スポンサーリンク

スポンサーリンク

アレクサンドラ・トゥルソワ フィギュアスケート 羽生結弦

投稿日:

勝手なランキング結果が出た!ロシア評価と羽生結弦こえブログは全5回に

大反響の羽生結弦「こえのブログ」。なんと2年前から音声は一発収録であることが判明!再開した今回は全部で5回程度の更新に。

そしてロシアメディアTELESPORTが独自に、テストスケートの結果を基に、ロシア女子ランキングを主観で勝手に発表。

何を基準に、どんなランキングになっているのか笑、一緒に見ていきましょう。

スポンサーリンク

勝手なランキング結果が出た!ロシア評価と羽生結弦こえブログは全5回に

NEW!10月26日発売 羽生結弦著

「羽生結弦 未来をつくる」


フィギュアスケートの五輪2連覇・羽生結弦(26=ANA)が15日に「株式会社コーセー」の公式ホームページ「KOSE SPORTS BEAUTY NEWS」内で期間限定のブログを開始。普段はSNSとは無縁の絶対王者によるファンサービスが大反響を呼んでいる。

羽生は「お久しぶりです!」というタイトルに続いて「みなさんへ僕の日常をお送りできればと思いますので、コメントやエールをいただけると嬉しいです。それでは、今日もみなさんにとって、すてきな1日になりますように!」などと投稿。2019年にも期間限定で同ブログに登場していたが、突然の〝再登板〟にネット上は「うれしいです!」「この日をずっと待っていました」などと歓喜の声が相次いだ。

好評の要因は「生声」が聞ける点だ。ブログ内には羽生が吹き込んだ音声がアップされ、その同じ内容が文字化されている。同社広報は「羽生さん自身がファンへの思いを言葉にしたもの」と説明。驚くべきことに、2年前を含めて音声は全て〝一発収録〟だという。担当者も「本当に完璧な方です」と舌を巻いている。

なお、収録は宮城・仙台市内で行われ、今回は5回程度の更新を予定。前人未到のクワッドアクセル(4回転半ジャンプ)に挑む羽生のメッセージは、大きな注目を集めそうだ。

東スポより一部引用

羽生結弦の「こえのブログ」。今回は全部で5回程度の更新を予定していることが判明したわよ!

どのくらいのスパンで更新になるかしらね?

ちなみに、前回2019年の時を調べたところ全11回で、更新がある時は毎日続いていたわよね。

更新日(2019年) タイトル
3月12日 「はじめまして」
3月13日 「かわいい動物が大好きなんです!」
3月14日 「今日はホワイトデー!」
3月15日 「なにもない日の過ごし方」
3月16日 「情熱」
4月2日 「久しぶりの投稿!」
4月3日 「睡眠って大事ですよね」
4月4日 「毎朝の習慣、ありますか?」
4月5日 「リラックスデー」
4月6日 「好きな音楽!」
4月7日 「今日でラスト更新!」

2年前を含めて音声は全て〝一発収録〟とは!さすが本番に強い!!




先日開催されたロシアテストスケート。

ロシアメディアTELESPORTが独自に「主観」でランキングを付けているのよ。今後、ロシア女子が参加する大会の後には、

その都度最新のランキングを発表し、本当に北京へ行くべき上位3名を絞って予想していくそうよ。

一応、TELESPORTの説明書きをご紹介しておくわね。

大会を半年後に控え、チェリャビンスクで行われた代表チームのトライアウトの直後で、スター選手たちはシーズン開幕を迎えたものの、審査では何の評価も得られませんでした。誰が一歩前進し、誰が逆に期待はずれだったのか、どうやって判断すればいいのでしょうか。
それを私たちがお手伝いします。私たちはこれからも続けていきます。つまり、オリンピックまでお手伝いしますし、ロシア女子が参加する大会の後には、最新のランキングを発表します。その中には、本当に北京に行きたいと思っている強い候補者だけが含まれます。
完全に主観的な方法でランク付けしていきます。しかし、我々のヒエラルキーは可能な限りバランスのとれた偏りのないものであり、その中ですべての順列を説明することを誓います。

