スポンサーリンク

スポンサーリンク

フィギュアスケート 羽生結弦

更新日:

おだまりフライデー!羽生結弦の捏造記事いつまで続けるの?

皆様、本日は3連休前の花金よ~(古っ)。

でも決して金曜日を英語で読んだらダメよ!

チャレンジカップの情報を調べていたら、フィギュアスケートニュースにまた不穏な感じのタイトルが。

「ついに四大陸選手権で金メダルの羽生結弦がみせた大ハシャギ」← 何このタイトル!?




うわべだけの嘘へつらいの記事ばかり書いているのって虚しいだけよ!

ついに四大陸選手権で金メダルの羽生結弦がみせた「大ハシャギ」

世界選手権では人類初の4回転半を目指すも不安定なメンタルが心配

2月9日に韓国・ソウルで開催された四大陸フィギュアスケート選手権のエキシビションで、大トリを務めた羽生結弦(25)。フィナーレで転倒し、リンク上の隋文静(ずいぶんせい)(24・中国)に助け起こされる際に大笑いする一幕もあった。

彼がハシャいでいるのにはワケがある。四大陸選手権で初優勝を飾った羽生は、同大会を含む主要6大会を制覇し、フィギュア男子史上初の「スーパースラム」を達成したのだ。

「(四大陸選手権は)なかなか勝てないなと思いながらやっていたので、やっと優勝できてよかった」

試合後に笑顔でそう話した羽生。しかし、彼のハイテンションのウラには大きな葛藤があった――。

「四大陸選手権のショートプログラムは羽生選手史上最高の演技でした。得意な平昌五輪の曲に戻し、メンタルを整えて臨めたからでしょう。当然、得点は自身が持つ世界最高記録を更新。韓国や中国のファンも大盛り上がりでした」(スポーツライターの折山淑美(としみ)氏)

しかし、輝かしい成果とは裏腹に、羽生のメンタルを不安視する声も出ている。

「GPファイナル、全日本選手権と不調によるまさかの敗北が続いただけに、今大会はかなり気が張っていたようです。公式練習では時折、周囲を睨み付けるような表情も見せていました。一方、大会での優勝が決まると突然のハイテンション。フィナーレで転倒した際は、一人で大爆笑していました」(スポーツ紙記者)

不安定なメンタルのせいか、フリーではミスが目立つなど、実は羽生にとって薄氷の勝利だった。本人は苦笑いを浮かべながらこう話していた。

「気が散った状態で(フリーに)入っちゃったかなというのが残念です。ショートがよかったうえでのスーパースラムだと思うので、総合的には『とりあえずよかったな』というところですね」

ようやく調子を取り戻しつつある羽生には、無謀とも思える目標があるという。それは、未だかつて誰も成功したことがない最高難度の大技「4回転半」だ。日本フィギュアスケーティングインストラクター協会副理事長の大西勝敬(よしのり)氏は言う。

「3月の世界選手権で羽生選手はネイサン・チェン選手(20)との雪辱戦に臨みます。4回転ジャンプを4種類しか跳べない羽生選手に対し、チェン選手は5種類。テクニック的には相手のほうが一歩リードしています。勝負師の羽生選手のことですから、『4回転半』も視野に入れているでしょう」

最後の切り札として大技を準備する羽生。だが、右足首の故障を経験している羽生にとって、足に大きな負担がかかる新技の練習はケガの再発と隣り合わせだ。

不可能に近い目標を達成したとき、羽生の〝電撃引退〟も囁かれる。昨年9月にこんなことを漏らしていたという。

「今は本当に4回転半をやるためにスケートやってるな、そのために生きてるなって思います」

タイトルをほしいままにした羽生の唯一のモチベーションになっている「4回転半」。人跡未踏の夢に挑む羽生の「ギリギリの闘い」はこれからも続く。

※FRIDAYより一部抜粋

https://friday.kodansha.co.jp/article/96671

大ハシャギ!という見出しにつられて、記事をクリックすることがないように、

ここに記しておくわね。

大ハシャギからメンタル不安定だってことを言いたいわけね。

一体、この記事を読んでまともに受け取る人っているのかしら?

