スポンサーリンク

スポンサーリンク

フィギュアスケート 羽生結弦

更新日:

一体スケ連はいつ動くの?女性誌の捏造記事にファンはスルーだけど

皆様、こんばんは!

先日お話した、某女性週刊誌の捏造記事がYahooニュースに取り上げられているわね、、、

ファンは読まなければいい、いつもの捏造記事だからとスルーしても、

あまりに多くの目に触れる機会ができてしまうことで、フィギュアの内情を知らない方々は鵜呑みにする可能性があるわよね。

スポンサーリンク

ファンはスルーしても、スケ連は取り得る必要な措置を講じないのかしら?

練習不参加の羽生結弦、コロナでナイーブになり籠城生活

新型コロナ感染拡大の影響で、次々と大会やイベントが中止になる中、羽生結弦選手(25才)は一瞬たりともファンを退屈させなかった。

6月中旬には世界五都市で開催が予定されていたものの、中止になった「ファンタジーオンアイス」の公式SNSで、元気な姿と動画メッセージを公開。ファンを和ませた。さらに写真集が3冊も発売され、7月1日からはオンラインで写真展が開催される。

こうなると、次に期待してしまうのは、「スケーティング姿」だが、羽生選手に“異変”が起きているという。スケート関係者が話す。

「羽生選手は2月の四大陸選手権の後、練習拠点のあるカナダ・トロントに戻りました。その後、コロナの影響で最大の目標だった3月の世界選手権が中止に。例年なら大会後に日本に帰国し、リフレッシュしてから次のシーズンに備えますが、帰国することができなくなってしまったんです」(スケート関係者)

カナダは3月初旬から新型コロナの感染者が急増。中旬頃から徐々に規制が設けられ、スケートリンクを含む公共の施設や、ショッピングモールが閉鎖になり、「ロックダウン」といわれる状態が続いた。

その成果もあり、感染者は4月半ばには減少傾向に。羽生選手が拠点とする名門スケートリンク「クリケットクラブ」も、5月27日に再オープンした。

「感染防止のために“1回にリンクに上がれる選手は5人まで”と決めて再開させました。多くの選手たちが順番待ちをするなか、羽生選手は早々に練習メンバーに入りましたが、なぜかリンクに来ていないんです。ほかの選手は『TEAM Cricket』と書かれたマスクを着けて練習しているのですが…」(前出のスケート関係者)

通常、スケート選手は遅くとも6月には、秋に始まる新シーズンに向けて動き出す。ほかの選手たちが新型コロナによる遅れを取り戻そうと躍起になっているなか、羽生選手はリンクに上がってさえいないというのだ。そこにはある理由があった。

「練習場に姿を見せない羽生選手に対し『ボイコット』を危惧する声もあがりましたが、実際は持病を気遣ってのことでした。彼はもともと喘息の持病があるため、新型コロナの感染拡大以降、人一倍気をつけていましたが、あるニュースを耳にしてからはさらに外出にナイーブになりました。それは、“若い人でもコロナに罹患すると重症化する”というもの。自粛期間中はほぼ家から出ず、お母さんと一緒に過ごしていたそうですよ。

再開後すぐにリンクに立たないのは、自分がほかの選手にうつすようなことはあってはならない、という彼なりの思いもあるようです」(別のスケート関係者)

リンクが閉鎖されている間は、ブライアン・オーサーコーチと新しい振り付けの確認などをテレビ電話で行っていたという。

羽生選手の練習状況について、練習拠点となっているクリケットクラブは、

「選手のプライバシーに関してはお答えしていません」

と言うのみだった。

「本来なら6月中に新しいプログラムを習得し、7月はその精度を高める時期にあたります。紀平梨花選手(17才)が7月から羽生選手と同じくオーサーコーチに師事することが決まり、彼女も7月からカナダ入りします。選手たちの練習が本格化するなか、羽生選手は相当焦っているようです(前出・別のスケート関係者)

9月から始まるスケートシーズン。これまで羽生選手はカナダで開催される国際大会「オータムクラシック」からシーズンインすることが多かった。

「大会の2か月前に開催が決定するので、開催の可否は間もなく発表されると思います」(スポーツ紙記者)

