スポンサーリンク

スポンサーリンク

エテリ フィギュアスケート

投稿日:

エテリ批判はおかしいわ!なぜ年齢引き上げばかり問題に?

皆様、おはようございます!

女子フィギュアの年齢引き上げ問題について、ロシアメディアでも特集が組まれるほど。そしてエテリコーチへの批判についても触れているのよね。

いつもは「なんとかの奇跡の一枚の写真に何万人が歓喜!」とか、

どうでもいい記事ばかりのTHEANSWERが興味深いことを書いていたので、一緒に見ていきましょ!




日本メディアも年齢引き上げばかりを問題にしているが以前は真逆だった

2005年12月に行われたグランプリファイナル。

当時無敵と言われていた世界女王スルツカヤを破り、

彗星のごとく一夜にしてヒロインとなった、浅田真央の快挙を覚えているかしら?

年齢制限により、わずか87日足りず、トリノ五輪への出場が叶わなかった。

日本だけでなく、アメリカのメディアまでもが、この問題を取り上げて、

当時の小泉首相や安倍官房長官までもが「出られないのは残念」と発言する事態に。

この時の風潮は一定の年齢に達していなくても、才能や実力がある選手が認められるべき!で今とは全く真逆だったのよね。メディアまでも年齢引き下げを後押ししていたから。

その後、ロシアの台頭でメキメキと頭角を現してきた、リプ兄ことリプニツカヤ。

彼女のコーチであったのが、エテリ・トゥトベリーゼ氏なのよね。

エテリは才能がある選手を若いうちにして開花させ、大きな舞台で結果を残す腕力に非常に優れているわよね。

あたしは、エテリこそがトリノ五輪の時に問題となった年齢引き下げ問題に、希望の光として、一石を投じる新たなコーチングスタイルだったんじゃないかしらって思うのよね。

でも時代は移り、今では年齢引き上げ論ばかりが語られるようになっているのだものね。

結局この問題は行ったり来たりを繰り返しているだけなのよ。

☆合わせてお読み頂きたい年齢制限引き上げの記事よ☆

使い捨ての女王はいらない発言に異論!年齢制限引き上げ問題

オネエおすすめ!

羽生結弦を生んだ男 都築章一郎の道程 (集英社新書)

【内容紹介】

オリンピック連覇を果たした羽生結弦。
幼き日の羽生を見出し、徹底的に基礎を教え続けたコーチが都築章一郎だ。
五〇年以上にわたり日本フィギュアスケートの発展に貢献してきた名伯楽は、現在も精力的に多くのスケーターに指導を続けている。
都築が若き日に、フィギュアスケートの手本としたのが芸術大国ロシアだった。
私財をなげうち、日本のフィギュア界の礎のために世界を奔走してきた生き様、そして知られざる日露文化交流史をも描く!

【目次】
序章エドゥアルド・アクショーノフは語る
第一章 都築章一郎は語る
第二章 アレクセイ・ミーシンは語る
第三章 都築章一郎はふたたび語る
第四章 ヴィクトル・ルイシキンは語る
第五章 都築奈加子は語る
第六章 タチアナ・タラソワは語る
終章 都築章一郎は三たび語る

都築は羽生に言った。
「挑戦をしなさい」
「未知の世界に向かいなさい」
そして、こう言い続けた。
「芸術家になりなさい」

都築章一郎(つづき・しょういちろう)
1938年愛知県出身。
日本大学卒業。卒業後は指導者となり、1964年日本フィギュアスケーティングインストラクター協会に参画。
佐野稔をはじめ多数の選手を育成した。また、ソ連(当時)より有力コーチを招聘し、日本フィギュア界の発展に貢献。1987年より14年間、日本フィギュアスケーティングインストラクター協会理事長を務め、指導者資格認定制度を確立。1991年より4年間、日本オリンピック委員会(JOC)主任強化コーチ。
五輪二連覇の羽生結弦を小学2年より高校時代にかけて指導。

↓ご注文はこちらから↓

 

エテリ批判はおかしいわ!指導を受けるのもスケーターの意思だから

「女王請負人ロシア人コーチ、エテリ・トゥトベリーゼはなぜ10代スケーターの育成に驚くべき手腕を発揮してきたにもかかわらず非難されているのか?」

との見出しで特集したのは、ロシア放送局「ロシアトゥデー」だった。記事では、教え子のユリア・リプニツカヤで初めて14年ソチ大会で五輪を制して以降の実績をまず取り上げ、以降も世界選手権を連覇したエフゲニア・メドベージェワに加え、平昌五輪を制したザギトワと厳しい練習と確かな指導で世界トップ選手を育ててきたことを紹介している。

