ポチッとしていただくと順位が上がるわよ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

フィギュアスケート 織田信成

投稿日:

衝撃の事実が!織田信成がモラハラの本当の理由を明かす!

皆様、こんにちは!

目を疑いたくなるようなびっくりするニュースが入ってきたのよ。

ずっとウヤモヤになっていた織田信成のモラハラに関して、本人がインタビューに応えたと!

騒動以来、本人が公の場やブログでは一切沈黙を貫いてきただけに、

何故このタイミングで週刊誌に!?




織田信成が明かす「僕は関大の女帝に排除された!」

織田信成が明かす監督辞任劇の舞台裏 「僕は“関大の女帝”に排除された」

フィギュアシーズンの到来を喜ぶファンも、あの不可解な辞任劇には首を傾げたはずだ。突如として「監督」の座を追われてしまった織田信成(32)。その真相は、「関大の女帝」による“排除”に他ならなかった。「氷上のお殿様」が初めて明かす銀盤の舞台裏とは――。

***

バラエティ番組で見せる飄々としたキャラクターは一切窺えなかった。

週刊新潮の直撃に困惑した表情を浮かべた織田信成は、しかし、記者の言葉にじっと耳を傾け、ついに重い口を開いたのだった。

「僕が関西大学アイススケート部の監督を引き受けたのは、芝井敬司学長と“濱田先生”から粘り強く説得されたからです。指導者になることは僕にとって大きな夢でした。だからこそ、芸能活動を制限して指導に専念できる環境を作ってきました。それなのに、こんな形で母校のリンクを去ることになってしまった。本当に残念でなりません」

続けて、大騒動に発展した「監督辞任」の理由について質すと、声を絞り出すようにしてこう答えた。

「直接的な理由は“濱田先生”から受けた度重なるハラスメント行為、つまり嫌がらせです。そのせいで精神的に追い詰められ、3カ月間リンクに行くことすらできませんでした……」

本人の口から初めて明かされた真実。織田の目は薄(うっす)らと涙を湛えていた――。

騒動の舞台となった関大アイススケート部は日本有数の「名門」として知られる。荒川静香や浅田真央らを指導した佐藤信夫氏を筆頭に、高橋大輔、町田樹(たつき)、さらに平昌五輪で4位入賞した宮原知子(さとこ)といった、日本フィギュア界を代表する顔ぶれが輩出。バンクーバー五輪に日本代表として出場した織田もそのひとりだ。

そして、宮原をはじめ、昨年のGPファイナルで優勝を果たし、名実ともに「日本のエース」となった紀平梨花をジュニア時代から鍛え上げたのが、織田の発言に登場する、濱田美栄コーチ(60)なのである。

「関大の女帝」の異名をとる彼女と、「氷上のお殿様」との確執を詳しくお伝えする前に、まずは一連の騒動をおさらいしておこう。

多忙説を否定

そもそも、織田が歴史ある強豪スケート部の監督に就任したのは2017年4月のことだった。

13年に現役を退いた織田は、プロスケーターとして全国各地のアイスショーに出演し、テレビのレギュラー番組も抱えていたが、〈在学時代からつながりの深い芝井敬司学長からの「ぜひ頑張っていただきたい」という言葉に後押しされ〉(関大HPより)、一度は断った監督を引き受けている。

就任会見では〈ゆるーい監督を目指しながらも世界に羽ばたく部にしたい〉と“織田節”で抱負を語った。

だが、それから2年半後の今年9月9日、事態は意外な展開を見せる。関大が突如として「織田監督の退任」を発表したのである。

運動部記者によれば、

「あれだけ大々的に監督就任をアピールしていたのに、後任が“未定”のまま退任ですから奇妙に感じましたよ。しかも、一部の新聞で退任は織田の“多忙が理由”と報じられると、今度は織田自身がブログで反論。本当の理由は〈嫌がらせやモラハラ行為〉だったと暴露したわけです」

多忙を理由に監督を辞任したという指摘については、織田本人も改めて否定する。

「僕は行ける時には週6日ほどリンクに顔を出していました。まだアイスショーにも出ていますが、自分の練習が終わった後には夜遅くまで選手の指導をしていた。大学側に毎月提出する指導実績表を確認してもらえれば一目瞭然です」

その上で、不可解な辞任劇の真相は、先の濱田コーチからの嫌がらせにあったと明言するのだった。

「アンタは間違ってる!」

ブログへの書き込み以降、沈黙を貫いてきた織田。

その間、「週刊文春」(10月17日号)では、女子選手(A子さん)が、織田の指導チームから濱田氏の指導下に移ったことが辞任のきっかけと報じた。記事には、濱田氏がA子さんや織田らと話し合いを持ち、そこでA子さんの母親が〈「信成先生はいつもいない。これだけ見てもらえないのなら、A子は上手くならない」と訴えた〉とある。だが、当の織田は首を横に振る。

「全く事実ではありません。彼女が濱田チームに移りたいと言うので、僕自身が濱田先生に声をかけて話し合いました。彼女は“憧れの宮原選手のようになりたいので近くで練習させてほしい”と話していた。最後は笑顔で送り出しましたよ」

