スポンサーリンク

スポンサーリンク

フィギュアスケート 佐藤駿 鍵山優真

投稿日:

波乱のフリーで激しい転倒も!鍵山優真と佐藤駿の結果は?世界ジュニア

皆様、おはようございます!

世界ジュニア男子シングルフリーが先程終わったわよ!鍵山優真が2位に、佐藤駿が6位と頑張ったわよ!

本人達は、悔しさの残る大会になってしまったかもしれない。

でもまたこの経験を「糧」にシニアへ上がって、さらに強くなってほしいわ!

こんなにジュニアの大会で手に汗握る試合は初めてだったわよ!




モザリョフ優勝!鍵山優真2位、佐藤駿は6位と健闘!

【男子シングル総合順位表】

モザリョフ(ロシア)が世界ジュニア王者に!

鍵山優真が2位表彰台、佐藤駿が6位という結果になったわよ。

日本両選手にとっては、本来の演技ではなく、悔しい結果となってしまったかもしれないわね。

でもこの悔しさをバネに偉大な先輩達は強くなって、シニアの世界へ羽ばたいていったのよ!

【男子フリー順位表】

2位 鍵山優真(日本)231.75点

【鍵山優真フリー】

【プロトコル】

冒頭の4Tで転倒してしまい、でもすぐにリカバリーで4T-2Tを跳んできたわね。

それでも最後にまさかの3Aが抜けてしまったのよ。最後のアクセルが鬼門だったわね。

優真の中でも今大会ショートを終えて、優勝も目前に見えていたはず。

優勝を意識する中で結果を出していくのが、いかに難しいかということも良い経験になったと思うのよ。

今季大きな大会でも結果を残してきて、自信になった部分も多くあったことを、

ぜひ来季からのシニアへ転向したら、活かしていってほしいわ。

激しい転倒も、最後まで諦めることなく滑った佐藤駿のひたむきな姿勢に心打たれた

6位 佐藤駿(日本)221.62点

【佐藤駿フリー】

【プロトコル】

冒頭の4ルッツが2回転になってしまい、続く4トーループのコンビネーションは手を付いてしまったわね。

続く単独の4トーループで激しい転倒が!しばし動けなかったので、思わず声を上げてしまったわ。

でもよくそこから諦めずに、懸命に滑り切ったわよ。

後半はしっかりと立て直してきたもの。

どの誰の演技よりも、駿のフリー演技が一番心打たれたわ。苦しみながらももがき、前を向くひたむきな姿勢がロミオ少年と重なってしまったのよ。

完璧な演技をすることは採点競技において大事なことかもしれないわ。

でも、それ以上の心に響く演技って、成否じゃないのよ、スケーターの強い想いなのよね。

久々にこんなにも心震えるような演技をどうもありがとうと言いたいわ。

だから、泣かないで。

今日の悔しい演技、きっとシニアでの大きな糧となって、もっともっと彼を強くするはず。

きっと彼は日本の男子フィギュア界を背負ってトップ選手として活躍してくれる力を持っているわ!

NEW!3月26日発売

「フィギュアスケートLife extra 華麗なるスケート衣装の世界」

内容紹介
フィギュアスケートの美を彩る「衣装」。
プログラムの世界観を表現する装置の一つであり、
選手のモチベーションを上げ、スイッチを入れる要素でもあります。

そんな衣装の魅力がたっぷり詰まった本誌は
過去30年間の約340着の衣装写真を掲載。
どれもが個性と美しさを極めたものばかりです。

さらに、作り手や着用するスケーターたちの想いを紹介。
「衣装」だけを語り尽くしたインタビューは
ここでしか聞けない貴重なエピソードが満載です。

<目次より>

●衣装コレクション~女子シングル
Interview
安藤美姫 「衣装は気持ちを高めるための最後のピース」
鈴木明子 「私にとって、衣装も表現の一部」
松田悠良 「曲と振付けと衣装で自分だけの世界観を見せる」
岩野桃亜 「衣装のデザイン画を描くことが好き!」
カイラニ・クレイン/マエ=ベレニス・メイテ

