ポチッとしていただくと順位が上がるわよ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

フィギュアスケート 浅田真央

投稿日:

公正なジャッジはないわ!演技構成点の差はなぜ起きるの?

皆様、浅田真央の「蝶々夫人」記事はご覧頂けたかしら!?

伝説のソチフリーを大事に温めておいているのはもう気付きよね!

フリーだけで見ると真央はソチ五輪は3位だったのよね。

でもね、あたしこの順位に今でも全く納得していないのよ。

☆あわせて読みたい前回の蝶々夫人の記事はこちらよ。

浅田真央の演技をダメにする声と気高く美しい蝶々夫人




浅田真央のソチ五輪フリーの演技構成点が低いのはなぜ!?

あら懐かしいわ、ソトニコワ!

彼女元気かしらね!?プル様の元で今は練習しているのよね?

ソトニコワについては今度またゆっくりお話しさせて頂きたいわ~。

ソチ五輪、最終グループで滑った彼女と、韓国のキムヨナの点数、最終順位で

国をあげての物議を醸したわよね。この話も今度ゆっくりしたいのだけど、

あたしね、問題はこのふたりじゃなくてね、

自国の真央をたとえ贔屓目に見たとしても、明らかに演技構成点が低すぎるのよ!

細かいプロトコルを見てみましょうよ。

ちなみに真央の下、フリー4位はコス姐ことコストナーよ。

ここでもう一度演技構成点について、おさらいしましょ。

・スケート技術(Skating Skills:SS)
・要素のつなぎ(Transitions / Linking Footwork / Movements:TR)
・パフォーマンス/身のこなし(Performance / Execution:PE)
・振り付け/構成(Choreography / Composition:CH)
・曲の解釈(Interpretation of the music:IN)

※各項目0.25点刻みの10点満点で採点される。

真央の演技構成点が「69.68点」に対して、コストナーは「73.77点」

その差は「4.09点」

コストナーは本当に素晴らしい選手で、トリノ五輪前からあたしはずっと見てきて、

ソチを迎えるにあたり、女性フィギュアスケーターとして円熟味を増した、

演技構成点で言う、「パフォーマンス」、「振付」、「曲の解釈」は満点というのも頷けるのよ。

コストナーにふさわしい点数だとあたしは思ったわ!

最終グループが演技構成点が必然的に高くなる矛盾について

ソトニコワの左のコーチのお顔がムンクの叫びになってるわ笑

彼女の演技構成点は「74.41点」

そしてキムヨナの演技構成点は「74.50点」

全選手の中でも一番になってるわ。

キムヨナについては今はここでは割愛させて頂戴!笑

ここでソトニコワとキムヨナのプロトコルも見ておきましょう。

ソトニコワとキムヨナは技術点の加点(GOE)も全体的に高いわよね。

優勝したソトニコワはスピードもあって、このソチ五輪に合わせてピークをうまく持ってきたわね。

ジュニアから見てきたけど、元々3Lz-3Loのコンビネーションだったのを難度を落として、

3Lz-3Tでしっかりまとめてきたところも成長に応じた体の変化に適応させるためだとも思ったわ。

確かに勢いはあったけれども、

彼女ジャンプを着氷した時に「流れ」が止まってしまい、また膝が曲がってしまう傾向でね、

・ジャンプの技術的な出来の良さで見るとあたしはここまで高い加点は正直どうなのかなと。

・そして演技構成点にしても、初めての五輪でこの9点台半ばはジャッジとして少し高い気がするのよね。

あたし的にはソチ五輪以降の彼女の大人への成長していく演技をすごく楽しみにしていたから尚更そう感じたのよ。

ソトニコワ、キムヨナ、コストナーは3人とも最終グループで滑ったけれども、浅田真央は第2グループで滑った。

旧採点ルール時代から最終グループが得点を出やすいという流れは重々承知していたのだけどね、

ショートのミスがあったとしてもフリーで素晴らしい演技をしたのなら、

たとえどのグループで滑ろうとも公正な評価をしてほしいのよね。

得点を積み重ねていく採点方式ってこうしたズレをなくす意味合いで始めたんじゃなかったのかしら!?

真央は例のごとく、ソチ五輪において回転不足を取られたけれども、

トリプルアクセルを含む6種類の3回転ジャンプを跳ぶという8トリプルを達成したのよ!

あたしね、ここがどうも納得いかなくてね。

皆様はどうお思いかしら!?

専門家がもし真央がグループで滑っていたならもっと高い点数が出ていたという仮説自体、おかしいことじゃない!?

あたしにはジャッジが特に五輪最終グループという、

一番盛り上がる展開に合わせて演技構成点や加点を操作しているようにしか見えないのよね。

ソチ五輪後の世界フィギュアでは真央の演技構成点が激変した

真央はフリー1位で「72.76点」の演技構成点。ソチ五輪の「69.68点」から、

実に「+3.08点」も上昇しているわよね。

このボレロの立ち姿だけでも満点!コストナーにしか醸し出せない大人の女性の美だわ!

フリー6位になったコストナーは「73.78点」とソチ五輪の「73.77点」から、

僅か「▲0.01点」しか変動していない。ほぼ同じ得点で推移しているのよ!

五輪開催からわずか1ヶ月足らずでこんなに変わるものなのかしら!?笑

そして真央のジャンプに関して言うと、

ジャッジは世界フィギュアではより厳しく回転不足を取っているのに、

ジャンプ技術がソチ五輪の「8.75点」「9.11点」と上昇しているのは何故!?

ショートの失敗は残念だったけどね、

じゃあ最終順位が変わったといえば、そういうことではないのかもしれないけれども、

このソチ五輪のフリーの順位は明らかに変わっていたってあたしは断言するわ!

公正なジャッジはどこに存在していたのかしら?

4年に一度、この4分間にすべての人生を懸けて挑んでくるスケーター達に、正当な評価をしっかりしてほしいと、切に願うわ!

コス姐の復帰も待ち遠しいわ!

必ずリンクに帰ってきて頂戴よ~。貴女はフィギュア界の「宝」なのだからね。




↓期間限定昨季オールスターバージョン↓もクリックして頂戴ね↓


人気ブログランキング

にほんブログ村 にほんブログ村へ

-フィギュアスケート, 浅田真央

Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.