ポチッとしていただくと順位が上がるわよ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

コストナー フィギュアスケート

投稿日:

これぞ本物のフィギュアスケート!難しい楽曲をどう演じるか?

ちょうど、昨日コス姐ことコストナーのお話をしたわよね。

突然だけど、皆様にとってスケーターが演じる上で、

フィギュアスケートで一番難しい「楽曲」ってどの曲だと思うかしら?

あたしは間髪入れずに、「ボレロ」って即答してしまうのよね。

☆合わせて読みたいコストナーの記事はこちらよ。

世界フィギュア欠場のコストナーに捧げるオネエ讃歌!




単調な世界だからこそ創造意欲を掻き立てられる演技が難しい

「ボレロ」って単調な曲のリズムが永遠と続く、

スケーター泣かせの名曲っていうイメージなのよね。

この曲に挑んでくるスケーターはあたしは相当なもんだわ!って思っているわ笑

若いひよっ子(失礼ごめんあそばせ)には絶対無理。「ボレロ」こそ経験がものを言うのよ。

この単調かつ難解な曲をいかに退屈で終わらせないか、

自分の演技、動作、表情だけで見ているもの皆に創造意欲を掻き立てる感情を抱かせないといけないんですもの。

ほら、ご覧になってコス姐の佇まい。

このスタートポジションに立って、手を少し上げただけで、(指先もよく見て!笑)

もう、何が始まるんだろう!?ボレロをどう料理するんだろうっていう好奇心が沸いてくるのよ!

佇まいだけで、創造意欲を掻き立てさせることができるなんて、これこそ長年フィギュアスケートを

そして酸いも甘いも、恋愛も、人生経験も積んできたオンナのあるべき姿だと思うのよね。

たとえあたしが百推しのコストルナヤでさえも、現時点では、どんなに美貌でもこの「ボレロ」を演じるには早いわね。

手をブン!て上に振り上げただけで、なんて威厳さを感じるの!?

手足の長いコス姐ならではのダイナミックさがボレロのリズムを単調でなく、

そこから枝分かれしてメロディーを織りなしているようだわ!

前半のジャンプが終わり、

オーボエ(楽器詳しくないので、間違ってたらご免あそばせ!)で若干スローな動きに入る時に、

あたしはどう演じるんだろうって注意深く見ていたのよね。

そうしたら彼女の仕草、なんと投げキスをしたのよ!

ボレロの中で投げキスでスローな部分を表現するなんて斬新すぎるわよ、コス姐!

大人の女性の魅力が存分に解き放たれた瞬間よね。

音をリズムを体でしっかりと捉えた上で彼女の積み上げてきた集大成を魅せた!

コス姐のボレロを見ていると、ひとつひとつのポーズをしっかりとメリハリをつけて、

音を捉えているのがよくわかるのよね。

美しい音色の「カノン」や後のドラマティックな「行かないで」など、

この大舞台で彼女の魅力を最大限に引き出せる楽曲はあったであろうに、

敢えてチャレンジしてきた彼女の姿勢に、ひとつの集大成のようなものを感じたのよ!

ボレロが難解な曲なら、あたしのボキャブラリーではどう表現していいのか、

もう頭から湯気が出てるから、これぐらいにしとくわよ笑

でもこれだけは言わせて頂戴。

ジャンプだけでない、様々な経験を積んできたからこそ出せる表現力こそが、女子フィギュアスケートの醍醐味のひとつだとあたしは思っているのよ!

今年のグランプリシリーズにエントリーがなく、残念だけど、

あたしはコス姐のソチでの演技構成点の10点満点は納得。

そしてこれからも少しでも長く、ここ重要よ!

出るべく試合をしっかり厳選して、またリンクで大人の女性の舞を魅せてほしいわよ!




↓期間限定昨季オールスターバージョン↓もクリックして頂戴ね↓


人気ブログランキング

にほんブログ村 にほんブログ村へ

-コストナー, フィギュアスケート

Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.