スポンサーリンク

スポンサーリンク

フィギュアスケート 羽生結弦

投稿日:

スケ連問題の数々!ツイートやコーチ帯同に選手ファーストは?

皆様、こんばんは。

日本スケート連盟会長の長島昭久氏のツイートが問題になっている件。

何故、日本スケート連盟のトップに立つ方が、他の選手とむやみに比較したり、

不適切な画像が含まれるツイートを引用をして、公に発信するのかしら?

そしてグランプリファイナルのコーチ帯同はスケ連が勝手に変更していたという事実!




選手を讃えるのに他の選手を引き合いに出す必要はあるのか?

どうして紀平梨花の挽回を讃えるのに、ザギトワを引き合いに出したのかしら?

紀平を讃えるだけではダメなの?

誰と比較して、誰より優れているっていう発言はスケート連盟会長として、あたしはおかしいと思うわ。

それにファイナルきちんと見ていないでしょう。

テネルがきっとご立腹よ!

以前にもプーシャワーについての返答のツイートも、

単に言葉選びを間違えているのか、それとも別に考えがあるのか、

よくわからない内容だったわよね。

誰もが見る公の場で、受け取る側によって、様々な憶測を呼ぶようなツイートは避けるべきよ。

フィギュアスケート関係のツイートはこれに懲りて、しないかと思っていたのによ、、、

本当に労うのであればシンプルに言葉だけで!

ねえ、これは天然なのかしら?それとも何か意図があるの??

引用した写真をわざわざ「不適切な画像が含まれるアカウント」から用いたのは何故?

スケート連盟会長という立場のある人間がこのようなことをしたら、どうなるかってわかるでしょう。しかも前回の発言でも混乱をきたし、ツイートを削除し、謝罪しているわけだから。

引用などせずに、シンプルに労いの言葉だけではダメなの?

あたしはこの方、「スケート連盟会長」としての自覚があまりにもないんだと思う。

「連盟会長」としての言葉、意味をはき違えてない?

全選手を一番に守り、ウィンタースポーツを公正なスポーツとして世に広めていくのがお役目でしょう!

現地観戦することが連盟会長の役目と思ってるんじゃないの、、、、

【ここでブレイク!羽生結弦関連の書籍情報】

表紙が来たわよ!12月19日発売の表紙・巻頭特集が羽生結弦のKISS&CRY!

「TVガイド特別編集 KISS & CRY 氷上の美しき勇者たち NHK杯2019総力特集号~Road to GOLD!!! 」

内容紹介


 

羽生選手が3年ぶりに優勝を果たした NHK杯2019を大特集!

羽生結弦選手が出場し、圧巻の演技で優勝を果たしたNHK杯2019。
大会前日に語った大会への意気込みや、優勝後の心境などのインタビューのほか、
練習風景、SP、FS、表彰台まで、迫力抜群の美麗フォト、大ボリュームでお届けします!

そのほか、グランプリシリーズ初戦の「カナダ大会2019」での完璧な雄姿、
笑顔もあますところなくプレーバック!

さらに、ブライアン・オーサーコーチ、ハビエル・フェルナンデスさんの
貴重な独占インタビューも掲載予定!
また、NHK杯2019での悔しさを糧に、
全日本選手権2019に挑む山本草太選手の最新・独占インタビューも必見です!

このシーズンを現地で・TVで楽しむためのフィギュアスケートファン必携の1冊です!

●表紙/羽生結弦選手
●巻頭総力特集/羽生結弦選手in 「NHK杯2019」フォトリポート&徹底ドキュメント
●「グランプリシリーズ第2戦カナダ大会2019」勝利の道。
笑顔と渾身の羽生結弦選手密着ドキュメント
●羽生結弦選手のスケートを解き明かす――ブライアン・オーサーコーチ独占インタビュー
●「オータムクラシック」、「ジャパンオープン2019」
…これからの夢――ハビエル・フェルナンデス独占インタビュー
●NHK杯2019の経験を経て、さらなる進化を目指す!山本草太選手、島田高志郎選手
●TVオンエアスケジュール~地上波・BS・CS各局関連番組
●煌く、羽生結弦選手☆Wワイドポスターグラビア!
…and more!!!

↓ご注文はこちらよ↓

12月27日発売のグランプリファイナルの激闘を!

「フィギュアスケートMemorial グランプリシリーズ2019 in グランプリファイナル」

↓ご注文はこちらよ↓

ファイナルへの帯同コーチは日本スケ連が勝手に決めていた!

アメリカのNBCスポーツが、

何故ブライアン・オーサー氏がグランプリファイナルに帯同できなかったか?を記事にしているわよ。

記事によると、

Each skater at the Grand Prix Final was allowed to have just one accredited coach on hand unless the coach, like Russia’s Eteri Tutberidze, had more than one skater in the event.

エテリのように複数の選手を持つ場合でない限り、

一人の選手に対して、コーチは一人が原則である。

According to Orser, the Japanese Federation submitted Briand’s name for accreditation sometime after Hanyu won the NHK Trophy in Sapporo Nov. 23. (The deadline was Nov. 28.) Orser said he did not learn that until several days after NHK and did not know why that choice was made.

11月23日にNHK杯で羽生結弦が優勝した後に、

日本スケート連盟が「ブリアンコーチ」の名前でファイナルの帯同コーチを申請した。その事実をオーサーはNHK杯後、数日間知らされなく、また何故連盟がブリアンを選んだのか、その事実さえも知らなかったと。

※NBC SPORTSより一部抜粋

https://olympics.nbcsports.com/2019/12/11/yuzuru-hanyu-brian-orser/

ISUの大会において、コーチの帯同の変更は、選手コーチからではなく、

あくまで各国のスケート連盟からの申請の場合にのみ受け付けるそうよ。

それにしてもなぜ、グランプリファイナルという大きな舞台で、選手コーチになんの相談もなしに、スケ連はオーサーを帯同から外していたのか?

羽生結弦がインタビューで、

オーサーは試合で忙しく、ブリアンはトラブルでと言っていた言葉の配慮が今、胸に響くわ。

彼はすべてを知っていたんじゃないかしら?

あたし、試合で忙しいって理由が腑に落ちなかったのよ。だって、ファイナルよ!

それにブリアンがパスポートを盗まれたって、これは本当に偶然のアクシデントなのかしら?

何故、スケ連は勝手にコーチの帯同を変更したのか?

それについてスケ連からの回答はまだないそうよ。

スケ連は一体何をしているの?

選手ファーストとは到底思えないような数々の言動に、

フィギュア界の未来への雲行きがどんどん曇っていくばかりだわ。

ロシアはいろいろあるけれども、選手達の採点がおかしいと思ったら、しっかりISUに抗議しているんだもの。

選手を守らないで、どうするのよ!

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

皆様のお陰でブログランキング素晴らしい順位にいることができています。

共感して頂けることがあったり、応援してくださるお気持ちを

ぜひ下の2つのバナーをポチっと頂けると励みになります!




 

【いつも応援ありがとうございます!】

皆様のお陰です。

ぜひ清楚な人差し指で押していってくださいまし!

【ブログランキング第8位です】

フィギュアスケートランキング

25歳のお誕生日おめでとう!

【ブログ村第2位です】

にほんブログ村 にほんブログ村へ

にほんブログ村

様々な想いを儚い桜の花びらに乗せて、天に届ける!

-フィギュアスケート, 羽生結弦

Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.