スポンサーリンク

スポンサーリンク

アリョーナ・コストルナヤ フィギュアスケート 紀平梨花

投稿日:

異次元すぎよ!女子フリー結果は?史上最高のグランプリファイナル

皆様、おはようございます!

グランプリファイナル女子フリー、史上最高レベルの戦いが終わったわよ!

紀平梨花は予想通り、冒頭4回転サルコウにチャレンジしてきたし、

トゥルソワは4回転4種類5本を果敢に挑んでくる異次元の構成!

シェルバコワはなんと4回転フリップも!そして完成されたコストルナヤ美は?

早速見ていきましょう!




異次元!エテリガールズ3人娘が見せたフリー160点越え!

コストルナヤ美美美が見事に世界記録を更新し、優勝よ!

第1位 アリョーナ・コストルナヤ(ロシア)

【フリー動画】

【プロトコル】

滑走順ではトゥルソワ、シェルバコワに続いての登場となったコストルナヤ美。

二人がフリー160点越えの異次元の演技を見せた空気感の中でもまったく動じず、自身の完成された究極美で、あっという間に場を「美美美」で支配したメンタルの強さと底力を見たわ!

冒頭の3アクセル美、いつもに比べて少し着氷で乱れたように見えたにも関わらず、

しっかりセカンドを付け、加点に持っていく強さ。

そして2回目の3アクセル美美美はすぐに修正し、満点に近い出来を見せたわ!

演技全体に隙がなく、要素ひとつひとつが明確でジャッジが加点を付けたくなるような美しさ!

演技構成点では一人、群を抜いた高得点!これぞ、コストルナヤ美美美!

第2位 アンナ・シェルバコワ(ロシア)

【フリー動画】

【プロトコル】

フリーの得点においては1位!となったバコ美ことシェルバコワ!

あたしの予想を遥か上を行く結果となったわ~。

冒頭の4ルッツ-3トーループのコンビネーションだけで「19.15」点も!

そして次になんと4フリップに果敢に挑んできたわね!

惜しくも転倒してしまったけれども、このファイナルでも構成を上げてくるなんて、なんてポテンシャルなの!?

そしていつもの通り、「バコ美イリュージョン」からは怒涛の流れ!

3ルッツ-3ループのループ回転どうかな?って微妙に見えたけど、ちゃんと認定されていたわね。

いや~、もう強い!繊細で華奢に見えて、どんなメンタルしてるのよ!

中身は野郎だわ、バコ美!笑

第3位 アレクサンドラ・トゥルソワ(ロシア)

【フリー動画】

【プロトコル】

果敢に攻めてきたわね。

4回転4種類5本構成よ!男子でもここまでの構成なかなかいないわ、、、ていうか、もう男子行って頂戴!笑

4サルコウが抜けてしまい、4トーループで転倒があり、

演技全体としてはまとめるのが大変だったにもかかわらず、フリー161.73点笑

これノーミスなら170点は余裕で超えて来る構成よね。

ショートでは3アクセルもチャレンジしているし、

これはもう近いうちに、4回転全種類&3アクセル構成が見れる日がくるかもしれないわね!

そんな日が来たときには、あたしたち火星に飛ぶしかないわね笑

エテリガールズ3人娘達、一体どんなメンタルなの!?

今季の女子フィギュアのハードルを一気に押し上げて、これからどこに向かうのかしら?

☆合わせてお読み頂きたい女子ショートの記事よ☆

史上最高ハイレベル!女子ショートの結果は?グランプリファイナル

紀平梨花が果敢にチャレンジしてきた4回転サルコウ!

第4位 紀平梨花(日本)

【フリー動画】

【プロトコル】

紀平梨花は予想通り、冒頭、4サルコウに挑んできたわね!

転倒はあったけれど、しっかり回っての転倒という評価だから、入れてきた価値はあったわよ。

実戦では初で、その後の3アクセル2本も組み込んで(ひとつは回転不足になってしまったけれど、)

ここにルッツが戻ってきた時の演技の完成形が薄っすらと見えたような内容だったわ。

あたしが気になったのは、後半の3F-3Tの加点が少なかったことかしらね。

その後はやはり難度を上げたコンビネーション、2A-1Eu-3Sに変えてきたわね。

本当は欲を言えば、ここで3A入れたの見たいわ笑

今回ミスはあったものの、エテリガールズ3人娘とこれからどうやって戦っていけばいいのか、彼女自身がしっかり把握できたと思うし、収穫の多い試合だったんじゃないかしら?

