スポンサーリンク

スポンサーリンク

フィギュアスケート 羽生結弦

投稿日:

おだまり!自称心理カウンセラーが羽生結弦を語るんじゃないわよ!

皆様、こんばんは。

NHK杯まであと10日ほど。

羽生結弦に関するニュースで検索してくると出てきたのは、「あざとい」との中傷発言。

人の心を読む心理カウンセラーだかなんだか知らないけど、

まずはこういう事を書く神経を、自分の心理を正すことから始めなさいよ。




あざといのはこの心理カウンセラー!まずは自分の心理を正しなさいよ!

羽生結弦は“あざとい”? なぜか多い男性アンチの心理

10月26日、フィギュアスケートGP第2戦・カナダ大会男子ショートにおいて、109.60点という今季世界最高得点を叩き出した羽生結弦選手。2位に20点を超える大差で圧倒的勝利を飾った。

そんな輝かしい活躍の反面、最近では「ここまで和のプログラムを演じられるのは、今の日本男児で多分僕だけ」「期待される感覚が好き。それはプレッシャーじゃなくて快感なんです」といった、ビッグマウスともとれる発言がよく見られることから、「“世界最強の羽生結弦”と自己演出するようになった」とも、「王子様キャラを意識している」とも評されている。中には、羽生の振る舞いを「あざとい」としてよく思わない男性のアンチもいるようだ。

「あざとい」とは漢字で「小聡明い」と書く。“狡い・小利口な・抜け目がなく貪欲・思慮が浅い”といった意味があり、特に女性が意図的に女性らしさを強調して男性人気を得るといった、計算高い振る舞いに対してよく用いられる。

一方で、男性の場合は、“力強さ”や“漢気”などの男性らしさを意図的にアピールする場合は「あざとい」とは言われず、“良い子っぽさ”や“かわいらしさ”といった母性本能をくすぐるような振る舞いを「あざとい」とする傾向がある。

羽生と言えば、細面でしなやかなスタイルから、中性的に見られることも多い。女性は美しいものを好む傾向があるためか、中性的な男性は人気が高いことで知られている。その上で、羽生がしばしば見せるポカンとしたとぼけ顔のような表情や、“かわいらしい”仕草、ポーズなどが女性ウケを意識していると感じさせることがあるようだ。つまり、それが計算性を匂わせ、「あざとい」と言われる最大の要因になっている

また、「1番の敵は自分自身」「逆境は嫌いじゃない。それを乗り越えた先にある景色は絶対にいいはずだと信じている」といった、羽生の優等生的発言が「あざとい」と捉えられることもある。これらは、向上心の強い人が当たり前に持っている感覚であり、輝かしい成績を残している他のアスリートにもよく見受けられる発言だが、羽生に限ってこれらの発言が「あざとい」と捉えられるのは、前述のビッグマウス発言や、かわいらしい仕草に対する「あざとい」イメージが伏線となっている可能性がある。

それに加えて、「世界の頂点に向かい、蒼き彗星は一直線に突き進む」というキザな決め台詞や、ナルシシズムに溢れるリンク上での表情に対しても、「ナルシスト過ぎて見てるこっちが恥ずかしい」などといった、不自然さを訴える意見がある。

人によっては、羽生の実力や社会的評価および女性人気の高さなどに対する嫉妬心から、その一挙手一投足が計算された小ずるいものに見え、「あざとい」と感じてしまうこともあるかもしれない。

とかく人の注目を集める有名人や実力者は、その些細な言動や振る舞いが批評の対象となりやすいものだが、途方も無い努力によって培われた羽生の素晴らしいスケート技術と世界が認める才能については、何人にも否定のしようがない事実である。

文:心理カウンセラー 吉田明日香

※リアルライブより一部抜粋

https://npn.co.jp/article/detail/81379504/

まずそもそも、心理カウンセラーとは、

依頼者の抱える問題・悩みなどに対し、専門的な知識や技術を用いて行われる相談援助する立場の人間のことよね。

この自称カウンセラーは、文章を通して何を書きたいのかさっぱり伝わってこないわ!ただ羽生結弦があざといということを世間に植え付けたいだけ

心理カウンセラー名乗る前に、

まずはご自身の心理状況をどなたか専門のカウンセラーの方に見て頂いた方がいいんじゃない?

