スポンサーリンク

スポンサーリンク

フィギュアスケート

投稿日:

矛盾した誹謗中傷!攻撃だと騒ぐ前に自分達もやめるべきよ!

皆様、こんにちは。

メドべのロシア在住ファンによる「攻撃を止めて」という嘆願書。

ロシアのスケ連名誉会長までが状況を掴めないまま、しゃしゃり出てくる始末。

正しい批判を攻撃と捉える前に、まず自分達の行動から正したらどうなの?




矛盾した誹謗中傷!ナム氏「本当のファンではない!」

今回、メドベージェワ選手を守る嘆願書をまとめたロシア在住ファンの一部は、同選手の外出自粛中の行動をめぐる情報は偽りであり、裏付けがされていないと主張している。
「現在、日本全国のスケートリンクは閉鎖されており、エフゲニア(メドベージェワ選手)も含め、選手がリンクで練習を行っているという情報は一切ない。日本では外出禁止令として効力があるものではない。一部ネットユーザーが掲げるエフゲニアに対するすべての苦情(の内容)は偽りであり、文書で確認されているものではない。

※Sputnikより一部引用

https://jp.sputniknews.com/figure-skating/202005037420263/

スプートニクの記事によると、この嘆願書をまとめたロシア在住ファンの一部は、

メドべ一連の行動の情報は、偽りで裏付けがされていないと主張しているようだけど、

これはどうなるの?

「ある人がインスタグラムで僕のことを ろくでなし呼ばわりしてさ、エフゲニアに手を出したら承知しないぞって。絶対言っちゃいけない、余りにもプライベート質問をしてきたんだよ。」

ナム・グエン選手はこの質問には答えず、中傷文を自分のアカウントのインスタグラムで公開して、万人の目にさらした。

「今は自主隔離が始まって、エフゲニアは日本に行ってしまってるだろう。それでさ、中には僕も日本にいると思い込んでる人たちがいるんだよ!汚らわしいとか言われるし、人種差別的なことまで書かれてさ。」ナム・グエン選手は自分は今、トロントの自宅にいると強調している。
ナム・グエン選手によれば、メドベージェワ選手のファンの中には自分とメドベージェワの関係を調査している人までいると語っている。

例えばさ、手すりをバックにしてるエフゲニアの動画を見つけたんだよね。それがうちにあるのとそっくりなものだから、てっきり彼女は僕のところにいると決めつけたわけ。でもさ、この写真、うちで撮ったんじゃないんだよ。

ナム・グエン選手はここまでされると恐怖を覚えると語っている。

こうした一方で、ナム・グエン選手はロシアで知り合ったメドベージェワのファンたちは基本的に感じの良い人たちばかりで、大きな支援をしてくれていると書いている。

「ロシアで演技するのはすごく好きなんだ。2019年11月に行ったときはたくさんのファンに出会ったけど、ものすごくいい人たちばかりだった!世界のいろんな大会で出会った中で一番素敵な人たちだよ。」

※Sputnikより一部引用

https://jp.sputniknews.com/figure-skating/202004177369827/

メドべのSNS動画から、ナムくんちにいるんじゃないか?と憶測で決めつけられて、誹謗中傷されていると。

人を非難するのに、自分達の行動には裏付けがあると確信して、誹謗中傷を勝手にするのね?

ナム君はまたこうもインタビューに答えているのよね。

「エフゲニアのファン(実際には彼女の本当のファンではなく、ただのクレイジーな人たちなんだろうと思っていますが)の一部の人たちが、SNSで僕に書いてきたことには迷惑しています。これは絶対に許せないことです。」

基本的にロシアで知り合ったファンの人達は良いひとばかりだったと言っているのよね。

なんだか嘆願書にしろ、ナム君の中傷にしろ、出どころ同じなんじゃないの!?これ彼女の本当のファンがしているの?

なんだか胡散臭いのよね。

彼女を正しい方向に導く良識ある大人達は周りにいないのか?

