スポンサーリンク

スポンサーリンク

フィギュアスケート 羽生結弦

投稿日:

決して不仲で辞任してない!ロザノフがプルシェンコとは良好な関係と主張

プルシェンコアカデミーの元を去ったロザノフコーチが、ロシアメディアに対して「プルシェンコとは良好な関係にあります」と

あくまで不仲やトラブルが原因ではないと主張。ロザノフと仕事をしたブノワ・リショー氏は彼のコーチングスキルを絶賛も。

そして今日は8月3日、ハチミツの日。プーさんと言えば羽生結弦よね。ちょっとプーさんにまつわる雑学をお話したいわ笑

スポンサーリンク

決して不仲で辞任してない!ロザノフがプルシェンコとは良好な関係と主張


セルゲイ・ロザノフ「私たちはプルシェンコと良好な関係にあります。フリーランスで協力する機会があれば、喜んで働きます」

フィギュアスケートのコーチであるセルゲイ・ロザノフは、オリンピックで2度の優勝を果たしたエフゲニー・プルシェンコのアカデミーからの離脱についてコメントしました。

プルシェンコとは良好な関係にあります。これからもうまくコミュニケーションをとっていきたいと思います。いつも連絡を取り合っています。私は2ヶ月間振付師のブノワ・リショーが主催するピーク・アイス・キャンプでの仕事に同意し、帰ることを決めたとき、プルシェンコと妻のヤナに知らせました。

プルシェンコは、フリーランスで専門家と仕事をすることが多いのですが、これはロシアでも世界でも当たり前のことです。もし、フリーランスの形式でコラボレーションする機会があり、私に自由な時間があれば、喜んで仕事をさせていただきたいと思います。新しい職場については、仕事を始めたらすぐにお知らせします」

※参照:sports.ru

ロザノフがプルシェンコアカデミーを辞任したことは、前回もお話したけれど、

本人曰くあくまで、良好な関係のままの状態を強調しているわね。

プル様がフリーランスの専門家コーチと仕事することはよくあると言うけれど、ロザノフをフリーランスとしてではなく、

自身のアカデミーに所属させていたのには、やはりコストルナヤの移籍が関わっていたというわけね。

アカデミーのコーチングスタッフは、ロザノフがコストルナヤとの作業をアレンジしたことに驚いていた。聞くところによると、彼女はレッスンを欠席することが多く、コーチはそれに干渉しなかったため、他のスペシャリストの間で不満が生じていたようです。

冬、ロザノフはエレーナ・ブヤノワのいるCSKAに移ろうとしたが、彼女からきっぱりと断られてしまった。このことを知ったプルシェンコは、監督との仕事を終わらせようと考えた。

※参照:TELESPORT

TELESPORTでは、アカデミー内でのコーチ同士の不満やトラブルが原因の一つではないかとあったけれど、

真相はわからずよね。

黒幕はヤナ氏!なんてことはよくあることだしね~。

本人達が関係が良好と言っているのなら、それでいいと思うし、

あくまでリンクでのスケーターを育てる縁の下の力持ちである、彼らがリンクの上では主役ではないから。

ブノワ・リショーはキャンプで2ヶ月間一緒に仕事をしたロザノフに対して、

「私は、自分の直感を信じて決断するタイプです。ロザノフとは、最初から相互理解と魂の親近感を感じていたので、一緒に仕事をしたいと思っていました。彼は世界の舞台でも評価されている。ヨーロッパやアメリカのスケーターは、彼のことをよく知っていて、彼と一緒に仕事をしたいと思っています。

合宿に参加したスケーターやコーチ、親御さんたちは、彼の正確な技術メソッドのおかげで、すでに大きな進歩を遂げています」

ロザノフ氏のコーチングとしての才能は引く手あまたということね。

ぜひまた素晴らしいスケーターを育ててほしいわね。

そしてリショー氏は、振付を行った紀平梨花、エロスに対してもこんなメッセージを。

二人はスタイルも強さも全く違うスケーターです。リカ(紀平梨花)は非常に才能豊かなアスリートで、技術的にも素晴らしいポテンシャルを持っています。リーザ(トゥクタミシェワ)は真のロールモデルであり、私たちのスポーツに女性らしさと知恵をもたらしてくれます。

※参照:sports.ru




皆様、今日8月3日が何の日かはもうご存知よね!?

「はちみつ(83)、はちみつ食べたいなぁ~」でお馴染みのプーさんの日よ笑

ありきたりの話をしても、おもしろしくないので、ちょっとした「オネエ雑学」として聞いて頂戴ね。

東京ディズニーランドにある「プーさんのハニーハント」には乗られたことがあるかしら!?

ハチミツ型のポッドに乗り込んで、一番最後に出会う巨大な絵本。

大概、ここの絵本て最初から閉じていること多いのよ!(たしかに!という共感された方いたら嬉しいわ)

ここね、本来はあたし達が乗るポッドに合わせて、お話おしまい、チャンチャン♪という流れで徐々に絵本が閉じていく動きなのよ。

じゃあ、なぜ閉じているのか?

回転率が高いので、降車するところでポッドが詰まってしまい、この絵本付近で一時停止してしまうことがよくあるのよね。

だから、その度に目の前で本が開いたり、閉じたりしたらおかしいでしょ!?笑

もしも本が開いている状態から閉まる動作を見ることができたら、ラッキーなのよ!!!

、、、、、

果たして雑学なのかしら汗

もしも今度乗られる方がいたら、ぜひ注意深く見て頂戴ね。

スプラッシュマウンテンもよくあの丸太ボートが降車手前で詰まるのよね。

いつも羽生結弦の側にいるプーさん。

これからもたくさんの幸せを運んできてほしいわね!

☆合わせてお読み頂きたい

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

いつもブログランキングバナーでの応援クリック、心から感謝しております。

日々の励みになっています!

スポンサーリンク

清楚な人差し指で、応援クリックお願いします!

フィギュアスケートランキング

にほんブログ村 にほんブログ村へ

にほんブログ村

-フィギュアスケート, 羽生結弦


スポンサーリンク


 

愛のオネエサロン

あなたの愛をアタシにいただけないかしら?
※管理人で不適切と判断したコメントは一切公開されることはありません

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.