スポンサーリンク

スポンサーリンク

フィギュアスケート 羽生結弦

投稿日:

スケ連は放置?ガセブンの羽生結弦下げ記事に対してもダンマリ?

皆様、おはようございます。

羽生結弦のISUアワードMVS受賞に合わせて、待ってましたと言わんばかりのタイミングで、某女性週刊誌が出してくる下げ記事。

もうわかりやすくて、やっぱりねと呆れてしまうほどよ。

そしてイベント関係者が語る「プラネタリウムショー」。本当に彼に携わる方々って、こんなにもベラベラ喋るものなのかしら?

スポンサーリンク

羽生結弦のMVS受賞に合わせたタイミングで出てくるいつもの「下げ記事」

羽生結弦 開催見合わせの「プラネタリウムショー」の全容

輝かしいトロフィーがまた1つ加わった――。国際スケート連盟(ISU)が今年創設した「ISUスケーティングアワード」で7月11日、羽生結弦選手(25才)が初代「最優秀選手賞」に選ばれた。世界で最もフィギュアスケートの発展に貢献した選手に与えるものだという。

「ネイサン・チェン選手などのライバルを抑えての素晴らしい受賞にファンは歓喜しました。ただ、心配なこともあった

とは、スポーツ紙担当記者。

「受賞後に黒いスーツを着てリモートでコメントする羽生選手の頬がこけているように見えたのです。『やせた?』と心配するファンの声も多かった。新型コロナの影響でオフシーズンに練習拠点のカナダから日本に帰国することができなかった上に、持病の喘息を気遣って、感染を防ぐためにかなり神経質な生活を送っていたようです。練習開始もほかの選手より遅れていて、体調面が懸念されます」

9月からスケートシーズンが始まるが、新型コロナの感染を防ぐため、当面の間、日本人選手は参加しないことが13日に発表された。

新型コロナの影響は、羽生選手が長年大切にしていた活動にも暗い影を落とした。東日本大震災の復興チャリティーイベントである。

「今年8月、都内で羽生さんの写真や衣装が展示されるチャリティーイベントが行われる予定でした。そこはプラネタリウムも併設された会場で、羽生さんの復興への願いが込められた特別プログラムが上映される予定でした」(イベント関係者)

特別プログラムとは、東日本大震災の当日、2011年3月11日の星空を再現するというもの。宮城・仙台出身の羽生選手もリンクで練習中に被災した。その日の夜、彼は寒さの中で空を見上げていた。

「テレビ番組の企画で、当時過ごしていた避難所を訪れたことがあります。そのときに思い詰めるように語っていたのが、その日の星空のことでした。大規模な停電により街から明かりが消えたことで、皮肉なことに星がとてもきれいに見え、昔の人はこんな夜空を見ていたのだろうかと思いを馳せたそうです」(前出・スポーツ紙記者)

この原体験ともいえる夜空が、夏に東京で再現されるはずだったが、新型コロナの影響で開催は見合わせに。

「羽生さんの強い希望もあって計画されたチャリティーイベントでした。中止ではなく、延期だと聞いています。コロナ禍が克服されたとき、必ず開催されるはずです」(前出・イベント関係者)

その夜空を見上げる日が待ち遠しい。

NEWポストセブンより一部引用

ISUアワードで羽生結弦がMVSを受賞した途端に、出てくるいつもの下げ記事。

MVS受賞を引き合いに出して、ただ頬がこけているだの、体調面が懸念されるだの、練習が遅れているだの

ネガティブなことを印象付けたいが為だけの記事内容。

そもそも記事の見出しから、「与えるものだという」という書き方から、ISUアワードはもとより、MVSについてまるっきりわかっていない

記者が書いていることがわかってしまうものね。

きっとMVS受賞したから、このタイミングで下げ記事を書いてくれと、誰かに頼まれて書いたのでしょうね。

スポーツ紙担当記者って一体誰!?

いつもスケート連盟関係者とか匿名で、いかにも証言がありました的に書くけれど、全く信憑性ないのよね。

どこの誰がって具体的な名前を添えることはできないでしょうね、だってすべてが憶測記事なのだから。

いつになったら、スケ連はメディア対策の為に動くのかしら!?

