スポンサーリンク

スポンサーリンク

アリサ・リウ カミラ・ワリエワ フィギュアスケート

投稿日:

凄いわ!ジュニア今季世界最高得点!ショート首位ワリエワ圧巻の演技

皆様、こんにちは!

世界ジュニア、女子シングルショートが終わり、ロシアのカミラ・ワリエワが断トツでショート1位となったわよ!

ひとつのプログラムとして、完成度の高さと、彼女の才能、ひとり別格の演技を改めて見せつけられたわ。

そして日本勢、河辺愛菜と川畑和愛もよく頑張ったわよ。

早速見ていきましょう!




ジュニア今季世界最高ショート得点74.92点で首位に立ったワリエワ!

【ショート順位表】

ショート1位 カミラ・ワリエワ(ロシア) 74.92点 ジュニア歴代世界最高得点!

【ワリ江ショート】

【プロトコル】

神秘的なイメージの曲を損なわない、彼女の常人離れした手足の使い方、独創性のあるスピンと最後まで見惚れてしまったわ。

現実から少し夢の世界へ誘われたような世界観も好きよ。

でも、ちょっとわちゃわちゃ手足の動きが慌ただしかったのが、あたしは気になったわ。

ジャンプについてはコンビネーションのセカンド3Tが、少し重心が後ろになった着氷してしまったけど、

あとは素晴らしかったわね。

ワリ江って演技になると、ホント手足が伸びたような錯覚に陥るのよね~。

ジュニア今季世界最高点を叩き出しても、演技構成点で唯一8点台を出しても、

キスクラでニコリともしない、ルイ・エテリ・ヴィトン!笑

まだまだ彼女らの追い求める理想はきっと高いところにあるのでしょうね。

エテリガールズ3人娘もうかうかしてられないわよね。

北京五輪3枠取れた場合、全員は五輪に行けないのだから、、、

ショート2位 イ・ヘイン(韓国) 70.08点

【イ・ヘインショート】

【プロトコル】

全く隙の無い演技だったわ。

ジャンプ。そしてスピン、ステップはすべてオールレベル4。

伸びやかで繊細な演技の中にも、得点を取るために何をすべきかが詰め込まれたようなプロだったわ。

韓国女子、どんどん強くなってきているわよね。

ロシア、韓国2強時代が来るのもそう遠くないような気がしてきたわ汗

ショート3位 ダリア・ウサチョウ(ロシア) 68.45点

【ウサ美ショート】

【プロトコル】

ジュニアとは思えないような大人っぽさもあり、美しく、流れるような演技だったわね。

3F-3Tのコンビネーション、入りは良かったんだけど、フリップで若干空中でバランスを崩して、

セカンドが詰まってしまったわね。

最後のビールマンのポジション変化があまりにも美しすぎて、久々に感動したわ。

ショート4位 アリサ・リウ(アメリカ)67.52点

【アリサ・リウショート】

【プロトコル】

果敢に難度の高い3A-3Tにチャレンジしてきたわね!

セカンドのトーループは明らかに回転不足だったわね。

最後まで笑顔を絶やさずにニコニコ演技しているのは素晴らしかったし、正当なジャッジの元で、

彼女にはどんどん成長していってもらいたいわよ。

フリーでは難度の高いジャンプを回転不足なく回り切れるかどうかで、彼女の順位は大きく変わってくると思うわよ。

あたしすごく気になったのがJ8なのよね。ワリエワとリウに対して、物凄く渋い6点台を付けているのよ。一方で他のジャッジは8点台だったり、あまりにも差があり過ぎて、演技構成点で見る観点が違いすぎない!?

この点についてはまた改めてゆっくりお話ししたいわ。

☆合わせてお読み頂きたい、世界ジュニア男子フリーの記事よ☆

波乱のフリーで激しい転倒も!鍵山優真と佐藤駿の結果は?世界ジュニア

NEW!3月26日発売

「フィギュアスケートLife extra 華麗なるスケート衣装の世界」

内容紹介
フィギュアスケートの美を彩る「衣装」。
プログラムの世界観を表現する装置の一つであり、
選手のモチベーションを上げ、スイッチを入れる要素でもあります。

そんな衣装の魅力がたっぷり詰まった本誌は
過去30年間の約340着の衣装写真を掲載。
どれもが個性と美しさを極めたものばかりです。

さらに、作り手や着用するスケーターたちの想いを紹介。
「衣装」だけを語り尽くしたインタビューは
ここでしか聞けない貴重なエピソードが満載です。

<目次より>

●衣装コレクション~女子シングル
Interview
安藤美姫 「衣装は気持ちを高めるための最後のピース」
鈴木明子 「私にとって、衣装も表現の一部」
松田悠良 「曲と振付けと衣装で自分だけの世界観を見せる」
岩野桃亜 「衣装のデザイン画を描くことが好き!」
カイラニ・クレイン/マエ=ベレニス・メイテ

