スポンサーリンク

スポンサーリンク

フィギュアスケート 紀平梨花 羽生結弦

投稿日:

日本ジャッジをケチと酷評!ロシアの羽生結弦評価と世界フィギュア展望

皆様、おはようございます!

ロシアメディア「ロシアトゥデイ」が取り上げた、世界フィギュア展望。各国ナショナルスコアの比較はあまり参考にならないけれど、

ロシア目線で、羽生結弦、紀平梨花らの日本人選手がどのように評価されているのかは興味深いところよね。

さらに普段から羽生結弦に対して、日本のジャッジはケチとはっきり書かれてしまっているわよ笑

スポンサーリンク

日本ジャッジをケチと酷評!ロシアの羽生結弦の評価と世界フィギュア展望



「ロシアトゥデイ」が書いた、ロシア目線での世界フィギュア展望。

羽生結弦、そして紀平梨花の部分についての翻訳と、男女シングル展望についての要点をまとめてみたわ。

男子シングル展望

3月24日、ストックホルムで世界フィギュアが開幕。今季ほとんどの国際大会が中止になったため、ロシアのライバルを評価する機会がほとんどありませんでした。大会まであと1ヶ月、ロシアトゥデイは外国人スター選手の現在の姿と、それぞれの競技の展望について話します。

羽生結弦選手とネイサン・チェン選手の二人が中心に動いていくと予想されています。彼らの国内選手権での結果が、世界最高の2人のスケーターに、他の誰もタイトル争いに近づけそうにないことをはっきりと示している。

・ふたりに続くのが、宇野昌磨とヴィンセント・ジョウ(アメリカ)。それぞれナショナルで2位につけ、昨シーズンの不調から脱してきている。

・ボーヤン・ジン(中国)は中国杯で見せたクワドルッツ、トーループなど難度の高いクワド構成にすれば、メダルを争う可能性はある。

・クワドジャンプに頼らないジェイソン・ブラウン(アメリカ)が高い成績を残していることも特筆すべき。

・鍵山優真、ケヴィン・エイモズ(フランス)も国内選手権で275点以上獲得しており、コリヤダを除くロシアスケーターの上に来ている。

結論

世界フィギュアで優勝するためには4回転ジャンプを複数回跳ぶことが必須条件のまま。

羽生結弦選手について

羽生選手はグランプリシリーズに出場しないことを事前に発表していました。しかし、予選大会を兼ねた日本選手権は見事にキャリア5度目の優勝を果たした。

ジェフリー・バトルとシェイ=リーン・ボーン振付の新プログラムでは、フリート後半の2本のクワドコンボを含む、ショート・フリー計6本のクワドジャンプに加え、3本のトリプルアクセルを決めた。

羽生選手の唯一のミスはショートプログラムでのスピンノーカンだったが、ロビー・ウィリアムズの曲に合わせて華麗に動く姿は、そのミスを補って余りあるものだった。普段から彼の採点にケチをつけている日本のジャッジが、トータル合計で319.36点を与えた。

※参照:ロシアトゥデイ

まずロシア目線ということなので、ジャンプをメインに捉えた展望になっているわね。

いまのフィギュアは男女問わず、いかに高難度ジャンプを多く跳ぶかで、順位が決まるルールになっているからやむを得ないわよね。

そこにフィギュア本来の美しさを求めても、スコアに正確に反映されないところがもどかしいわ。

各国のナショナルスコアの比較は、国ごとに採点基準が異なるので、あまり参考にならないけれど、

羽生結弦、ネイサンが優勝争いと予想は誰しもが思うわ。

そして自国のコリヤダが、世界フィギュアでは3位に入れるかどうかということを中心に話している印象を受けたわ。

羽生結弦については、記事のタイトルにも完璧な羽生結弦とあったぐらい高い評価をしている。

でもやっぱりロシアから見ても、日本のジャッジは羽生結弦の採点について渋く、ケチをつけていると感じているのね。

展望もいいけど、ジャッジについてどう思うかをもっと深く掘り下げて語ってほしかったわ。

スポンサーリンク

紀平梨花に注意!ロシア勢が表彰台独占ではなくなってきている

女子シングル展望

女子シングルでは、ロシア選手に対抗できる新しい選手がいない。日本の紀平梨花がメインのライバルと考えていい。

・もし紀平がミスをした場合、ロシアカップファイナル後に選ばれる3人目のロシアスケーター(コストルナヤorリーザ?)が表彰台に入るのは確実ではない。

・テネル(アメリカ)にも可能性は十分ある。彼女のジャンプ力は素晴らしく、振り付け要素のレベルが高いことと、演技構成要素が豊富。

・ユ・ヨン(韓国)も覚えておきたい選手だが、NHK杯ではミスが続き不調だった。今日から始まる韓国選手権で世界と戦う覚悟があるのかを見せなくてはいけないだろう。

紀平梨花について

全日本フィギュアフリーで、4サルコウを成功させたが、質の高いトリプルアクセルは跳ぶことができなかった。しかし、彼女は技術的に非常に優れていることが判明した。合計234.24点で、これでようやくメダル獲得の可能性が出てきた。