●衣装コレクション~男子シングル
羽生結弦 衣装コレクション
宇野昌磨 衣装コレクション
Interview
田中刑事 「自分が着たい衣装を着る、それが一番大切なこと」
ステファン・ランビエル 「衣装はまずインパクト、そして素材も大事です」
ミーシャ・ジー 「衣装で大切なのは、表現したいものを見せること」
ケヴィン・レイノルズ 「衣装はこのスポーツの芸術的な面を見せるもの」

●衣装コレクション~アイスダンス/ペア
Interview
川口悠子 「技を邪魔しないこと。その上で、美しい衣装を」

●Special
プロが教える衣装の飾り付け&アレンジ術
全日本ノービス&ジュニアで見つけたかわいい衣装

●Interview
宮本賢二 「上品で、動きが美しく見える衣装であってほしい」
伊藤聡美 「選手の思いを大切に。活躍を祈りながら衣装を作る」
海外の衣装デザインについて知りたい!ルーシア・ホー

●Gallery
同じテーマ・音楽で衣装くらべ
変身衣装コレクション
斬新すぎるコスチュームの世界
再現度高し!コスプレ衣装
氷の上の王子様たち

↓ご注文はこちらよ↓

日本勢のライバル達!注目選手のフリー演技を振り返る!

優勝 アンドレイ・モザリョフ(ロシア)245.09点

【モザリョフフリー】

【プロトコル】

無機質な音楽から始まって、急にヒップホップ調に変わり、

最後は草太のフリー曲でもある「In This Shirt」で壮大な世界観を表現と、

とにかく演じるのが難解なプログラム曲を、曲の転調に合わせて、最後まで滑り切ったわよね。

転倒しそうになっても必至にこらえて耐えた部分にモザリョフの強さを感じたし、プロトコルを見ても、回転不足やエッジエラーなどが一切なかったところが優勝のポイントだったんじゃないかしら。

今季ジュニアの演技を見続けてきたけれど、モザリョフ安定していたわよね。

クワドはトーループのみでも演技の完成度の高さではやはり優勝にふさわしい演技だったわ。

3位 ピョートル・グメンニク(ロシア)231.12点

【グメンニクフリー】

【プロトコル】

予定していた4Lzは回避してきたけれど、4S2本しっかりと決め、

持っている力を出し切った、見事なノーミスの演技だったわね。

後半の3Lz-3Lo-2Lo、3Lz-3Tのコンビネーションを2つしっかり決めたのは大きかったわ。

フリーしっかりと巻き返してきたわね、ここに4Lzが加わったら更に伸びるわよ。

4位 ダニエル・グラスル(イタリア)229.38点

【グラスルフリー】

【プロトコル】

4Lz、4Tと回転不足を取られ、完璧ではなかったけれども、

難しい構成を果敢にチャレンジしてきたわよね。

スピンは独創性があるし、何より音を捉えて、自分なりに解釈して表現する力が強いなあって思ったわ。

キスクラでの花冠にジョニ子を思い出してしまったわ。

得点が出るまでの隣に座っていた大井競馬場帰りのロレンゾコーチが手を合わせて、目を閉じて祈るような

仕草に思わず泣きそうになってしまったわ。

ホントに素敵なコーチとの関係性なんだなって。来季からもシニアへ来て、演技ももちろん、素敵なキスクラも見せてほしいわ。

リショー氏は終始シュールな感じが良いわね笑

はよ、シニアへ来なはれ~~~!

8位 アンドリュー・トルガシェフ(アメリカ)208.95点

【トルガシェフフリー】

【プロトコル】

ショートを終えて表彰台が見えたプレッシャーがあったかもしれないわね。

トルガシェフらしからぬジャンプの転倒が相次いで、点数を伸ばすことができなかったわ。

それでも最後のステップではレベル4と、伸びやかなスケーティングを見せてくれたわ。

17位 ステファン・ゴゴレフ(カナダ)191.45点

【ゴゴレフフリー】

【プロトコル】

ショートで思わぬスタートとなったゴゴレフ。

フリー演技前半は、怒涛のジャンプに元ジュニアファイナル王者としての、彼の意地を感じたわ。

でも後半ルッツから失速してしまい、集中力を欠いてしまったかしらね。

コンビネーションが1つしか入らなかったのが点数伸び悩んでしまった要因よね。

何か跳びたいジャンプの身体と気持ちとがまだ噛み合っていないような気がして。

きっと今の苦しい状況を乗り越えて、また強いゴゴレフが帰ってくることを信じているわよ。

来季はシニアに転向かしらね?

