清楚な人差し指で応援して頂戴ね

スポンサーリンク

スポンサーリンク

フィギュアスケート 羽生結弦

投稿日:

不可解なジャッジ!羽生結弦の一問一答から圧倒的に勝つ!

オータムクラシック、男子フリー終了後の

羽生結弦の一問一答が入ってきたわね。

4トーループ、あれで刺さるの?

まだ全然引退しないですからね!北京五輪までやってたら出ます!

羽生結弦のスケートに対する意志の強さを垣間見たわ!




羽生結弦の一問一答「北京五輪までやってたら出ます!」

 ――ループもサルコーもいけたと思ったか。
「入ってくるまで調子良かっただけに残念だなという感覚はありますし。いいジャンプが跳べてナンボだと思うので、この構成ではやっぱりクリーンに滑りたかったなと思っています」

――朝の練習で感覚が狂った?
「あまりループで苦戦してこなかったので。ここまで来るのに。なので、ちょっとビックリはしていたんですけど。まあでも、そのためのルッツだったり、アクセルの練習だったりもするので、入れようかなってちょっと考えもしたんですけど。でも、朝の練習だったということもあったり。練習と試合の間の時間が普通の試合よりも全然なかったので。ケガのリスクもありましたし。今回はルッツじゃなくてループで。とりあえず形として、まとまればいいなという風に思ってやっていました」

――6分間練習もうまくいかなかった?
「今朝の練習の時点で、最初の方よかったのにだんだん悪くなっていく傾向がアップの時からあったので。もう自分の中で1発だけを集中しようということを意識してやった結果が良かったのかなと思っています。(スピードがなかった?)ちょっと最初の2つ(のジャンプを)かなり無理して耐えていたので。その分の疲れはちょっとあったと思います。

――滑り終わって右足をポンポンと叩いていたが。
「いやもう。本当にあのループと、あのサルコーは本当によく立ってくれたなと思ったので。ありがとうと思っただけで。別に痛いとかではなくて。とりあえずフリーとして、後半は特にですけど、形として整っていたので、そういう意味でありがとうという感じでした

――体力的に後半はどうだった?
「前半、集中して飛ばしてはいたので。その分の疲れはちょっとあったとは思いますけど。ここまでいい練習をしてこれたというのもあって。そんなに苦しいわけではなく、冷静に詰まったジャンプではダブルにして。その次のアクセルでちゃんとリカバリーすることもできていたので。その点に関しては、問題なかったと思います」

――新しいジャンプを練習しているがゆえに感覚が違ってきたことはあるか。
「それはないと思っています。本当に単純に、試合だけっていう感覚なので。試合に向けての段階が良かったとしても、試合の準備だとかがうまくいかなかった試合だと思っている。せっかくグランプリの前に見つけられているからこそ、いろいろ修正していきたいなと思っています

――今季初戦でやむを得ない部分があるか?
「それはないんですけどね、やっぱりノーミスしたい気持ちが凄く強いので。自分の中では、あの6分間練習とあの公式練習でループをよくあそこまで固めたなという気持ちがあります」

――回転不足3つというのは。
そんな刺さってました?トーループが2つ、刺さってます?あれで刺さるの?4ループが刺さっているわけじゃなく?それで点数が出ないのか…。アクセルトーは3、3の方ですかね。普通に降りたなと思ったんですけど。トーループに関しては自分の感覚としては疑問がないので。あまり深く考えてないです」

――感覚、イメージでやったものが、頭でっかちになってきた?
「そもそも、凄い理論武装しているんですよね。感覚人間だからこそ感覚に自信を持ちたいから理論武装するんですよ。だから緊張した時にどうするかとか、負けた後にどうするかとか。ショート悔しい後にどうするかとか。いろいろ全部言葉にして、理論として固めて、感覚を確かめたい部分があるので。もろいんですけど、そういうところがまた強さに変わってくると思うので。そこはうまくまたコントロールしたいと思います」

※スポニチより一部抜粋

https://www.sponichi.co.jp/sports/news/2019/09/15/kiji/20190915s00079000158000c.html

-初戦を終えて今後の課題は

羽生 本当に何回もやっているはずなんですけど、やっぱり毎回毎回、気持ちっていうのは違いますし。特に自分にとっては、ノーミス以外は敗北みたいな感覚が常につきまとった状態で試合をやっている。そういう意味ではまた、新たなプレッシャーと戦いながら試合できたらと思っています。

-今季、昨シーズン入れていなかった新しいジャンプを入れる予定は

羽生 後半4回転3本構成と、とりあえずGPシリーズ中に、ルッツを入れるか入れないかっていうのを考えながら練習したいなと思っています。

-新しいジャンプへの挑戦が多いが

羽生 自分の中で(フリーの)オリジンと(SPの)オトナル(秋によせて)は、完成形っていうのが、その自分が入れたいジャンプの構成、今の構成とその完成形で目指しているジャンプ構成とやっぱり違う。具体的にまだ言わないけど。だからこそ、いろんなジャンプの練習はしないといけないと思いますし、最終的にオリジンとオトナルの完成形のためにも、難しいジャンプをやっていかなきゃと思っています。