彼女はすでに世界選手権でトップ3の中に入っている。もちろん、すべてのジャンプ構成を決めた場合のシェルバコワやトゥルソワには負けるだろうが、他に対抗できる選手はいないだろう。

結論

昨シーズンに比べて、外国人フィギュアスケーターが世界選手権でメダルを獲得するチャンスが増え、ロシアが表彰台独占ではなくなってきている。

※参照:ロシアトゥデイ

ロシア評では、紀平梨花に注意、危険!としており、シェルバコワ、トゥルソワとメダル争いをするだろうとしているわね。

これから実質残り1枠に入って来るであろう、コストルナヤかリーザについてはあまり評価をしていないのかしら!?笑

彼女達にはクワドがないから?

あたしは総合力ではシェルバコワ、トゥルソワよりも紀平梨花に軍配が上がると思うわ。

クワドを何本も決められたら、そりゃ現行ルールで物理的に勝つのは不可能だけど、ジャンプの質を見ても、紀平だわ。

現行ルールやジャッジがとにかく、「質」にこだわらずとも難度の高いジャンプを跳べば、それなりにスコアに繋がってしまうのが、選手達の正しい技術レベルや芸術性の成長を妨げているのではないか?

という疑問もロシア目線の展望を見て、改めてその想いが強くなったわ。

今日から韓国選手権、男女ショートが始まるわよね。また結果については随時お伝えしていくわね。

それでは、皆様本日もどうか素敵な一日を!

最後までお読み頂きありがとうございます。

いつもブログランキングバナーでの応援、心から感謝しています!

清楚な人差し指で、1日1回応援クリックお願いします!

フィギュアスケートランキング

にほんブログ村 にほんブログ村へ

にほんブログ村

スポンサーリンク

-フィギュアスケート, 紀平梨花, 羽生結弦


スポンサーリンク


 

愛のオネエサロン

  1. おばちゃん 2021年2月25日 2:26 PM

    オネエさま 「普段から彼の採点にケチをつける日本ジャッジ」に0.2点でもシビアな競技ですが、海外からの認識に不謹慎ながら笑っちゃいました。
    何故でしょうね?フィギュアスケートの進化を引っ張り世界のトップを走り、もう別格の技術と表現力は世界中が認めるところです。試合でジャンプの抜けがあればそりゃ点数出ないですが、仮に他国が辛口でも、逆に日本人ジャッジは国際大会で誇りに思って点数をつけるのが普通に思いますがね。
    いつも重箱の隅を突く小姑みたいな協議時間取ってねぇ。先日の3Aに5付けないって乱視が酷いか、認知機能に問題があるか、何か忖度があるのかと疑いますよ。
    羽生くんは自分のスケートを貫く潔い稀有な選手ですが、観る方どうしても気になっちゃてね‥‥
    ずっと我慢してたけど今日は書いちゃいました〜ψ(`∇´)ψ

    • オネエ 2021年2月25日 7:24 PM

      >おばちゃん様

      おばちゃんさん、こんばんは。
      ロシアから見てもケチな採点て、よっぽどですよね。
      逆にロシアが出し過ぎというのもありますが汗
      いつも点数出るまでが異様に長いですよね~、ここもホント問題です。

  2. 燦太 2021年2月25日 5:57 PM

    点数については
    「ロシアに言われたかねぇよ!!」
    リンクの端から漕いで漕いでジャンプ!
    ただジャンプしただけで信じられない出来映え点付けて喜んでる奴らには黙ってて欲しいがな!