まだまだ紹介しきれていない、素晴らしい選手達がたくさんいるわよね。

皆様の注目の選手がいらっしゃったら、ぜひ教えて頂戴ね。

こんなにも男子ジュニアのハイレベルな試合を見て、あっという間に時間が経ってしまったわ。

選手達は難しい状況の中での調整だったと思うのよね。

それでも今できる最高の演技を見せてくれたことに感謝したいわ。

様々なご感想あると思うけど、あたしはジュニアの選手においては、ネガティブな事よりも、

その選手の良さをもっと見つけたい!そんな気持ちで演技を見ていたのよ。

そして皆様、女子シングルショート!すでに結果は出ておりますわよ~。

もう結果はご存知かと!笑

女子シングルショートの記事はほぼ書き上げているわ。どうしても自分の言葉で伝えたいので、

お昼過ぎにまたアップするので、

それまでは男子フリーの結果をじっくりと、じっくりと味わいましょうね~。

そろそろ睡魔が笑

長くなってしまったけれど、最後までお読み頂きありがとうございます。

ぜひ下の新ブログランキングバナー「バラ1」と「SEIMEI」2つをポチっと頂けると励みになります!




【いつも応援ありがとうございます!】

ぜひ清楚な人差し指で押していってくださいまし!

【ブログランキング第10位です】


フィギュアスケートランキング

【ブログ村第2位です】

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

-フィギュアスケート, 佐藤駿, 鍵山優真


スポンサーリンク


 

愛のオネエサロン

  1. みすな 2020年3月7日 7:37 AM

    オネエさま、ほんとに悲鳴を何度あげたかわからないフリーでした。
    ゆましゅんは、二人ともとても悔しい結果だったと思います。
    優真くんは優勝をかけた、駿くんは表彰台をかけたフリーだったからね。
    その気持ちをどうコントロールするかもこれから学んでいくことでしょう。
    緊張しないなんて無理なんだものね。
    よく頑張ったよ!
    でもね、ここだけの話、優勝しちゃうとマスコミがまた大騒ぎするじゃ無い?誰々二世とかさ、なんとかスラムなんて言い出すから、これでよかったかなって。まあ、わたし自身を納得させる言い訳みたいなもんだけど。
    しかし、みんなチャレンジしてきて、いい大会だったわあ。
    年齢からすると上位陣はほとんどシニア移行じゃないかしら、ずっとずっとみんなライバルで長い競技人生を送るのね。
    みんな怪我なくがんばれ!

    もうずっと睡眠不足で頭おかしいからちょっと海に浸かってきます。
    オネエさまは今頃深い眠りね〜。

    • オネエ 2020年3月7日 3:30 PM

      >みすな様

      みすなさん、こんにちは。
      深い眠りから覚めました!勢いでワーッと感情に任せて記事を書いてしまったので、
      間違いなどあったらすみません。
      そうですね、ほとんどがシニア移行ですね!来季日本男子もさらに戦いが激化していくでしょうね。

  2. 通りすがり 2020年3月7日 8:38 AM

    鍵山君、佐藤君頑張りましたね!
    男子はジュニアでも4Lz跳ぶ時代になりましたね?

    さて興味深い記事を見つけたのでご紹介

    「4Lzと4Lo、本当に難しいのはどっち?」

    http://pianetahanyu.altervista.org/%e3%83%9d%e3%83%83%e3%83%89%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%82%b9%e3%83%88kiss%ef%bc%86cry-ii%e7%ac%ac4%e5%9b%9e%e3%80%8c4lz%e3%81%a84lo%e3%80%81%e6%9c%ac%e5%bd%93%e3%81%ab%e9%9b%a3%e3%81%97%e3%81%84%e3%81%ae/

    詳しすぎる解説に分析…素晴らしいと思いました。

    • オネエ 2020年3月7日 3:29 PM

      >通りすがり様

      通りすがりさん、こんにちは!
      なんですか、この興味深い記事は!!!
      こういう議題オフシーズンにやりたいので、どんどんご紹介くださいね。
      個人的に4ル―プが難しいのではと思っています。

