ポチッとしていただくと順位が上がるわよ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

フィギュアスケート 山本草太

更新日:

これで本当にいいの?ジャンプ戦国時代に異論あり!

AERA記事の

「フィギュアスケートはジャンプ戦国時代へ」

という記事に違和感を覚えてしまうのよね。

今季注目の選手ということで、様々なスケーターを取り上げて下さるのは嬉しいんだけど、

全員、話題に上げるのはジャンプの取り組みのことだけ。

ISUの今のフィギュアスケートの採点競技がこのようなジャンプ一辺倒の流れになってきているから、

仕方がないことだけれど、皆が4回転、トリプルアクセルって、

このままだとなんだか個性のない「ただのジャンプ大会」になってしまいそうよ。




目まぐるしく変わり一貫性のないルール変更

2018‐19年のルール改正でジャンプの基礎点が下がり、GOEの幅を11段階に増やし、

「見て素晴らしいとみんなが思うような質の良いジャンプを跳んで、完成度の高いプログラムを演じた選手が勝つ競技にしたい。」

というISUのルール変更があり、演技全体のトータルバランスの中で質の高いジャンプをという、

演技全体の質を重視していくのかと思いきや、

今シーズン、2019‐20年のルール改正で、ジャンプの回転不足を緩和し、基礎点75%→80%に引き上げ、

「選手が難度の高いジャンプへの挑戦に足踏みするのを防ぐための緩和だ」

とまるで高難度ジャンプを助長するかのようなルール変更に舵を変更。

今季は男女ともに本格的なジャンプ戦国時代が訪れる。男子は複数の4回転が当たり前になり、女子もトリプルアクセルや4回転に挑む選手が増える。中京大の公開練習に参加した選手たちは、ジャンプ変革期に備え、挑戦を繰り返していた。

本田真凛は、「昨季はアメリカでいろいろなジャンプを習っても、日本にいる間に自分の跳び方に戻っていました。今季、まずは3回転ジャンプを完璧に跳んでから、4回転トウループもやりたい

※AERAより一部抜粋

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190723-00000063-sasahi-spo&p=2

完全にジャンプ大会に成り下がってしまっている感が否めない記事よね。

フィギュアスケートが前から好きな方々はフィギュアはジャンプだけじゃないって想いがあるけど、

今こうしてお茶の間でも気軽に楽しめるようになったフィギュアスケートをTVで何気なく見た方々は、

フィギュアスケート=高難度ジャンプ

っていう図式が出来上がってしまうでしょうね。

何よりこの記事で驚いたのは、

本田真凛もが4回転を口にしていることなのよ!

そして三原舞依が陸上トレーニングの負荷を上げたのも練習していたトリプルアクセルの為なのでは?

と思ってしまうのよ。

何よりも選手達が毎年コロコロ変わるISUのルールに翻弄されているんじゃないかしら!?

怪我のリスク、体調管理、体重制限のリスク、そして選手生命をも変えてしまう

高難度ジャンプへの取り組みを助長するルール変更って一体誰の為のものなの?

本当に選手達の為になることなのかしら!?そして今後のフィギュアスケートの在り方を問う時にどうなのって?

五輪前にさらに細かいルール改正は行われるでしょう。

一体どこに向かってしまうんでしょうね?

ただひとつ言えることはスケーターあってのフィギュアスケートですから、スケーターを一番に本当に考えてください!

ということだけよ。

山本草太が演じる、カメレンゴ氏の振り付けのこだわりとは!?

今季のショートは「エデンの東」

草太の口から「誰かが演じたから自分も滑るわけではなく、自分に合うと思ったから」

というコメントに、あたしは凄く嬉しかったのよね。

流されてない、自分をしっかり持ってるんだなって。そうじゃなきゃ、とっくに怪我で挫折していたでしょう。

彼の芯の強さが際立つコメントだわ。

険しい表情のカメレンゴ氏。

肩から腕の使い方に対して、全体的にガチガチだと指摘しているわね。

スケーターが氷上で手の動きを見せる時に、手先だけのものと、

力を抜いて肩から指先まで動かしていくのとでは、

見た目の美しさも違えば、表現の幅の広ささえも感じてしまうのよね。

草太曰く、

「自分が動きやすい動きでやっていると今までとは何も変わらないし、パスカル先生の真似をして少しづつ動きが変わっていけたらなあって。」

自分の今まで使っていなかった部分を新たに使い、可動域を広げるのは演じる幅も広がるということ!

演技全体をいかに美しく見せるか、

そしてその中で新たな4回転サルコウを加えて、磨きをかけようとしているのよね。

あたしが言いたいのは、ジャンプだけを評価する今のシステムだけじゃなくて、

こうして日々振付師やコーチと格闘していく中での演技全体の美しさもきちんと正当に評価してほしい。

ここなのよね。

今シーズンのテーマは「ティムシェル」

ティムシェル=自分の運命は自分で切り開く

まさに草太にぴったりのテーマね。

↓期間限定ユヅハビバージョンもクリックして頂戴ね↓


人気ブログランキング




お読みいただきありがとうございます!
共感して頂けることがあれば、ぜひブログランキングバナーを
↓↓↓

人気ブログランキング

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
↑↑↑
ポチっと押してくださいね!ブログ村もよろしくよ!励みになります!

-フィギュアスケート, 山本草太

Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.