スポンサーリンク

スポンサーリンク

フィギュアスケート 羽生結弦

投稿日:

愛が強すぎて感動した!羽生結弦の功績を海外メディアが厳選した内容は?

東スポが取り上げた、インドネシアメディア「IDN Times」の羽生結弦特集記事。

実際に海外メディアはどのように、羽生結弦のこれまでの競技生活においての功績を讃えているのか?

8つに分けた羽生結弦の功績を「競技でのベストモーメント8選」と題して、取り上げている内容をすべて翻訳したので、一緒に見ていきましょう。

スポンサーリンク

愛が強すぎて感動した!羽生結弦の功績を海外メディアが厳選した内容は?



羽生結弦、競技でのベストモーメント8選

7月19日、オリンピック2連覇、スーパースラム優勝のフィギュアスケーター、羽生結弦がついに競技からプロ転向を発表しました。

フィギュアスケートというスポーツを世に知らしめたアスリートの一人として、27歳の男は、より強く、より良くなるために努力し続ける、と語っています。

競技界を引退しながらも、フィギュアスケート界に大きな足跡を残した羽生結弦選手。羽生結弦選手の競技中のベストモーメント8選を覗いてみましょう。

1. ショートプログラムで100点の記録を破って、初のオリンピック金メダル獲得(2014年ソチ五輪)

遡ること2014年、羽生結弦選手が19歳になったばかりの頃、ソチオリンピックに初出場しました。

羽生選手はシニアに上がったばかりにも関わらず、他のスケーターとは違うことを証明し、ショートプログラムで100点を突破し、オリンピック初の金メダルを獲得したのです。

2. ウォームアップ中のアクシデントを乗り越え、競技を継続(2014年中国杯)

2014年中国杯のショートプログラムで2位になった羽生選手は、1位を取るために最高の演技をすることを決意していました。

しかし、6分間のウォーミングアップ中に、中国のスケーターと接触し、負傷してしまった。しかし、羽生選手はフリープログラムの継続を決意し、総合2位となった。

3. GPFバルセロナ2015で連続記録更新

2014-2015シーズン、多くの試練を乗り越えた結弦選手にとって、2015-2016シーズンは転機となるシーズンであり、特に2015年のGPFバルセロナ大会は、羽生選手にとって大きな転機となりました。

ユヅルはショートプログラムで自己記録を更新しただけでなく、フリープログラムでも219.48点、総合得点でも330.43点と記録を更新し、総合優勝、男子選手として初の3度目のGPF王者の称号を手に入れました。

4. 4回転ループを初めて着地させたスケーター(2016年オータムクラシック)

2016-2017シーズン、羽生結弦選手は前人未到の4回転ジャンプのひとつである4回転ループの初着陸に挑みました。

2016年オータムクラシックで、羽生選手が4回転ループの着氷に成功し、正式に着氷した最初の選手となりました。

5. 予想外のカムバック(2017年世界選手権)

シーズン当初、4回転ループを初めて着氷したにもかかわらず、安定した着氷ができないでいた。ショートプログラムでミスをして5位になった。

このミスは日本のアスリートにとって油断のならないものだった。しかし、ユヅルは自分のベストを尽くし、最終的に223.20点と、それまでの記録を更新するクリーンなフリースケーティングを披露したのです。

6. オリンピック2連覇達成(2018年平昌五輪)

2014年ソチ五輪でのフリースケートから、4年間トレーニングを積んできた羽生結弦選手は、両プログラムの難易度を上げることを決意していました。しかし、残念ながら2017年NHK杯の練習中に結弦は怪我をしてしまい、辞退することになった。

残念ながら、怪我から回復するのに長い時間がかかり、オリンピックチャンピオンは、タイトルの座を懸けて戦うことはできないのではないかと多くの人が思っていた。しかし、結弦は予測不可能なアスリートとして知られている。

ユヅルはこれまでの記録を塗り替え、ディック・バトン以来2人目となるオリンピックチャンピオンの座を獲得し、2つのプログラムを続けて戦ったのである。

7. スーパースラム達成(2020年四大陸選手権)

実力派アスリートでありながら、オリンピックで2冠を達成した男がまだ制していない競技会が1つある。それは、四大陸選手権。

しかし、予測不可能なアスリートとして知られるユヅは2020年四大陸選手権で優勝し、、男性アスリート初のスーパースラムのタイトルも獲得しました。

8. 初認定の4回転アクセル(2022年北京五輪)

数々のタイトルを獲得し、男子シングルでは初のスーパースラムを達成したが、ユヅルは不可能と言われていた4回転アクセルというジャンプを跳ぶことにこだわっていた。

予測不可能なアスリートとして知られているほか、ユヅルは意志が固いと知られており、数え切れないほどの怪我を経験しながらも、ユヅルが決意したことは必ず実行に移します。

そして、3度目のオリンピックとなった北京五輪で、ユヅルは競技中に4回転アクセルを公認された最初のアスリートになったのです。メダルは取れなかったが、ユヅルは「悔いはない」と言う。