    • オネエ 2021年2月25日 7:28 PM

      >燦太様

      燦太さん、こんばんは!
      そうそう、燦太さんが前のコメントでロシアは羽生結弦らをどう思っているのか?
      という疑問から、この記事が丁度良いタイミングで出たんです笑
      興味がおありで、出たら黙ってな!って笑笑

      • 燦太 2021年2月25日 8:43 PM

        あっ!失礼しました。
        いや~、ロシアなら羽生結弦の技術と芸術が融合したプログラムを高評価するのかな~?
        と思いました。
        なのにネイサン・チェンを対抗馬に持ってくるのが…、
        やはりロシアは多回転ジャンプを評価して、女子の4回転ジャンパーを推したいのかな?
        だから勝ち目の無い男子、羽生結弦の話題が出てこなかったのかな?
        と…、
        なのでリンクの端から漕いで漕いでジャンプ! を高評価したがるロシアに変わってしまったのかな?
        ロシアにはわちゃわちゃ、ジャンプ!が上位に来るフィギュアを良しとして欲しくないです。

        • オネエ 2021年2月25日 8:56 PM

          >燦太様

          いえいえ~笑
          羽生結弦とネイサンを同じ土俵に並べてほしくないですね。
          それぞれ持ち味が違うので。
          このロシア記事はあくまでナショナルを参考にして、ジャンプ偏重での展望かと思います。

  3. リン 2021年2月25日 6:04 PM

     なんだかなあ・・・。どんな力がはたらいているんだろう?  どう考えてもへん。よその国からみても やはりわかるんですよね。 羽生ファンでなくても 正義感が強い人とかフィギュア愛のある人は、かえってむきになってしまう。だって、理想の演技の上をいつも見せてくれる選手が 採点で冷遇されているって現実があり、それでもひたむきに 誰のせいにもせずに がんばっている・・・なんて、怒りがこみ上げ なんとか助けたいという思いは どんどん強くなるし 死ぬ気で応援するしかないでしょう。
     全日本後 印刷段階でのミス?や 間違い記述 多かったですね。 スポニチポスターは、印刷まで最後まで細心の注意をはらって完成。 でも、おねえさま、細い段ボールにビニール袋にも入らずにとどきました。。雨に濡れたら ヤバそうで びっくりしました。だって、すんごいクオリティー 安すぎて 儲けはあるのかしらと心配になったくらいです。私ったら 段ボールにアルコールをシュートやってしまいましたが、開けてあせりました。でも、無事でよかったです。  すみません、また話がそれました。
     素人目にみてもわかるほどのジャッジのありえん意地悪 ほんとつらすぎます。だから、いまや 羽生くんが出ない日本のスケート番組 もう 生理的に無理です。
    スケーターには、申し訳ないとは思いつつ 胸の奥に冷たいものが走り・・・ダメです。
     今回の全日本 決定打 だめ押しでした。 羽生結弦引退後 私の辞書にはフィギュアスケートは、しばらくなくなりそうです。 羽生結弦アイスショーは、当然ありですが。

    • オネエ 2021年2月25日 7:34 PM

      >リン様

      リンさん、こんばんは。
      海外から見ても、おかしな採点てすぐにわかるんでしょうね。
      特に今季は各国基準での採点が多かったですから、
      世界フィギュアという国際大会でどのようなスコアが出るのかも不安ですしね。

  4. 通りすがり 2021年2月26日 4:04 AM

    旧ソ連時代からロシアは美しい調和のとれたプログラムが多かったです。
    男子、ペア、アイスダンス…点数にはあまり反映されない優美さやポジションの美しさ、曲にあった振り付けなど…

    けどロシア女子に関しては?なプログラムも多くて(衣装もなんだか古臭い&同じ曲使い回し)疑問を感じていました。
    なぜロシア女子は微妙なプログラム多かったんだろう?って当時は思っていました。

    おそらくですが男子、ペア、ダンスに比べ技術的にゆとりがなく(ジャンプに集中)振り付けや身のこなしに気を配る事が出来なかったのではないか?と考察されます。

    シングルに関していうと女子はほぼノーミスで初めて感動出来る感じですが、男子はミスがあっても評価出来る様な素晴らしいプログラムも多いです。

    David Liu 1992 Albertville Olympics SP
    http://www.youtube.com/watch?v=-c3ceRk1P0Y

    David Liu (TPE) - 1992 Albertville, Men's Free Skate
    http://www.youtube.com/watch?v=gZUXUv7nV-g

    彼はジャンプは不安定でしたが繊細で芸術的なプログラムが多かったですね。
    SP中盤の片足だけのステップ、フリー最後のスライディング?からのクロスフットスピンが見所です!

    と、通りすがりの動画紹介でした…m(_ _)m

    • オネエ 2021年2月27日 7:45 AM

      >通りすがり様

      通りすがりさん、おはようございます!
      動画紹介ありがとうございます。確かにロシア女子は技術的ゆとりがないですよね。
      今ではもうこれでもか!というほどの詰め込みっぷりですから。

あなたの愛をアタシにいただけないかしら?
※管理人で不適切と判断したコメントは一切公開されることはありません

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.