あたしの仲の良いスケオタオネエ友に、

いろいろ一連の騒動について思い切って、どうなってんのよ、アンタ!って聞いてみたのよね。

「メドべの取った行動に対しては誰ファンとかである以前に憤りを感じているわよ。日本の自治体の要請に反する行動を実際にしてるわけだし。少なくともこのご時世に、SNSで身バレするような投稿を自分でしちゃってるんだもの。そこから言葉が刃のように暴力に変わってしまい、本来争う必要のないファン同士での言い合いは起こってほしくないわよ。

メディアが火に油を注いで話題にしてるでしょ?そして彼女自身も、人の意見に耳を傾けずに、挑発とも取れる行為をSNSで繰り返しているわけだから、彼女自身の行動や考え方を正してくれる人がいなければダメね。

良識のあるファンなら、非は認めた上で、彼女をきちんと正しい方向に導いてくれる人を周りに付けるように要求するのが普通の感覚よ」

考え方は人それぞれだけど、あたしはこの感覚に納得よ。

シッパーだかわからないけど、論点をすり替えて、彼女の行動に対する正しい批判を、攻撃だと騒いで嘆願書を出す前に、自分達の取っている行動もきちんと正すべきなんじゃないの?

彼女のしてきた、人の意見を罵倒するような言動は、

このシッパー達だかなんだかわからない嘆願書を出してる輩となんら変わりないんだもの。

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

下のブログランキング2つをポチっとして頂けると励みになります!




【いつも応援ありがとうございます!】

ぜひ清楚な人差し指で、バナー2つ押していってくださいまし!

【ブログランキング第5位です】


フィギュアスケートランキング

【ブログ村第3位です】

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

-フィギュアスケート


スポンサーリンク


 

愛のオネエサロン

  1. nao 2020年5月5日 8:30 PM

    オネエさん、こんばんは。
    メドベ選手の騒動は、まだ、収まりそうにないですね。
    ナム選手を巻き込んだ一件といい、なんだか、昔のお騒がせ女優みたいです。
    ここで、一度、彼女の口から説明を聞いてみたいです。
    なぜ、アイスショーが中止になっても日本に留まったままなのか、日本の状況を解っているのか、県を跨いで移動している理由は、コロナウイルスのこと、感染についてどこまで理解しているのかなど。
    今の様子だと、彼女の周りの大人たちは、彼女を庇うばかりでなく、「あなたは何も悪くはない。」と誤った情報さえ与えているようにみえます。嘆願書まで登場してきては、ますます、彼女は気づけなくなるでしょう。
    今回の彼女への様々な意見や批判は、誹謗中傷とは違います。ロシアの人達、自国でメドベ選手が同じことをしているのを見たとしても、彼女へ注意を呼びかけることはないのでしょうか?
    そもそも、コロナが流行している日本で彼女が、ステイホームもせずに日本に滞在し続けていることを、どう思っているのでしょう?このあたりも、彼らに聞いてみたいですね。
    それにしても、なぜ、彼女の周りの大人たちは彼女を日本に留まらせたままなのでしょう?
    彼女を利用して、何か目論見でもあるのでしょうか。黒幕は、やはり...?

    • オネエ 2020年5月5日 9:06 PM

      >nao様

      この嘆願書は本当に彼女のファンがしていることなのでしょうかね?
      まともな感覚なら、彼女の危険な行為を正して、自粛を求めるべきだと思いますが。
      この嘆願書が出ることで、彼女自身も自分がまるで被害者のような意識に変わって(すでにインスタではそのような言動ですが)
      しまうことが一番あってはならないですし、結局同じことをいつまで経っても繰り返すでしょうね。
      こんな緊急事態になんでなんでしょう!

  2. マカロン 2020年5月5日 8:53 PM

    メドベは今回の件反省するどころか、SNSで「どいつもこいつもク○みたいなこと言いやがって!」ってって逆切れされているようです。
    まるでヤ○ザみたいな汚い言葉。品格を疑います。
    昨年のレターの件も注目を集めるための自演でしょう。
    メド・マネージメントのアリ氏は、注目を集めるためにはスキャンダルでも何でもいいからと言われているとか。
    メドベは競技での成績が不振。今後も期待できない状態。
    だから注目を浴びるためには問題を起こして炎上するしか方法はないのかなと思っています。
    それにしてもリンクでの練習目的でないのなら、東京から新潟そして青森、八戸、弘前とと何のために移動されたのでしょうか。八戸では精肉店と銭湯で目撃情報出ているし。弘前公園の桜をバックに踊っている姿の映像がUPされているし。
    コロナウィルス蔓延している日本に観光目的だったんでしょうか。

    • オネエ 2020年5月5日 9:08 PM

      >マカロン様

      アリ氏のショービジネス的な発想を、
      今の緊急事態宣言下の日本で展開するのはやめてもらいたいですね。

あなたの愛をアタシにいただけないかしら?
※管理人で不適切と判断したコメントは一切公開されることはありません

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.