スポンサーリンク

スポンサーリンク

フィギュアスケート

投稿日:

デタラメ記事だわ!すでにカナダトロントで練習を再開しているですって?

皆様、こんばんは!

週刊誌「光文社」の中の「女性自身」と「FLASH」が、ほぼ同時にとっていいほど、

なぜメドベージェワが日本に来て練習を積んでいるのか?を記事に上げてきたわよね。

インタビューの数日後にカナダトロントへ戻ったと言っているけれど、入国制限があるはずでは???

スポンサーリンク

週刊誌のデタラメ記事!すでにカナダトロントで練習を再開しているですって!?

メドヴェージェワが語った羽生結弦「全スケート選手の夢」

「来日を決めたころ、練習拠点であるカナダのクリケットクラブのリンクは新型コロナの影響で閉鎖されてしまいました。日本でアイスショーに出演する予定があったのですが、カナダでの練習は難しいということもあってブライアン・オーサーコーチと相談し、日本で練習をすることにしました

コロナ禍での練習の困難さについてこう語るのは、フィギュアスケートのエフゲニア・メドベージェワ選手(20)だ。16、17年の世界選手権で優勝、18年の平昌五輪では銀メダルに輝いたロシアを代表する選手だ。

6月5日~7日まで、新横浜スケートセンターで開催される予定だった「美少女戦士セーラームーン Prism On Ice」に向けて日本で練習を重ねていた彼女に、埼玉県内のスケートリンクで話を聞いた。

日本への入国後、都内のホテルで2週間の“自主隔離生活”を送っていたというメドヴェージェワ選手。その後、入国制限によってロシアに帰国できなくなった彼女が練習場所として選んだのは青森だった。

関係者や支援者の方々が探してくださり、青森の八戸にあるリンクで練習ができることになりました。この春にオープンにしたばかりというリンクはとても素晴らしく、充実した練習ができました。環境もよく、浜辺の景色は心に残っています。母は『ウニが美味しい!』と言って、喜んで食べていましたが、私はウニが苦手なんです(笑)。日本に来てよく食べるのは、大好きな焼肉。モスクワに韓国の有名な焼肉チェーンの『ハイト』が一軒だけあるんですが、よく友達と一緒に食べに行きます。肉食系ですね(笑)」

八戸市との縁が深い日本選手といえば、五輪2連覇を果たした羽生結弦選手(25)。東日本大震災が起こった11年、ジュニア時代の羽生選手が練習拠点としていた仙台のリンクが使用できない事態に。そんな時に、練習場所を提供したのが、八戸市にあるリンク「テクノルアイスパーク八戸」だったのだ。

メドヴェージェワ選手が練習をしていた新リンク「フラットHACHINOHE」の4月3日から行われるこけら落とし「スターズ・オン・アイス」公演には羽生選手も出演する予定だった。

同じブライアン・オーサーコーチ(58)の門下生でもあり、ゆかりの地で練習をしていた彼女は羽生選手についてどう思っているのだろうか。

「羽生選手と同じリンクに立つことは、おそらく全世界のフィギュアスケート選手の夢だと思います。一緒に練習していると、彼から学ぶことが非常に多く、私にとっては有意義な時間で、プラスになることが多いです。彼はものすごく気が強くてストイックな選手。特に18年の平昌五輪は、羽生選手の強い精神力がなければ、あそこまでの演技はできなかったでしょう。フィギュアスケート選手としてだけではなく、アスリートとしても世界有数の強さを持った素晴らしい選手だと思います。カリスマ性もあり、人間としても心の強さを感じる、尊敬できる選手です」

またメドヴェージェワ選手は、4回転ジャンプが主流となりつつある激動の女子フィギュア界についても闘志を燃やしていた。

「いまロシア選手の何人かが4回転を飛んでいますが、非常に年齢が低い選手。自分が同年代のときに、4回転を試したことはありますが、当時は女子選手が4回転を飛ぶトレンドではなかった。プログラムの後半に3回転+3回転のコンビネーションを飛べば高得点が出たので、世界選手権で2度も優勝ができました。当時はコーチも4回転が必要だとは思っていなかったので、敢えて飛ばなかったのです。もし、タイムスリップをして15歳の若い身体に戻れば、おそらく練習をすれば飛べたと思います。でもいまの私は4回転を飛ぶ年齢ではありません。ただ、試合に出たら、もちろん勝ちたいですし、その気持ちで戦っています」