だそうよ。

とりあえずランキングを見てみましょう。

1位 トゥルソワ
2位 ワリエワ
3位 シェルバコワ
4位 フロミフ
5位 コストルナヤ
6位 トゥクタミシェワ
7位 ウサチョウ
8位 シニツィナ

トゥルソワ評

1週間前であれば、トルソワはこのランキングで3位か4位だっただろう。しかし、チェリャビンスクでのサーシャの素晴らしい、前代未聞の5つの4倍のフリースタイルは、オリンピック前のヒエラルキーをすべてひっくり返してしまった。このロシアのロケットが、公式大会で審査員の評価を得て、このような大成功を収めることができるかどうか。今週末、サーシャはアメリカで開催されるトーナメントに参加します。すべてがうまくいけば、世界新記録になるはずです。

ワリエワ評

確かに、テストスケートでは緊張して2度転倒してしまいましたが、本番に向けての準備の仕方を知っていることを証明しました。そしてカミラは、ジャンプ以外のすべて、演技構成の各要素において、サーシャよりも優位に立っている。だから、トゥルソワのリードは長続きしないかもしれない。

※参照:TELESPORT

トゥルソワはクワド5本が評価されて1位。ワリエワはジャンプ以外の要素を評価されて2位。

もしワリエワがすべてのクワドを決めたとしたら、どういう評価を下すのかしらね?

結局はクワドの本数重視しそう汗 主観的というよりもジャンプ評価のような気が、、、

※出典・参照:sports.ru

ボストン目指して、空港でトゥルソワと一緒に映っているのは、エテリ・トゥトベリーゼ氏の愛娘ダイアナ・デイビス。

アイスダンスでデイビスも出場するのよね。ということは、もちろんエテリも同行ね!

USクラシックの採点に注目していきましょ。

☆合わせてお読み頂きたい

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

いつもブログランキングバナーでの応援クリック、心から感謝しております。

日々の励みになっています!

スポンサーリンク

清楚な人差し指で、応援クリックお願いします!

フィギュアスケートランキング

にほんブログ村 にほんブログ村へ

にほんブログ村

-アレクサンドラ・トゥルソワ, フィギュアスケート, 羽生結弦


スポンサーリンク


 

愛のオネエサロン

  1. ペドロ 2021年9月17日 1:44 AM

    オネエ様こんばんは。

    エテリ・ファミリーがアメリカに入国して、隔離なしで移動出来たのは驚きです。隣国のカナダとは感染対策がかなり違うようです。
    トゥルソワとダイアナ・デイビスの写真は、ニューヨークからボストンへと向かう乗り継ぎで待機の時ですね。地べたに座っているように見えますが。。。

    • オネエ 2021年9月17日 10:48 AM

      >ペドロ様

      確かに!アメリカは隔離なしなのですね。
      そうなると4大陸はカナダよりもアメリカの方が開催しやすいですかね?

  2. kk 2021年9月17日 9:49 AM

    オネエ様
     米国も州により入国制限が異なり複雑なようですね?ワクチン証明なしの陰性証明だけで隔離なし?入国なのでしょうか?何かvisaで特例でもあったのか?したたかなエテリ様なので準備万端なのでしょうね。
     ロシアの選ばれるべき3人娘は 納得のトゥルソワ ワリエワ シェルバコワですかね?コス美は 2019の時の切れ味は戻っていないし、カルーセルも本調子ではないかな?
    GPSに入ってから どの程度仕上げてくるかですけど ワリエワのボレロは どう見ても気の毒です。エテリならもっと華麗な選曲が出来るはずなのに・・

    • オネエ 2021年9月17日 10:50 AM

      >kk様

      ロシアスケ連は、米国へのビザに苦労していましたからね。
      代表3人どうなるでしょうね。皆が大技がある分、ロシア選手権で安定した演技を
      見せなければ実力者でも、代表入りできないでしょうね。
      五輪にピークを合わせられる選手が選ばれそうですね。

あなたの愛をアタシにいただけないかしら?
※管理人で不適切と判断したコメントは一切公開されることはありません

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.