ポチッとしていただくと順位が上がるわよ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

フィギュアスケート

投稿日:

ジャッジの不正を暴く!採点方式変えてもダメ!

前回、取り上げた「演技構成点の差はなぜ起きるのか?」

について、読者様より非常に興味深い社会人大学院生が客観的に分析した論文を

お教え頂きましたので、ここで改めてご紹介させて頂くわね。

その論文の中での結論は、

「PCS(演技構成点)においてのみ男女フリースケーティングでグループ間の期待バイアスの存在が認められています。」ということよ。

☆あわせて読みたい記事はこちらよ。

公正なジャッジはないわ!演技構成点の差はなぜ起きるの?




旧採点方式において重要なのは順位点!

荒川若いわね!この時の悔しさをバネにトリノで金メダルだものね!

6.0満点の旧採点方式時代、

最終グループで滑ることは明らかに有利であったわよね。

解説の方々も度々、

「まだ最終グループが残っていますから、ここでは点数はかなり抑えられてしまいました」

って言うのを何度聞いたことか。

旧採点方式においては、

最終グループの中での滑走順でさえも

最終順位に大きく影響していたのよね。

これは長野五輪の女子フリー。

優勝の大本命と呼ばれた、最終グループ1番滑走で滑ったミッシェルクワン。

ざっくり言うと、

テクニカルメリット=技術点

プレゼンテーション=芸術点

プレゼンテーションはオール5.9!

さすがの表現力を評価されているわよね。

でも実はこの得点自体にそれほど意味はないのよね。

クワンより後で滑ったマントヒヒ、タラ江ことタラリピンスキー。

注目して頂きたいのは、一番下の「順位点」。

この「順位点」で1位、2位という位置づけが最終順位に直接関わってくるだけで、

テクニカル・プレゼンテーションの数値「5.9」だのっていうのは、

ただ選手同士の比較をするためだけに用いられていたのよ。

だからクワンよりも後で滑ったタラ江の順位点に「2位」を付けているジャッジの、

テクニカル・プレゼンテーションの数値はクワンと同等かそれ以下になっているのよ。

この後ろ姿は!!!

芸術点オール6.0満点の伝説の演技

を見せた、「ニジンスキーに捧ぐ」を演じたプル様!

6.0満点をつけるということは、後にも先にもこのスケーターがナンバーワン!とジャッジが潔く認めたという証なのよね。

だからクワンがオール5.9点をジャッジが付けても、

まだ後で滑るスケーターに対する期待値を残しておこうというジャッジの意図が垣間見れるのよ。

新採点方式になっても、基本的に旧採点方式の名残が残っている

競技から主観性を極力排除することを目的に、

現在の採点法であるISUジャッジングシステム、点数を積み上げていく方式に変わっていったのだけど、

あたしから言わせて見れば、結局は6.0点と違い、

点数の天井(上限)が目に見えない分、主観性が一見隠れてしまいがちだけど、実は旧採点方式とやっていること大して変わってないのよね。

だからあたしたちは、どんな滑走順で滑ろうが、

きちんとジャッジの付けたプロトコルを詳しく見て、正当な評価をされているかということを

トリノ五輪の後の世界フィギュア。

真央は完璧だったのに対してミスが目立ったキムヨナのフリーが真央より点が高いのは何故?

演技構成点の差よね。ジャッジはここで順位の操作をしているのよ。

演技構成点においては厳しい目でかつ公正に見ていかなければいけないのによ。

もちろん、点数なんかよりもその演技にただ感動した!って

それすごく大事なことよ。

フィギュアは決してジャッジだけの価値観で勝敗が決まるものではないと思うから。

でも採点競技である以上、順位をしっかりと見ていかなければいけないのも事実。

どんな滑走順であれ、選手が頑張ったその評価に対して、後で滑った方が有利という馬鹿げた風潮だったり、

演技構成点次第で順位がコロッと入れ替わってしまうような公平性に欠ける主観的採点を

ISUにぜひ排除して頂きたいわ。

↓期間限定昨季オールスターバージョン↓もクリックして頂戴ね↓


人気ブログランキング

にほんブログ村 にほんブログ村へ




-フィギュアスケート

Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.