苦境を乗り越えた後、羽生選手はどんな演技を見せてくれるだろうか。

ポストセブンより一部引用

またいつもの捏造記事なのね、はいはいスルーで。

ファンなら読まなければよいという判断ができるぐらいのツッコミどころ満載の記事なのだけど、

Yahoo!ニュースに取り上げられてしまうことで、多くの方々が目に触れる機会ができてしまうという事実もあるのよ。

まずこのYahoo!ニュースに取り上げられるメカニズムを調べてみると、

Yahoo!が提携しているニュース提供社の中に某女性週刊誌も入っており、ほぼ自動的に掲載となるそうよ。

例え信憑性のない記事でも、話題になり多くのアクセスがあれば、両社にとっては都合がいいわけよね。

記事の内容に話を戻すと、

毎度のことなのだけど、そもそもスケート関係者って一体誰ですか!?

写真集がランキングを独占し、7月に入り「オンライン羽生結弦展」が始まって、

何かと水を差すようなタイミングで必ずと言っていいほど、捏造記事を出してくるわよね。

一体、誰からの依頼で某女性週刊誌のライターは記事を書いているのですか!?

「ボイコット」、「危惧」、「焦り」とネガティブなワードを駆使して、そこに信憑性を持たせようとして無理やりねじ込む関係者笑

そもそも最初の「ファンを一瞬たりとも退屈させなかった」って言葉、すごく嫌味にしか聞こえないわよね。

スケ連はさ、いつも連盟関係者、スケート関係者と使われていることに対して何も抗議をしないという事は、本当に情報提供でもしているわけ?

何よりも捏造記事で特定のスケーターが名誉棄損や、傷つけられたりしていることを無視するのはなぜですか!?

「SNS等で選手を誹謗中傷するような書込みがされることは非常に残念であり、これを助長するような動きがあるとすれば、連盟として、取り得る必要な措置を講じていきたいと考えております」

以前、このように発言されていましたけれど、

何一つ具体的な措置を取らずに、放置してきたから、いつまで経っても「もぐら叩き」のようにポコポコと出続けてくる始末。

「一時期、週刊誌の問題とかいろいろあった時に、なんで僕生きているんだろうって。でもね、やっぱり、みんなこうやっていっぱい応援してくれてるし、何よりも僕が幸せなのは、自分が憧れている方々が、みんな自分にメッセージをくれて。ゆづは大丈夫だよってコメントをくれて、本当にありがたかったし、スケートをやっててよかった。本当に、今は生きててよかったなって思ってます」

以前アイスショーで吐露した想い。

スケ連はいつになったらスケーターを守るために動いて、必要な措置を取るのかしら!?

スポンサーリンク

【羽生結弦関連デジタル書籍のご案内よ】

羽生結弦選手の演技、練習、アイスショー、オフショットなどをシーズンごとにまとめた写真集『羽生結弦 SEASON PHOTOBOOK』。その第1巻「2015-2016」~第4巻「2018-2019」の4冊が、デジタル版(電子書籍)として刊行されました。 田中宣明カメラマンが撮影した羽生選手の魅力あふれるシーンの数々を、いつでもどこでも、スマホ、タブレット、PCで存分にご堪能ください!

NEW!!!

・1巻 羽生結弦 SEASON PHOTOBOOK 2015-2016 (Ice Jewels特別編集) Kindle版

 

・2巻 羽生結弦 SEASON PHOTOBOOK 2016-2017 (Ice Jewels特別編集) Kindle版

 

・3巻 羽生結弦 SEASON PHOTOBOOK 2017-2018 (Ice Jewels特別編集) Kindle版

 

・4巻 羽生結弦 SEASON PHOTOBOOK 2018-2019 (Ice Jewels特別編集) Kindle版

世界フィギュア2021ストックホルム大会のオールイベントチケットは8月25日発売開始!

出典:ストックホルム大会公式

こちら昨日更新された世界いフィギュア2021ストックホルム大会のチケット情報よ。

・オールイベントチケットは8月25日から販売

・単日券は11月以降に販売

グランプリシリーズがすべて中止ともロシアメディアでは言われているけれど、

北京五輪の「枠」を決める大切な大会である世界フィギュア。

この大会でもアリは「ISUアワード」をやるのかしらね!?