毎回ネガティブな記事が出るのは決まって羽生結弦だけという不自然さ。そしてそれを放置し続けるスケ連という組織のさらなる不自然さ。

トップや副会長がMVS受賞の祝いの言葉ひとつすら述べない異常な組織内部。トップは相撲ネタにはすぐに飛びつくのにね。

下げ記事を依頼している機関とスケート連盟が、きっとなんらかの関係で繋がっているからでしょうね。そう考えると合点がいくもの。

「今年8月、都内で羽生さんの写真や衣装が展示されるチャリティーイベントが行われる予定でした。そこはプラネタリウムも併設された会場で、羽生さんの復興への願いが込められた特別プログラムが上映される予定でした」(イベント関係者)

ノッテステラ―タのこと!?

いつもの安定の下げ記事はもうスルーして、ひとつ気になったのが、イベント関係者が言うチャリティーイベント。

こちらも信憑性は微妙だけれど、羽生結弦展のことを指しているのかしら?

プラネタリウムが併設された会場の中で、特別プログラムの上映!?

あたし思うのだけど、「オンライン羽生結弦展」に関わっているイベント関係者、そしてカメラマンの方々を見ていると、

本当に羽生結弦というアスリートに対してのリスペクトが、様々な部分から見れるのよね。

だから、このようにイベント関係者が実際に開催されなかった内容をベラベラと女性週刊誌に話すようなことって本当にあるのかしら?と懐疑的になってしまうのよね。

ガセブンの小学館は、売上減少による経営状態の悪化がことささやかれているわよね。

夜空を見上げる日を待ち遠しく思う前に、自分達の足元しっかり見た方が良いわね。

芸能人ではないのよ。アマチュアアスリートに対して、全くのリスペクトを持たずに捏造記事を書く執着心、別の部分に力を注ぎなさいよ。

スポンサーリンク

2ヶ月連続!「フィギュアスケート通信DX」羽生結弦関連新書発売のお知らせよ!

8月11日発売

・フィギュアスケート通信DX 2019-2020シーズン総括号

【内容紹介】

公認大会で史上初となる4回転ループに成功、オリンピック2連覇、世界歴代最高得点の歴史的記録保持者であるなど、スポーツ界において数々の伝説を残す羽生結弦選手。その進化は今もなお止まらず、2019-2020シーズンからは4回転アクセルの次に難しい4回転ルッツをプログラムに組み込み、より高難易度なプログラムに挑戦し続け世界中を魅了し続けています。
本誌は、そんな彼の今シーズンの活躍をまとめた総括号になります。2019-2020シーズン中に出場した全試合やイベントを網羅し、たっぷりの写真で振り返ります。

↓ご予約はこちらよ↓

9月8日発売

・別冊フィギュアスケート通信DX 羽生結弦~シニアデビューから10シーズンの軌跡~

【内容紹介】

公認大会で史上初となる4回転ループに成功、オリンピック2連覇、世界歴代最高得点の歴史的記録保持者であるなど、スポーツ界において数々の伝説を残す羽生結弦選手。その進化は今もなお止まらず、2019-2020シーズンからは4回転アクセルの次に難しい4回転ルッツをプログラムに組み込み、より高難易度なプログラムに挑戦し続けています。
そんな羽生結弦選手ですが、シニア選手としてデビューしてから今年で10シーズン目を迎えました。その記念として、これまでの歩みを振り返る特別号を出版したいと思い企画しました。デビュー戦であるNHK杯2010から歴史的快挙を成し遂げた四大陸選手権2020まで、たっぷりの写真で当時の感動が甦る特別号です。

↓ご予約はこちらよ↓

こちら羽生天神社がプーさんの可愛らしい画像を届けてくれたわよ。

それでは皆様、また一週間が始まりますがどうか健康で日々を過ごしていきましょうね。

スポンサーリンク

最後までお読み頂きありがとうございます。

共感して頂けることがあれば、ぜひぜひ

下のブログランキングバナー2つをクリックして頂けると励みになります。

【いつも応援ありがとうございます!】

ぜひ清楚な人差し指で、バナー2つ押していってくださいまし!

