スポンサーリンク

スポンサーリンク

エリザベータ・トゥクタミシュワ カタリナヴィット フィギュアスケート

投稿日:

ファンから多くの批判と報道!ISUが衣装ルールを作ったきっかけとは?

トゥクタミシェワが、今シーズンのフリー衣装を急遽変更した経緯には、ファンから多くの批判があったとメディアは報道。

実際は彼女のファンであるからこその、衣装ルールで減点を心配しての声ではなかったのかしら!?

ISUが定めた過度な露出を禁じる衣装ルールは、一体何がきっかけで作られたのか?その経緯を一緒に見ていきましょう。

スポンサーリンク

ファンから多くの批判と報道!ISUが衣装ルールを作ったきっかけとは?

 

NEW!10月26日発売 羽生結弦著

「羽生結弦 未来をつくる」


批判が相次いだため、フリー金色の衣装を断念

フリー金色のドレスを変更したことは、ファンの間で話題になりました。彼女は正しいことをしたようです。新しい衣装は、アラブをテーマにしたプログラムにふさわしい、より適切なものになっているようです。しかし、挑発的な態度をとることを拒んでは、リーザはリーザではない。

ファンは彼女の新しい衣装を議論し、この変更がスケーターのためになるものだと結論づけました。淡いターコイズ色の衣装の胸元には鮮やかなスパンコールがあしらわれており、ベリーダンスのパフォーマーの衣装としては典型的なものですが、音楽の持つオリエンタルな雰囲気と見事に調和しており、情熱的で率直な性格のリーザには全体的によく似合っています。

スケーターのイメージは、まだまだ保守的とは言えませんが、下品には見えませんし、きれいなスケーティングをすれば、きっと彼女は輝きます。

リーザが初めてゴールドの極端に短い丈の衣装で、アラビアのモチーフを披露しファンの間で大きな批判を呼んだのです。自分のスタイルを貫いたスケーターの勇気を称える声もありましたが、それでも不満を持つ人は少なくありませんでした。

地球上で最も優れたスケーターの一人の衣装が、安っぽくて下品に見えたのだから、これをきっかけに、リーザとコーチは衣装を変えたのかもしれません。その批判は杞憂に終わったと言っていいだろう。

※参照・出典:championat.com

以前もリーザはファンからの批判を受けて衣装を変更したことがあったような、、、

確かにゴールドの丈があまりに短い衣装は、きわどい部分があったけれど、

彼女らしいし女王感が出ていて、あたしはこちらの方が好き。それに下品とは全く思わなかったわよ。

感じるところはまあ人それぞれよね。

ファンからの批判とロシアメディアは伝えているけれど、実際は競技での減点を心配しているからこその「意見」ではないかしら?

日本のメディアも批判と決めつけて報道していたわね。

ここでISUが定める衣装ルールについて、いくつか見てみましょう。

ISUの女性スケーターへの衣装ルール

過度な露出を禁じる。肌色の布で覆われていても、裸体を連想させるもの。

・小道具の使用を認めない。取り外しのできるアクセサリー、仮面や覆面などを使用してはならない。

・衣装の一部、又、髪飾りなどの装飾が氷上に落ちてはならない。

氷上に貼り付くオンナ!

「挑発的でなければリーザはリーザでない」

この考えを支持しているからこそ、彼女のファンなのであるに違いないし、決して頭ごなしに批判しているわけでもなく、

期待している部分も大きいと思うのよね。そして1点を競うであろう激戦が予想される中での減点は避けたい。

それにしても過度な露出、例えばスカート丈についてもどこまでがOKなのかしら?あくまで立ち位置でのことかしら?

ジャンプやスピンで多少の丈の長さの違いはあまり関係ないような気もするわ、、、

ジャッジはこれまで衣装についても禁止と定めても、特例でOkとし減点しなかった例もあるしね。

なぜ衣装についての減点対象となるルールを決めたのか? もう少し振り返っていきましょう。





皆様「ヴィットルール」という言葉を聞いたことはあるかしら?

1984年サラエボ五輪、そして1988年カルガリー五輪と2連覇を果たした、旧東ドイツの女王カタリナ・ヴィットこそが、

過激な衣装演出を行ったことが原因で、ISUは衣装ルールを作ることになったのよ。

スカートを履かずに、羽根をあしらった過度な露出に対して、カナダのコーチが文句をつけたのよね。

それに対してヴィットは、

元祖氷上に貼り付くオンナ「カルメン」の最期

「美しさはフィギュアスケートの一部。それに男性の方は誰だって、ゴムまりみたいな人よりきれいな体をした女性を見る方がいいでしょう」

※ゴムまりと言うのは誰を指して言ったものではない(そう、、、)

と反論したのよね笑 こういうヴィッチなところ大好きよ~。彼女の意見が取り入れられるはずもなく、

結果的にはISUが過度の露出を認めずに、今のルールを敷いたわけ。

でもヴィット嬢、至極真っ当な名言も残していることにも注目よ!

「技術がますます高度になっていく傾向を止めることはできないでしょう。より高く、より多くジャンプ出来ることは確かに素晴らしいことだと思います。

しかし、フィギュアスケートはスポーツであると同時に氷上の芸術です。観衆がただジャンプを観るだけでなく、スケートの美に感動して欲しいのです

いまのISUにこそ、ヴィット嬢ガツンと言ってやっておやり!!

☆合わせてお読み頂きたい

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

いつもブログランキングバナーでの応援クリック、心から感謝しております。

日々の励みになっています!

スポンサーリンク

清楚な人差し指で、応援クリックお願いします!

フィギュアスケートランキング

にほんブログ村 にほんブログ村へ

にほんブログ村

-エリザベータ・トゥクタミシュワ, カタリナヴィット, フィギュアスケート


スポンサーリンク


 

愛のオネエサロン

  1. konami 2021年9月18日 12:30 AM

    オネエ様こんばんは。
    リーザの衣装、私は露出度高いとは特に思いませんでしたよ。
    スカートは短いけどスレスレ見えないし。
    コストナーさんも結構短いスカートだったような…。
    アラビア風で安藤美姫さんの衣装に少しだけ似てますね。
    ただスリットの位置がアレでふんどしみたいに見えるの私…(^^;)
    変更したブルーの衣装だって確かにスカートは長くなったけど透け感ありますし胸元の切れ込みも深いし…、結局両方とも私的にはOKです(笑)
    リーザさんはそもそもグラマーだしセクシーキャラだし、余計にみんなが心配しちゃうのかもしれませんね。

    襦袢があまり無くて谷間が見えそうとか、はみケツ(言い方が下品でごめんなさい)とか、肌色部分が多すぎるのは駄目だと思いますが…。
    スカートじゃなくてパンツスタイルの衣装も結構セクシーだなと思う時もありますよ、逆に。ザギちゃんトラ柄?エキシ衣装とか。

あなたの愛をアタシにいただけないかしら?
※管理人で不適切と判断したコメントは一切公開されることはありません

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.