  3. ローイ 2020年3月7日 8:41 AM

    おはようございます。佐藤しゅん…のロミジュリになったような(^-^)個人的は、おもいッきりスッ転んだのが←ごめんなさい((T_T))よかったような……詳しい事はわからないけど(・・;)羽生結弦選手のロミジュリってイメージが強いのであればf(^_^)←ここからはチョ~個人意見(  ̄- ̄)栄光を総ナメにしている、エリート街道のエリート選手の心が乗る曲ではないと思うから。大会に参加して優勝決まってるよね~っていう土台じゃないと思ったから。ロミジュリって楽曲…難しいと思ったけど( ;´・ω・`)スゴく、よかったです!ありがとうございました(*^^*)力んでたね。

    • オネエ 2020年3月7日 3:28 PM

      >ローイ様

      そうですね、ロミジュリ、どうしても様々な想いが入ってしまう曲ですよね。
      今日の転倒があったからこそ、上を向いて栄光への階段をひとつづつ、
      着実に上っていってほしいです。

  4. 敏感汗 2020年3月7日 11:35 AM

    ライバルたちに刺激を受けて、凄いスピードで進化するジュニアたち、本当に面白かったですね!
    駿くんの4ルッツ失敗と転倒に、ショックで呆然としてしまった私。あとで滑った優真くんも動揺したのでは?と思いました。

    この大会での発見は、今まで強いことしか知らなかったモザリョフ。助走の少ない丁寧な滑りとシャイなキャラクターが今回はとても印象に残りました。ピアノ曲を演じたらハマりそう!
    あとアメリカのトルガシェフ、フランスのアダムのステップはエイモズみたいなアクロバティックな動きもあって、最後に盛り上げてくれたのが印象的でした。

    グラッスルは4Loからの変態3連ジャンプを回避して、本人比ではガツガツしてない演技だったけれど、これはもうすぐ出場する、シニア世界選手権に備えているからだと期待していいですよね?
    美しき変態スピン王子が、大井競馬道場で修行を重ね、大人の選手たちに変態構成でガツガツ挑む‥という大劇場が見られることを楽しみにしています。

    • オネエ 2020年3月7日 3:27 PM

      >敏感汗様

      敏感汗さん、こんにちは。
      ブログで紹介できるのはごく一部の選手なんですけど、
      今回ライストで最初から最後まで見ていました!個性溢れるダイヤの原石を
      探すのもまた楽しみのひとつですよね。また来季の楽しみが増えました!

  5. ryo 2020年3月7日 1:28 PM

    こんにちは!
    グラッスル君、4F以外は回転不足には見えなかったのでこの結果には残念です。
    でも彼にはジャンプのバリエーションや変態スピンなど、新しいことに挑戦する向上心が強いように思うので、まだまだこれからですよね…演技構成点もシニアに上がって伸びていくことでしょう。
    ヨーロッパ選手権の時のような素晴らしい演技をシニア世界選手権で見せてくれるよう祈リましょう!

    • オネエ 2020年3月7日 3:25 PM

      >ryo様

      ryoさん、こんにちは。
      グラスルの演技はもうジュニアの域をとうに超えていますよね!
      来季はもっと強くなって、さらに進化した変態スピンなどを見せてくれることを期待しましょうね。

  6. ドングリ 2020年3月7日 1:29 PM

    オネエ様
    シュンシュンの4Lz抜けと4T転倒強打にドングリも激しく動揺しました。そんなぁ〜オォ〜ロミオ〜っていうより捨て犬の目なんですよね、あの子の目って(褒めてます)
    ジュニア最後の試合、思い描いたようにはならなかった16歳の失意の涙…解説のテッドさんの愛の言葉…才能あふれる若者よ、君はまだまだ沢山の試合でそれを開花させられるよ。でドングリも泣いてしまいました。(テッドさん、プーがパンダに変わってやんの〜wも言ってました。)
    鍵山くんもシュンシュンもお疲れ様。素晴らしい試合でした。どうか胸を張って帰ってきてね。
    (スナフキン)リショー先生が大井競馬場からムーミン谷に帰ってきてくれて良かったです。

    • オネエ 2020年3月7日 3:22 PM

      >ドングリ様

      4T転倒強打で、しばし動けなかったのを見て動揺しました。
      ロミジュリって、なんだか困難にも立ち向かっていくような若者の勢いと
      ひたむきさを感じる楽曲ですよね。
      同じ曲でもコーエンが演じるとまた全然違うものになったり。

  7. あじさい 2020年3月7日 2:48 PM

    こんにちは
    佐藤君鍵山君には悔しさしかないでしょうが まだまだ若い!とにかくあらゆる経験が待ち構えています。一つ一つ乗り越えていきましょう!
    モザリョフおめでとう!演技後の静かな両手グーにじーんと来ちゃいました。
    しかしもういろんな個性があって 嬉しくて楽しかったです。

    • オネエ 2020年3月7日 3:21 PM

      >あじさい様

      あじさいさん、こんにちは。
      そうですね、この悔しさをバネにシニアでもっと強くなってほしいですね。
      見どころ満載の男子フリーでした!

