清楚な人差し指で応援して頂戴ね

スポンサーリンク

スポンサーリンク

フィギュアスケート 羽生結弦

投稿日:

開幕直前!羽生結弦のロックなスケートアメリカを振り返る!

皆様、おはようございます。

今週末からいよいよスケートアメリカでグランプリシリーズが開幕致しますね!

今朝は前回のソルトレイク時代から10年ばかし時計の針を進めて、

2012年のスケートアメリカの羽生結弦を一緒に振り返っていきましょ!




クールに魅せた当時歴代最高ショート得点のパリの散歩道!

ソチ五輪のブルーのお衣装とは違い、この時は黒だったのよね。

黒もクールでより引き締まった感じがあるわね~。

この「へ」ランジがあまりにも印象に残っていてね。

このポーズをあたし真似てみようと思って、

足を吊ってそのまま、後ろに崩れ落ちてしまったのは内緒の話よ笑

この時の振り付けはジェフリー・バトルなのよね。

これまでのクラシックを主としてきた曲からは一転、

ロック調でクール、そして現代的な振付が特徴よね。

そしてこの鋭いカウンターからの3アクセルは、世界一美しい!!!

どうしてもヤグディンの演技、とりわけ彼の3アクセルを見ると、

無性に羽生結弦の3アクセルを見たくなるのよね。

このジャンプを降りた後の流れ。

すごく難しい入り方から跳んでいるのに、いとも簡単に、

まるで助走がなくとも跳べてしまうのではないか?というぐらいに軽々と美しい放物線。

ヤグディンの力強く、ダイナミックな3アクセルが、

より研ぎ澄まされてシャープになった、まさにモダニズム的なアクセル。

ぜひ動画でご覧になって!

【2012年スケートアメリカショート動画よ】

☆合わせてお読み頂きたいヤグディンの記事よ。

絶対見逃せない!時代を築き上げたロシアの天才ヤグプル物語pt.1

オーサーパパも若いっ!キスクラもシャープ!笑

ひとつひとつのポーズが今までの羽生結弦が表現してきた、

クラシカルな美しさと打って変わって、「クール」という言葉がぴったりよね。

ステップのちょっと脱力感のような振りの部分もすごく「今」っぽいなと当時思っていたわ。

そして、キスクラのオーサーパパ!

若いし、お顔がシャープ!

さすがに7年という歳月で人間大きく変わってしまうわ(←自分に言い聞かせてるつもりよ!)

まさにいまではリアルプー!笑

95.07点という記録は当時の歴代最高点!得点以上に、新たな彼の引き出しが見れたことを今でもよく覚えているわ。

Let's go crazyも、この路線と似ていて、すごく元気になるナンバー。

さあ、皆様今日も一日、ロックで乗り切りましょう!

「ロケンロール!」by 内田裕也

皆様、いつもブログをご覧頂き、ありがとうございます。

ぜひ共感して頂けることがあれば、

下のブログランキング、バナーふたつをポチっとお願い致します!




 

【いつも応援ありがとうございます!】

皆様のお陰です。

ぜひ清楚な人差し指で押していってくださいまし!

【ブログランキング第9位です!】


フィギュアスケートランキング

ぜひコストルナヤの舞いに優美な人差し指を添えて、、、

【ブログ村は第2位です!】

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

羽生結弦が描く今季の完成形を祈って両腕の中をポチっと!

-フィギュアスケート, 羽生結弦

Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.