世界選手権で巻き返しを期待したいわよ。

第5位 ブレイディ・テネル(アメリカ)

【フリー動画】

【プロトコル】

一番好きなプロだわ!「ニューシネマパラダイス」

テネルが優雅に見せてくれたわよね。

彼女、女優気質よね笑

後半のジャンプの回転不足が今後の課題よね。そしてコンビネーションジャンプのバリエーションを増やしていくのもね。

第6位 アリーナ・ザギトワ(ロシア)

【フリー動画】

【プロトコル】

う~ん、得点が全く伸びなかったのは回転不足4本、そしてダウングレード判定が1本もあったからなのね。

同じ門下生達が素晴らしい演技を見せてきた中での最終滑走。

大きなプレッシャーもあったでしょう。いつものザギトワらしい元気さがあまり見られなかったわ。

NHK杯では素晴らしいフリーを見せてくれただけに、

今日はジャンプに勢いがなかったのよね。

女王クレオパトラらしい威厳で蹴散らしてほしかったわ~!

ロシア国内選手権で世界フィギュアに出場するには、表彰台に上がった3人の上に行かなくてはいけない厳しい現実。エロスとの対決もあるしね。

でもまだまだザギトワには頑張ってもらいたいわよ!

シニアとしての風格や貫禄も身にまとってきたんですもの。

グランプリファイナル女子!

決して4回転がなくとも、世界のトップに立てることを改めて証明してくれたコストルナヤ美美美!世界記録も更新よ!

フィギュアスケートの美しさと表現力が頂点であることに少しホッとしているわ笑

でも3アクセルは計3本必要よ~。

いや~、史上最高のまさに異次元の戦いだったわ!!!

羽生結弦のバースデーバナーを作成しましたので、ぜひポチっとお願いします。

皆様のお陰でブログランキング素晴らしい順位にいることができています。

共感して頂けることがあったり、応援してくださるお気持ちを

ぜひ下の2つのバナーをポチっと頂けると励みになります!




 

【いつも応援ありがとうございます!】

皆様のお陰です。

ぜひ清楚な人差し指で押していってくださいまし!

【ブログランキング第8位です】

フィギュアスケートランキング

25歳のお誕生日おめでとう!

【ブログ村第1位です】

にほんブログ村 にほんブログ村へ

にほんブログ村

様々な想いを儚い桜の花びらに乗せて、天に舞う、、、

-アリョーナ・コストルナヤ, フィギュアスケート, 紀平梨花


 

愛のオネエサロン

  1. ねえりま 2019年12月8日 8:24 AM

    オネエ様
    いつもながら、早くて素敵なレポートありがとうございます!
    コストルナヤ美。今回はジャンプもパーフェクトに揃えて圧巻でしたね!
    どうやったらここまで美しく滑れるの?
    心が洗われる、、、
    4回転ガールズより、彼女が美の星から来たエイリアンに見えちゃいました。エテリコーチって、実は誰よりも選手の個性を意識してる人なのかなって感じます。

    そんな中、やっぱり我らが紀平マヤ梨花ちゃんには食いついていってほしい!
    オネエ様のおっしゃる通り 、今回の経験は絶対にいきますよね!4Sもいいけど、私はコストルナヤあゆ美に触発されて、もっともっとGOEが伸びてくれると嬉しいなぁ…

  2. MAOファン 2019年12月8日 10:09 AM

    お疲れ様です おネエ様
    シェルバコワは絶好調、トゥルソワはピークが合わなかった。コストルナヤは超安定。美しいスケーティングには、よほどの事が無いとスランプは来ないんですね。トゥルソワは少し背が伸びたかしら?シェルバコワはLzのアテンションとエラーが鍵なんですね…ザギトワはなかなかSPとFSがそろわないですね、ロシアナショナル、頑張ってワールドに出てほしいのですが…
    梨花ちゃんナイスファイトです。4Sにトライできる状態までは
    足の怪我回復しているのかしら…四大陸はお休みさせてあげてって思う。世界を見てもエテリガールズに勝負を挑めそうな唯一の女子選手だと思う。まだシーズン中ですが、梨花ちゃんのプログラム、SPかFSどちらかはもう少し解りやすいプログラムも有りかな…

  3. きこ 2019年12月8日 10:37 AM

    おねえさま、

    お疲れ様です!
    男子も女子も怒涛なファイナルでしたね!