なんか胡散臭いわって思ったら、案の定、

「吉岡里帆ちゃん、逆に好き」 アンチが多い“女に嫌われる女”をわざわざ「好き」と言う女の心理は…

というタイトルで内容はほぼ同じ、著名人の名前を変えて同じような文を書いているのよね笑

これ、もうカウンセラーでもなんでもないじゃない!

ただ注目記事を書きたいだけでしょう。

公に文章を書く人間は「アンチ」という言葉をむやみに使うべきではないと思うわ。

文章を書く時点で、もうすでにその人の中での「好き」、「嫌い」な棲み分けが出来ているわけだから、

「嫌い」な人のことを書く段階で、もうそれはただの中傷になってしまうわけよ。

だって、嫌いなら別に無視すればいいだけでしょ!?

本人が口にしていない言葉さえも捏造して書く心理カウンセラーって何!?

「世界の頂点に向かい、蒼き彗星は一直線に突き進む」というキザな決め台詞。

はい、これは羽生結弦本人は全く口にしていない言葉よ。

真実はここ。

羽生結弦はスピルバーグを超える? 引退後のシナリオ

スピーチコンサルタントの永井千佳さんは羽生が紡ぐ“物語”に着目する。

「物語で人を動かすことができる。見る人を引き上げる、類いまれなる才能がある。これはリーダーとしても、非常に大事。人を揺さぶる語りという意味ではスティーブ・ジョブズ、芸術性やエンターテインメント性では映画監督のスティーブン・スピルバーグをも超えるものを感じる」

過去には「僕は羽生結弦以上でも以下でもない」と自分自身について語った羽生。その言葉を借りれば、世界の頂点に向かい、蒼き彗星は一直線に進んでいるところなのだろう。絶対王者の新しい物語はすでに始まっている。(本誌・上田耕司、松岡かすみ、太田サトル)

※AERAより一部抜粋

https://dot.asahi.com/wa/2018022800011.html?page=8

「僕は羽生結弦以上でも以下でもない」の言葉を借りて、

AERAのライターが書いた言葉なだけよ。

その選手のことを書くのなら、まずは真実に基づいたことだけを書かなければいけないし、

そもそも選手をリスペクトしていたら、この心理カウンセラーのような文章は書けないはず。

嫉妬って騒いでるけど、

ただあんたが妬んでいるだけにしか、あたしには感じられないわ。

こうした中傷や嘘を書くことで、あんたが言う「アンチ」を作り出していることを肝に銘じた方がいいわね!

あんた、おだまり!!!

共感して頂けたら、ぜひ下のブログランキングバナーのポチをお願いします。

【11月発売予定の羽生結弦関連書籍の紹介よ】

【NEW】

・11月11日発売、フィギュアスケート通信DX カナダ大会2019 最速特集号

【秋の夜長におすすめ炭酸入浴剤!羽生結弦ポストカード2枚付きバスクリン】

↓ご注文はこちらからよ↓

最後までお読み頂き、いつもありがとうございます。

下のブログランキングバナー2つをぜひクリックお願いします、励みになります!




【いつも応援ありがとうございます!】

皆様のお陰です。

ぜひ清楚な人差し指で押していってくださいまし!

【ブログランキング第9位です】


フィギュアスケートランキング

瞳を閉じたOtonal美に酔いしれたままポチっと!

【ブログ村第4位です】

にほんブログ村 にほんブログ村へ

にほんブログ村

美しすぎるOrigin美のポーズにポチっと!

-フィギュアスケート, 羽生結弦

Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.