生放送嫌いでも24時間テレビ出演を決意した「家庭の事情」

というふざけたタイトルで記事を出したのよね。




家庭の事情なんて余計なお世話よ!

引退から2年。「真央ちゃん」ファンには朗報だ。8月末放映の日テレ恒例「24時間テレビ」。このチャリティーパーソナリティーに決定したのである。

「メインパーソナリティーは『嵐』ですが……」

とは、さる日テレ関係者。

「彼らはもう5回目で、安定感はあるけど、新鮮味に欠ける。その補完にしたいのが真央ちゃんなんです。チャリティーパーソナリティーはこれまで石原さとみや上戸彩など、女優に任せることがほとんど。異例の起用は、“顔”としての期待を込めてです」

と言うから、大変なプレッシャーであると同時に、上手くこなせばスケート以外の道も広がる、大事なお仕事となるのである。

が、これを聞いて、

「よく受けたな、とビックリしましたよ」

と言うのは、さるスポーツ紙のベテラン記者。

「彼女、実は生放送があんまり得意じゃないんです。現役時代から口下手で、アドリブに弱かった」

バンクーバー五輪で銀メダルを獲った直後、「良かったね」と振った記者に「良かったです」、「緊張した?」「緊張しました」と答えて話が止まってしまったのは知る人ぞ知る話。

「本人もその辺はわかっていて、引退後は、生放送での露出は極力避けてきた。昨年の平昌五輪の解説も、熱烈なオファーがあったのに断ったのは“生”を嫌がったことも一因です」(同)

なるほど、それなら、丸1日、生で展開も刻々変わる24時間テレビなどは、もっとも不得手とするところだろうに……。

“イノシシをさばきたい”

新たな挑戦のウラには何があったのか。

所属事務所に聞くと、

「未経験で不安ではありながら、新元号“令和”となったこともあり、新しい事にチャレンジしてゆこう、という経緯でございます」

との回答だったが、

「家の事情もあるんです」

と耳打ちするのは、さる広告代理店関係者である。

「姉の舞はバラエティタレントとして活躍していましたが、現在、恋に夢中で」

お相手は森進一・昌子の長男で、ロックバンドのボーカル・Takaだが、

「海外ツアーにも付いて行っている。結婚するつもりで、マネージャーには“仕事を入れないで”と言っているほど。マネージャーとの連絡を断つこともあるほどで、事実上の“休業状態”なんです」(同)

確かに彼女のウェブサイトを見ると、3月に一日消防署長を務めたのを最後に、あとは空白が続いている。

「真央と舞の姉妹は、現役時代からマネージメントをし、“母親代わり”と言われている女性マネージャーが専属で担当しています。姉が休業なら、妹が頑張るしかない。だから今後も慣れない分野に出ていくことになるでしょうね」(同)

その試金石がいきなりの大舞台。期待と不安はまさに「ハーフハーフ」といったところであろう。が、

「徹夜してでも僕は見たいですね」

とは、さるキー局のプロデューサー。

「最近の真央ちゃんは、しゃべりで頑張ろうとしているだけに、逆に天然ぶりが際立っているんです。NHKの番組で“将来は山に行って、狩りをして、イノシシをさばいてみたい”と言ったり、民放では“日本で私を知らない人っているのかな”と言ってみたり。突拍子もない発言が、“感動”の予定調和を崩せば逆に面白いじゃないですか

姉と違って、浮いた話も一向に聞こえてこない「真央ちゃん」。とまれ、現役時代同様、その“滑り”からは目が離せない……。

※デイリー新潮より一部抜粋

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190709-00569761-shincho-ent&p=1

ねえ、この記者名乗り出てくださらない!?

まず、「家庭の事情」ってそもそもその名の通り、家庭のご事情に関係のない週刊誌の記者が首を突っ込むこと!?

ご事情なんてものはご家庭にしかわからないのだから、憶測でただ周りの確信のない情報を集めただけで、書くんじゃないわよ。

身内でもない、とある記者に全然関係ないことじゃない、貴方が出る幕じゃないのよ!

貴方のご家庭のご事情でも記事になさったら?

「偉大なスケーターのプライバシーに触れるような記事で家庭を支える記者の奮闘」にされたらどうかしら。

姉が恋をしているから? だから何よ!?

恋愛は自由。それを姉と妹の関係に結び付けないでよ。

このとある記者はご自分のご兄弟が恋をされたら、ゴシップ記事をより一層書かなくてはいけないのね!

大変ね~。

24時間TVってチャリティー番組ですか?ってこの記事を書いた記者に聞きたいわ

真央が生放送が得意じゃないとか、視聴者は真央のトーク力に何かを求めている人たちばかりではないはずよ。

あたしはありのままの真央の素直な言葉が好きだし、心に響いてくる。

そこらへんの飾りきったおべっかを使う二流タレントよりもね。

感動の予定調和を崩せば?

感動って予定するものなんですか???

このとある記者はさ、24時間TVのイメージぶち壊してない!?

だって、そもそもチャリティー番組でしょ、24時間TVって。

それを家庭の事情で稼がなくてはいけないという「金銭事情」を憶測記事を書き、

24時間TVの「感動」=「予定調和」

って言い放ってるんだもの。

24時間TVのプロデューサーはこの記事読んでも容認されるのかしら?

ハーフハーフって言葉をむやみやたらにあんたが使うんじゃないわよ。

フィギュアスケートの「滑り」と思わぬ発言の「滑り」。

なに「滑り」を引っかけてるの?

あたしこういうセンスのない言葉の使い方、大嫌い!

浅田真央のこれまで歩んできた道、今行っているサンクスツアーでの取り組み、そしてこれから輝く未来を考えたら、こんな記事は絶対に書くことなんてできないはずよ。

最後にどうでもいい話を、、、

トルソワが寿司ざんまいじゃなくて、かっぱ寿司だった件!笑笑笑

そしてエテリガールズのお着物!

これどう考えても寿司ざんまいポーズでしょうが!笑

社長のポーズにそっくりじゃない!

第8回オネエ杯開催中よ!

↓↓↓エントリーはこちらよ↓↓↓

皆様が選ぶ女子ファイナリスト6名をぜひ華麗に予想して頂戴!

エントリーは7月15日(祝)海の日まで!




お読みいただきありがとうございます!
共感して頂けることがあれば、ぜひブログランキングバナーを
↓↓↓

人気ブログランキング

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
↑↑↑
ポチっと押してくださいね!励みになります!

-フィギュアスケート, 浅田真央

Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.