スポンサーリンク

スポンサーリンク

フィギュアスケート

投稿日:

ISUの酷すぎる対応に苦言!選手に疑問を呈されるようじゃダメよ!

皆様、こんにちは。

まだクリス氏の訃報を受け入れることができず、突然の出来事に考えることがあり、

ISUが世界シンクロジュニア選手権強行開催したことに、万が一、選手や観客の身に何かあったらと思うと、やはりそれはあってはならないこと。世界フィギュアだって、保健省がストップをかけなければ開催していたはず。

そんなISUに疑問を呈してくれていたスケーターがいたのよね。




ISUはスケーターに疑問を持たれてしまったらダメよ!

チェコのミハル・ブレジナ氏のツイッターより。

「世界フィギュアに参加したくない、コーチ、ジャッジ、選手が病気になり、治らないかもしれないのを見たくないから。ジャッジ、コーチは年上だから。」

ブレジナ氏の言う通りよね。

コーチ、ジャッジは高齢の方もいらっしゃるわけで、

コロナへのリスクも高いことを心配しているのよね。

ジャッジの心配までしてくれているなんて涙

「全世界でますますコロナ感染が増えているのに、ISUは何故、誰か(政府や保健省)の判断に任せる前に、自分達で決断ができないんだ!主なイベントが延期、キャンセルされているのに、スケートだけが危険に晒されているのはおかしい!」

ISUは自分達の私利私欲の為に、何がなんでも世界フィギュアを開催したかった、というよりISUアワードがやりたかったのよね。

保健省がストップをかけ、やむを得ず断念したのが見え見えだもの。

ISUはもう一度考えてほしい。スケーターがリンクで滑ることが当たり前でないことを!

愛するスケーターがある日、突然いなくなってしまうこと。

当たり前と思っていたことを失い、悲しみに打ちひしがれてしまうこと。

スケーターを守る使命が第一であることをISUには徹底して頂きたい!スケーターに疑問を持たれるようではもうダメなのよ!

☆合わせてお読み頂きたい世界シンクロジュニア強行開催についての記事よ☆

ISUの対応にびっくりよ!危険を晒しても世界ジュニア選手権敢行

ISUやジャッジの思惑もすべてスケーターはわかっているのかもしれない、、、

以前の記事でも書いた、欧州フィギュアショートでのブレジナ氏の

キスクラでスコアが発表された後に、彼はある一言をコーチに言ったのよ。

「If I was in the last group, it'd have been more...」(最終グループで滑っていたらもっと点数が出ていたかもしれないね)

この一言、今となってはブレジナのISUへの世界フィギュア開催への疑問も含めて、

キャリアを積んできたスケーター達はISUやジャッジの様々な思惑も全て理解した上で、滑っているんじゃないか?と思ってしまったのよ。

一番の「今のフィギュアスケート」の理解者はスケーター達本人なのよね、、、

ぜひISUを古い体質や考え方を一新すべく、選手達の手によって近い将来改革してほしいわ。

新しいリーダーを選手ファーストで物事を考えられる「常識」のある方にお願いしたいわよ。

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

ぜひ下のブログランキングバナー2つをポチッとお願いします!励みになります!




【いつも応援ありがとうございます!】

ぜひ清楚な人差し指で押していってくださいまし!

【ブログランキング第10位です】


フィギュアスケートランキング

【ブログ村第1位です】

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

-フィギュアスケート

Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.