【ブログランキング第6位です】


フィギュアスケートランキング

【ブログ村第4位です】

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

-フィギュアスケート, 羽生結弦


スポンサーリンク


 

愛のオネエサロン

  1. リン 2020年7月20日 10:05 AM

     がセブン情報の直後に、クリケット発???トレーシー??? の 羽生はカナダにはいないという発言情報が流れてきているのに、カナダ在を執拗なまでに繰り返していますね。アンチ?YouTubeにも。そして小○館のなんたらnetニュースの動画で、女性アナが、がセブンねたをしれっと読み上げたりしてしつこいこと。何重にも練習不参加を強調?カナダの情報でもあるみたいに。  まるで、日本にいるなら出てこい と挑発ているみたいよ。なんか、尋常ではないものをかんじます。小○館て何者? 羽生選手が 本当にコロナを怖がっているのなら四大陸で、あんなに中国の選手と和気あいあいの場面はなかったはずよ。 もしかして、今、何か人為的に危険にさらされるおそれでもあるんじゃないかしらなんて、かんぐってしまいます。ミステリーの見すぎよね。 私、心配症なもので。  
     おねえさま、はたして、この報道、クリケット情報に抗うしつこさの意図はなんでしょうね? 

    • オネエ 2020年7月24日 11:08 AM

      >リン様

      リンさん、こんにちは。
      小学館って、地に落ちましたよね。
      アワードを祝うなんて気持ちさらさらないのが文面から伝わってきますし、
      結局は下げたいだけ。それをしれっと報道するメディアも理解できません。

  2. ライトファン 2020年7月20日 7:47 PM

    こんばんは~!ガムはあーん(^○^)して食べさせて貰う妄想はありですよね~♪自分の顔、かなり加工してー。

    まぁ、痩せたと思うけど、彼は今、新プロを仕上げるという、産みの苦しみを味わっているのでは?と思いますよー!再演でも今なりにカスタマイズとか、なかなか大変だと思いますよ。
    皆が集大成と思っているのも知ってるはずです。
    余計なプレッシャー申し訳ない…。

    彼に対する周りの扱いはかなり異常と思うけど、彼は面倒くせーなー!と思いつつも前に進んでいると、と、私は信じたい!

    怒られるかもですが、もうひと妄想。
    もしかすると、次のフリーは既成の曲ではなく、めちゃくちゃオリジナルで来るかもーって。(ルール的にダメじゃないよね?)

    坂本龍一教授あたりかー、新垣隆大天才先生とかー。来ないかなー(^^)
    凝りに凝ったら痩せるし、籠るわ!

    そして、神経質は通常運転よねー!全く悪いことではありません。

    お待たせしました~(*^▽^)/★*☆♪
    って降臨する日を伺っていると思いますよ~♪

    記事が軽いよね~(-.-)y-~

    • オネエ 2020年7月24日 2:46 PM

      >ライトファン様

      新プロ何が来るのか今から楽しみですよね。
      周りが何を言ったところで、本人は何もブレることはないし、
      しっかりとした練習が積めているはずですね!

  3. ナミ 2020年7月20日 11:06 PM

    羽生君がそのような記事を目にしても「正しいメディアもあれば営利目的で手段を選ばないメディアもある。有名人の宿命なんだ。」と冷めた目で見ているといいのですが。免疫が付いているといいと願うのですが・・・。今日はジュンファン君のAgeage記事がありました。高橋大輔さんの名前を見だしに使っていて写真はジュンファンに似ていたので「なに?」って思って読んだら西山真吾君のコメントを引用した(と言ってもどこまで本当の事かはわかりません)ジュンファンAgeage記事でした。クリケットで練習していてジュンファン君の番になると皆が見とれるとか、いろいろと。私には、そこまで~?と思える記事でした。最後の方で西山君が高橋さんがアイスダンスに転向したことが嬉しいみたいな事が少し書かれていました。以前マッシリーニさんのツイを羽生君ファンが訳したもので、クリケットクラブの一室でジュンファン君の何かのお祝いのパーティーがあって、ジュンファンママが料理を出したりしていて、そこに羽生君が来て料理をつまんで、「ジュンファンは僕の後継者だよ」と、他にもジュンファン絶賛の言葉を残してその場を去ったというものがありましたよね。マッシさんはどこからその話を聞いたのか?訳した方はその話に不自然さを感じなかったのか?と思いました。そういえば昔、川口悠子さんのことを「男を求めて海外を~なんちゃら」と書いた週刊誌がありました。見出しに使われた細かい言葉まで憶えていないんですが、まるで性的に男性に飢えた女性が外国人男性を求めて海外を彷徨っているような酷い見出しでした。

    • オネエ 2020年7月24日 2:50 PM

      >ナミ様

      このような記事が出てもユズは静観でしょうけど、
      周りのスケ連たちが未だに何の対策もせずにメディアや週刊誌を野放しに
      していることが信じられないです。

あなたの愛をアタシにいただけないかしら?
※管理人で不適切と判断したコメントは一切公開されることはありません

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.