ポチッとしていただくと順位が上がるわよ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

フィギュアスケート 伊藤みどり 浅田真央 紀平梨花

投稿日:

一体誰のトリプルアクセルを見本にすればいいのよ!?

今季、日本女子選手達がこぞって、

トリプルアクセルの習得を目指しているわよね。

坂本花織、宮原知子を筆頭に、

全日本合宿では樋口新葉、三原舞依、白岩優奈、横井ゆは菜と

ほぼすべての上位陣が今季チャレンジや習得を目指して取り組んでいることが明らかになったわよね。




トリプルアクセルのお手本は伊藤みどり!?

理想は伊藤みどりさんです。高さがすごいです。スピードのある中で、しっかりと振り上げてあり得ない高さまで跳んでいるから、それができたらいいなと思っています。

※坂本花織インタビューより

あたしはね、理想のトリプルアクセルを伊藤みどりと掲げるのはその通りだけど、

結論から言わせて頂くと、現実的に見て、

伊藤みどりの高さは天性のものであり、他の誰にも真似できないものだと思うわよ。

何が凄いって、

・まずこの時代のスケート靴の重さでの跳躍力

・巻き足(イヤミのシェー!ポーズ笑)で回転をきっちり回り切ってから降りてくる余裕の高さ

アクセルは手を後ろから前に持ってくる振りだけで、遠心力を付けづらく回転を付けづらいジャンプ

と前回の記事に書いたけど、みどりはこれが当てはまらない例外なのよね笑

このジャンプの高さを出せる足のバネはバケモノ級と言っても過言ではないと思うのよ。

だから伊藤みどりは「格が違う」ってあたしいつも言っているのよ。

浅田真央は軸を細くして回転速度を速めた!

そしてこちらは浅田真央!

・肘をしっかりと締めて細い軸を出しながらも回転速度を速めて跳んでくる

・ジュニア時代から、現役引退までの長い間跳び続け、試合の実戦で武器として成功し続けてきた

真央のアクセルは回転速度の速さがなんと言っても見物よね。

ドンピシャで決まるとね、あたしよく

「真央、鋭く刺さったわ~!」

って言うのよ。もちろん誉め言葉よ。

みどりほどの高さが出ない分、

どうしてもこの遠心力と回転速度のタイミングが合わずに、回転をしながら降りてきてしまう足元を

ジャッジが執拗に回転不足を取っていたのよね。

なによりも凄いのは、

長い選手生活の中で最初から最後まで試合という場で、トリプルアクセルを跳び続けたことよ。

練習で成功する選手もいるわよ。それをあのプログラム全体を通して、ショート、フリーで計3回とか、

こちらもある意味バケモノ級ですから!笑

抜群の運動神経とアスリートの勘を持つ紀平梨花

そして今、現役スケーターとしてトリプルアクセルを跳び続ける紀平梨花。

・真央と同様、肘を締めて細い軸を出して、回転速度を速めて幅を描きながら跳ぶ

・着氷のポイントを運動神経とアスリートとしての勘で見極めてしっかり降りてくる

彼女が綺麗にトリプルアクセルが決まる時って、

美しい放物線を描くようなジャンプの幅があるのよね。

それに彼女は多少軸がブレても開いても、

着地するポイントを瞬時に判断して降りてしまうアスリートとしての勘と運動神経を持ち合わせているのよ。

理想は持ちながらも自分に合った跳び方を身に付けてほしい

理想のジャンプはあるにしろ、

ぜひ自分に合った跳び方をマスターした上で、長きに渡って跳び続けてほしいわね。

もちろん怪我には注意して頂戴よ。

そして今取り組んでいる練習は決して無駄にはならないと思うし、皆がそれぞれエテリガールズに負けぬよう、

北京五輪を意識して前に向かって進もうとしている姿勢があたしは嬉しいわ!

だから民放の実況は、「トリプルアクセル決まりました!!!」

もっとすごいリアクションしなさいよ、あんたどれだけ難しい事やってのけてんのかわかってる!?

リアクション女王の岡本夏生を見習いなさいよ!笑

でも演技中、こんなにうるさいのはごめんだわ!ぜひスローの振り返りの時にして頂戴!




にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑↑↑

お読みいただきありがとうございます!
共感して頂けることがあれば、ぜひ2つのブログランキングバナーを
ポチっとお願い致します!

↓↓↓


人気ブログランキング

-フィギュアスケート, 伊藤みどり, 浅田真央, 紀平梨花

Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.