  8. MAOファン 2020年3月7日 4:17 PM

    ごきげんよう おネエ様
    駿君優真君、お疲れ様、二人とも最後のジュニアの試合がほろ苦いものになって本当に悔しかったと思います。駿君はババリアンでシニアデビュー、JGPファイナルほどじゃなかったけど良い結果でした。多分、かなり優勝を意識していたのかな…優真君は今年になって3戦目ユース金メダル、四大陸3位ですし、SPはトップ通過、優勝を意識するなという方が無理な状況でした。ふたりには下を向かないで、次のジュニア選手に枠3っていう贈り物さしたのだからって言ってあげたい。みすな様のおっしゃる通り騒がれ過ぎない方が良い時期ですね。シニアへ上がる大切な時期です。ドングリさんのおかげでテッドさんが何を言ってるのか理解して今ごろ涙です。「センダイ」と「パンダ」って言葉は聞き取れたんですが…標準語と北海道弁の純国産バイリンガルなので…
    駿君のPCSが点数が出にくいのはやはりステップ、スピンのレベルがとれない事なのかなと気になってます。ババリアンではスピンは良かったはずですがステップはレベル2だったと記憶してます。スピンもステップもコンスタントにレベルがとれるとジャンプのミスをカバーできると思うので、磨いてほしいなと思いました。
    これから先は被害妄想と言われるかもですが、ISUは現在のアジア系人種がトップを独占するシニアの状況を面白く思って無いのかなと、ぼんやりと感じるんですよね…優真君や駿君が自己ベストじゃなくてほっとしているのはライバルじゃなくてISUかも…なんて嫌な考え方ですよね

    • ドングリ 2020年3月8日 3:26 AM

      MAOファン様
      テッドさんの解説、良いですよね〜全選手への、フィギュアスケートへの深い愛を感じます。これにトレイシーが加わるともう大変な興奮で、静と動、月と太陽みたいな解説になって聴き応えありすぎなんです(^_^;) モントリオールでもテッドさん解説ですから楽しみですね。(女子も男子も解説って、7時間ぶっ通し!テッドさん、長時間すぎ!ご飯食べてる時間会ったかもちょっと心配です。)

      • MAOファン 2020年3月8日 8:21 AM

        ドングリ様へ
        モントリオールに向けて身を浄めてらっしゃるかと…ドングリ様は現地観戦ですから、リアルタイムでテッドさんの解説を解説していただくのは難しいと思いますが良いところだけ、泣けちゃうところだけ、教えてくださいませ。勝手なお願いですね。たくさんの「ファンタスティック!」聞ける大会だと良いなぁ

        • ドングリ 2020年3月8日 1:33 PM

          了解です!きっとホテルに帰ってから毎晩ビデオで見直していますから、なにかテッド節が出たら、お伝えしますね!ていうか、開催されますかね?
          こんな状況になっても強行しようとするISUってどんだけマネーファーストなんでしょうか?って毎日思いながら、行われるなら行くしかないので粛々と準備を進めています。ヘアサロンへ行き、新しいブーツも買い、ネイルもバラ1風にしてみました♪(なんだかんだ楽しみにしてるな(^_^;)

    • オネエ 2020年3月8日 7:17 PM

      >MAOファン様

      MAOファンさん、こんばんは!
      来季の世界ジュニア枠、3つは素晴らしいですね。
      どんどん若手の可能性を広げてくれる活躍に感謝したいです。
      駿も優真もこれからまたあっという間にシニアへ馴染んでくるのかなと思うと、
      成長が楽しみですね。

あなたの愛をアタシにいただけないかしら?
※管理人で不適切と判断したコメントは一切公開されることはありません

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.