スポンサーリンク

スポンサーリンク

ネイサンチェン フィギュアスケート 羽生結弦

投稿日:

羽生結弦とネイサンを日本のメディアは絡ませすぎなのよ!

皆様、こんばんは。

ネイサン・チェンが文芸春秋デジタルのインタビュー記事での発言が話題になっているよね。

ちょっと日本のメディアはネイサンのインタビューの際に、羽生結弦を絡ませすぎよね。

お互いそれぞれのスタンスがあって頑張っているんだから、それでいいんじゃないかしら?




ネイサンと羽生結弦はフィギュアスケートに対するスタンスがそれぞれ違う

スケートより重要なこと

イェール大学で勉強をしはじめてから、新しい世界が開けました。世の中はスケートが全てではないという当たり前の現実を実感し、気持ちが楽になった部分もあります。学生のおよそ80%はフィギュアスケートがどういうスポーツなのか全く知らない。当然僕のことも知らないし、オリンピックを連覇したあのユヅのことすら知らない学生も多い。

スケートは長い間自分の人生の中心にあったことなのに、世の中の人々の多くは興味がないという現実に、最初はちょっとびっくりしました。大学がある種の社会の縮図だとすれば、アメリカ社会全体の平均も大体そんなものですよね。でもだからといって、自分の中でスケートに対する想いが小さくなったわけではありません。

ユヅのようにはできない

そういう変化のためかもしれませんが、フィギュアの試合に向かう気持ちも以前とは少し変わってきました。もちろんベストな演技を見せたいと常に思っていますが、たとえミスをしてしまっても「この世の終わりではない」という気持ちが根底に芽生えるようになったのです。

以前はもっと、絶対に勝ちたいという気持ちを前面に出して試合に向かっていました。ユヅはまさにそういうタイプの選手で「絶対に勝ちたい」という気持ちを前面に出すことで驚くような力を出すことができるのです。

※文芸春秋デジタルより一部抜粋

https://bungeishunju.com/n/n3c825fb269fa?magazine_key=m90004adde5d7

羽生結弦ファンが引っ掛かるのはインタビューのこの部分よね。

まず、アメリカでのフィギュアスケート自体の人気が低迷しているのは承知の通り。

アメリカのスケート場ではアイスホッケーなどが盛んだものね。

アメリカに住んでらっしゃる読者様もいらっしゃるから、現地の肌感覚の声をお聞きしてみたいわ。

ISUが北米でのフィギュア人気を取り戻したいのはよくわかるのよ。

だけど、無理に人気を取り戻そうと画策するのは、どこかその意図が見えてしまうとあれ?ってなる部分もあるんじゃないかしら。

今回のインタビューでは、大学という学生の間での認知度を話しているだけのこと。どうでもいいわよ。

そして、ユヅのようにできないというところは、この記事を書いた田村明子氏が、「負けは死も同然」という

部分を用いて、翻訳を加えている「故意」が感じられるわね。

だって、ネイサンがいちいちユヅのインタビューの言葉を拾ってくるとも思えないし。

ネイサンも羽生結弦もそれぞれスタンスが違う、それぞれがリスペクトしているでいいじゃない!

日本のメディアはそれぞれの話をするときに、相手を絡ませ過ぎなのよ。

リンクの上でのライバルはわかるけど、

それがリンク外で本人達の思わぬところで話が広がるのって、ふたりにとって本望ではないでしょう。

NEW!1月28日発売

・氷上に舞う! Special フィギュアスケート日本男子ベストフォトブック2019-2020 婦人公論2020年2月10日号増刊

【内容紹介】

表紙:羽生結弦

力強く、美しいカラーグラビアで
アスリートたちの魅力をたっぷり堪能!

グランプリシリーズ6大会
グランプリファイナル
全日本選手権

羽生結弦
宇野昌磨
高橋大輔

田中刑事/山本草太/友野一希/島田高志郎

〈スペシャルギャラリー〉Fantasy on Ice 2019

〈特別企画〉スポーツ写真家が語るフィギュアスケーターの素顔 田中宣明 ほか

↓ご注文はこちらからよ↓

すぐ優劣をつけたがるメディア。大事なのは記録よりも記憶!

どっちが優れているとか、勝負に勝った負けたとか、

あたしはもう日本のメディアとかその他もろもろ、もううんざり!

そんなのどうでもよくて、

いかに時が経って振り返った時に、その人それぞれの「記憶」に残るスケーターかどうかじゃないかしら?

皆、それぞれの推しがあるからね。

誰がいいかなんて、その人の価値観でしか決められないもの。

以前、皆様ご存知かと思うけど、「ヤグプル二強時代」と呼ばれた時があったわよね。

当時はフィギュアスケートがすべて!という時代だったじゃない。

だからこそふたりは同じ土俵で「二強」という同じライバルとして、競い合ってくるのを我々も目にしてきたし。

だからふたりとも、今あたしの中では忘れることのできないレジェンドとして存在し続けているのよね。

でも今はもう時代が多様化しているから、

選手も何をゴールにするかそれぞれ。

この記事のインタビューによるとフィギュアスケートよりも大事なものを持ちながら、競技生活を続けるネイサン。

だからあたしの中では、今の羽生結弦とネイサンを見てきて感じる様々な温度差の違い、

いまのISUの採点方法によるジャッジのいい加減な部分などもすべてひっくるめて、

羽生ネイサン二強時代と素直に呼べない自分がいるのよね。

これは決してネガティブなことでなく、それぞれがスタンスが違うし、そのバックグラウンドも違うのだから、

もう同じ土俵で比べること自体がナンセンスなのかもしれないわね。

皆様のご意見などもお聞かせ頂けたらと。

最後までお読み頂きありがとうございます。

ぜひ下のブログランキングバナーをポチっと頂けると励みになります!




【いつも応援ありがとうございます!】

ぜひ清楚な人差し指で押していってくださいまし!

【ブログランキング第11位です】


フィギュアスケートランキング

【ブログ村第4位です】

にほんブログ村 にほんブログ村へ

にほんブログ村

-ネイサンチェン, フィギュアスケート, 羽生結弦

Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.