そして今、ユヅルはプロ転向を決意した。

羽生結弦選手自身は、スケートの世界から完全に離れたわけではありません。フィギュアスケートの選手として引退し、プロスケーターとしての活動に専念する。近い将来、ユヅルは単独でのスケート公演の世界ツアーを準備している可能性さえあるという。

夢に向かって頑張るきっかけになればと思います。

※参照:idntimes

フィギュアがメジャーでない国のメディアが、羽生結弦のこれまでの功績を振り返ってくださることは、本当に素敵なことよね。

それだけ海外にも多くのファンが、彼の情報を待ち望んでいるということ。

羽生結弦がプロ転向して、公式YouTubeチャンネルを開設したことで、今後はリアルタイムな「今」が伝わっていくだろうし。

今回東スポがインドネシアのメディアについて触れて、どのように具体的に伝えているのかを知りたいという気持ちから、

翻訳しながらも、彼の軌跡を辿ることができて幸せだったわ。

何度か繰り返される「予想不可能なアスリート」は、あたしは「予想の斜め上をいく」という解釈をしながら読んでいったわよ。

【羽生結弦関連新書籍のご案内】

明日!8月18日発売

☆Number特別編集 永久保存版 羽生結弦

☆Number特別編集 永久保存版 羽生結弦【特別表紙バージョン 限定版】

※通常版と異なるのは表紙のみ。

8月22日発売

2022年7月19日、プロへと転向し新たなステージで活躍する胸中を語った羽生結弦選手。
競技人生の区切りとして、これまでの活躍を振り返る写真集です。
公認大会で史上初となる4回転ループに成功、オリンピック2連覇、世界歴代最高得点の歴史的記録保持者であるなど、スポーツ界において数々の伝説を残し、さらにはフィギュアスケートにおける一番高難度な4回転アクセルに挑戦し続け、2022年の北京五輪で公式認定され世界中を沸かせました。それぞれ伝説が生まれた名試合をたっぷりの写真で振り返っていきます。




スポーツ報知の羽生結弦夏祭り最終日。

未来を見据え、挑戦者であり続ける姿を捉えたモノクロのポスター。

まるで羽生愛、スポーツ報知VSスポニチの構図が、、、笑

プロアスリートとしての羽生結弦の姿を、これからも撮り続けていってほしいわね。

それでは皆様、本日もどうか素敵な一日をお過ごしくださいまし。

☆合わせてお読み頂きたい

スポンサーリンク


最後までお読み頂き、ありがとうございます。

いつもブログランキングバナーでの応援クリック、心から感謝しております。

日々の励みになっています!

清楚な人差し指で、応援クリックお願いします!

フィギュアスケートランキング

にほんブログ村 にほんブログ村へ

にほんブログ村

-フィギュアスケート, 羽生結弦


スポンサーリンク


 

愛のオネエサロン

  1. 杉姐 2022年8月17日 2:45 PM

    オネエさま
    素晴らしい紹介をありがとうございます。
    この8選は、羽生くんをよく見ていて素晴らしい選択だと思います。
    全て読みながら、脳内再生してまいました。
    うーん、でも数を増やしてニースの奇跡を入れて欲しいと思います。 
    え?わがままですか?

    • オネエ 2022年8月17日 5:13 PM

      >杉姐様

      杉姐さん、こんにちは!
      素晴らしい8選ですよね。私もニースが入ればさらに良いなぁと思いました。インドネシアメディアの羽生結弦愛に感動しました。

  2. ゆかこ 2022年8月17日 5:59 PM

    オネエさまこんにちは!
    読みながら泣きそうになってきました。
    いつも期待以上で斜め上からやってくる感じが本当に素敵です。プロになってファンは増える一方ですね。これからの活躍も楽しみです!

  3. さわき 2022年8月17日 8:03 PM

    オネエさま

    こんばんは!
    インドネシアメディアの記事、翻訳していただきありがとうございます!本当に愛のある記事ですね(^^)
    先ほどYouTubeで、YUZU'LL BE BACK Ⅳのドキュメントを観ました。小海途さんと小島さんの写真集と羽生くんへの思いに触れて、とても温かい気持ちになりました。このような方が、素敵な写真たちを生むのですね、、、!

  4. konami 2022年8月17日 9:07 PM

    オネエ様 こんばんは。
    翻訳ありがとうございます。インドネシア…8選 凄いですね、ちゃんと押さえてる。私的には9選も10選もあるんですけどね(^^)でも嬉しいです。
    スポーツ報知「お迎えはお気をつけてくださいね」…お迎えって言っちゃった笑。
    私は明日 Number落ち葉ワッシャーを迎えに行く所存ですが、ありますよね汗
    本屋さんで買いたいと心待ちにしていたのですが…まさか発売日に無いなんてことは…一抹の不安があります汗。頼む!!地元の本屋!!

あなたの愛をアタシにいただけないかしら?
※管理人で不適切と判断したコメントは一切公開されることはありません

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.