きちんと本人に取材しているのならば、「メンタルが不安定」というネガティブワードや、

ましてや本人が一言も口にしていない「引退」というワード、どこから出てきます???

どうしていつも一部のメディアは羽生結弦を叩くのだろう!?

大きな後ろ盾がないと思っているの?本人が何も反論しないから言いたい放題なの?

日本フィギュア界に輝かしいばかりの結果を残して、後輩達にもその模範となるレールを敷いてきた彼に対してすること?

一体なんの恨みがあるの?彼がアナタたちに何かしたとでもいうの!?

何故同じ日本の選手を大事にできない!?しかも毎回ネガティブな記事は彼にだけ!

この記事書いた輩、名乗りなさいよ。自分が書いた文を読み返して恥ずかしいとは思わない!?

ずっとブレずに、まっすぐ自分の道を進んできた彼の背中を見ている大勢のファンがいるのよ。

正しい見る目を養わなければ、いつまで経ってもその人の「本質」は見えてこない。

うわべだけの嘘へつらいの記事をずっと書き続けているのって、とても虚しいことよ、、、

☆合わせてお読み頂きたくもない週刊誌のクソ記事よ☆

大きなお世話よ女性セブン!羽生結弦の学業の心配したふりして何?

NEW!3月9日発売

「フィギュアスケート・カルチュラルブック2019-2020 氷上の創造者」

【内容紹介】

日本人トップスケーターの今シーズン総まとめ、そして考察

・怒涛の展開となった2019-2020年シーズンを
美麗な写真と独自目線の記事で振り返る。

・いまや文化の一つとなったフィギュアスケート
について、様々な視点から考察。

●独占インタビュー●
・伊藤聡美(衣装デザイナー)
「4度目の『SEIMEI』製作と、
アートスポーツの体現者への思い」
・マッシミリアーノ・アンベージ(伊ユーロスポーツ)
「彼こそがフィギュアスケート界の
ゲームチェンジャーだ」
・高須力(カメラマン)
「羽生結弦が引き出すワンカット」 等

↓ご注文はこちらよ↓

4回転アクセルは最後の切り札なんかじゃない!協会理事は何を見てるの?

日本フィギュアスケーティングインストラクター協会副理事長の大西勝敬氏。

「4回転ジャンプを4種類しか跳べない」とおっしゃるのであれば、どうかジャッジに満点加点を貰えるお手本のジャンプを跳んでみてくださいな。だってインストラクターでしょ!?アナタの仰る通り、4種類しか跳ばなくていいのよ、簡単でしょ?

打倒ネイサン、雪辱戦、もうそのワードもうんざりよ!

ネイサンに勝つために4アクセルを跳ぼうとしているって考えていること自体、

羽生結弦というスケーターをきちんと見ていない。こんな輩が協会の副理事長だなんて、呆れて言葉が出てこないわ。

付ける薬がないとはこのことを言うのよね。

ファンは記事が嫌なら読まなければいい。

でもこんなこと書かれた本人が何かの拍子に、こんな記事を目にしたらどう思う?

どうして人を傷つけるような捏造、中傷をいともたやすく世に送り出すの?

相手の気持ちを考える心はないの?

わたしは平気で人のところに、土足で足を踏み込んで中傷したりするような人間は大嫌いなのよ。

嫌いなら無視すればいいじゃない、一切触れなければいい、ただそれだけ。

相手の気持ちを考えない、人の心の痛みがわからない、こんな輩に人様をああだこうだいう資格なんかありゃしないわよ。

最後に一言だけ言わせて頂戴。

おだまり、フライデー!

最後までお読み頂きありがとうございます。

ぜひ下の新ブログランキングバナー「バラ1」と「SEIMEI」2つをポチっと頂けると励みになります!




【いつも応援ありがとうございます!】

ぜひ清楚な人差し指で押していってくださいまし!

【ブログランキング↑第6位↑です】


フィギュアスケートランキング

【ブログ村↑第1位↑です】

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

-フィギュアスケート, 羽生結弦

Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.