ポチッとしていただくと順位が上がるわよ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

フィギュアスケート 織田信成

投稿日:

驚きの文春砲!週刊誌はモラハラを派閥争いにすり替える稚拙な報道!

皆様、こんばんは!

織田信成氏のモラハラに関する報道が偏ったTV局や週刊誌で

連日されていて、大学側と織田氏の事務所側の進展があるまで、

静観視しようと思っていたのだけれど、まあどんどん論点がズレていってしまうような

あまりにも「稚拙」な報道に我慢ができないわ。

そして文春オンラインからはまさかの容疑者疑惑の報道まで、、、




ハマコーが疑惑のコーチ?文春砲に違和感あり

織田信成モラハラ告発 疑惑のコーチが反論

フィギュアスケート元五輪代表で、監督だった織田信成(32)が9月29日、自身のブログでモラハラ被害を告発した関西大学アイススケート部を巡る問題。“容疑者”とされるコーチの濱田美栄氏(59)が「週刊文春」のインタビューに答え、潔白を主張した。

2017年4月に母校・関西大学のアイススケート部監督に就任した織田だが、9月9日付で突如、退任。9月29日、織田は自身のブログで次のように訴えた。

〈リンク内で私に対して嫌がらせやモラハラ行為があり、その影響で今年春頃から体調を崩すようになり、辞任するまでの3ヶ月間リンクに行く事が出来なくなった〉

織田が主張するモラハラとは何か。関大関係者が明かす。

織田さんはスケート部所属の学生の学業がおろそかになっていることを問題視。他のクラブのように、インカレなどの試合出場に成績の基準を設けたほうがいいと主張し、部則を変えようと動いた。そこに立ちはだかったのが、宮原知子や紀平梨花などへの指導で知られる濱田美栄コーチだった。濱田コーチは織田さんに『練習する時間がなくなる』などと反対し、織田さんが挨拶しても無視するようになった

濱田氏は「週刊文春」の直撃取材に、

「私の名前になってんの!? もうショックやわ」

と驚きながらも、50分にわたりインタビューに応じた。

「勉強が大事という織田君の考えには賛同しています。ただペナルティありきではなく、勉強ありきが一番望ましいんじゃないかな。学生たちが不安に思って、私たちコーチに相談に来たこともありました」

――挨拶を無視するなどのモラハラ行為は?

「そんなこと全然無いですよ! 挨拶し忘れたことはあったかもしれないけど」

――織田氏は、「多忙が辞任の理由ではない」と主張している。

「いやいや、元々彼はリンクにいませんよ。今年からではなく初めから。解説者もやってタレントもやって、片手間で監督やるのは大変やと思います」

織田の所属事務所は次のように回答した。

「織田が指導方法と部則の改定をしようとしていたこと、濱田コーチとの間に意見の相違があったことは事実です。ブログで掲載したモラハラ行為について、具体的な内容、その行為者についてお答えすることはできません。織田は芸能活動とリンクでの指導も両立させており、監督就任後は、休日返上で指導にあたってきました

織田、濱田コーチ、二人の言い分は真っ向から食い違っており、今後もさらなる議論を呼びそうだ。

※文春オンラインより一部抜粋

https://bunshun.jp/articles/-/14467

えっ?なんでハマコーが!?

ハマコー本人も文春の記者のインタビューに「私の名前になってんの?ショックやわ」

って答えているぐらいよ。

それは指導方針については意見が食い違うことだってあるわよね。

そもそも織田氏のブログでの発信では「指導方針の食い違い」は一言も発していない。「指導方針の食い違い」を公にしたのは関西大学側の反論だけ。

指導法方針の食い違いはコーチの数があれば、その数だけ当然起こりえるものだとあたしは思う。

ただハマコーのインタビューでひとつ引っ掛かるのが、

「いやいや、元々彼はリンクにいませんよ。今年からではなく初めから。

解説者もやってタレントもやって、片手間で監督やるのは大変やと思います」という、

初めからリンクにいませんよという発言。初めからっていつ?

なんかこの点が凄く引っ掛かってしまうのよ。

でもあくまでマスコミ発信だから、事の真実が明らかになるまで(なるのか?)、

すべては憶測で決めつけてはいけないはずよ。疑惑っていうのはあくまで疑惑をかけられているだけだから。

宮原の新コーチにもなったバーケル氏はかつて織田氏も指導を受けたコーチ。

そしてハマコー組は京都の新リンク移動を前にして、モラハラに繋がるトラブルを起こすとも考えにくいのよね。

ただこれだけはあたしの本音。

ハマコーがそんなことするコーチには到底思えないわよ!

話がすり替わる!深刻なモラハラ問題をリンクの陣取り合戦に煽る報道!