もしどうしてもやるのなら、エキシビジョンと別日程にしてもらいたいわよ。

スポンサーリンク

最後までお読み頂きありがとうございます。

共感して頂けることがあれば、ぜひぜひ

下のブログランキングバナー2つをクリックして頂けると励みになります。

【いつも応援ありがとうございます!】

ぜひ清楚な人差し指で、バナー2つ押していってくださいまし!

【ブログランキング第6位です】


フィギュアスケートランキング

【ブログ村第4位です】

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

-フィギュアスケート, 羽生結弦


スポンサーリンク


 

愛のオネエサロン

  1. nao 2020年7月5日 8:23 PM

    オネエさん、こんばんは。
    もう、本当に日本のスケート連盟もISUも、羽生選手の事をどう思っているのでしょうね。週刊誌には誹謗中傷記事を書かせ放題、アワードはアリ氏にやらせたい放題、酷すぎます。週刊誌の記事に心を痛めたと吐露した羽生選手の言葉を、あの時、日本の連盟はどう受け止めたのでしょうか。羽生選手の命さえ脅かす事だったのに…。私は彼がそこまで追い詰められていた事が、本当にショックでなりませんでした。そして、あの時、彼を応援するだけでなく、彼を守りたいという気持ちが芽生えたんです。とても強く強く…。遠くにいても、見えない所でも、彼のために何が出来るのか、日々、考えています。オネエさんが、こうして声を上げて下さることに感謝です。フィギュア界だけでなく、人類の至宝である羽生選手を守り抜いていきたいですね。

    • オネエ 2020年7月6日 9:32 PM

      >nao様

      naoさん、こんばんは!
      週刊誌の捏造記事について、何故スケ連は毎回放置しているのか?
      そしてその度に使われるスケート関係者。本当にスケ連が情報提供しているから、
      何もできないのでは?と思われても仕方がないですよね。

  2. ナミ 2020年7月5日 10:08 PM

    オネエさまこんばんは。九州の災害辛いですね。静岡県での工場火災で4名の殉職者が出た事も辛いです。コロナに災害にISUにキチガイ編集者にバカヤロー!です。ところでお姉さまは宇野君ファンブログのシェンロンさんを御存知ですか?友達から「オネエさまと甲乙つけがたい真摯さと面白さがある」と教えてもらい最近知ったブロガーさんです。7月5日の記事 「大阪&クリケット」にクリケットのオーナーさん家族の事が書かれています。娘さんは羽生君のファンだそうです。そしてオーナーはアメリカ人なので、それがジェイソンのカナダ入りに繋がったのではないかと。

    週刊誌にはあの巨大ジャニーズ事務所も、引退してしまったスーパープロヂューサー兼ミュージシャンの小室哲也氏も事実と異なる事を書かれています。何故大手の権力使ってでも止めさせられなかったのかと考えました。事実と異なる記事を止めさせようとすると事務所が報道して欲しい記事も拒否されるのかなと思いました。スケ連も同じ立場なのかもと思いました。現在は羽生君一人だけが書かれているようですが、昔は安藤さんとか、真央ちゃんと大輔さんが付き合っているとか書かれました。真央ちゃんが自分で赤西仁君のファンだと言っているのに週刊誌には当時東方神起のジェジュンのファンだと書かれたこともありました。皆その時代の人気選手です。週刊誌のいいかも(利用しやすい人物)です。文春は色付けした記事で小室さんを引退にまで追い詰め、日本音楽界は文春によって大きな才能を失いました。メディアの傲慢さ、そのうちに法的な措置が取られるんじゃないでしょうか。

    • オネエ 2020年7月6日 9:36 PM

      >ナミ様

      ナミさん、こんばんは。
      雨による災害、大変ですよね。
      ブログの件は存じ上げておりません。オーナー様のご家族のご縁からカナダ入りになったのですね。
      メディアに関しては、いつまで嘘を書き連ねれば気が済むのでしょうね?いつもの捏造記事のライターと
      スケート関係者は誰なのか?きちんと名前を入れてほしいですよね。

あなたの愛をアタシにいただけないかしら?
※管理人で不適切と判断したコメントは一切公開されることはありません

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.