他方、関大関係者に取材を続けると、「織田さんへの嫌がらせは、彼が監督に就任した当初から始まっていた」との証言が得られた。

この点について織田は、

「確かに、僕が監督に就いた直後にこんなことが起きました。関大スケートリンクには選手たちの安全を図るために、“1人のコーチがリンクで同時に指導できるのは3人まで”というルールがあります。ところが、“濱田チーム”のサブコーチが5人以上の選手をリンクで8の字に滑らせていたのを目撃したのです」

現在の関大スケートリンクでは3チーム体制が敷かれ、ひとつは織田と、その母親でフィギュア選手でもあった憲子さんがコーチを務める織田チーム。その他に濱田氏のチームと、長野五輪代表だった本田武史氏のチームがあり、それぞれが別個に選手を指導している。

濱田チームの選手たちが高速で滑っていたこともあって、僕は正コーチである濱田先生に“危ないのでやめてもらえませんか”と伝えました。しかし、“アンタは間違ってる!”と激昂されてしまった。思いもよらない反応でしたよ。だって、このルールを作ったのは彼女自身なんです。なぜ怒鳴られたのか全く理解できませんでした」(同)

まもなく、関大関係者は「濱田コーチがあからさまに織田さんを無視する」姿を目にするようになった。

「ええ……、そうですね。スケート場で僕とすれ違いそうになると、濱田先生は直前で“回れ右”をしてしまう。僕とは口も利きたくない様子でした。濱田先生が僕の方を見ながら他のコーチとヒソヒソ話をすることも増えました。陰では“織田君は監督になってエラそうになった”“監督の権力でスケート部の伝統を変えようとしている”などと嘘を言いふらされて精神的に追い込まれたのです」(同)

新人監督には「女帝」の洗礼が徹(こた)えたようだ。フィギュア関係者が言う。

「学生を直接指導するのはコーチなので、自然とコーチの存在感は大きくなる。とりわけコーチ歴の長い濱田さんは“女帝”と呼ばれるほど、部内で影響力を誇るようになりました。もちろん、指導者としての実力は折り紙つきです。かつての女子フィギュアは浅田真央や安藤美姫ら東海勢の活躍が目立ちましたが、最近は兵庫出身の紀平、京都出身の宮原、本田真凛といった関西勢の成長が著しい。この3人を育て上げた立役者が濱田さんなのです」

厳しい濱田コーチの指導

だが、そんな名コーチには別の一面があった。教え子のひとりが振り返る。

「スケートへの思いが強い濱田コーチの指導は非常に厳しく、“怖い”と感じることもありました。うまくジャンプが跳べないと“コラ!”“何で跳べないんだ!”という怒鳴り声がリンク中に響く。成長期の女子選手が太って動きのキレが悪くなると“このデブ!”と一喝することもあった。フィギュアスケートは体重管理が大事なスポーツなのでコーチの気持ちも分からなくはありませんが……」

先の関大関係者も、

リンクのフェンスを蹴飛ばして教え子たちを威圧したり、ジャンプがうまく跳べない子の髪を掴んでリンクに叩きつけたこともある。こうした“指導”が原因となって、関大のリンクで練習するのを止めた子どももいるくらいです」

と打ち明けるのだ。

今年1月、そんな濱田氏と織田の間に、決定的な亀裂が走ることになる。

つづく、、、

※デイリー新潮より一部抜粋

https://www.dailyshincho.jp/article/2019/11040800/?all=1

☆合わせてお読み頂きたい織田信成モラハラ記事よ。

衝撃!嫌がらせやモラハラで織田信成が関西大学を辞任!

何故今このタイミングで週刊誌に事実を語ったのか!?

これそもそも事実なの!?

織田信成本人が証言したと言っているけれども。

教え子の話が事実だとすると、これ完全なパワハラよね!?

でも紀平梨花や宮原知子を見ているとハマコーがそんなコーチには見えないわよ。

そして織田信成はどうして今、このタイミングで週刊誌にモラハラ騒動を語ったの?

ブログで自分の言葉でモラハラを伝えたことはとても勇気のある行動だったと思うわ。

でもその後、沈黙が続き、この件もウヤモヤになるままで自然消滅していくのかしら?と思っていたけれども、

ここにきて週刊誌が織田信成本人の言葉を公表するのを、織田自身はどう捉えているの?

あまりにも驚いていて、まだこの件を受け入れられないのよ、、、

皆様どうお感じになられたかしら?

【11月発売予定の羽生結弦関連書籍の紹介よ】

【NEW】・11月18日発売、フィギュアスケートMemorial

・11月8日発売、フィギュアスケートマガジン

 

・11月8日発売、Sportiva 羽生結弦 日本フィギュアスケート2019-2020シーズン序盤号

最後までお読み頂き、いつもありがとうございます。

下のブログランキングバナー2つをぜひクリックお願いします、励みになります!




【いつも応援ありがとうございます!】

皆様のお陰です。

ぜひ清楚な人差し指で押していってくださいまし!

【ブログランキング第10位です】


フィギュアスケートランキング

瞳を閉じたOtonal美に酔いしれたままポチっと!

【ブログ村第4位です】

にほんブログ村 にほんブログ村へ

にほんブログ村

美しすぎるOrigin美のポーズにポチっと!

-フィギュアスケート, 織田信成

Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.