ポチッとしていただくと順位が上がるわよ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

フィギュアスケート 紀平梨花

投稿日:

4回転を煽るな!紀平梨花の今出来ることを!スケートカナダへ出発

皆様こんばんは!

グランプリ前のスケート情報が寂しい今日この頃。

紀平梨花がカナダへ向けて出発のニュースが流れてきたわね。

そうよね、もう来週だものね。

マスコミのインタビューはどうしても4回転に焦点を当てたいのよね、、、




怪我だけには気をつけながらファイナルへ向けて一歩づつ進んでほしいわ

紀平梨花 スケートカナダへ出発 ルッツは回避も4回転は「合わせたい」

フィギュアスケートの昨季GPファイナル女王、紀平梨花(17)=関大KFSC=が17日、関西空港からGPシリーズの自身今季初戦となるスケートカナダ(10月25~27日・ケロウナ)へ向けて出発した。優勝した9月のオータム・クラシックの前に左足首を痛め、もっとも痛みを感じる3回転ルッツは練習でも封印している状態で、今大会でも「ルッツは外した構成で考えている」と明かした。

一方で、今季の導入を決めている4回転サルコーは、カナダ入りしてバンクーバーで調整を続ける中で、「痛みがなくなれば入れるつもり」と紀平。ジャパンオープン前はジャンプ練習を1日1時間に制限していたが、現在は2時間まで延ばしている。復調の兆しもあるため「(4回転を)合わせられたら合わせたい」と言う。

今月5日のジャパンオープンでは15歳のトルソワ(ロシア)が3種類4本の4回転を着氷し、フリー160・53点で1位。4回転を回避した紀平は、得意のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を2本決めて144・76点で3位だった。スケートカナダではそのトルソワと再戦となる。

「難しい構成にしたら勝てるという考えもあるし、(高難度なら)ミスもある。冷静になって、今できる完璧な演技ができるようにしたい」と言い、「GPファイナル(12月5~8日・トリノ)で完璧になれるように。今回はSP、フリーで自信をつけられたら」と、堅実に足元を見据えていた。

紀平は今季GPシリーズの第2戦スケートカナダと第6戦NHK杯(11月22~24日・札幌)に出場。シリーズの上位6人がGPファイナルに出場する。

※デイリーより一部抜粋

https://www.daily.co.jp/general/2019/10/17/0012796557.shtml

やっぱりまだ、左足首の状態が芳しくないのね。

「難しい構成にしたら勝てるという考えもあるし、(高難度なら)ミスもある。冷静になって、今できる完璧な演技ができるようにしたい」

この彼女の言葉がすべてだと思うわよ。

マスコミはなんとしても4サルコウに挑戦するのかということを引き出そうとしているのが、

この記事からもわかるし、トゥルソワが同じ大会に出るもんだから、4回転煽りは今後もたくさん出てくるでしょうね。

彼女が冷静という言葉を自分で発しているのを聞いて、あたしは安心したわ。

恐らく、彼女の中ではショート、フリー合わせて3アクセル3本を決めて、

他のエレメンツもミスなくノーミスで決めたいという想いでしょう。

4サルコウにはまだシーズン序盤、しかも足首を痛めている状態では入れてこないとあたしは思うわ。

演技全体の表現力のブラッシュアップを!

怪我をしている状態で、今できることをしっかりこなした上で、このフリーの難プロの質を上げていってほしいなってあたしは思うのよね。

難プロって言ったのは、7つもの宗教音楽を組み合わせてきている、

「International Angel of Peace」

ちょっと今日はせっかくだから、具体的に音源も交えて紹介するわね。

【1】O Virtus Sapientae(Arr.M.Beiser for Cello&Electronics) (Maya Beiser)

【2】Beirut Taxi(Alexandre Desplat)

【3】Wings of The Eagle(Uttara Kuru)

【4】Caravans on the Move(Mike Batt)

【5】Dead Can Dance(Mother Tongue)

【6】Sheila Chandra(Sacred Stones)

【7】In A Moment Of Greatness(Larry Groupe)

☆合わせてお読み頂きたい紀平梨花フリーの記事よ。

辛口安藤美姫評!紀平梨花女子フリーの結果は?オータムクラシック

敢えて難プロに挑戦していくことに意味がある!

最後7番目の「In A Moment Of Greatness」で、

あたしはそれぞれの宗教の価値観を大切にしながらも、良い部分を融合して、空に昇華させてひとつの幸せを願う

という勝手な解釈をしているんだけど、皆様はこの曲をどう捉えてらっしゃるかしら?

またご意見を聴かせて頂戴ね。

すごく、すごく難しいプログラムだわ!

シニア2年目の紀平梨花がこれをすべて表現できるのか?と言ったら、あたしは正直言って難しいと思うわ。

それでも彼女がこの編曲を選んで、敢えて挑戦していくところに「意味」があるのよね。

ジャッジをも唸らせるほどの何か伝えたい強い想いを演技に乗せて、表現しきることができるのであれば、

あたしは演技構成点の9点台を付けてもいいんじゃないかって思うのよね。

ジャッジの感性が優れていることを願うわ笑

今の紀平梨花に4回転ジャンプなんてまだ必要ないわ。

4回転を入れなければ勝てないなんてことはない。コストルナヤもそれを実証してくれたわ。

紀平梨花は、まだまだ成長を重ねて、どんどんフィギュアスケートの美を極めていってくれる予感がするのよ。

ひとつの難しいプログラム。とことんその世界観に浸かり、極めていってほしいわ。

北京五輪でのコストルナヤと紀平梨花の対決があたし、もう楽しみで仕方ないのよ。

紅天女はどちらが掴み取るのかしらね。

あたしの中ではもう北京五輪の最終グループのシナリオが出来ているのよ笑 by美内すずえ

皆様、いつもブログをご覧頂き、ありがとうございます。

ぜひ共感して頂けることがあれば、

下のブログランキング、バナーふたつをポチっとお願い致します!




 

【いつも応援ありがとうございます!】

皆様のお陰です。

ぜひ清楚な人差し指で押していってくださいまし!

【ブログランキング第8位です!】


フィギュアスケートランキング

ぜひコストルナヤの舞いに優美な人差し指を添えて、、、

【ブログ村は第2位です!】

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

羽生結弦が描く今季の完成形を祈って両腕の中をポチっと!

-フィギュアスケート, 紀平梨花

Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.