-4回転アクセルはどの段階か

羽生 とりあえず回ってこけてます。あとは降りるだけかなとは思っているんですけど。まぁ、回るだけで一杯一杯の所はちょっとあります。

-先日、4回転フリップも跳べてると言っていた。全部の4回転を目指すのか。

羽生 そこまでは考えてないですね。ただ最終的にアクセルまで跳べて、自分にも余裕があって、公式の記録として全種跳べました、というのは欲しいなって思ったらフリップ入れます。

-やっているとそういう欲が出るか

羽生 もともとアクセルは跳びたいと思っていた。ただ思ったよりも壁が分厚くて苦戦はしている。今は本当に、4Aやるためにスケートやってるなって思う。そのために生きてるなって思います。

-2022年(北京五輪シーズン)になったら、その時はどうするのか

羽生 そのままやってたら出ます。負けるぐらいだったら辞めろっ、て思ってるんで自分は。本当にはっきり言って。ぶざまな姿は絶対見せたくない。それまでやってるんだったら、多分4Aを目指しながら、全種クワッドを目指しながらやっていると思います。今もその気持ちで練習はしていますし。

※日刊スポ―ツより一部抜粋

https://www.nikkansports.com/sports/news/201909150000093.html

この一問一答をお読みになって、皆様どんな感想をお持ちになったかしら?

・本人もあれで刺さるの(回転不足)?と言っていた4トーループ。

いつも跳ぶ普通で自分の感覚としては疑問のないジャンプと言っているのだから、

いつもは大会では認定され続けてきたわけでしょ。

それが急にアンダーローテだなんて。

ジャンプの定義をジャッジが統一しないと、選手は困惑するだけよ!

・今の構成とその完成形で目指しているジャンプ構成とやっぱり違う

もう羽生結弦は自分の目指すゴール地点=完成形のビジョンが頭の中でしっかり描かれていると思うのよ。

だから、4アクセルも4回転全種類も入れるぐらいの気持ちでやっているというのは、

もう自分との闘いになっているんだなってあたしには受け取れたわ。

誰と比較したり、競うのではなくね。

もちろん彼が負けず嫌いだっていうのも知っているけれどね笑

・北京五輪はそのときまでやっていたら出る

頼もしい言葉が返ってきたわね。

自分鼓舞しているようにわたしには聞いて取れたけど。

だってもう五輪2連覇達成しているのよ。それだけでとてつもないことだし、

これ以上マスコミは何を彼に望むの?

圧倒的に勝つって言葉がすごく印象に残っていてね。

それはもはや、誰にじゃなくて、自分自身に打ち勝つってことなんじゃないかって。

そして連日、騒ぎ立てるマスコミ。プライベートにまで介入しようとする週刊誌。

試合毎に変わる不可解なジャッジ。

そうした輩をも黙らさせる、彼の本当の強さを「圧倒的に勝つ」という言葉にも込められているんじゃないかしら。

☆羽生結弦のショート記事はこちらよ。

速報!羽生結弦のショート結果は?オータムクラシック




オータムクラシックのプロトコルについての疑問

羽生結弦の演技構成点89.70点、2位のケヴィン・エイモズが89.80点。

羽生結弦の方が演技構成点低いのよね。

ケヴィン・エイモズは表現力豊かな素晴らしい選手よ。

決して彼の演技をどうのこうの言ってるんじゃない。

彼は昨季、欧州選手権で4位、世界フィギュアで11位から、今季力をつけてきているもの。

けれども、こちらの世界フィギュアのプロトコル。

エイモズが昨季のこの世界フィギュアのプロトコルで82.78点から、

今シーズン初戦で一気に「+7.02」点も上昇しているのに対して、

羽生結弦は95.84点から、一気に「̠▲6.14」点も下がってるのよ。

シーズン最後の世界フィギュアは演技構成点がジャッジも上乗せしてくる感はあるけれども、

じゃあエイモズの場合はどういうこと?ってジャッジに聞きたいわね。

このジャッジの急激な演技構成点の上がり下がりって、イマイチ納得できてないのよね、あたし。

皆様のご意見なども聞かせて頂戴ね。

【羽生結弦フリー動画よ】

【ケヴィン・エイモズ(フランス)フリー動画よ】

☆羽生結弦フリー演技の記事はこちらよ。

速報!羽生結弦フリー結果とジャッジに疑問!オータムクラシック

ここでも圧倒的に勝つことの言葉の重みがズドンて響いてくるのよね。

回転不足については、今季ルール改正で緩和されたのどこ行った?、、、

シーズン始まったばかり。

プロトコルにもこれから注目して見ていきましょうね!

もし共感頂けることがございましたら、

ぜひ下のブログバナーポチッとお願いします笑




【オータム優勝おめでとう】

羽生結弦と紀平梨花のブログランキングバナー、

ぜひ清楚な人差し指で押していってくださいまし!


フィギュアスケートランキング

紀平梨花バナーはこちらよ!

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

-フィギュアスケート, 羽生結弦

Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.