    紀平さん、悪くはなかったと思いますし、4S入れたことで、3Sをシーケンスで入れてきましたね。こちらのが点が稼げるんでね?立派に闘ってくれたと思います!

    コストルナヤ、美しかったです、、
    彼女は身体の力を真っ直ぐにスケート靴に伝える力があるというか、、腰?背中?コアの筋力が整ってるというか。美しさだけでなくパワーも感じます。

    バコ美嬢は今回はルッツのエッジは取られてませんね?凄いスピードでしたねー
    トルソワもなんかもう凄い。こけても「え?何か?」って立ち上がる感じ笑
    ザギちゃん、素敵プロに素敵衣装素敵メイク。心が落ち着かなかったかな?

    で、私も今回のフリーの中で1番好きなのは、テネルのプロです!不可思議振付のショートもかなり好き。彼女いつもどうやってこんな素敵プロを手に入れるんだろう笑 以前、3ルッツ3ループやってましたよね。トーループでも回転不足取られるからやらないのかなー

    とにかく、女子も男子も楽しませてくれました。
    スケーターの皆様、スタッフの皆様、そしておねえさま、ありがとう!!お疲れ様でした!

  4. イチゴ 2019年12月8日 11:02 AM

    こんにちは。
    わたしは今回、シェルちゃんとキラー(トゥルソワw)の習得したばかりの新技に果敢に挑戦し、ミスを引きずらずに演技して高得点を叩き出すのは流石だなと思ったし、チャレンジ精神は素晴らしいな、と思いました。もちろん、点数は伸びなかったけど梨花ちゃんの挑戦と、耐えて全体をまとめたのも、頑張ったと思います!

    それにしても、不意打ちで実戦投入してきた4F、2人とも綺麗に決まってますよね!今回は、3Aが安定した武器になっているコストルナヤが素晴らしい優勝。でも、Finalでいきなり新技をぶっ込んできても崩れなかった2人を称えたいです!これから、ナショナル、ユーロ、そしてワールド。どんなふうに仕上がっていくか楽しみ♪

    シェルちゃんは、SPで完璧な演技をしたらここまで出してもらえる‼︎ということがわかりました、素晴らしかった!PCSも、徐々に上がってきていい感じ。それから、新技を投入してミスをしてしまったにもかかわらず、初めてスピンステップオールLv4で、加点もしっかりついてきたのは凄いです☆今日のシェルちゃんの演技は、エキサイティングでスリリングで、でもいつものように伸びやかに演技していて、これが進化したら最強です!

    トゥルソワは、もうほんとに、3Aも加えてネイサンバリの鬼構成になる日もそう遠くはないような…(。-∀-)笑 4F、4Lzはキラーのクワドの中でもかなり綺麗に決まって加点も高い!後半の3連はもう普通に跳んでるし、その後転倒したものの、普通なら体力的にキツいはずの最後に3Lz3Tがきっちり跳べる強さ。…ほんと、体力もやばいわw
    最近、芸術性云々に文句を言うよりも、彼女のエキサイティングな挑戦に好感を持てるんです。それは、彼女自身がインタビューなどで、「限界を作らずに自ら新境地へと進んでいくんだ」と言っている、貪欲な姿勢がすごいな、と思ったからかもしれません。自分から強く、やりたいと思っているんだな、自分の強みに自信を持っているんだな、と。ま、違うスポーツをやっていることは間違いないのですが…(^^;

    とにかく異次元で3人とも素晴らしかった!梨花ちゃんも、いろんな収穫があったと思うのでこの経験を糧にして!テネルも優雅で素敵だった、ザギトワファイト‼︎
    夜のTV放送&EX楽しみです〜♪

  5. ととろん 2019年12月8日 12:35 PM

    親愛なるオネエ様
    恐ロシア。どなたが言い出したか知りませんが、本大会はまさにそうだと思いました。
    もう師走を迎えていますが、平昌オリンピックは去年の2018年。その女王が2019年のファイナルで最下位とは驚きです。
    ザギトワ選手のキスクラの際、チラっと映った3人娘のなんと気味の悪いこと!
    この3人だってちゃんと演技はしているし、頑張ってはいるけれど、
    まだ周囲に気を配れない態度がどうもね…(2人組ユニットのタトゥーを彷彿)。
    最後は私の妄想ですが、数十年後、NHK「映像の世紀」でスポーツ特集が組まれ、
    ♪パリは燃えているか♪が流れる中、「ロシアの野望に翻弄される…」のナレーターとともに映し出されるザギトワ選手と3人娘の映像が頭に浮かんでしまいました。