気になるのは、22年の北京五輪。再び五輪の舞台で表情を華麗に舞う彼女の姿は見られるのだろうか。

「私は現役の選手なので、将来については何も否定しません。ただ五輪はまだ1年半も先で、何か計画があるわけではありませんが、毎日の積み重ねが大事だと思っています。現役選手としては、身体がどこまで持つのかはわかりません。ただ、20年後の姿を頭の中で描くと、自分は必ずフィギュアスケートと関わっている、繋がっていると。フィギュアスケートからモチベーションやインスピレーションを感じていますし、私の人生、そのものですから」

このインタビューの数日後には日本を離れ、練習拠点へ戻って行ったメドベージェワ選手。数々の困難を乗り越えてきた彼女だけに、1年半後、北京五輪のリンクに立っている姿が見られる気がしてならない――。

※女性自身より一部引用

https://jisin.jp/sport/1872562/

↑↑↑

週刊誌「光文社」の中の「女性自身」と「FLASH」が、ほぼ同時にとっていいほど、同じような記事を出してきたわよね。

何が違うのかっていうのは、比較して頂くとわかる通り、「羽生結弦」と「浅田真央」の名前を絡めているだけの話よ。このインタビューにそれ必要!?

なんだか話がどんどん美談化されていって、質問の論点ズレて行ってない?

何故日本で練習をしているのかのインタビューなんでしょ???

↓↓↓

メドベージェワ『美少女戦士セーラームーン』がつないだ浅田真央との交流を語る

6月19日、ロシアのフィギュアスケート選手、エフゲニア・メドベージェワ(20)の姿が、埼玉県内のスケートリンクにあった。メドベージェワといえば、2016年、2017年の世界選手権を2連覇、平昌五輪は銀メダリスト。その彼女がなぜ日本で練習を積んでいるのか、独占インタビューした。

「4月2日に来日したのですが、そのときは新型コロナウイルスで全世界が混乱していました。当時、私がトレーニングしているクリケットクラブ(カナダ)のリンクは閉鎖。カナダで練習できなくなり、コーチと相談して、早めに来日しようと判断しました

じつはメドベージェワは、6月5日~7日まで、新横浜スケートセンターで「美少女戦士セーラームーン Prism On Ice」に出演するはずだった。

フィギュア界では知られている話だが、メドベージェワは、『美少女戦士セーラームーン』の大ファン。2016年の「ドリーム・オン・アイス」では、セーラームーンのコスプレ姿で演技を披露し、「可愛すぎる!」と話題になったほど。原作者の武内直子さんとも初対面をはたしている。

だが残念ながら、来日して2週間ほどでアイスショーの1年間延期が決定した。

「準備は着実に進んでいて、かなりいい仕上がりになっていました。とても残念ですが、仕方ないことだと思います。中止になったわけではないので、来年の開催を心から楽しみにしています」

日本のアニメをこよなく愛するメドベージェワだが、『美少女戦士セーラームーン』以外に好きな作品は?

「『東京喰種』が好きです。あとは『黒執事』も好き。ゴシック系のアニメが好きなんです。ゴシックファッションが似合いそうですか? ありがとうございます。嬉しいです。今はナチュラルな感じが好きなので、35歳を超えたらゴシックファッションに挑戦してみたいですね(笑)」

世界的に有名になったメドベージェワの『セーラームーン好き』だが、そのきっかけを作ってくれたのが浅田真央(29)だという。

「初めて優勝した2015年の世界選手権の表彰式の前でした。浅田さんにどうしても話しかけたかったのですが、日本語が話せないので、覚えていた『セーラームーン』の歌を日本語で歌いました。

彼女はすごく驚いていましたが、すぐに笑顔で『ぜひ今度、テレビカメラの前で歌ってください』とアドバイスしてくれました。私が『セーラームーン』が好きだというニュースが世界中に広まったのは、浅田さんのおかげなんです」

浅田は、メドベージェワにとっても特別な存在だったという。

「彼女は、フィギュアスケートをこれまでになかったレベルに引き上げてくれました。素晴らしいスケーターだけでなく、とても芯が強い女性。いろんな苦労があったにもかかわらず、輝かしい実績を持っています。

フィギュアスケートの歴史に名を刻んだとても大きな存在で、非常に尊敬しています。きっと、すべてのフィギュアスケーターが同じことを言うでしょう。時代が変わっても、多くの人の記憶に残る選手です」

