ポチッとしていただくと順位が上がるわよ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

フィギュアスケート

投稿日:

圧巻のムーランルージュ!アイスダンス魅惑の世界に迫る

氷上のナイトクラブ

「ムーランルージュ」

へようこそ、皆様。

今宵は皆様とご一緒に
氷上の社交ダンス、アイスダンスの魅力を
楽しみたいわ。




ここはオトコ達の欲望と金、
オンナの夢が交錯する魅惑的な世界よ。

テッサ・ヴァーチュと
スコット・モイア。

「テサモエ」の愛称

で知られるこのふたりの
演技なくして。
アイスダンスは語れないと思うのよね。

どうしてもジャンプが
醍醐味の「シングル」ばかりが
メディアでも放送されたり、

ジャンプのないペアの競技なんて、
どうなのよ!?

と思う方がいたら、

ぜひ「テサモエ」のムーラン・ルージュを
ご覧になってほしいのよ。

あたしね、アイスダンスの最大の魅力って

どの氷上競技よりも、

懐が深くて、
広いところだと思うのね。

演技開始早々、ふたりの密着度に
一瞬で引き込まれたわ。

あのふたりの奏でるラブストーリーを
あたしに当てはめたらどうなんだろうって妄想してみたり、

このふたりは演技を通して、
何を伝えたいのかしら?
と推測しながら、
自分の中でストーリーを勝手に組み立てたり、

ただ単にふたりの演技を美しいと
素直に感じてみたり、

どんな感じ方、
捉え方をしても自由なのよ。

テサモエが序盤で見せたツイズル。
オネエ仲間では

「ツイ、ズル江来たわよ!」

とか呼んだりもしているのよ。

なんか人の名前みたいでしょ笑

このツイズルは

アイスダンスの4回転ジャンプ

とも言われているのよ。

片足でくるくる回りながら、
同じ方向にふたりで
ぴったり合わせて進んでいくのよ。

ひとつの要素を終える度に拍手喝采。
まるで次から次へと
幕が転換していくかのようだわ。

テッサがもう、
ニコールキッドマンにしか見えなくてね。

ふたりの恋はどこへ向かうのかしら?

前半の混沌とした感じの
いかにもムーランルージュの
キャバレーの怠惰感から、

壮大なラブストーリーの曲調に
転調する感じが
演技のメリハリをつけているのよね。

どれを切り取っても、
ストーリーになるのよ。

 

そしてこのリフトよ。

「どんな壁が私たちを引き離そうとしても、
あなたを愛している。命が終わるその日まで」

心の底から沸き起きる不変の愛を
爆発させるかのような感情をテッサの

手の動き、表情から感じたのよ。

映画からインスピレーションを受けて、
テサモエを見たあたし。

そうした楽しみ方もひとつ。

感じ方は人それぞれ。
そこには無限の楽しみ方と

自由な感性の象徴がアイスダンスなのかなと

わたしは捉えているのよ。

皆様の楽しみ方もぜひ教えて頂戴ね。

そして元祖ムーランルージュといえば、

ドーナツゆかり!

あまりの高速ドーナツスピンに、
めまぐるしく移り変わる

ムーランルージュの
一夜一夜が回想されていくかの錯覚を
覚えたわ。

てか、速すぎて目まわったわよ笑
どうしてくれるのよ、ゆかり!

ユヅハビバナーの新バナーよ!
ぜひポチして頂戴!


人気ブログランキング

-フィギュアスケート

Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.