  6. peony 2019年12月8日 7:47 PM

    ロシア娘たちの気迫とメンタルの強さが感じられた試合でした。
    日本女子にも見習ってほしい部分です。
    練習環境の違いはあれど、どなたも不安そうなピリピリした感じでリンクに出ていくのはよろしくない。(少なくとも私にはそう見えることが多い、今回の紀平さんのことを指しているのではないです)
    梨花ちゃんの4S、バコ美の4F、宇宙人の3A、皆失敗しましたが、それぞれこのファイナルの舞台を踏み台にしましたね。目指すは世界選手権なんですよね。
    私はロシア3人娘のなかではコストルナヤ美美美が一押しなので、今回の結果には満足です。
    昨シーズンからの推しなので、あの完成度にウットリ、4回転なしで勝てる美しいスケーティング、美アクセル、きっと陰で4回転にも挑戦してるはず。でも彼女は試合で一か八かのチャレンジの方法はとらない。
    ザギトワ選手、メンタルやられてなければいいんですけど…
    試合後のインタもなしだったようで、心配ですよね。
    単純に見ていれば、美しい女性になって、スタイルだって一般的に考えれば素晴らしいと思うのだけど、スケーターとしてはちょっと大きくなりすぎちゃった感がします。
    ショートは二位でしたが、私は、ショートからなんだか重たいな~と思いました。
    そして、以前からの前傾姿勢がより顕著になって、気になりました。
    梨花ちゃんは、Lzが帰ってくれば世界選手権十分に戦えますよ、頑張って!

  7. あい 2019年12月8日 8:30 PM

    こんばんは。梨花ちゃん、4Sにトライしてトリプルアクセル他のジャンプも成功させて、良く頑張ってくれたと思います。実戦投入して行けば成功率も上がると思います。私は審査員がpcsを余り評価してくれないのであれば、高難度のジャンプを入れながら、他もブラシュアップして行くしかないと思います。エテリー軍団はクワッドアクセル、5回転までは入れないと想定して、サルコウが成功したら、次はクワッドルッツから練習してくれたらと思います。羽生君がアクセル以外は回転力だと言っていたので、他の4回転もついてくるような気がします。宇宙人、バコ美に技術点で離れず、後は総合力で逆転出来ればいいと思います。とりあえず、全日本が終わったら足が治るように休んでもらいたいですね。でも、コス姫が異次元のスコア貰ってるのに、真央ちゃんの時に何でもっと評価してくれなかったの?と思ってしまうのは私だけでしょうか?男子もGOE、PCSの差を付けすぎて、他の選手がやる気が失せないか心配です。羽生君もよく戦いました。余談ですが、キスクラの時にエイモズは中身が乙女だと旦那に言ったら、大笑いしてました。

  8. しろみ 2019年12月8日 11:24 PM

    こんばんは。
    本当に女子は異次元の世界に突入しましたね。思い出せば10年前のファイナル、
    女子の最高難度は3-3で、それが飛べるのは金妍児だけで(なぜか他選手は認定されなかった)それにただ一人立ち向かうのが、真央ちゃん。武器は当時女子では彼女だけが飛べた3A。それがわずか10年で3Aがトップクラスの必須要素になろうとはだれが予想したでしょうか?
    今回普通に見えたテネル(あくまで技術点の話で、プロ自体は素敵です。)も、ひょっとしたら3A実装してくるかも?と思いました。さらに来季は3Aやクワド実装してきたジュニア女子達が参戦してくると、もはや宇宙戦争状態になるかも?

