ポチッとしていただくと順位が上がるわよ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

フィギュアスケート 羽生結弦

投稿日:

アクセルジャンプの難しさと羽生結弦夢のクワドアクセルへ!

以前、記事の中でも、

エテリガールズが4回転をどんどん取り入れてくる中で、

ショートでトリプルアクセルを入れてこないのは何故だろう?

もしかしたら、4回転よりもトリプルアクセルの方が難しいからじゃないかしら?ってお話したのよね。

☆合わせて読みたい記事はこちらよ!

世界が驚愕!女子フィギュアが未知の領域に到達した日!




ジャンプ回転の遠心力のかけ方がポイントとなる

アクセルジャンプは皆様ご存知の通り、全種類のジャンプの中で、

唯一前向きに跳ぶジャンプの為に、恐怖感がある

ということで認識されている方も多いと思うのよ。

その前に他のジャンプを見てみましょ。

アクセルと違って、

手を横に回しながら遠心力を付けて跳べるので、回転をかけやすい!

というのが特徴なのよね。

ジャンプって、どんなに高く跳んでもその中で当たり前だけど回転しなければいけないじゃない笑

だから、遠心力をいかに味方にして回転をかけるかというのがポイントになるのよね。

けれども、アクセルは、前向きにテイクオフするため、

手を後ろに持って行ってそのまま前へ持っていかなければいけないので、遠心力を付けにくい!

トリプルアクセルを得意とする選手、苦手とする選手の差は、遠心力に頼らずに、

回転スピードを上げるための軸を細くするテクニックの違い

にあるのよね。

夢の4回転半アクセルは実現可能か!?

遠心力を付けにくいアクセルジャンプは、回転速度を上げる必要があるので、

軸を細く保つために、跳んでいる状態の肘をしっかり締めているのよね。

これ以上回転速度を上げるのは難しいから、

後はジャンプの高さと幅を出すことが大前提になって、回転数を増やすこととなるのよね。

でも、

でもユヅのトリプルアクセルは見てご覧の通り、

肘が開いて跳んでいる為に、まだ余裕があるのよね。

この肘を締めて回転軸をさらに細くしていけば、4回転半を跳ぶことができる可能性が高いのよね。

高さと幅を出して、その中で回転軸を細くして、すべてのタイミングが合致した時に、

夢のジャンプは現実のものとなるに違いないわ。




にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

↑↑↑

お読みいただきありがとうございます!
共感して頂けることがあれば、ぜひ2つのブログランキングバナーを
ポチっとお願い致します!

↓↓↓


人気ブログランキング

-フィギュアスケート, 羽生結弦

Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.