尊敬する浅田は現役を引退後、タレント業のほか、プロスケーターとしてアイスショーに出演。多くのファンを魅了しつづけている。メドベージェワにも、将来の夢を聞いてみた。

「いま、トロントでジュニアの選手2人に、スケートのことや健康のことなどを先輩としてアドバイスしています。とても楽しいですね。一生続けるのは難しいかもしれませんが、現役引退後はコーチをやりたいです」

新型コロナウイルスの影響で各国が入国制限したため、しばらく帰国できなくなったメドベージェワ。インタビューの数日後には日本を離れ、練習拠点のカナダへ戻り、トレーニングを続けているという。

※FLASHより一部引用

https://smart-flash.jp/sports/106512

関係者や支援者ね、、、

もうね、あたしが心配しているのはただ一点。

6月19日のインタビューの数日後に日本を離れ、練習拠点のカナダへも戻り、トレーニングを続けているですって!?えええ!?

スポンサーリンク

カナダはまだ外国人の入国を禁止しているけど???

外国人の入国を禁止する(空路・海路につき6月30日まで。乗務員,永住者,カナダ市民及び永住者の近親者(配偶者,被扶養子女,父母・里親,補助者等),外交官等は除く。)。空路においては,カナダに入国する乗客及びカナダから出発する乗客に対し,搭乗前に健康確認の問診の他,体温検査の受検を義務付ける。検査不合格者は,搭乗を拒否され,航空券の再予約は検査から14日以降に可能となる。新型コロナの症状のある者の入国を禁止する。ただし,感染症状のある自国民及び永住権保持者の陸路及び海路での入国は許可する(空路は不可。)。

※外務省海外安全ホームページより一部引用

https://www.anzen.mofa.go.jp/covid19/pdfhistory_world.html

カナダ、まだ入国制限かかってるんですけど、、、

仮に帰国した話が真実なら、トロントに戻ってもまだ2週間の自己隔離中の期間でしょ?

それなのにすでに練習を再開しているってどういうこと!?

それってトロントに戻っても自己隔離していません!ってことを公表しているようなものよね。

なんでこんなデタラメ記事書くのかしら???

そしてなぜ埼玉に移動して練習していたかについては一切触れないのね。

謎だらけだわ。

スポンサーリンク

最後までお読み頂きありがとうございます。

共感して頂けることがあれば、ぜひぜひ

下のブログランキングバナー2つをクリックして頂けると励みになります。

【いつも応援ありがとうございます!】

ぜひ清楚な人差し指で、バナー2つ押していってくださいまし!

【ブログランキング第6位です】


フィギュアスケートランキング

【ブログ村第5位です】

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

-フィギュアスケート


スポンサーリンク


 

愛のオネエサロン

  1. ななっち 2020年6月30日 1:01 AM

    真実は「部外者」には分かりません。あれこれ憶測しても仕方がないのではないですか?憶測で人様の批判をしても何も生まれないと思いますが。

    • オネエ 2020年6月30日 1:22 AM

      >ななっち様

      あくまでわたしは週刊誌の信憑性のない報道や他の選手を絡める仕方に対しての
      批判をしているだけですが。このような報道で、
      トロントで他の選手達の健康が大丈夫なのか?と心配になりましたが。

  2. 燦太 2020年6月30日 7:09 AM

    まったく、今回のメドベの的外れな行動と言動+デタラメ記事!
    メドベだけで無くロシア人全体を疑いたくなりそうです。
    真央ちゃんを尊敬するなら、行動も見習って欲しいもんたぜ!
    ザキトワにはこんな事にならない様に!
    妹思いの優しい見本となるお姉ちゃんであって欲しいです。
    エテリガールズもだぜ!
    オネエ様も燦太に優しい、お小遣いを沢山くれる人になって欲しい♪

    • オネエ 2020年7月1日 7:29 PM

      >燦太様

      デタラメもいいとこ!結局はロシアへ帰ったようですけど、
      どこがカナダトロントで練習再開したのか!!!
      日本の至宝、羽生結弦と浅田真央の名前を絡めないでほしいですね。
      お小遣!?ぜひわたしにください燦太お兄様!

あなたの愛をアタシにいただけないかしら?
※管理人で不適切と判断したコメントは一切公開されることはありません

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.