  9. ジゼル 2019年12月9日 1:39 AM

    テネルよかったですねえ。ニューシネマは大大好きな映画なのであの旋律だけでもう泣けます。もうノーミスでも表彰台には届かないけど立派に自分の戦い方をしたテネルに拍手です。
    ロシア三人娘・・シーズン前恐れていた事が現実になるばかりで、しばらく三人娘が表彰台の中で順位を取っ替えひっかえでしょうか。去年はもう過去の様・・
    三人居なければ紀平1位ですが(>_<)もう現実を見ていかねばならぬですかね。
    紀平は頑張りましたよ。メンタルもやり方もよし。でも何ていうか紀平は人間で
    日本人、三人娘は養成サイボーグロシア人て感じ。昔のナディアコマネチみたいに試合前から10点満点当たり前、本人もそう思って当然そう育ってきたし、みたいな。
    世界で戦うより国内はたまたサンボ内がより厳しいってもう、訳わからないです(^-^;

  10. tetsu 2019年12月9日 2:28 AM

    昨日の夜から感情がジェットコースターのようにぐるぐる回ってて、
    改めて凄い大会だったなぁと。
    TVのエキシビ観ながら思っていました。

    大会通してまず感じたのは
    SP、FS通して、如何にミスせず、構成難易度を上げ、且つGOEを獲得出来るか?
    っていう、今迄も言われていたフィギュアスケートの究極形だったということです。
    やっぱりスポーツですよね。フィギュアスケートは。アスリートっていいなって思いました。それくらいたくさん感動を貰えました。
    悔しさは今後の糧に、喜びは自信に変えて、日本の4人には胸を張って帰ってきて欲しいと思います。またすぐに全日本ですから、きっと十分には休めないと思いますけど、また全日本で輝く姿を見せて欲しいです。

    とりあえず女子のシニアについてはとんでもない世界になってました。
    3人ともFSで160点超え。少なくともtotal240が今期優勝のボーダーになっていました。
    コストルナヤ選手はSP、FSで計3本の3A含む全ての要素を揃えて、且つ大きなGOEとPCSで優勝。「逃げ切り」と言うにはあまりにFSの点差がありませんが、この構成でほぼ上限ギリギリまで点数を獲得しているのは事実だと思います。中でも最も大きいのがGOE。本人も言っていましたが、得意の3F3Tと3Fからの3連を軸に、跳んだジャンプ、スピン、ステップ全てで高い加点、その実約20点近くを取っていました。
    トゥルソワ選手の構成はSPの点差を埋める為でもあったと思いますが、多分、それだけじゃなくて…本当に全部降りたかったんでしょうね。勝つことより、そっちに挑む事の方が、彼女にとっては大事だったのかな?多分「今期安定していない4Sを入れるより、4Fと交換で良かったのでは?」って誰もが思いましたよね?アグレッシブな彼女の中には、その選択肢はなかったのかもしれませんね。
    シェルバコワ選手はファイナルでギアを一段階上げました。中国杯より明らかにパフォーマンスが上がってましたし、何よりSPで点が伸びたのが大きかったです。4Lzや3Lz3Loもそうなんですが、大会毎に今後「!」とURが彼女の得点に大きな影響を与えることになりそうですね。とられないように跳ぶのが一番なんですけど、難易度の高いジャンプですからね。そんな簡単に上手くいったら苦労しないですから。。
    紀平選手はナイストライ。
    4Sに挑んでも、その後のジャンプが乱れなかったことが何よりでした。思ったほど点数は伸びなかったのですが、一本目の3AのURと全体的にGOEが少な目なのが痛かったです…。ただ、この構成で跳び馴れれば、4S転倒でも150点台に乗せられるようになると思いますし、3Lzが戻ればより確実に点を伸ばせると思います。後半3A1Eu3Sも視野に入れてるんだとは思いますけど、焦らずしっかり治して欲しいですね。元々3Fより3Lzの方がGOEを得られる選手ですから、やっぱり去年の3A、3Lz2本ずつの構成には戻したいし、今期のコストルナヤ選手の構成の方が3F2本とはいえ後半コンボと3連の分、点数も上ですからね。

    別にコストルナヤ選手は特別Lzが苦手ってワケでは無いんですけど…、基礎点の高い3Lzより3Fを2本にしてるのは稀にとられる「!」や「e」の対策だと思いますし、とりあえず今期は今後もこの構成は変えないんじゃないかと…。わざわざ世界最高出してる構成弄る必要ありませんしね。ただ4Sは本人の言葉にもあったから練習はしてきそうかな…。
    テネル選手はSPもFSも素晴らしいかったです。点数的にはURが痛かったですけど、多回転、セカンドLoなしで220点台はなかなかなんです!麻痺してますけどね!!苦笑