●衣装コレクション~男子シングル
羽生結弦 衣装コレクション
宇野昌磨 衣装コレクション
Interview
田中刑事 「自分が着たい衣装を着る、それが一番大切なこと」
ステファン・ランビエル 「衣装はまずインパクト、そして素材も大事です」
ミーシャ・ジー 「衣装で大切なのは、表現したいものを見せること」
ケヴィン・レイノルズ 「衣装はこのスポーツの芸術的な面を見せるもの」

●衣装コレクション~アイスダンス/ペア
Interview
川口悠子 「技を邪魔しないこと。その上で、美しい衣装を」

●Special
プロが教える衣装の飾り付け&アレンジ術
全日本ノービス&ジュニアで見つけたかわいい衣装

●Interview
宮本賢二 「上品で、動きが美しく見える衣装であってほしい」
伊藤聡美 「選手の思いを大切に。活躍を祈りながら衣装を作る」
海外の衣装デザインについて知りたい!ルーシア・ホー

●Gallery
同じテーマ・音楽で衣装くらべ
変身衣装コレクション
斬新すぎるコスチュームの世界
再現度高し!コスプレ衣装
氷の上の王子様たち

↓ご注文はこちらよ↓

日本勢も健闘するも河辺8位、川畑10位!

ショート8位 河辺愛菜(日本)64.47点

【河辺愛菜ショート】

【プロトコル】

冒頭の3Lz-3T、スピードもあってコントロールされた素晴らしいコンビネーションだったわ。

スピンはひとつだけレベルを落としてしまったけれども、堂々とした演技だったわよね。

それでも今後、トップ選手達と競っていくためには、

各要素の質を上げながらも、演技構成点で高いスコアを取っていかなければいけないわね。まだまだ彼女は眠っている才能があると思うのよ。

フリー次第では表彰台も狙える位置にいるので、ぜひ頑張ってほしいわ。

ショート10位 川畑和愛(日本)62.85点

【川畑和愛ショート】

【プロトコル】

豊姐さん!!!笑

川畑の手を、絡ませるように手を差し伸べて、送り出すところが豊姐さんぽいわ~笑

ワルツの「美しく青きドナウ」優雅に演じるたわよね~。お衣装も素敵よ~。

コンビネーションのセカンドのトーループで詰まってしまい、回転不足になってしまったのが惜しかったわ。

彼女、演技全体のバランスも素晴らしいし、演技構成点も高い評価をもらえているのよね。

だからこそ、スピン、ステップの要素でのレベルの取りこぼしが惜しいわよ、もちろんジャンプの回転不足もよ。

彼女、もっと順位でも上を目指せる力あるはずよ。

ロシア、そして韓国がジュニア世代、一歩リードしている感があるけれど、

ぜひ日本女子も必至に食らいついていってほしいわよね。

今夜はうたしんと女子フリー!注目選手の滑走タイムスケジュール

【フリーダンス滑走順タイムスケジュール】

3月7日(土)

・19:53~ 吉田唄菜&西山真瑚組

【女子フリー滑走順タイムスケジュール】

3月8日(日)

・00:52~ 川畑和愛(日本)

・01:21~ 河辺愛菜(日本)

・01:35~ ウィ・ソヨン(韓国)

・01:42~ アリサ・リウ(アメリカ)

・01:49~ マイヤ・フロミフ(ロシア)

・01:57~ イ・ヘイン(韓国)

・02:04~ カミラ・ワリエワ(ロシア)

・02:11~ ダリア・ウサチョワ(ロシア)

【女子ショート順位表】

ショートを終えて、10位の川畑までほぼ団子状態よ。

フリーの結果次第では、誰が表彰台に上るのかまだわからないわ!

難度の高い構成を決めて抜け出すのか、完成度の高い演技で魅せるのか?

今夜のフリー楽しみだわ。

ISUアワードについてもお話したいこともたくさんあるのよ!でもまずは競技よね~。

最後までお読み頂きありがとうございます。

ぜひ下の新ブログランキングバナー「バラ1」と「SEIMEI」2つをポチっと頂けると励みになります!




【いつも応援ありがとうございます!】

ぜひ清楚な人差し指で押していってくださいまし!

【ブログランキング第10位です】


フィギュアスケートランキング

【ブログ村第1位です】

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

-アリサ・リウ, カミラ・ワリエワ, フィギュアスケート

Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.