スポンサーリンク

スポンサーリンク

アリョーナ・コストルナヤ エリザベータ・トゥクタミシュワ フィギュアスケート

更新日:

強すぎる!ロシア女子軍団と共にシーズン前半戦を振り返る!

皆様、こんばんは!

お正月も終わり、皆様も少しづつ日常に戻りつつあるのではないかしら?

シーズン後半を前にして、少し立ち止まってシーズン前半戦を一緒に振り返って、今後どうなっていくのかを考えてみましょう!

まずはロシア女子編から!

今季の躍進はなんといってもエテリガールズ達よね~。




今季前半戦を振り返る!エテリガールズ達の躍進が際立ったグランプリ!

今季前半戦、女子はなんといってもジュニアから上がってきたエテリガールズ三人娘が、

グランプリシリーズを席巻したわね。

圧倒的な美美美オーラと完成度の高い演技で、3Aも組み込んできたコストルナヤ。

彼女の魅力はなんと言っても、

技ひとつひとつの要素が明確でバランスが良く、それを優雅に魅せる術をもうすでに身につけていることよね。

グランプリシリーズを通して、演技構成点はシニア1年目とは思えない高い評価を受けているわよね。

今後は9点台をコンスタントに出し続けていきそうよ。

北京五輪の金メダル最有力候補であることとあたしは考えているわよ。

あたしがシーズン始まる前に、シニアへ上がってくるエテリガールズの中で、

一番未知数だったのがシェルバコワ。

正直言って、クワド数種類のジャンピングマイスター宇宙人と、演技の完成度を高めた姫川亜弓美の間で、

彼女はどう自分の立ち位置を確立していくのか、わからず、でもそれが逆にワクワクに繋がっていたのよね。

でも、あんた蓋を開けて見れば、その両方の美味しいところを自分のものにしつつ、大会を重ねている毎に、

今季一番成長したのはバコ美(シェルバコワね)だと思うのよ!

ジュニアの頃は幼さもまだありつつ、清楚で可憐な小公女バコ美!って感じだったのに、

今ではその良さは残しつつも、どんどん美しい大人の女性に成長していっているのよね。

スケーターって数分の演技の中で、あまりにも多くのことを表現し、

普通に生活しているあたしたちよりも濃度の高い成長を遂げているようにしか見えないわ笑

すごいもう体張った体当たり感が強い宇宙人!笑

でんぐり返しリンクで見たの初めてのような気がするわ。

ソリに乗って滑るんじゃなくて、自身のヒップ(ケツ)でリンクを颯爽と滑るオンナ見たことないわよ!笑

トルソワ、今季4回転4種類5本、そしてショートでは3Aと、もう男子も超えて大気圏突入したわね。

ジャンプばかりで!っていう声もあるけれど、あたしは彼女大好きなのよね~。

もうここまで来たら、クワド全制覇もあり、

EXで宙刷りでも円盤に乗って、宇宙へ行くのもなんでもありありの有賀さつきよ~。

いつまで跳べるかわからない!なんて声よりも、今を自分の限界を超えようとしている、彼女のひたむきな姿を応援する声で、あたしはあり続けたいのよね。

演歌界にも限界突破したお方が!そうよ、きーちゃん!もう大好きだわ~!

いちいち仕草が乙女で可愛すぎるのよ。マイク忘れてあたふたよ~!

いろんな意味でおったまげ!だわ笑

NEW! 1月11日発売!

「フィギュアスケート通信DX 全日本選手権2019 最速特集号」

表紙

裏表紙

【内容紹介】

・全日本選手権特集

・メダリストオンアイス

ベテラン勢は「自分らしさ」を確立して唯一無二のスケーターになってほしい!

もう自分らしさ確立どころか、誰も真似できない突き抜けた感があるエロス!笑

今のロシアの低年齢化の中でひとり逆走爆走まっしぐらがカッコよすぎるわよね。

3Aでは物足りず、4Tにチャレンジしてくるそのアグレッシブで挑戦を止めない彼女の姿は男前よ~。

コストナーとは全然違うタイプだけど、

そのエンターテイナーぶりで末永く、競技生活を送ってほしいし、

いつでも両手のシンバルで、フィギュアスケート界のいろんな闇さえも叩き割いて頂戴よ~笑

☆合わせてお読み頂きたいエロスEX記事よ☆

アンタ過激すぎるわよ!エロス全開ワールドのエキシビジョン!

ザギトワはロシア選手権を辞退することで、

マスコミが騒いで、勝手に引退報道をしたものの、本人は完全否定。

「試合が恋しい」とコメントを出していたわよね。

彼女が今後競技会に戻ってくるのかは、あたしは彼女のモチベーション次第だと思うわ。

五輪金メダル、世界フィギュアとタイトルをしっかり取って、あとはザギトワが、

どこに目標設定を置くか次第よね。

今シーズンのグランプリシリーズを見ていても、メンタル部分で演技に影響が出ていたように見えたから、

彼女は元々演技構成点も高い選手。

どういう形であれ、もう一度、もっと年を重ねた時の様々な人生経験を積んだ後で「カルメン」が見たいのよ。

でも彼女ベテランてくくりではないわよね、、、まだまだ若い選手よ~。

ロシアの世代間の流れが異様に速いからよね。

こちらもまだシニア2年目にして、もうそのツラは、

シャンペン浴びるほど飲んだカルーセル麻紀、じゃなかったサモ江!

ロシア記事によると、サモ江の今シーズンの不調は成長期にあると書かれていたけど、

あたしはその括りはもうベテランにして頂戴!って思うぐらいよ(顔じゃないわよ、でも顔もよ笑)

だってこんなにも表情豊かに、「キリン淡麗」に貢献しているのよ~!

彼女の表情や動きって不思議と目が離せないのよね、なぜかしら?わかったわ!昭和の哀愁を感じるからよ。

今季のEXではバスローブからの由美かおるホットパンツで、独特の個性を放っているわよね。

なんだか、あたしシーズン前半戦を振り返るつもりが、どんどん脱線してきちゃって、、、

あたしが言いたいのは、あまりに女子フィギュア界の流れが物凄いスピードで変化しているけどね、

自分を見失ったらダメ!ってことよ。こういう時こそ自分をしっかりと見つめないとね。

無理に難度の高いジャンプを習得しようとして、怪我をしやすい身体になってしまったら、

元も子もないし、今までできていた演技のバランスも崩れてしまいかねない。

ここをコントロールするのが、選手の立場になって考えるISUのお仕事だと思いますけど。

皆様のお陰でブログランキング素晴らしい順位にいることができています。

本当に感謝しております!

ぜひ下のバナー2つをポチっと頂けると励みになります!




【いつも応援ありがとうございます!】

皆様のお陰です。

ぜひ清楚な人差し指で押していってくださいまし!

【ブログランキング第10位です】

フィギュアスケートランキング

【ブログ村第3位です】

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

-アリョーナ・コストルナヤ, エリザベータ・トゥクタミシュワ, フィギュアスケート

Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.