    最後に、ザキトワ選手のFSは、観ていて辛かったです。本人が一番辛いのは勿論わかってるんですけど、まさかこんなに崩れるなんて…。本当は表彰台、狙えたはずなんです。トップは無理でも、3位は狙えた。total233は彼女にとって、決して出せない点数じゃなかった。SP2位で79点台。フリーで154点は彼女にとって、ギリギリだけど出せない点数なんかじゃなかった。。
    最初から最後まで、彼女らしさが見えなくなってて、メンタルの問題なのは明らかでした。誰だって、勝ちたい。
    この後に控える今期のロシアナショナルはワールドの枠にも係わる、熾烈な戦いになります。モチベーションの持っていき方が難しいのかもしれないけれど、
    どうか彼女のメンタルが、このまま崩れてしまいませんように…。
    長文、長々と失礼しました。
    オネェさまもご自愛ください。

    • tetsu 2019年12月9日 2:36 AM

      あ、間違えた。汗
      ↑210点台です。苦笑

    • オネエ 2019年12月9日 9:54 AM

      >testu様

      女子の総評ありがとうございます!
      いつもとて~も参考にさせて頂いております笑
      昨夜ですね、友人たちとリアル「語り亭」を二丁目のバーで
      女子フィギュアフリー全員の選手を見返しながら、振り返ってきました笑
      今季のハイライトはロシアナショナルだ!と意見が一致しましたので、
      ぜひ注目していきたいですね。
      ザギトワのフリーに関しては皆が驚いていました。

  11. 通りすがり 2019年12月9日 2:12 PM

    まさに異次元!
    だけど、なんだか考えさせられてしまいました。
    コストルナヤは別として、トゥルソワとシェルバコワは禁断の領域に足を踏み入れてしまった!という感じ…
    ただやっぱり男子と比べると高さがない(当たり前ですけど)&フルブレード、準備動作や踏み込みが大きい「どっこいしょジャンプ」なんですよね。
    これがもし伊藤みどりさんの質のジャンプなら文句は言いません!
    個人的にルッツとフリップのフルブレードにも!やF(勝手に命名)をつけて欲しいかなって思いました。
    それからこれは男子にも言える事なんですが、4回転ジャンプに対する加点がちょっと大きい様に感じます。
    と批判的な事を書きましたが、なんだろう…そうだ!子供を心配する「親心」みたいな感じです!(笑)
    対照的にザギトワは元気がなかったですね?
    身長が伸びてスタイルも女性的になって、人が羨む容姿なのにそれがジャンプに影響を与えてしまってるという…
    彼女まだ17歳なのに既にベテラン感が出ていて、なんだか時の流れを感じてしまいます。
    コストルナヤは相変わらずの美!
    紀平選手は4Sナイストライ!
    テネル選手はますます洗練され美しくなっていて…
    彼女は自分の個性や良さをよく分かっていますよね?
    これがソチオリンピックの頃なら銅メダル争いをしてもおかしくないジャンプ構成、滑りだったと思います。
    これからの女子の闘い、ますます目が離せません!

  12. 燦太 2019年12月9日 4:02 PM

    いやぁ!凄い戦いでしたね~!
    その中でもコストルナヤだけが焦らず騒がず冷静に滑りきった印象です。
    紀平梨花はフリーで巻き返しました! 4回転無しでも台乗りの可能性を見せてくれたような滑りだと思います。
    これでルッツと4回転入れば…! 期待せずにはいれません!
    心配なのはザキトワですね~…、世界選手権の3枠はコス、シェル、トゥル…、大丈夫かザキトワ!メドベージェワは!?
    エロスは!?

    ところで、ニューシネマパラダイスのキスシーンフィルムパラパラの場面は、なんで泣けちゃうんですかね?
    自分はタオル準備して鑑賞してます。

  13. めいと 2019年12月9日 4:35 PM

    遅ればせながら、やっとシニア女子を見終わりました…異次元の戦いですね。
    宇宙人のみなさん凄すぎて、アワアワしている間に終わってしまった…。もう何回転してるのかよくわからなくなってきました。
    おザギちゃんは転倒で怪我していたのですね。痛かったでしょうに、よく滑り切りました。最下位なんかじゃないわ、勝ち抜いてきた6人の中で6位だっただけよ!落ち込まないで〜!
    人類代表テネルも素晴らしかった!涙出たわ。米国の大黒柱っていうかもはや人類女子の大黒柱!
    それにしても人間ってどこまで進化するのかしらね…。こんな大会が見れるなんて夢にも思わなかったわ。

あなたの愛をアタシにいただけないかしら?
※管理人で不適切と判断したコメントは一切公開されることはありません

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


スポンサーリンク

Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.