ポチッとしていただくと順位が上がるわよ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

フィギュアスケート 浅田真央

投稿日:

浅田真央の演技をダメにする声と気高く美しい蝶々夫人

皆様、おはようございます。

以前から書き続けてきた浅田真央のヒストリー。

前回の記事がソチ五輪に向けてのお話だったけど、

ソチ五輪についてはヒストリーの最後にじっくり語らせて頂きたいわ。

今日はハーフハーフと進退を決めかねていた発言から1年経った、2015年。

浅田真央は再び勝負のリンクへと舞い戻って来てくれたのよ!




☆合わせて読みたい前回の記事はこちらよ。

浅田真央完全復活のシーズン!ソチ五輪への高まる期待【後編】

浅田真央がより大人の色香をまとい円熟味を魅せた「蝶々夫人」

あたしが大好きなプログラムのひとつの「蝶々夫人」。

1年ぶりに現役復帰して、スタートポジションに立った真央の表情は明らかに今までと違っていて、

よく目を凝らしてみ見ると、微妙に眉間のあたりにググっと動きがあるのよね。

感情を静かに込めて演技の世界への入り方がすごく大人っぽくなったなと感じたのよ!

この紫陽花色のお衣装も大好きでね。

腰の部分が特徴があって、アスリートとしての浅田真央をよりエレガントに魅せているのよね。

それにしても佇まいが優雅だわ。

手を差し伸べた時の袖の部分がひら~っとして、

まるで紅天女!?

とあたしは目を疑ってしまうほどだったのよ。

彼女は間違いなく、紅天女に一番近い存在だったわ。

現役復帰してから、あたしはね

真央のジャンプ技術よりも表情や表現力ばかりに目がいくようになってね。

いや、復帰してトリプルアクセルは相変わらず入れてきて、

3F-3Loのコンビネーションを持って来たりと技術面でも注目するところはあったわよ。

でもそれ以上に、大人の女性としての品位だったり、優雅さ、身のこなし方などの所作、

そして演技に出す感情の込め方が美しくなっているところばかり気になっていたわ。

コリオシークエンスひとつ取ってみても、

以前とは違うなと明らかに感じるようになったのよ。

蝶々夫人はね、

長崎を舞台に、没落藩士令嬢の蝶々さんとアメリカ海軍士官ピンカートンとの恋愛の悲劇を描いた物語なのよね。

蝶々夫人はソプラノ殺しとも言われた!最大の見せ場に魅了される

蝶々夫人のオペラは「ソプラノ殺し」とも言われたのよね。

中低音域に重点を置いた歌唱だものね。

後半の怒涛のジャンプと伸びやかなステップの終盤で魅せる

ここが最大の見せ場よね!

蝶々夫人は恋愛の悲劇を描いたものだけど、

儚い恋に打ちのめされても、大人の女性として輝く美しい一瞬が凝縮されているかのようだったわ。

そして静かにフィナーレを迎えるこのポーズ。

あたしにはまるで天女のように見えたのよね。

どこを切り取っても美しく気高さがあってね。

あたし蝶々夫人の中でもこの全日本が特に好きなのよね。

実況がお塩(塩原恒夫)でなくなったことも相まって、演技に集中して見れてね。

でも新しい実況が、

「我々が見たいと思っていた笑顔とは少し違うかもしれませんが、、、素敵な笑顔です」

この一言ってホントにいらないわ!

演技の余韻をぶち壊すのよね、勝手に我々と決めつけるんじゃないわよ!

最後に昇華していくような表情と言った方がまだ曲の解釈をしようとしていたって思われるわよ。

なんかお塩とは違うけど、何かを言わなきゃいけない的感が嫌なのよね。

演技の余韻にただ浸りたいんだから黙ってて頂戴!

それとは対照的にお客様が差し上げた花束を見て、

これ紫の薔薇の人!?

って思わず思ってしまったのよ笑

蝶々夫人、そして真央のお衣装に合わせたこの花束。

さすが観客はクソ解説実況よりも、本質をよくわかってらっしゃると思った瞬間だったもの。

つづく、、、

↓期間限定昨季オールスターバージョン↓もクリックして頂戴ね↓


人気ブログランキング

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村




お読みいただきありがとうございます!
共感して頂けることがあれば、ぜひブログランキングバナーを
↓↓↓

人気ブログランキング

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
↑↑↑
ポチっと押してくださいね!ブログ村もよろしくよ!励みになります!

 

-フィギュアスケート, 浅田真央

Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.