令和版・桶狭間の戦いか。

先月29日、バンクーバー五輪フィギュアスケート男子代表の織田信成(32)が関西大学への不信感をあらわにした。

先月9日付で辞任した同大アイススケート部の監督人事についてブログで“告発文”を掲載。「辞めた本当の理由は、リンク内で私に対して嫌がらせやモラハラ行為があり、その影響で今年春頃から体調を崩すようになり、辞任するまでの3ヶ月間リンクに行く事が出来なくなった事とそれに対する関西大学の対応が誠意あるものに思えなかったから」と記した。

これに対し、30日に関大が文書を発表。「4月以降、織田信成さんに関係して、指導方法をめぐって同部内で意見の相違があった」としたうえで、「7月1日に学長に対して所属事務所、弁護士が同席のもと、指導方法に関する強い要望がありました」と説明。その要望を受け入れられなかったとした。

このモラハラ騒動の根幹には、関大のアイスリンク内で渦巻く熾烈な派閥争いがある。

関大のリンクを使うのは主に3組のコーチ陣。

①織田の母である憲子コーチ(72)率いる「織田組」

②高橋大輔を教える長光歌子コーチ(68)の「歌子組」

③紀平梨花や宮原知子を教える濱田美栄コーチ(59)の「濱田組」

長光コーチは関大スケート部前監督。2年前、織田にバトンを渡した。

あるフィギュア関係者が言う。

「3組のパワーバランスは門下生の実績によって変化していきます。これまで、関大ではベテランの歌子先生や憲子先生が長らく頂点に君臨していた。しかし、関大内で“新参者”だった濱田コーチが女子の有望選手を次々にトップへ押し上げると、その勢力図は一変。歌子組は高橋の現役復帰で盛り返してきたものの、なかなか若手が育たない織田組は徐々に衰退していきました。昨季まで織田組だった有望株の滝野莉子も今季から濱田組に鞍替え。生徒が育たない組の弱体化は避けられない。足の引っ張り合い、選手や指導者の取り合いが絶えない世界なので、他の派閥からの『嫌がらせやモラハラ』が起きるのも不思議ではありません。関大は力の強い他の派閥を優先し、結果的に信成さんが疲弊して辞任することになってしまったのではないか

一部報道によると憲子コーチが監督を引き継ぐというが、関大によれば、後任の監督は未定だという。リンク内の陣取り合戦の行く末やいかに。

※日刊ゲンダイより一部引用

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/262649

派閥争いって、ホント心底くっだらねーわ!

汚い言葉を吐いてしまい、ごめんあそばせ。

つくづくそう思うわ。

そもそもさ、派閥争いに勝って権力振りかざして何がしたいのよ。

大事なのそこ!?

一番大事なのは将来リンクで輝けるスケーターの子供たちを、目がキラキラ輝いている夢と希望に溢れるスケーターを育てて羽ばたかせていく手助けとなるのが、スケートクラブであり、大学機関であり、スケート連盟の役目でしょうが!

この週刊誌の報道は、ただ泥沼化をおもしろおかしく茶化しているだけ。

物事の本質を逸らそうとしているだけよ。

大事なのは教育機関である現場において、嫌がらせやモラハラが起きているということ!

そしてその嫌がらせやモラハラは理路整然と話し合いをして解決できるほど簡単ではない、

そこに人への憎しみ、嫉妬、嫌悪という人間の「感情」、それは「理性」では抑えることが難しいもの。

加害者と被害者の間に第三者機関が入って、公的にかつ公平にこの問題に取り組んでいく必要があると思うのよ。

でもあたしはこの問題はもっと根が深く、スケート連盟も含む、

フィギュアスケート全体の闇が埋まっている気がしてならないのよね。

それはまだ憶測の段階だから、ここでは控えさせて頂くわ。あたしは憶測や噂が大嫌いだからね。

いよいよ10月に入り、本格シーズンインを前にして、このような報道が連日続くのは、

選手達にとっても良くないことだし、何よりも織田氏のメンタル部分が大丈夫なのかが心配だわ。

↓こちらおすすめのフィギュアスケートマガジンよ↓

OGからは織田氏に対するツイートも、、、

スケート連盟副会長の荒川静香氏。

どのOBOGも表立っての沈黙を続ける中、勇気が言った発言だと思ったわ。

岐路に立たされているような時の励ましの言葉ってたとえ短いものでも救われるような気持ちになるものよ。

こちらは安藤クレオパトラ美姫。

リンクで共に苦楽を共にした仲間って誰にも壊せない特別な友情があるものね。

スケ連副会長の荒川静香に対しては、行動を起こしてほしいという声も多くあるけれど、

この深い闇を断ち切るというのは、本当に難しいことだと思う。

冗談抜きに吉田沙保里のような正義のALSOKヒーロー出てこないかしら!?

でも変わらなきゃ、深い根を断ち切らないと、いつまでも同じことの繰り返し。

旧採点から新採点方式になっても変わらないのと同じ。

それはすべて同じ人間が関わっているのだからというスルツカヤの言葉が印象的だわ。

だけどもわたしたちファンはスケーターを守りたい。

そして噂や憶測で報道される物事に決して惑わされてはいけないのよね。

だって「真実はたったひとつ」なのだから。

↓10月10日発売の羽生結弦表紙「フィギュア・スケーターズ16」よ↓

最後までお読み頂きありがとうございます。

ぜひ共感して頂けることがあれば、

下のブログランキングふたつをポチっとお願い致します!




【いつも応援ありがとうございます!】

皆様のお陰です。

ぜひ清楚な人差し指で押していってくださいまし!

【ブログランキング第9位です!】


フィギュアスケートランキング

皆様!エールも込めて、草太のお尻をポチっと!笑

【ブログ村は第4位です!】

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

羽生結弦が描く今季の完成形を祈って両腕の中をポチっと!

-フィギュアスケート, 織田信成

Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.