しかし、記事では「称賛があった一方で、トゥトベリーゼ氏は競技自体を新たなレベルへと引き上げたことに対し、自身に押し寄せる批判に直面する。何人かのトップコーチがトゥトベリーゼ氏を若い才能たちを酷使し、彼女らの体を極限まで追いつめていると非難したのだ」と触れている。さらに「思春期を過ぎたスケーターへの指導力不足にも非難が及ぶ。そうしたスケーターを指導する代わりに『若き女王を取っかえ引っ変えしている』とこき下ろされたのだ」と批判の声があると指摘した。

トゥトベリーゼ氏の指導による新たなチャンピオンの出現とともに、こうした批判は深刻化し、専門家の多くが女子スケーターのキャリアを長くするために年齢制限の引き上げを提言するにまで至ったと言及。コストルナヤ、シェルバコワ、トルソワの3人がシニアデビューして以降はザギトワ、メドベージェワが大舞台のロシア代表から弾かれる現状にあることも触れ、年末にはザギトワが一時休養を表明したことを発端に“引退騒動”に発展したことも紹介している。

一方で、記事では支持する声もあると指摘している。「トゥトベリーゼ自身への非難の集中砲火を浴びたわけだが、それでも彼女を女王請負人と呼ぶ声もある」とし、また同氏の手腕について「非難や不満から強く耐えて、4回転を跳ぶスターを彼女の元から苦労して生み出し続けてきた」と紹介。リプニツカヤが若くして引退したことについて尋ねられた時、同氏は「彼女は後悔していない。そして私はオリンピックで活躍した彼女の手助けをできたことに誇りに思っている」と語ったことも伝えている。

こうした背景もあり、最近、持ち上がっているのがシニア転向の年齢引き上げ議論だ。記事でも「五輪チャンピオンを生み出したトゥトベリーゼ氏の輝かしいが、競技人生の短い選手を生み出すアプローチの仕方は、フィギュア界で議論が交わされている」とした一方で「年齢制限を引き上げるということはトゥトベリーゼ氏が作り上げた素晴らしいものを台無しにすると、トゥトベリーゼ氏を支持するコーチたちは主張している」と“トゥトベリーゼ支持派”もいると伝えた。

※THE ANSWERより一部抜粋

https://the-ans.jp/news/101253/

まずエテリを批判するのはあたしはおかしいと思うわ。

だって、コーチの元で指導を受けるか否かはそのスケーターの意思なわけじゃない。

ラファ氏の「女王の使い捨て」発言にも疑問しかないのだけど、

その選手の競技人生が短くても長くても、それを決めるのは本人だし、どちらが良いか悪いかなんて、周りが決めることではないからよ。

それに若いというだけで、ひとくくりにしてしまうのもどうかなって。

だって、結果を残すために血の滲むような努力を続けているわけでしょう。

それにメディアはザギトワをすっかり過去の人扱いしているけれど、

本人は活動停止などと一言も言ってないわよね。

メディアの報道の仕方も、年齢制限問題に多少ならずとも影響を与えているんじゃないかしら。

ここで霞んでしまうのが、物事の問題の本質なのよね。

今のルールにおいて、

高難度ジャンプを次々と決めれば演技構成点も比例して上がっていく風潮。

そしてクワドジャンプのプレロテ、正しいトゥを付いているか、エッジは明確か、ジャンプの正確性の判断の曖昧さ。

こういった部分をある程度、明確に改善していかないと、年齢制限を変えたとしても、いつまで経っても何も根本は変わらない気がするのよね。

正しい技術に基づかず、無謀にジャンプを跳ぼうとするから怪我を誘発しているわけだし。

そもそもクワドジャンプは常に怪我と抱き合わせのリスクのあるジャンプ。

名だたるコーチが時代の寵児となったエテリを批判せずに、まずはISUに苦言と提案をすることから始めたらどうかしら?

なんか矛先違うのよね。

皆様のご意見もお待ちしているわね。

最後までご覧頂き、ありがとうございます。

ぜひ下のブログランキングバナーをポチっと頂けると励みになります!




【いつも応援ありがとうございます!】

ぜひ清楚な人差し指で押していってくださいまし!

【ブログランキング第12位です】

フィギュアスケートランキング

【ブログ村第4位です】

にほんブログ村 にほんブログ村へ

にほんブログ村

-エテリ, フィギュアスケート

Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.